※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 有機系自然発生人の撃滅を使命とする暴走自働機械軍は、銀河系各地でたびたび発生し、その都度有機系自然発生人の連合組織と戦って、これまでのところそのもくろみは総て挫折している。
 記録に残る代表的なモノだけでもオートマチック遊星、インダストロ帝国(この二つは同じ系列の国家だとの説が有力)、ダダ星ロボット兵団、鉄面党、機械帝国、マシン帝国など、不定期に同じ様な集団が現れるのには何か理由があるのではないかとも思われるのだが、余り研究は進んでいない。
 現在、機械生命が自治を行うダダ星とカリント新星の二つの惑星国家が銀河連邦に属する。矛盾しているようだが、これらの国では自然発生的に『人工知能』が生まれ、社会を築いている。銀河連邦の他地域では人工的に『人工知能』を作ることは禁止されている。
 ドルの『人工知能』はカリント新星で生まれたものを採用している。