※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボイサーと組んで数多くの暗黒組織を壊滅に追い込んだ優秀な宇宙刑事だったが、獣星帝国マクーと結託し、最終的には銀河連邦警察を裏切ってマクーの親衛隊長にまで成り上がった。
その動機は不明だが、親友ボイサーを内心では憎んでいたとの説が有力である。マクー上層部での勢力争いに敗れたハンターキラーは暗黒銀河に追放され、銀河連邦警察に保護されたもののそのまま衰弱死したとも、処刑されたとも伝えられている。
ちなみにハンターキラー処刑の記録は発見されていない。
(宇宙刑事ギャバン他)