※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 現在のヒト系人類は伝説母星で自然発生した人類を祖とし、一部に遺伝子改造を施されたと言われている。
 遺伝子改造前の伝説母星人を『原型人類』と呼び、多くの研究者や宝探しがその生存を信じて探していた。フーマーの『ムゥ一族』や放浪民族『ティエラの一族』、マウント惑星『高天原一族』などがそうではないかと言われていたが、どの一族も排他的で十分な調査が行われないうちに戦争で散りぢりになってしまった。
(宇宙刑事アニーの大冒険、魔宮の伝説、宇宙刑事ギャレット、他)

 タカセレポートによれば地球の一部地域に原型人類がほとんどそのまま生き残っているらしいが、現在このレポートは秘匿文書に指定されていて詳細は不明である。