※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『償ってよ。君の全てで…僕を殺さないでよ?』

翡翠の瞳が、強く情欲に煌めく。

神根島の結末は、思わぬ形で二人にピリオドを与えた。


後悔の旅路




「うふぅ…ん…、っ」

狭いナイトメアのコクピットに、ぴちゃぴちゃと水音が響く。

夜間のわずかな文字盤などの光だけの暗い場所に、白い肌を露出して、二人交わる。

「スザクっ……やめっ…」

俺を座席に拘束服ごと縛り付けて。

顔を埋めるスザクに、されるがままだった。

「ん…イってよ、ルル。俺の奉仕、物足りない?」

「そうじゃ…」

「ならなに?もうイケない?相変わらず体力ないね。薬いる?」

「スザク!おま、ぁぁぁっ」


施された口での奉仕に反応し、一瞬のくいしばりの弛みから、精を吐き出してしまう。

朦朧とする意識の中で、スザクはそれを、切なげに飲み干してしまったのをみた。



息が乱れる。


荒い息づかいでだらりと上半身を斜めに傾げると、スザクがキスをねだってくる。


濃厚なキス。唇の端にわずかに俺の欲望を残して。


まるで、欲を受け入れた感動を分かち合いたいと、更には次の行為をねだるために。



「ルル、君が欲しいよ。ちょうだい?」



スザクの瞳が、赤く輝く。


俺は確かに、スザクにギアスをかけた。

それは彼に生きて欲しかったから……



「あっ…はぁ、ん……ルルぅ…」


パイロットスーツをだらしなく脱いで、スザクが跨がる。


吐息がすがりついてきて、甘く啼く。



スザクの心は、ゼロである俺を殺すことを拒んだ。

でも、ゼロを生かして逃すことはできなかった。

神根島で俺を捉えて。

ランスロットに俺を押し込めて、二人出ることなく、ブリタニア本土に向けた船に乗りながら、コクピットの中でむつみあう。



「スザク…っ」

男根だけが寛げられ、スザクに突き刺さる。


「きもちいいっ…ルル、もっとぉ…」


俺をだきしめて、スザクは行為にふける。もっととねだりながら、自分から激しく体をくねらせ、嬌声をあげていた。



スザク……叶うなら、もう一度君に。

ギアスをかけるまえの君に。

アイシテルと言う前の君に……



サヨナラが言いたい。



エロだけ…ルル視点。

こうやってルルスザを思いついてしまうから、ジノスザとして書いてる話が段々スザ×姫になりつつ、、、な展開が怖いんだよな、、、

「枢木卿を~」にやられました。年下ネタにやられました。

どうしようもないね。。。

姫スザに走るか。。。(遠い目