※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 昔、初めて聞いた音に似た、人々の響きが聞こえる中で、C.C.は思い出す。

“すまない…私は、お前の騎士には、なれない”

「私たちの息子は、ようやく望んだ騎士を手にするよ。マリアンヌ」


戦いの合間に




「まさか、そんな…」

 開始20秒。

 スザクは準決勝の相手、コーネリアの騎士ギルフォードの細剣をその手からはじき、喉元皮一枚のところで自らの刃を止めていた。

 完璧な剣舞。

 太刀筋は見事に型どおり。

「っ、勝者、枢木スザク、決勝進出!!」

 行事の声に、どよめきと歓声があがる。

「よもや…ギルフォードが…」

 ルルーシュの隣に座っていたコーネリアが、うめく。

「残念でしたね、姉上。猛将たる貴女が、戦力を見誤るとは」

「意地悪いな、ルルーシュ。こんなかくし球が二の騎士か…」

「剣の腕には満足していますが、頭の方はカレンに二歩も三歩も劣るので、騎士にするのに時間がかかりました。手を焼かせる奴です」

 舞台の上で、二人の騎士が握手を交わしていた。



「完敗だ。決勝に進むといい」

 差し出された手に、剣を納めて応える。

「ありがとうございました」

「だが、姫様たちの賭けは、まだ終わりではない」

 敗北を予期していなかったのか、わずかに悔しさをにじませた表情。

 わかっている。相手は主人同士では格上。面子もある。

「君が決勝でも勝たなければ、この賭けは流れる」

「次の相手をご存知なのですか?」

 お互い手を離す。

「…知ったところで、君には勝てない」

 そう言うとすぐに背を向けられてしまい、それ以上は聞くことは出来なかった。



 誰1人参加者のいなくなったはずの控え室に戻ると、そこにはカレンが待っていた。

「おめでとう。決勝進出」

「ありがとう」

「ここまではあんたの腕なら確実。次が今日の本番よ。気合いいれなさい」

「決勝の相手は…」

 甲斐甲斐しく汗をぬぐうタオルやら着替えのトランクを渡されて、眉をよせた。

 ルルーシュの紋章が刻印されたトランク。滅多に持ち出されない中身は、勿論自分でも中身はわかっていた。

「カレン…これ、正装じゃ…」

「そーよ。次はそれを着るの」

 よく見れば、カレンも黒い後ろだけ燕尾のながいジャケットに、赤いラインの入った細身のパンツという正装だ。儀礼用の細剣に、やはり胸元にはフラムルビーの輝き。髪もわざわざストレートに直されている。

「決勝の相手は、服装からもう粗相をしたら大変なのよ」

 世話焼きモードのカレンにかかると、まともに自分で着替えをさせてもらえない。

 略式の騎士服を神風の速さで脱がされ、男の恥じらいなど微塵も許さないと言いたげに、服を着られていく。

『漢らしいなぁ…』

と思ったことは、口には出さない。

「決勝は、偉い方と当たるのかな?」

「偉いも偉いわよ。皇帝陛下直属騎士のお一人ですもの。一昨年私がでたときは、今のワンと決勝で当たったんだけど」

「負けちゃったとか?」

「人が気にしてることをズバリというな!はい、出来上がり!!」

 ばしっっ、と音がなるほど強く叩かれて、二三歩たたらをふむ。

「痛…」

「ルルーシュは、あんたとスリーは五分五分って踏んでる」

「本当?」

「でも相手が本気でやればわからない。面識はあるけど、あいつは公式の武芸会に出たことがないらしいし、本気の太刀さばきを私は見たことがない」

 2年前のことでも思い出しているのか、カレンの言葉は重かった。恐ろしく真剣なカレンの言葉に、震えがくる。

『武者震い…そう。怯えるな』

 しかし、自分のものよりもブルーに近いマラカイトグリーンは、続けて武人の鋭さで、怖いことをいった。

「帝国最強の12騎士。準決勝まで、瞬殺の峰打ち一刀で笑いながら勝ち上がってきたらしいから。死ぬ気で頑張って」

「…それ、勝てるの?」




「勝ってくれないと困る。スザクには」

 予選時よりははるかに活気に満ちた観客席のVIPルームで、彼が吐き捨てた言葉を拾う。

「賭けが流れちゃいますもんね!」

 にっこりと笑みを浮かべて、答える。

 決勝戦にでる騎士の主人だから。その護衛だから。

 自分たちはきらびやかな衣装に着替えていた。

 公式行事において人間であり、その中でも皇族である彼の側に侍れる機会はあまりない。

 人間の主人の側に侍るのは、人間の騎士である。ただ、今回はその騎士が二名とも不在なので、代理ながら立派な衣装を着せられて、主人の背を守っている。

 少し離れた場所に姉君であるコーネリア皇女殿下も席を構えている。そちらは数いる騎士が姫の誉れを体現するようにかこんでいた。

 視線をそちらにやったとき、どよめきがやってきた。

 軽く下を向くと、一の騎士に付き従い舞台に歩く主人。

 黒と赤が鮮烈な女性の後ろにいる、白一色のスザク。

 黒の皇子と言われるルルーシュ様の対極のような色。

 ルルーシュ様は、スザクに黒を許さない。ルルーシュ様が黒をお与えにならないのは、妹君のナナリー様と…

『スザクだけ』

 きつくスザクを睨んでやると、わかってしまったのか、スザクが一瞬こちらに視線を向けた。



『ルルーシュ殿下は、あそこか』

 正装のカレンに従い、会場の中央で立ち止まった瞬間、ランスロットを通じて主人の位置を把握する。

 なんとなくしか、まだ自分からランスロットの気配を探ることが出来ない。カレンがパペットを通じて、様々なことができるのに対し、自分の未熟さは比較しようも無い。

 今日は剣技のみだからいいものの、騎士として修めねばならない技能は、多岐にわたる。

『いけない。今は剣に集中するんだ』

 一度深呼吸をして、気持ちを切り替えた次の瞬間。

 自分たちが入って来たのとは反対側の入り口から、二人の人間がやってきた。

 空気がピリッとはりつめるのが肌でわかるほど、会場の空気が変わる。

 永久の碧へ至る、最後の敵が、会場の空気を変えたのだ。