※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイドル妖精ルルーシュ 第一話 アイドル


 タラップに降り立つと、ムシムシとしたアジアの夏の空気がそこにあった。

「ぐっ…」

 チャーター機で、早朝の到着とはいえ、暑いものは暑い。覚悟していたとはいえ、時差ぼけもあって余計に厳しいものだった。

「へばるな。すぐ記者会見と、移動して番組収録があるんだぞ」

「わかっている」

 マネージャーのC.C.に毒つかれ、苛立ち紛れに返答をする。

 そうはいっても、体が悲鳴を上げそうだった。

「大丈夫でしょうか?最初の取材会見だけでも、キャンセルの手配をいたしますか?」

 背後で荷物を持ってきた咲世子が、恭しく伺いを立ててくる。

 しかし、

「冗談じゃない、私を誰だと思っている!」

怒りをこめて睨みつけ、なけなしの気力を振り絞って立ち上がる。

「私は、ルルーシュ…ルルーシュ・ランペルージだ!!」



 ルルーシュ・ランペルージ。

 アイドルひしめくブリタニアで、最新シングルが16週トップ3入りを続けている、今をときめくNo.1歌手だ。

 ハスキーヴォイスと清楚な容姿、そして皇族もかくやという女王然とした性格が持て囃され、デビュー以来発表する曲は全て、初登場1位確実という状態。

 先月から各国を飛び回り、世界ツアーを開始しているが、中でもこのエリア11では、公演と共に数々の取材や収録が目白押しの予定で、長逗留になることが予定されている。

 しかしながら、そんな彼女が皇族であり、ちゃっかり彼氏まで居るのは、内緒の話。



「うっわー、本当なの?リヴァル」

「勿論ですよ、会長♪ 苦労したんですよ?ルルーシュのウェルカムライブのチケット」

 男リヴァルは、今、まさに正念場であった。

 今をときめくアイドル、ルルーシュといえば、ライブチケットが30秒で売り切れる超難易度。

 それくらいの努力をしなければ、元貴族の年上の女性など口説けない!と意気込み、やっとの思いでチケットをゲットしたのだ。

 それには聞くも涙、語るも涙の努力があるわけだが…

「あ、これボックス席じゃん。なになに、4人まで?」

「丁度いいじゃない、シャーリー。カレン、ニーナ!リヴァルがルルーシュのライブチケットくれるって!」

「嘘…」

「いや、会長。それは俺が会長と…」

「ありがとう、リヴァル!皆で楽しんでくるわねv」

「…あの、もしもし?」

 その努力は、実ることはなかった。



「ではルルーシュ様。いつも通り、笑顔でお願いしますね」

「…あぁ」

「しっかりやれ、ルルーシュ」

 咲世子の無表情な念押しと、やる気のないC.C.の声。

 舞台に立つ前だというのに、普段以上に無表情だった。

 原因はアレだ。

 不本意ながら恋人を続けている、枢木スザクが、どこでどう入り込んだのか、ライブ会場にいるというのだ。

『何が“俺がついてるから安心して歌え”だ…っ!!』

 私が、本当は歌など歌っていないことを、知っているくせに。

 笑顔を振りまくだけだというのに、どうしてこうもライブに来ようとするのか。

 イライラする。

 ステージ下からのせり出しを待つ間、ふつふつとした怒りがそこにあった。

 だからだろう。

「咲世子、出だしの曲は変更だ!」

「は?」

「…悠長にSOSから歌ってられるか!射手座からかけるぞ」

「わかりました」

 会場で待つ人がたくさんいる。

 だから中止にするわけにはいかない。

 それに何より…中止にすれば、スザクが何をしてくるかわかったものではない。

 だから…

「私の歌を、きけぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

 スポットライトの閃光の中、マイクに向かって叫んだ。




うわぁ、書いちゃった。しかもちょっとしかルルーシュいない(*/∇\*)

何がなんだかわかりませんが、とりあえず、言いだしっぺとして手は付ける。

うん…ルルーシュ、、、がんばれ…