キャンペーン > 大大 > 20100911

20090926| 20090926/コメントログ| 20091031| 20091031/コメントログ| 20091128| 20091128/コメントログ| 20091219| 20091219/コメントログ| 20100123| 20100220| 20100220/コメントログ| 20100320| 20100320/コメントログ| 20100403| 20100403/コメントログ| 20100510| 20100510/コメントログ| 20100619| 20100619/コメントログ| 20100703| 20100703/コメントログ| 20100731| 20100731/コメントログ| 20100828| 20100904| 20100911| 20101120| 20101225| 20101225/コメントログ| 20110115| 20110129| 20110219| 20110219/コメントログ| 20110326| 20110402| 20110402/コメントログ| 20110423| 20110423/コメントログ| 20110430| 20110723| 20110806| 20110820| 20110820/コメントログ| 20110903| 20110903/コメントログ| 20110924| 20110924/コメントログ| 20111001| 20111105| 20111126| 20120107| 20120128| 20120218| 20120414| 20120922| 20120922/コメントログ| 20120929| 20121201| 20130316| 20130427| 20130601| 20130615| 20130615/コメントログ| 20131006| 20131104| 20131104/コメントログ| 20131116| 20140426| 20140524| 20141004| 20141004/コメントログ| 20141115| 20141206| 20141206/コメントログ| 20150131| 20150221| 20150307| 20150516| 20150516/コメントログ| 20150530| 20150530/コメントログ| 20150704| 20150704/コメントログ| 20150822| 20150829| 20151031| 20151031/コメントログ| 20151107| 20151122| 20151122/コメントログ| 20151212| 20160130| 20160403| 20160403/コメントログ| 20160423| 20160423/コメントログ| 20160730| 20160827| 20161022| 20161029| 20161112| 20161224| 20170211| 20170422| 20170527| 20170610| 20170701| カラドラランド| カラドラランド/コメントログ| キャラクターズ| キャラクターズ/コメントログ| キャラクターズ/海の剣歯猫団| キャラクターズ/海の剣歯猫団/コメントログ| キャラクターズ/海の狼リスト| テシュノス| ビエラの爪彩| 参考資料| 参考資料/コメントログ| 炎岩奔流メッサーラ

第15話:『Turning Point』


◆参加者
ののの氏:サラ(スンチェンの13才の猫娘)
早瀬氏 :レイ(オトコリオン単神教会の徒弟)
Kon氏:ガイ(オーランスの風の王、でも非活動)

◆NPC
ハク     :サラの親友(スンチェンの13才の祈祷師見習い)
ユカリ(ウェルマー?):魔導師(古の魔導師,元金属ガイコツ?)
ラブラット  :サラの中にいるユカリの使い魔(レッドキャップ)
ボルティア  :ハクの祖父(祈祷師,現在引退)
フンアンクン :現在の狩猟の長(改革派)
ポステリテ  :魔導師?(古の魔導師?
エクネシア  :金髪の女(ポステリテの使い魔?)

ザーブン   :魚人のトリオリーナの司祭


◆ログ(最後は飲みの席でのことなので若干不安)

女性はどうもこちらに気がついてない様子。
レイは突貫していくも、泉の中央部が深くなっているのに気がつかず若干溺れ気味。
女性は気がつき逃走するが、一行は彼女に話を聞きたいのか追跡を開始。
森の中を進むと、石畳の階段が現れ、どうも階段を下れば島からみた建物の場所に行けそう。
建物に向かって進むと、建物ではなく屋根つきの噴水であることが分かる。
レイが視力の01クリットで、噴水が隠し扉的なものであることを看破。
噴水には耐傷円があったものの、みんなで無理やり突入。
噴水を調べてみると一人乗り用のエレベーターであることが判明。

サイズ的にガイには厳しかったので、まずレイがエレベーターに乗り込む。
噴水の下につくと、そこには2体の魚人ゴーレムが。
パスワードなど知らないレイは魚人ゴーレムに襲われ、脚のHPが-2倍に。
倒れた先がエレベーターであったので、そのまま上に戻り、皆で治療。
話し合いの結果、ガイに<鋭刃><防護>をかけて突っ込み、同タイミングでレイが<青銅形成>で相手の槍を壊すことに。
で、難なく突破。
先に進むと先ほどの女性が隠れていたので、ガイが降伏勧告するものの雄弁00ファンブル。
女性は強引に逃げようとしたので、ガイが頭に向かって気絶打撃で捕獲する。

女性に話を聞こうとするものの、彼女は記憶喪失チックなので、話が進まない。
女性の身体から匂ってくるもので、ガイは彼女がユカりんと同じ人間ではないことに気がつく。
彼女は誰かにイロイロ教わっていたようなので、その誰かの場所に案内してもらうことにした。
行く先は、どうも階段の上らしい。
注意して、魔導師の名前を出さずに会話していたが、道中不用意に口に出してしまう。
と、ガイがPOWの77クリットで、魔導師がテレポートしてくることに気がつく。
女性の背中に転送円を用意していたらしい。
ガイは躊躇なくテレポートしてくる先に剣を振るったところ01クリットで、相手の右足を飛ばす。
一瞬、みんな呆けるが、魔導師がハクの隣までノックバックされてしまったので、サラとガイはハクを護るために移動。
魔導師は、サラの中のレッドキャップを活性化させようとするものの失敗。
女性の身体から異様のものを感じた一行。
ガイは女性に剣を振るったところ、頭にクリット。
その直ぐ後でレイが魔導師に長刀を振るったところ、胸にクリット。
どうも、魔導師にとってこの女性はかなり大事な存在っぽく、狂乱気味。
このままでは10SR後には両者死亡風味。
あせった一行は、とりあえずフンアンクンを助けるという大義名分のもと魔導師の治癒をすることに。
が、女性の身体が液体状になりレイが取り込まれてしまう。
ほどなく、液体が大蛸に変わり、そこからレイの上半身が生えてる怪物に変化。
レイは、今までのストレスからかちょっと狂ったような感じ。
レイには耐傷があるからと、とりあえず攻撃するサラとガイ。
ガイの一撃は蛸にあたり、なんとなく、蛸を倒せばレイを助けられる予感がする。
サラの一撃はクリットでレイの胸にあたり、レイの耐傷は中和されてしまっていたことが判明する。
通常なら、その一撃でレイは昇天するはず。
イロイロと考えたものの、蛸とレイはHPが共有化されていると判断し、蛸に攻撃を続行することに。
結果、レイの胸の傷は治っていき、一安心するも、今度は蛸からフンアンクンが生えてくる。
泥仕合の結果、蛸は海の中に逃げていった。

レイを失って呆然とする一行。
このままではどうしようもないので、まず、女性が案内するはずだった場所に向かう。
そこには、レッドキャップが封じられた石櫃と同じようなものがあり、おそらく魔導師がここに封印されていたことが分かる。
石櫃の周りには放射線状に槍があり、そこにはサラの父親の槍とフンアンクンの槍もあったことから、少なくともこの2人は魔導師と何らかの接触があったのは間違えないと思われた。

フンアンクンの槍のみ穂先が外側を向いていたため、穂先が示す先に向かう一行。
そこには魔導師が使用していたであろう庵があった。
いろんな書物の中に、魔導師とフンアンクンの日記がある。
そこには、サラはこの島のものではなく、また魚人関係でもなく、ごうもレイやガイと同じ漂着者(=ネコ目線では悪魔)であったことが書かれていた。
それを知ったハクは、混乱して思わずサラの手を振り払って逃げてしまう。
西方語に堪能なガイは、サラの父親(仮)が魔導師の石櫃から奪った本と、庵にあった本で日記や歴史書以外の物は危険と判断して、全て海に捨てる。

2人きりになったサラとガイは、レイを取り込んだ魔導師を追う。
どうも、魔導師は一度体内に取り込んだものと同等の外観になれるらしく、蛸以外では鮫と蟹と戦ったが決着つかず。



▼次回予告

ブヨ神様が 溶けちゃったのですよ、ホントにブヨブヨとゆうかポヨポヨになってしまっ
たのですよ! でも、そんな事は、どうでもいいのです。たいした事ではないのです。

もんだい・・・問題は、サラにゃんがブヨ神様や漂流者と同じ外から
流れ着いた・・・あ、あ、あ、悪魔だって漂流者が言いやがるのですよ。

ブヨ神様も漂流者も ハクを騙してサラにゃんと別れさせようと
しているのなら猫神様に2人の舌を噛み切ってもらいますよ?
『Rune Quest 3rd edittion 大大 第2部・第11話、悪魔が来たりてフナムシになる』
うそだよね、サラにゃん、そんな事ないよね?



▼ガイの千夜一夜物語(宴席で酒を飲みつつ昔を振り返る)「第8夜」




▼レイヒルトの日記「トリコマレタヨ」(海/6)


「女・・・女がいる!! それも超美人!!!」
'・・・思えばコレが失敗の始まりだったような気がする。

気が付いたらお姉ちゃんの元に突撃していた・・・だって、ここのところまともな女性と
かかわった記憶がないんだもん。色々溜まっていたしあんな美人が水浴びしていたら・・

お姉ちゃんに駆け寄る途中で、溺れて見失うが・・・まあ、近くにあった石の神殿ぐらい
しか無かったから、近くの石の階段を下りて元々目指していた神殿に向かったのだが、
誰もいない。ネレイド(海の女神)の石像があるだけ。

建物のどこかにいると思って探していたら噴水が怪しいとキュピンっときたので近づくと
耐傷がかかって噴水に近づけなかった。何とか耐傷の中に入り込んで調べたら隠し扉?
まあ、噴水が回転しながら上がっていき、下から入り口が・・・でも一人乗りで、その
まま下がって下に行くらしい。(無論、噴水の中の金貨44枚は徴収済み。)

まあ、お姉ちゃんがいるだろうと思って一番に乗って下に下りてみると魚人のスケルトン
が下に2体いた・・・しかも前に見たのと同じ大型。合言葉を聞いてきたので、適当に
答えたら・・・足を切り取られた! チクショウ痛い。 ただ昇降機に乗ったままだった
ので、そのまま上に上がって命拾いはしたけど。

下で見た事をそのまま皆に伝えたら、ガイが突入する事になり、無理やり一緒に昇降機に
私が乗って後ろから援護する事になった。何とか<青銅形成>で槍をダメにする事に成功
して、そのまま先に進む事になった。

先に進むと柱が沢山並んでいて、その中央に水が大量にあった。が何かイヤな予感。
水を無視して周辺を見回すと、柱の影に先ほどのお姉ちゃん発見!!!

いや、今思い起こすとこのお姉ちゃんが曲者だったのだが。
この時はまったく頭が働かなかった。

そしてお姉ちゃんと何故か戦闘に・・いや、すぐに終わったけど。立場的に私達は悪者?
とりあえず捕まえたので話を聞いてみると、どうも記憶喪失らしい。、
ユカリ様の部屋の肖像画の裏にあった「エクネシア」の名前で呼ぶと反応があったので
その名前で呼ぶ事にした。お姉ちゃん・・・もといエクネシアは色々知っている事が
あるみたいなので、この周辺の場所を教えてもらう事にした。

周辺を教えてもらう為にこの神殿に来る為に降りた階段を再度昇る事に。

と途中で、いきなりガイが剣を抜いて後ろに向かって振り下ろした。
はっ? と思ってその先をみたらポステリテが足を切り飛ばされて空中を飛んでいた。
テレポートで来たのだと後でわかったが、この時は一瞬の事で判断ができなかった。

いかんポステリテがハクの近くに、守らないとと思って近くに行ったらば
エクネシアの様子がオカシイ・・・

その直後、エクネシアにガイが一撃で即死状態に・・・エクネシアが倒れると同時に
ポステリテが半狂乱になってしまい、牽制のつもりで薙刀で一撃を加えたら、
うっかり倒してしまった。 いや気絶させるだけでよかったのに・・・。

'・・・死なれても困るので何とか助けようとしたんだけど、私は治癒魔術が使えない。
せめて治癒の呪付物があれば・・・

と思っていたらエクネシアが、イキナリ溶けた、いや水になった。
で、いきなり包み込まれた。
ニゲヨウトシタンダヨ。ジャンプシタシ、デモニゲキレナカッタノヨ。コレガ。

ナンカ、ポステリテノ、キオクガナガレコンデキテ、カナリ、ヤツハ、ゲキドシテイルナ
、ナンカ、ナギナタヲ、ミンナニフルッテイル。

ガイガ、ワタシニ、コウゲキヲシテイル。
ムネニササッタ。イタイ・・・? イタクナイ、ダイジョブダ。ゼンゼン、イタクナイ。

デモタイショウガアッタハズナノニ、ハンノウシテイナイ。
アッ、ポステリテノキオクカラ、ワタシノタイショウヲ、カイジョ、シテイルコトガ
ワカッタ・・・チクショウ、ワタシノセイメイセンダッタノニ・・・シカモ、レアモノ。

アッ、ウデガトンダ。。。ナンカモウダメダナ、イロイロ。
ポステリテ、ウミニニゲルツモリダ。サテ、ドウシヨウ。
コノママダトトリコマレテ、キエテシマウガ、カラダノジユウガキカナイ。
トリアエズ、ポステリテノキオクデモ、ヨメルカナ。デモ、ドウカシテシマイソウ。
コレカラ、マイニチ、テイコウダケハ、シテミルカ・・・。

トナリニ、フンノヤツガイル。 マア、ドウデモイイヤ。

ハヤク、コノニッキヲ、カミニ、カカナイト。
トリアエズ、ポステリテ、ニッキヲカカセロ。
ジャナイト、アバレルゾ、ジャマスルゾ、ダダヲコネルゾ。


▼今週の欄外

検索用:ルーンクエスト,RQ,RQ,RuneQuest,RuneQuest,
    リプレイ,セッショログ,プレイリポート,プレイレポート,


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る