キャンペーン > 爽空 > 20110625

第10話: 「狩の日」もしくは「見事なサンドームですね」



キャラクター


"なんとか屋" カイエン (さるきどPC)

 21M イサリーズ&オーランス
 自称「交渉人」。
 ルナーの進んだ科学を手に入れて、ルナーに対抗すべし!という開国派(最終的には攘夷?)。
 1500年のオーランス大聖祝日の日にファーゼスト近郊で大青の儀式を行い、アロカもどきを打ち倒す。
 オーランス系の周辺氏族たちに名を知られるようになる。

ヴァルティラ (和泉屋PC)

 16F バビ子
 退人恐怖症のストーカー。
 現在、ファーゼスト地下にいた亡霊「エシス」が取り付いており、クエスト途中。

アリス・ブライトウォール (のののPC)

 18F イェルマリ子
 ターシュ北部の太陽の部族出身の入信者。(軍人娘)
 南方の家に嫁ぐも、離縁を言い渡されて故郷に戻る途中のファーゼストで仕事を探している。
 風の精霊は開放したが、水の精霊のクエスト中。

オロス (aza PC)

 21M オーランス
 出身氏族の地元横綱だったが、若い世代に地位を譲り、いまさら自分探しの旅に出た。
 田舎者特有のおおらかな価値観を持っている。
 1500年のオーランス大聖祝日の日に大青の儀式を行い、アロカもどきの血を被り全身が青くなっている。
 また、ストゥアワームの中から出てきたトロールの銅製入れ歯が右足にくっついている。

ヴィシャ (NPC)

 16F? 獣医ヴァレーラ&オデイラ
 熊使いだが、熊を失って、現在行方不明。

マスケート (NPC)

 ファーゼストの有力者の一人。30代後半の男性。
 反ルナー派の地元系貴族。
 ルナー派に命を狙われている模様。
 奥方のハナルディアとの間に3人の子がいる。(12歳男、10歳男、6歳女)

エシス (NPC)

 遺跡に棲むゴースト。ダスタ・ゴアの信徒。
 神との交信が途絶え、怨念となって寺院に束縛されている。

No. 名前     年齢性別 STR/SIZ/APP INT カルト 武器
1 カイエン   21M  16 / 09 / 11 16 イサリーズ&オーランス  ベザント+プレート 剣&盾
2 ヴァルティラ 16F  16 / 09 / 09 16 バビ子     ベザント+ラメラ 斧&盾
3 アリス    18F  10 / 12 / 14 17 イェルマリ子  リング+ラメラ 両手槍&大盾
4 オロス    21M  17 / 24 / 08 13 オーランス   大青 モール or 斧&盾

ログ

1501 海 1w 

 アリス合流と買い物

 アリス「自分は、アリス・ブライトウォールと申します。誇りあるイェルマリオンです。
     仕事があるとの事で来ましたが、悪い事には力は貸せません。」

 カイエン「悪いことなんてしてませんよ」


1501 海 2w 

 ヴィシャを捜索へ。
 熊が死んだ場所→動物医者(熊たくさん)→オディラの霊山とたどり、オディラの山長に話を聞く。
 なんでも、去年のうちに狩場へ入り、まだ出てきていないとの事。
 生死が明らかになるのは地の期の山狩りの日になるとの事で、やむを得ず日を改める事に。

 ※途中、アリスは登山77の00で神域へ。
 ※途中、カイエンは抵抗判定で77の01を出して神域へ。


1501 海 3w 

 マスケート氏一家+使用人が避暑地へ。(合計30人ほどの旅行)
 ヴァルティラは語学(古ワーム語読み書き)学習のためファーゼストに残るが、ほかは同行。

 ※オロスは、こつこつトレーニングを継続。


1501 海 4w

 来客1: アガーの支配層4人+護衛 (SIZ20のイェルマリオ貴族:ポポ・シャイニングトゥースが含まれており、微妙な宴会)

 来客2: ファーゼストのルナー派議員ら一行

 ヴァルティラの元にイサリーズから紹介できる人がいるとの連絡があり、バーガ(SIZ6、APP18)を紹介される。
 何とか教えてもらえる事になるが、バーガの方もまずは調べものをしてから、という事に。



次回への持ち越し

 •ダスタ・ゴアのカルトミッション
 •襲撃者追跡の後追い調査
 •トロールからの再連絡(本当にあるのか?)
 •村へ帰還
 ※バビ子さん達のディテール構築
 ※高地のオーランス信仰とは



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る