キャンペーン > 爽空 > 20110716

第11話: 「雷鳴の筒」



キャラクター


"なんとか屋" カイエン (さるきどPC)

 21M イサリーズ&オーランス
 自称「交渉人」。
 ルナーの進んだ科学を手に入れて、ルナーに対抗すべし!という開国派(最終的には攘夷?)。
 1500年のオーランス大聖祝日の日にファーゼスト近郊で大青の儀式を行い、アロカもどきを打ち倒す。
 オーランス系の周辺氏族たちに名を知られるようになる。

アリス・ブライトウォール (のののPC)

 18F イェルマリ子
 ターシュ北部の太陽の部族出身の入信者。(軍人娘)
 南方の家に嫁ぐも、離縁を言い渡されて故郷に戻る途中のファーゼストで仕事を探している。
 風の精霊は開放したが、水の精霊のクエスト中。

オロス (aza PC)

 21M オーランス
 出身氏族の地元横綱だったが、若い世代に地位を譲り、いまさら自分探しの旅に出た。
 田舎者特有のおおらかな価値観を持っている。
 1500年のオーランス大聖祝日の日に大青の儀式を行い、アロカもどきの血を被り全身が青くなっている。
 また、ストゥアワームの中から出てきたトロールの銅製入れ歯が右足にくっついている。

ヴァルティラ (和泉屋PC) 今回お休み

 16F バビ子
 退人恐怖症のストーカー。
 現在、ファーゼスト地下にいた亡霊「エシス」が取り付いており、クエスト途中。

ヴィシャ (NPC)

 16F? 獣医ヴァレーラ&オデイラ
 熊使いだが、熊を失って、現在行方不明。

マスケート (NPC)

 ファーゼストの有力者の一人。30代後半の男性。
 反ルナー派の地元系貴族。
 ルナー派に命を狙われている模様。
 奥方のハナルディアとの間に3人の子がいる。(12歳男、10歳男、6歳女)

エシス (NPC)

 遺跡に棲むゴースト。ダスタ・ゴアの信徒。
 神との交信が途絶え、怨念となって寺院に束縛されている。

行動宣言順 名前     年齢性別 STR/SIZ/APP INT カルト 武器
1 オロス    21M  17 / 24 / 08 13 オーランス   大青 モール or 斧&盾
2 カイエン   21M  16 / 09 / 11 16 イサリーズ&オーランス  ベザント+プレート 剣&盾
2 ヴァルティラ 16F  16 / 09 / 09 16 バビ子     ベザント+ラメラ 斧&盾
3 アリス    18F  10 / 12 / 14 17 イェルマリ子  リング+ラメラ 両手槍&大盾

ログ

1501 海 5w 

 避暑地における平穏な日々。

 主人が使用人達のためにバーベキューを主催。

 ある夜、アリスは獣の声を聞く。
 警備隊長と相談し、カイエン、アリス、オロスは、周辺の探索に出る。
 体長3mを超える(SIZ 50)黒い熊と遭遇。
 体毛が尖っている。
 その夜はお互いに警戒しあいながら戦闘まではいたらず。

 翌朝、森林部分の探索により、巨大熊の足跡を発見。
 対策検討を開始。
 ひとまず使用人も含めて館に集まる事にして、昼夜周辺警戒を開始。
 昼頃、マスケートは救援を求めるため馬に乗せた使者を立てるが、夕方に帰還。
 使者いわく「川沿いにいくら走っても下りきらない」との事で閉じ込められた模様。
 翌日に山越え部隊の投入を検討し、当日は警戒を厳に。

 深夜、山中を移動する巨大な生き物を補足。
 警備隊長は十分に引き付けた後に弓矢で仕留めようと試みるが、1本が貫通した所で熊が激怒し、館に突撃を敢行。
 一撃で石壁を破壊(クリティカル)し、館内に進入されてしまう。
 警備隊長は皆に息を潜めるように言い残し、馬小屋へ移動。
 馬具を着けた馬を引き出して館から引き離す作戦に。

 一方、カイエンは足元から霊的波動を受け、館の地下に巨大熊襲来の原因かつ対策がある事を直感する。
 カイエンは地下への道を探し、応接室の暖炉下に隠された通路を発見。
 進入する。

 オロスはそれを手伝いつつ、熊への警戒をするが、暖炉上からマスケートが降りてくる事に気づく。
 マスケートは地下通路がある事は知っており、なぜカイエンがそれを知っていたのか警戒しつつ、追跡を開始する。

 カイエンは地下通路を進み、ホール状になっている場所に到達するが、隔離呪文による攻撃を受けて瀕死の重傷を負う。
 マスケートと共に追いかけていたオロスは倒れたのに気づき、ホールに突入し、カイエンを治癒する。
 マスケートは気絶したカイエンを起して尋問すべきか悩む。

 熊が館を離れ、馬を追い始めるとアリスは同僚の不在に気づき、1階を捜索。
 暖炉下の通路を発見、進入する。

 アリスがやってくるのを見るとマスケートはカイエンを起し、尋問しはじめる。

 マスケートはカイエンに「なぜこの地下通路を知っていたのか」と問うが、カイエンは「神の導き」と答える。
 当然疑いは晴れず、尋問は続く。
 逆にカイエンが「巨大熊の対策がここにあるのをあなたは知っているはず」と問い、マスケートがつい1つの神像の方に目を向けてしまう。
 カイエンはさらに問い詰める。

 マスケートはカイエンを取り込む方が良いと判断し、友として受け入れる替わりにカイエンにもマスケートを友として偶する誓いを要請する。
 カイエンはこれを受け入れる。

 マスケートはカイエンに祖霊の霊宝「雷鳴の筒」について説明し、カイエンにそれを手に取り、巨大熊を打ち倒す事を求める。
 カイエンはこれも了承し、「雷鳴の筒(明らかにライフルの形をした武器)」を手に取る。

 すると黒い熊皮を被った霊体が現れ、霊宝のいわれを説明しはじめる…。



次回への持ち越し

 •ダスタ・ゴアのカルトミッション
 •襲撃者追跡の後追い調査
 •トロールからの再連絡(本当にあるのか?)
 •村へ帰還
 ※バビ子さん達のディテール構築
 ※高地のオーランス信仰とは



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る