キャンペーン > 大大 > 20110820

20090926| 20090926/コメントログ| 20091031| 20091031/コメントログ| 20091128| 20091128/コメントログ| 20091219| 20091219/コメントログ| 20100123| 20100220| 20100220/コメントログ| 20100320| 20100320/コメントログ| 20100403| 20100403/コメントログ| 20100510| 20100510/コメントログ| 20100619| 20100619/コメントログ| 20100703| 20100703/コメントログ| 20100731| 20100731/コメントログ| 20100828| 20100904| 20100911| 20101120| 20101225| 20101225/コメントログ| 20110115| 20110129| 20110219| 20110219/コメントログ| 20110326| 20110402| 20110402/コメントログ| 20110423| 20110423/コメントログ| 20110430| 20110723| 20110806| 20110820| 20110820/コメントログ| 20110903| 20110903/コメントログ| 20110924| 20110924/コメントログ| 20111001| 20111105| 20111126| 20120107| 20120128| 20120218| 20120414| 20120922| 20120922/コメントログ| 20120929| 20121201| 20130316| 20130427| 20130601| 20130615| 20130615/コメントログ| 20131006| 20131104| 20131104/コメントログ| 20131116| 20140426| 20140524| 20141004| 20141004/コメントログ| 20141115| 20141206| 20141206/コメントログ| 20150131| 20150221| 20150307| 20150516| 20150516/コメントログ| 20150530| 20150530/コメントログ| 20150704| 20150704/コメントログ| 20150822| 20150829| 20151031| 20151031/コメントログ| 20151107| 20151122| 20151122/コメントログ| 20151212| 20160130| 20160403| 20160403/コメントログ| 20160423| 20160423/コメントログ| 20160730| 20160827| 20161022| 20161029| 20161112| 20161224| 20170211| 20170422| 20170527| 20170610| 20170701| 20170916| 20171014| カラドラランド| カラドラランド/コメントログ| キャラクターズ| キャラクターズ/コメントログ| キャラクターズ/海の剣歯猫団| キャラクターズ/海の剣歯猫団/コメントログ| キャラクターズ/海の狼リスト| テシュノス| ビエラの爪彩| 参考資料| 参考資料/コメントログ| 炎岩奔流メッサーラ

2011/8/20 第9回 「船長襲撃(中)」

◆参加者(敬称略)
ののの :サラ(スンチェン猫一族に育てられた娘 14歳)
早瀬  :レイ(オトコリオン単神教会の徒弟、25歳)
Kon :ガイ(オーランスの風の王にして待祭、でも非活動、42歳?)
さるきど:メッサーラ(海の狼に復讐を誓うトロウジャン出身の女性、20歳)

◆NPC
ウルメラ   :魔導師秘書(元ポステ部下1:金髪ショート,めがねっ子,スーツ,APP17)
アベントス  :竜の格闘家(元ポステ部下2:内的到達への道,筋肉ダルマ,ザンギエフ)
バブリーナ  :船の守護精霊(船首像)
ダラルダラ  :ガイの同盟精霊

▼ログ


『16番艦長 ボグ』

海4 払暁。
扉を開けると、そこは4m四方程の船長室。
天幕付きベッド、でかい机、海図、いす、宝箱、クローゼット。
天井までの本棚、水盤。出窓。

部屋の奥で待ち構える船長ボグ。
質の良い服を着た40からみの巨漢(190cm位)
上半身裸の逆三角形マッチョ。口髭パイプ。
濃い茶色の髪を肩口で斬りそろえている

両手の曲剣を抜くボグ。
ボグ「おっと趣味が変わったか?」
サラ「この船の艦長はあなた?」
ボグ「ミミ子の配下のものじゃないな?どこのものだ?」
メッサ「よく見破ったな。私はメッサーラ。海の狼を刈る者だ」
サラ「ほう侵入者か?なら遠慮することはないな?」

●戦闘開始

雄叫びと共に躍りかかるパーティ
サラは机の上に躍り上がる。メッサ左回り込み
アベ右回り。レイは呪文。アビナ後方警戒。

ラウンド1:

SR1:
不意に床が揺れる。DEX×1失敗で転倒(レイヒルト以外全員失敗)
ボグの能力は極めて狭い範囲(POW㎡)に船酔いを起こさせるもの。
レイヒルト白熱、投射失敗(揺れでペナルティ)
SR4:
POW×1 水盆から何か出てくる。ウンディーネSIZ6
SR5:
ボグはZOCがなくなったのをチャンスと見、そのまま出口側へ突進。
レイを攻撃して抜ける目論見。
SR7:
すかさずサラがしっぽ使用で机の上からジャンプ、バックスタブを試みる。
背中を取ったはず…、机で踏ん張った瞬間船が大揺れしてずっこける(操船00ファンブル)
(近接武器ファンブル表)はずみで腹部の鎧が脱げてこれまた絡まる(次の攻撃受け無効)
「どんがらがっちゃーん」「あーぱんつがー」
ボグはレイを攻撃。レイは辛うじて体を張って止める。
(アビナを無防備にしたら後でしばかれるし)

ラウンド2:

メッサがサラの代わりに船長の背後に入る。
サラとアベントスはウンディーネを相手。
メッサは船長攻撃、レイは田吾作呼び、今一度体を張る。
船長はメッサとレイに分割攻撃。
SR1:
船揺:操船かジャンプ1/5、DEX×1いずれかに成功しないと転倒。
レイとアビナは転倒。
SR4:
船長レイを攻撃。ダメージ14、耐傷が効果発揮。
メッサのレイピアが(77-crit) 相手は武器受けするが、
耐えきれず砕け、腹に22ダメージ。
正座した状態で船長が倒れる。
SR10:
ウンディーネの攻撃。アベントス、サラ、メッサが
巻き込まれるが、命の皮があるのでだれも窒息せず。
レイがウンディーネを始末。

●戦闘終了


そのころのガイ;

甲板下の線上には降りず。
何を思ったか救命ボートを降ろす。
ガイ先生とネコはふらりと去る。

戦闘後の後始末:

メッサとサラがつかまっている人が船内にいないか捜索。
サラ 航海術(01) →昏睡した男(アビナの兄貴)発見
船に密航して潜りこんで、昏睡中。
→治癒6を掛けて一時的に延命し、
アビナを船に残す。

レイは船長室内を捜索。戦利品:
船長の小剣1d8(粉々、まとも)、
鎧AP11+SIZ16、腕輪、鞘+バックル(鋭刃6,MPX12)、船長の本体。
金塊、耐火チェスト(宝石、装飾品)

※その後の行動について、こいつらにはまるで戦略がないことがわかった。
で、勢いに任せてそのまま14番艦長をやっつけることに。

『14番艦長 ミミィ』

気付かれる前にミミィの部屋を襲うことに決めたパーティ。
アビナと兄は16番艦の中に残す。
桟橋をあげる。エレベータへ。丸太4本を外へどかす。
エレベータに乗込み。B1Fに降下。
廊下を先に進む。右に曲がる。前方に降りる階段。
手前で大きな音を立ててしまったサラ(聞き耳00)「しまったー」
階段下にいた4人のガードに気付かれる。彼らは1H槍+ターゲットシールで迎え撃つ。

●戦闘開始

突撃。
サラとメッサ前列、サラ惑い→3番惑い
敵は階段降り切ったところでラインを構築。
サラとメッサ(軽戦士コンビ)では突破できない。
(ターゲットシールドAP12+リング薄皮AP6が固い)
「先生お願いします」
メッサ下がり、アベントスがアッパーボディアタック(ノックバック攻撃)
敵を押し込むのに成功するが、突出する。
レイ アベントスの後ろに続くが、薙刀ファンブル97 最大ダメージ適用 右足切断
サラが前に出る。1番撃破、メッサ前に出てライン構築。
サラ攻撃00 近接ファンブル表90 →メッサに攻撃 DM21 胸部
→メッサ耐傷01 ノックバックのみ(サラ:さすがに殺してもたとおもいました)
メッサ2番にダメージ。
5ラウンド経過。部屋奥の扉からモビルスーツの起動音が聞こえる。

6ラウンド:

サラ攻撃01→ 2番撃破 
レイ攻撃→ 3番右手落ち →右脚キック →3番撃破
アベントスは槍の貫通を受けつつ攻撃 →4番撃破
なんとか全員撃破。

しかし時すでに遅し、扉があく。
「…なにごと?」
以下次号。

▼次回予告


▼ガイの千夜一夜物語(ネコ相手に愚痴を言う)「第25夜」



▼レイヒルトの日記「船を揺らす者」(海/3のまま)

う~ん、何か間違えた気がする・・・どこで間違えたのだろう・・・う~ん
そうだ、足の再生をメインに考えれば海賊なんて捨てておけばよかったんだ!!

'・・・ガーン! シマッタダイシッパイ・・・

とりあえず、日記をつけよう。

大きな方の船に乗り込み船長の護衛兵を叩いた後に船長室に乗り込むと
そこには、上半身裸の男が立っていた・・・何か、田吾作を思い出して気持ち悪い。

多分、船長だろう奴が、シミターみたいな剣を抜いたかと思うとサラと話始めた。
最初はミミ子・・・多分14番艦の船長だろう奴の手下と間違えていたらしいが、
'話の内容からすると14番艦の船長は特殊な趣味を持っているらしい・・・?

まあ、とにかく船長を討ち取るべく私とアビナ以外は船長室に突入あいたのだが、
戦い始めたとたんに船が凄まじくゆれた・・・これでもかというぐらいに!!!
何だ!こりゃあ!! 気が付くと私と海賊船長以外は全員床に転がっていた。
こけなかったのはよかったのだが、発動しようとした白熱呪文が失敗!

と、船長が猛然と船長室入口に突っ込んできたぁ~!! 入口には私しかいない。
当然、回避してよけ・・・・・・後ろにアビナがいた!!!
どうしよう、よけたらアビナが人質に取られてしまう・・・でも、よけないと痛いし

どうしよう、回避するべきか・・・受け止めるべきか・・・あっ
'・・・回避するか迷ってたら刺された・・・おおっ、耐傷で防げた!!
よかった~・・・助かった。

おっ、サラが後ろから攻撃か!よし殺れ!! って、こんなタイミングでパンツが
脱げて足を取られて転ぶ奴があるかぁ~!! 私の命がかかっているのだぞ!!

とにかく仲間を呼ばれたら終わりだ・・・何としても足止めしないと。
田吾作でも使ってみるか・・・何か新しい能力を得たみたいだし。
おや、中で何か・・・ウンディーネ?
まずいまずい、何とか倒さないと・・・ゲッ、また揺れる・・・こっ、こけた!!。

いかん船長に逃げられる・・・アレ?メッサのレイピアが船長の腹に刺さってる?
らっ、ラッキー!!! 死んだのか死んだなコレは。

'・・・今から思うとコレがよくなかったのかも・・・コレが・・・

後は、ウンディーネか・・・でも「命の皮」がかかっているから問題ないな。
とりあえず、私のストレスのハケ口になってもらおう。
'・・・ガイの奴、遅いな・・・

今回は、珍しくサラとメッサに褒められた。よく船長を逃がさなかったと・・・
うん、色々黙っておこう!!余計な事は言わないに限る。

どうも船が揺れたのは船長の特殊能力だったみたいだ。
危険だな海の狼の船長・・・皆こんな奴なのか?
だとしたら関わるべきでは無いのだろうか?

そも、私は海の狼などに興味は無いし。

まあ、しばらくはサラに付き合うか・・・ウルメラさんがいれば、どこでも天国!
ウルメラさん大丈夫かな・・・テレパシーで連絡がとれなくなったから
きっと心配しているだろうな・・・
早いところ終わらせてウルメラさんの元に帰らないと!!!!

サラとメッサが、船内を探索するとか言っているので、その間に船長室を物色。
役に立つもがあればいいのだが。まあ、色々手に入ったけど、バックルはメッサが
気に入ったみたいだ。MPマトリクスが入っていたし。

と、あいつ等が帰ってきた・・・あれ、アビナがいない。
話を聞くと何でも船底にアビナのお兄ちゃんがいて死に掛けていたらしい。
一応、治癒したみたいだけど、あまり動かせないみたいだ。

甲板に移動したのだが、ガイがいない。アレ小船も無い・・・
また、いつもの如くどっかに行ったのか・・・仕方ない奴だ。
メッサは、憤慨していたが、サラと私は「いつもの事」で、
そのうち戻ってくると言った。

ここで、皆と話して、14番艦艦長を襲撃する流れになった。
まあ、私が、現在のブーストが最高で、このタイミングで無いと奇襲をかけないと
効果が無いと思ったから襲撃に賛成したのだが・・・

間違えた、ここは休んで、何人か確保するだけにしておけばよかった。
そうすれば、あいつらが同士討ちで弱ったハズなのに・・・

そんなこんなで、昇降機を降りてミミとやらがいる部屋に移動したのだが、
サラが大きな音を立ててしまい、下にいる護衛に気づかれてしまった。

とにかくこいつらを即効で片付けて部屋に乗り込まないと・・・いけないのに
襲撃の手順を間違えてしまった。そう、先にアベちゃんを突撃させて突破口を
開かないといけなかったのに・・・

戦いが始まったが、予想以上に護衛が手ごわかった。敵の盾がいけなかったな。
しかもフォローに入ったところで、自分の足を切り落としてしまった・・・いや、
皮一枚繋がっていたが、痛い・・・色々痛い。

おおっ、でもさすが木の足!繋がっているとは、中々、中々・・・
全然うれしく無いよ!!!! 早く人間の足を取り戻したい・・・

何か、サラがメッサに凄まじい攻撃をかけているし・・・なっ、何やってんだ。

ああっ、扉が開いた・・・間に合わなかった。
せめて足の治癒が完全に終わったところで戦えば・・・勝ち目あったか?
アベちゃんは流血していて、戦えそうもないし、どうしよう・・・

特にアレをみたらチョット自信が揺らいでしまった。
あの鎧の塊というかプレート?

私は、足を取り戻せるのだろうか・・・それ以前に生き残れるのだろうか?


▼サラの書き取り練習帳

メッサは嬉々として海賊の首を打ち落としている。
レイは海賊の生き死にには興味ないみたい。
あたしはなんか心に引っかかりを感じる。

確かに海賊は憎い。
父さんも母さんも弟も殺された。
島のみんなもたくさん殺された。
でもだからって、
これから出会うだろう海賊、
100人も200人も
全員の首を並べて、
それがあたしが望んでいること?

あたしなんで島を出てきたんだっけ?
ハクの兄さんを奪った海賊を追うためだったはず。
ここでなにをしているの?

先生、あたしどうしたらいい?
「なにグズってやがる。
 おまえがいいと思ったとおりにやりな」
っていってほしい。
そのおおきな手で
あたしの髪の毛をぐしゃぐしゃっと
かきまぜながら。
いつもみたいに。

▼メッサーラの「海の狼追撃帳その5」


メッサ「トラートグランドレッドクロス!」
ボグ「ムムッ!これは南海の部族、女蛮国に伝わるという幻の秘儀!
トラート神の加護を剣に纏わせ、"死"の形を描き、スピード、パワー
そして絶妙な角度で敵を貫く…グフゥ…」
メッサ「貴様にも見えるか…?あの赤く輝くトラート星が…」

…しまった、殺すつもりはなかったのに…

16番艦長ボグの特殊能力、それは自分の周りにいる敵に強烈な船酔い
をおこす振動(ビンボーゆすり)を与えるものだった…らしい。

船長室に追い詰めたと思ったが、特殊能力でボクたちが船室を転げまわっている間に
形勢不利と悟ってか、逃走を図る敵船長ボグ。そして奴の部屋からはウンディーネが!

まずい!今、通路にはレイとアビナしかいない!
レイはビビッて船長に道を譲ろうとする…と思ったら果敢にも立ち塞がった!
まさに(良い意味で)期待を裏切ってくれる男だ。
船長の背後から飛び掛かったサラもあまりの意外さに、ズッコケてパンツが脱げて
しまった!

だが、奴を一瞬でも足止めしたことは賞賛に値する。
レイ、君の死は無駄にしない…って何だ、例の能力で転んだだけか… 

その一瞬で充分、ボクは部族に伝わる必殺技を繰り出した。
レイピアは奴の剣を砕き、腹を貫く。
この技は100回のうち数回しか成功しないと言われているが、手加減なし
で使ったので、鋼のレイピアが折れそうになってしまった。

うう~ん、聞きたいことがたくさんあったのに、まあいいか。
今まで5年の長きに渡り海の狼と戦ってきたが、船長クラスを殺ったのは初めて。
ボグよ、おまえはまさしく強敵(とも)だった…

船長を殺った後、船をくまなく探すが、そういえばガイがいない…。
マストに上って見張りを倒すところまでは確認したが、どうも奴はこの戦いに
乗り気ではなかったから逃げ出したのだろう…オーランシーは油断ならない。
サラは「先生はそんな奴じゃない、きっと私たちを試しているのよ」的な事を
言っている。レイも「岩トカゲの時もそうだったし…」と訳のわからないこと
を言ってる。

船を探した結果、サラが船底の隠された部分から干からびた男を発見。
なんとそれは死んだと思われていたアビナの兄だった。
完全に衰弱し、あと数時間で死ぬ感じだったので、治癒6をかけてやったが
動かすのは無理だろう。ガイが戻ってくるかもしれないし、アビナに兄さんの
看病をさせつつ16番艦に残すことになった。

その後の方針は定まっていなかったが、余勢を駆って14番艦の艦長を
倒しにいくことにした。うりゃ~!
艦長を二人とも倒されれば海賊どもは戦意を喪失して降伏するに違いない。
何かの役に立つかもしれない、船長ボグの頭のサークレットを持っていく
ことにした(あれ?もうちょっと重たいものだったような気がする…)

まだ砦の中では異変に気づいておらず、静かなままだった。
う~ん、もうちょっと冷静になればよかったかな?

目的の14番艦艦長の寝床があるあたりまでまったく何も障害なく
進んだが、その手前で敵の兵士四人に阻まれてしまった。
盾と槍、金属鎧で武装しており、今までの雑魚海賊とは一味違う。

よく訓練された兵士で、隊列がなかなか崩れず、こちらは足場の悪い階段で
戦うはめに。アベントスが蹂躙攻撃を開始し、こちらが隊列を整えたその時、
後方で無理な態勢からレイが薙刀を突き出そうとして、豪快に自分の脚を
切り飛ばしてしまった(ファンブル)。
…よっぽどその脚が嫌いだったんだね…

その光景に度肝を抜かれたサラが、よそ見をして(00ファンブル)ボクの心臓
めがけて剣を振り下ろす。剣には深傷で増強されており、一撃で死ぬことは
確実…だったが、対傷が奇跡的に発動し(01クリット)敵を巻き込みつつ
数歩吹き飛ばされただけで済んだ。

なんとか敵を撃滅することに成功したが、時すでに遅し、奥の扉の向こうから
ガチャンガチャンと重装鎧の歩く音、そして扉が開いた…




▼今週のアベントス


もみあげ。



▼新キャラ投入?

今回、ガイが(計画的に)逃亡したので、「新キャラを投入」みたいな流れでしたが、ソモソモ戦力的にとか関係なく物語的に新キャラが必要かどうか聞いてみたく。

物語を加速するべく、より指向性(vs海の狼)の強い者が入り、希薄な者が抜けた。
元々ガイ自体がサラを育てるために出ていたようなものなので、技能上は手助けが必要なレベルじゃなくなったので、物語上としては必要性が薄くなっている感じ。なので、プレイヤーとしては必然でいなくなったんですが、唐突っぽさは否めず。

まぁガイ的に言えば「サラが一人前の戦士になった以上、ここにいる理由はない。この戦いは俺の戦いじゃないく、お前らの戦いだ。俺が必要ならばここにいてもよいが、必要なのが戦士であるならば、そのうち誰か代わりが見つかるだろ」てな感じ。

と まぁ、いなくなった理由を言い訳してみるものの主題はそれではなく。個人的には、現状パーティーとして意志はなく、混沌としている状況下で更にあらたな意志のベクトルを持つ可能性のある新キャラを投入するのはどうかと考えているわけで。入れるににしても、もうちょっと後の方がとか思うわけで。でも、混沌な状況なので更に毒投入、みたいな考え方もあるかなとも思ってみたり。

なので、GM含め参加者の方に聞いてみたく。

新キャラいる?



▼次回への課題(忘れないうちに)



  • 新キャラいるにこした事は無いけど

    どうだろう、難しいかも、場所が特種だしね。
    でもパターンは色々あるので、
    出て来れないでも無い。

    例えば、遭難で島に流れ着いたとか・・・(笑
    地下の遺跡から目覚めたとか・・・(笑

    う~ん、毒はチョット辛いかも・・・
    毒の内容にもよるだろうけどね・・・
    毒が効き過ぎると他のプレイヤー白けるし。

    まあ、新たなベクトルに関しては、投入しても
    問題ないと思うけど。
    -- (早瀬) 2011-09-02 02:01:31
  • 新キャラ欲しいです。
    後は他のプレイヤーの意見よりKonさんのモチベーション次第ではないかと。

    「海の狼討伐を志す勇者たちの話」と副題がつきつつ
    海の狼が出てきたのが前々回(笑)。ある程度テーマに
    沿っていれば、あとは努力・友情・勝利で何とか。

    投入のタイミングもマスター次第ですが、何とでもなるんじゃないですかね~?

    ・PCがミミ子と戦っている最中に美少年がミミ子のベッドから…
    少年はミミ子のせいでトラウマになり、海の狼を憎むように…
    ・PCがミミ子と戦っている最中に美少年が
    「ミミ子よくもうちの親父を殺ってくれたな!」
    何故か目をそらして口笛を吹くサラ一行。
    ・PCがミミ子と戦っている最中に美少年が
    「レイ先生!私を魔道の弟子にしてください!」
    ・PCがミミ子と戦っている最中に美少年がサラの尻尾を見て
    「あれは生き別れになった妹の!」
    ・PCがミミ子と戦っている最中に敵兵だった美少年が裏切り!
    少年は7番艦のスパイで、メッサーラを生存させる必要があったのだ。
    ・PCがミミ子と戦っている最中に敵兵だった美少年が裏切り!
    「それはガイの使徒の印!お前たちは弟弟子だったのか!」

    「戦力的に」は置いといて、と言われつつ、やはり必要なのは重装歩兵。
    ガチガチの鎧と盾を持った戦力が欲しいなぁと思いつつ、はっ?目の前に
    ミミ子がいるじゃないかw?

    美少年でかつ重装鎧で盾持ち、PCに足りない遠隔射撃能力があって
    猫がいなくなった分、夜目が利く…となれば… -- (さるきど) 2011-09-02 18:32:26

  • 1.新キャラ投入の是非… 
    キャンペーンの骨格として、いつかサラの目の前から
    いなくなることが私の中では規定事項でした。
    ですので、まったく問題ないです。

    2.投入タイミング… 
    いつでもOKです。
    ただシチュエーションによってはサラが
    ガイ先生を探しに行っちゃうかも。

    3.新キャラの性格…
    敵が圧倒的に強い状況で、
    ベクトルの変な分散=即パーティ全滅の危機という
    シチュエーションですので、
    そういう当たり前の常識が働くPCであれば
    あとはいかような性格でもよろしいかと。


    最後に。
    さるきどさんも書いてらっしゃいますが、
    Konさんが一番楽しめるようにするのが
    最も大切なことかと思います。
    新PC投入については
    まずその視点で判断頂くことで
    いいのではないでしょうか。



    -- (ののの) 2011-09-02 20:30:49
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


添付ファイル