キャンペーン > 爽空 > 20111112

第15話: 「ドワーフ工房の探索とカイエン開眼」


キャラクター


"なんとか屋" カイエン (さるきどPC)

 21M イサリーズ&オーランス
 自称「交渉人」。
 ルナーの進んだ科学を手に入れて、ルナーに対抗すべし!という開国派(最終的には攘夷?)。
 1500年のオーランス大聖祝日の日にファーゼスト近郊で大青の儀式を行い、アロカもどきを打ち倒す。
 オーランス系の周辺氏族たちに名を知られるようになる。

アリス・ブライトウォール (のののPC)

 18F イェルマリ子 バツイチ。
 ターシュ北部の太陽の部族出身の入信者。(軍人娘)
 南方の家に嫁ぐも、離縁を言い渡されて故郷に戻る途中のファーゼストで仕事を探しているが、地元の神殿ではいまいち相手にされてない風。オロスに誘われ、大地神殿のクエストに同行。

アイオリア (aza PC)

 31F マラ子
 巨乳の死化粧師
 大地寺院のクエストに応援として参加

ヴァルティラ (和泉屋PC)

 16F バビ子 独身。
 退人恐怖症のストーカー。
 現在、ファーゼスト地下にいた亡霊「エシス」が取り付いており、カルトミッションとしてクエスト途中。

ヴィシャ (NPC)

 16F? 獣医ヴァレーラ&オデイラ たぶん独身。
 熊使いだが、熊を失って、現在行方不明。

マスケート (NPC)

 ファーゼストの有力者の一人。30代後半の男性。
 反ルナー派の地元系貴族。
 ルナー派に命を狙われている模様。
 奥方のハナルディアとの間に3人の子がいる。(12歳男、10歳男、6歳女)

エシス (NPC)

 遺跡に棲むゴースト。ダスタ・ゴアの信徒。
 神との交信が途絶え、怨念となって寺院に束縛されている。

行動宣言順 名前     年齢性別 STR/SIZ/APP INT カルト 武器
1 アイオリア  31F  14 / 12 / 16 14 マーランゴア   ベザント+薄皮 斧&盾
2 カイエン   21M  16 / 09 / 11 16 イサリーズ&オーランス  ベザント+プレート 剣&盾
2 ヴァルティラ 16F  16 / 09 / 09 16 バビ子     ベザント+ラメラ 斧&盾
4 アリス    18F  10 / 12 / 14 17 イェルマリ子  リング+ラメラ 両手槍&大盾


参考PCイメージ:



火3W ファーゼストの地下?第15区画。カイエン、ヴァルティラ、アイオリア、アリス。

PCの装備状況

アイオリア F31SIZ12 マーラン入信者、タイコラテック平信徒
薄い皮+ベザント(一部スケール)
バトルアックス、シミター、ランタン、松明10本
ロングくせ毛。巨乳。
ヴァルテラ F16 SIZ9 バビ子入信者
ベザント+ラメラー(腹胸)
バトルアックス+1、ターゲット+1
グレートアックス(気の精霊呪符)、松明22本
カイエン M21 SIZ9 イサリーズ入信者+オーランス入信者
ベザント+薄皮、プレート(一部)
ブロードソード、カイトシールド(鹵獲品)、ピストル
旅行者パック、縄梯子、オイルランタン、
エターナル松明、松明、グラディウス(気の精霊)
インクとスクロールケース、羊皮紙
食料2W
アリス F18 SIZ12 イェルマリ子
リング+ラメラー(右腕・頭)
ロングスピア+ショートスピア
ホプライトシールド、アーチェリー弓
松明×3、楔と木槌、30'クライミングロープ、スコップ
食料1W、バックパック

ログ

かなり広い。捜索開始。
ゲーム上はメッシュ5×5を切って捜索場所を指定。
各自登攀ロール 成功度数が捜索メッシュ数。
技能:視力、聞き耳、捜索、追跡から好きなものを選んで複合ロール
登攀の成功度数エリアが捜索対象範囲となる。

1時間目:
成功度3:ワンダリング27(コカトリス×1)
ノーダメージで撃退。石像が一杯。  
2時間目:成功度6
3時間目:成功度6:ワンダリング27
コカトリスのところの石像が2体うごいた!
ガーゴイルレッサーホーンド SIZ20 だ!
4時間目:成功度 3:ワンダリング3
5時間目:成功度 5:ワンダリング7
6時間目:成功度 5:ワンダリング4

完全に探索完了したのは 25パネル中10パネル分。
残ったパネルは上下に探索を進めるか、
もしくは、各メッシュごとに探索を精査するか。

埋まった顔を発見。
ジョランティの眼窩の左からヴァルティラが、
右からカイエンが中に入って内部を探索。
中は横扁平な頭蓋骨風。3m角くらい。
メタリックホワイト。
床には穴があり、元来は球状のなにかを
収める仕組みになっていたよう。
床穴の向こうから風の流れる音が聞こえる。
一部に透明ななにかが2か所こびりついているようだ。
コインを落としてみると床を滑っていった。

見つけた獲物の鑑定。
一つにつき10分必要。
ワンダリング2:
ずるべったんという移動音がバルティラが見張る前方から近づいてくる。
両手が松葉づえになったドワーフ。片足を引きずり、R2D2歩きをしてくる。
瞳孔が開いている。

ドワーフ(交易語)「ようこそわが店に。なにか良い品物はあったかな」
カイエン「店なんかどこに?」
ドワーフ「そのロングスピアはお勧めだ。ハンマーもお勧めだ。とても美しい。」
カイエン「ベルとベザントは儂の店の取扱いのものではない」雄弁-失敗
カイエン「(ピストルを出して)これのための弾はあるか?」
ドワーフ「ろぐでもないものだ。わしのはたいほうだぞ」
まわり「(なんのこっちゃ)」
ドワーフ「腹が減った」
カイエンは人間用の食べ物(保存食)ドワーフはちょっと眺めていたがガツガツ食ってる。
ドワーフ「ねる」といっていびきをかきはじめた。

カイエンはそのすきにピックポケット。
なにか工具ようなものをゲット。11番工具。なににつかうのか。。

とりあえずドワーフは放置して探索を続ける。

獲物リスト:(すべてドワーフ印)
  • バルティラ 3個(8,9,15/d20)
 ロングスピア ねじ込み組立式 青銅 60L →アリス
 1Hハンマー d6+2 青銅 基本A/P 15% 1500L
 ウォーモール d10+2 鋼鉄製、魔、AP20 基本A/P 15% 5250L
 鑑定 神ファンブル →カイエン「これは俺の嫁!」(執着5)
  • アリス 3個(6,8,12)
 ベザンド S 青銅 価格2倍 840L →ヴァルティラ
 ダガー 青銅 価格2倍 →カイエン
 ダート 1d6 青銅製 10本 価格10倍 基本A/P+5 持ち運び用ベルト付 →アリス
  • カイエン 1個(1) POW×4 デカい顔
  • アイオリア 4個(1,16,16,18) POW×4
 片手用大型ベル 2.0enc ベルは透明な物質。べろは金属製。魔 →カイエン
 ベル中心にある一定範囲内の存在が、共鳴する相手先に転送される。
 ターゲット盾 呪鍛鋼 AP20、魔 → ヴァルティラ
 スケールメールM AP8 呪鋼製 ENC18 → アイオリア
 うろこがやたら長い。シャラシャラ音が出る。
 左脚用アンクレット 魔 1MP使うとMV+1/5分 疲労なし、1回/一日
 →アリス 


7時間目:
巨人の顔に戻る途中、
カイエンが登攀(00)中落ちる。
落盤したが、奇跡的に当たらず
(POWロール(05)、回避 失敗、JUMP 失敗)

スパイクでなわばしごを固定。
ヴァルティラが鎧を脱いで入る。
アリスが光呪文「イェルマリオ様ばんざーい」
「幸薄そうな光だな」「5分で消えるとかいうなー!」

穴の中に溜まっている透明物質に触れる。
シリコン的なさわりごごち。すくいあげると
ちぎれて少し固まる。ヴァルティラがMPを注ぎ込むと、
薄青く光る。そこからMPが引き出せる。その際少し量が減る。

鼻水:1encあたり 10MP溜められる。消費すると存在が消える。

ヴァルティラ戻る「疲れたので交代を」
カイエンが続く。鎧を脱いで、パンツにピストルをつっこんで降りる。
床穴を覗く。途中で曲がって先は分からず。
縄梯子をつたって降りる。
広いところに出る。
中を照らしてみると、ミイラ一体。
強い風が吹きすさぶ。

全員で穴に降りて先へ進む方向で。
先発隊が2人、降りて、縄梯子で固定。
大型の荷物は分解してつるして降ろす。
アリスはどうしても入らない家紋入りの
ロングスピアとホプライトを泣きながら残していく。
ヴァルティラが先行、暴風の中をするりと降りる(登攀01)

鼻の孔っぽいところ。奥に二つの穴。
片方からもう片方にものすごい勢いで風が流れている。
鼻の底にはシリコン物質がたまっており、その底にドワーフミイラ。

ヴァルティラは流れ込む鼻の奥を覗いてみて、奥に部屋があるのがわかる。
上におりてくるように呼びかけ。

カイエンが続く。

続いて荷物を降ろす。
すべて順調。

アイオリアが下りる。
途中で水袋に鼻水回収。

アリスが最後に下りる。
降りる途中で風にあおられてロープから手を離し、
鼻水池に落っこちる。アイオリアが身を乗り出してアリスを引き上げる。

先の室に3匹のカニ状の生物がみえる。
アイオリアがよく知っている混沌の生物。

クラシートキッド
SIZ7位
SR5 プラッチーム(投射)または酸(射出)
SR8 爪×3、かみつき×1 
胴体AP7、脚SP3 ×6本

帰るもままならん状況なので、
鎧が使えない。武器はその場で装備できないので
落っことして、呪文を掛けて突撃をかける。

戦闘開始
1ラウンド:
ヴァルティラが荷物をおっことして戦闘開始。
ヴァルティラは降りられる。
カイエンはジャンプ失敗。
アイオリアもジャンプ失敗、カイエンにぶつかるがノーダメージ
アリスは次のラウンド。
クラーシトキッド2,3攻撃、ヴァルティラ回避。

2ラウンド:
ヴァルティラはクラーシト3番を倒す。

3ラウンド:
クラーシト2番 射出ファンブル
アリス 回避神ファンブル
相手の射出痛打を喰らって気絶。
アイオリアとカイエンがカバーに入る。

4ラウンド:
ヴァルティラはクラーシト1番を倒す。

5ラウンド:
アリスはアイオリアの治癒で目を覚ます。
2番の攻撃を回避。
ヴァルティラがクラーシト2番を倒す。
戦闘終了


下は通路がつながっている。
風の吹き出し側は狭く、風下側に広くなっている。
風の吹き出し側の先は行き止まり。クラーシトのルーンが彫られた
割れ目。その上に登れる隙間が見える。その上にドラゴンのルーン。
そこに結界が見える。

パーティはヒバークのため風下側へ戻ろうとするが、
アリスが視力ではるか前方の状況を把握する(視力77-01)
はるか向こうで探索中のルナー戦士団8人(ルーンマスタ―クラスを含む)
地面の中をパーティを追ってくるなにか。
パーティがとったドワーフマークを追ってくるようだ。

アリスは、ドラゴンルーンがおそらく逃げ道になるとの直観を得る。
パーティは来た道を戻る。

ドラゴンマークの岩棚。
この岩棚は二本足生物しか進めなく、歩くたびに同じところを踏まないと進めない。
岩棚を昇り切った壁に彫られたドラゴンルーンの岩を通り抜ける。

壁に同じルーンを彫られた八角形の部屋。
舌が二つに割れている人間が一人居る。
瞳孔も縦に長い。髪、ひげを伸ばしっぱなし。
胡坐をかいて本を読んでいる。SIZ16

カイエン「われわれは道に迷ったものです。」
男   「亡霊の類ではなさそうだ。久しぶりの来客か」
ぼわっと椅子や机が地面から現れる。
男   「お茶でもいかがか」
カイエン「瞑想の邪魔をして申し訳ない」
カイエン「混沌とドワーフとルナーに追われている」

アリス「私はターシュ王国、太陽部族、ブライトウォール家のアリシアです」
男  「儂はオールドベット。ただの隠者じゃ」
オールドベット「見ればたいぶお疲れの様子。一服されたらどうか」

受け入れるパーティ。屏風がおりてくる。
丸一日休憩。全回復。
オールドベットと面会。
カイエン「いやあすばらしい休息を頂いた。改めて挨拶をさせてももらいます。」
    「儂はカイエン、イサリーズとオーランスを崇めるものだ」
いきさつを話すカイエン。
オールドベット「ところで今は皇紀何年だ」
カイエン「皇紀というのは分からないが太陽暦1621年です」
ずーっと物を考えているのが彼の主な生活だという。
カイエンは最近のターシュの世相を話す。
カイエン「この下にクラーシトの巣があったのですが。ここは襲ってこないのですか」
カイエン(77-01)→「そもさん」技能(01%)がついた。

いろいろ効果の分からないものの鑑定を頼んだ。
ダイヤモンドドワーフが追ってきたのは「11番工具」だったらしい。

ワーム語について聞いたりしながら
時間を過ごし、礼を行って帰る。

元の岩棚。
ワンダリング1-3
迫るゴップラー軍団!?
次回「そして1年が…」

今日の一言

おしりで虎目先生
おいといて


「カイエンの爽空屋繁盛記」


 引き続き15区画エリアを探索…

知らなかった…オーランス信徒がこんなに登攀とジャンプが
苦手だったなんて…きっと荷物が重かったからに違いない。

苦労した甲斐があって、いろいろ興味深い品々を発見。
いったん皆が集めたものを持ち寄って、儂が鑑定。
なんと?全部メイドバイドワーフって書いてある!
ここはドワーフの工房跡か?

詳細は本ログを見てもらうとして、特筆すべきアイテムが…
鋼鉄製のウォーモール(高品質 基本%+5 AP20)!
何故だろう?これを見ているとムラムラと儂のものにしたくなってきた!
マイプレシャ~ス!(鑑定神ファンブルによる執着心+5設定)
よくよく見ると、謎の言語でカイエンって名前が入ってるように見えるぞ!
何故だ!?大青で染めたこのブロードソードなんて、くだらないものに
見えてくる…?ヴァルティラが欲しがっていたが、お前にはこの
鋼鉄製のターゲットシールド(高品質 AP20)で充分だ!というか
本音では儂もシールドの方が欲しいのに、何故だかモールが愛しくて
たまらない!

他にはガラス製の謎のハンドベル。ENC2と非常に重い!
効果のほどはわからぬが、これ一つで一生食っていけるほどの財産に違いない!(00ファンブル)
とりあえず、儂が預かっておこう。

他にも品質の良い武器・防具や魔術的な品々がわんさかと。

と鑑定に熱中しておったら、両手が松葉杖状のドワーフが現れ、
「うちの商店はいいものそろえているよ(交易語)、それぞれ○○クレジットだよ」

なんだよ!ここはドワーフの商店かよ!

というか、儂、ドワーフを初めて見た!
以前に人間になったドワーフは見たことあったけど、そうか本物のドワーフは
こんな姿、形をしているのか(笑)両腕は松葉杖だし、瞳孔は開いているし、
不思議な生き物だわい(笑)

後で知ったが、このドワーフ、実はダイヤモンドドワーフという種族?らしい。

態度が友好的だったのを幸い、儂は腰のピストルを見せ、これに適した弾はないか?
と尋ねてみた。このオーランスの神器をドワーフごときが知るまいと思っていたが、
奴め「そんな下らないものに頼るなんて!?」と怒りはじめた?と思いきや、
話しているうちに、人前でグースカ寝はじめおった?
なんて失礼な種族だ?
寝ている相手の非礼を責めるのも何だし、儂は奴のポケットをまさぐってやった。
すると、何かの工具のようにも見えるダーツのような細長い金属を見つけた。
金属の先端に死のルーンのような形(十字)がついており、儂は魔術的な武器の類
だと直感したね。

寝ているドワーフを差し置いて、儂は瓦礫の中に巨人の頭を発見した。
普通に見れば、壁に穴が二つ開いているようにしか見えなかったが、よくよく見ると
頭蓋の形の一部であり、穴は両目の跡であることが分かる。

中を照らしてみると、奥には空洞があり、床の一部にはキラキラした液体のような
ものが張り付いておる。空洞の奥から風の音が聞こえてくるので、この先には
出口があるのではないか?とも推測された。

協議の末、巨人の体内を通り、出口を探すことに。
巨人の体内は非常に狭い(SIZ10以下)ので、儂らは全員鎧を脱いで裸に近い恰好
になった。やはりオーランス信徒たるもの、この恰好が一番しっくりくるわい。
ただ女性だらけのパーティで全員裸だと目のやり場に困ってしまうな…
いざと言うときに言い訳ができるようにパンツにピストルを入れておこう。
間違ってゴア娘に切り取られてしまわぬように…

キラキラした液体(便宜上シリコンと呼ぶ)は、使い捨ての魔力封印にもなることが
わかった。

儂は巨人の目の中に縄梯子を垂らし、まずは登攀の得意なヴァルティラが先頭を行って
降りることになった。内部はすさまじい強風が吹き荒れており、さきほどのシリコンが
プールとなり、中にドワーフのミイラが沈んでおった。穴が二つ開いており(儂は鼻の穴
ではないかと推察したが、一方から風を吸い込み、もう一方から抜けているのでどうやら
違うようだ)、風の出口となっている穴にヴァルティラがあまりにスルっと降りたので
正直ナメておった。

「一歩間違えば普通に死ねる」風が吹き荒れており、登攀とジャンプの苦手なオーランス
信徒の儂としては、危うく一歩間違うところであった。

オーランス信徒でも、高地の部族でもないアリスがシリコンプールに落っこちたのは
さておくとして、穴の出口にはクモともカニともつかぬ生物が3匹いた。

クラーシトの仔?そうか、このような地下都市を作るには奴らのような存在が欠かせぬ
のか…?よく見ると、奴らの甲羅には「下水局備品」と書いてあるような、ないような…
許すまじルナー!

幸い、奴らの生態について多少は知っていたので、儂らは全員、防護と鋭刃の魔術で
強化して突撃することに。

ただ、穴から下まで3mほどの高さがあり、儂らは全員裸に近い状態だ。この狭い
空間では武器や鎧を取り出すことも敵わぬ。
いったん全員の装備を地上に落としてから、各自、地上に飛び降り武器を拾って
戦うことにした。

先陣を切ったヴァルティラが幸先良く敵の一匹を無力化したが、まず儂が失敗し転倒。
降りた先で武器を探しているうちに、上からアイオリアが儂の上に落ちてきてさらに
転倒。アリスも自分の装備の上に派手に落ちて、ダメージを負ったようだ…

手間取っている間に、儂が脚に奴の酸を浴びてしまったが、防護のおかげで
何とか踏みとどまった。そうこうしているうちバルティラが2匹目を倒したが、アリス 
が酸を浴び、右手が焼けただれ、さきほどの落下のダメージと相まって瀕死の状態に。

アイオリアがアリスを治している間に儂が奴を叩ききって成敗してやった。


穴の下は、三角形のようなかなり広い空間。
降りてきたすぐ先は三角形の頂点となっており、裂け目が開いていた。
そこには禍々しき混沌のルーンとクラーシトのルーンが…

すごく嫌な予感がして、辺りを見回してみると、さきほど死にかかったアリスが
神懸った空間把握能力で、まだ見えない遥か向こうから武装したルナーの一団
(しかもロードや司祭クラスを含んだ)、そして、地下からドワーフの一団(何か
巨大な掘削機械のようなもので掘り進んでいるらしい。どうやら儂らが工房から
品物を盗んだ扱いで追ってきている模様。
目の前にはクラーシトの仔の巣…

どうしたら良いのだ!教えてオーランス様…っていうと、当然、全員オーランスの敵なんだ
から全滅させればいいじゃん、って普通に返ってきそう…
儂は天啓というか妄想に従って、ここを死地と定めた。

するとさきほどアリスがクラーシトの巣の上に謎のルーンを見つけた。
どうやらドラゴンのルーンらしく、そこは安全そうなオーラを発している。
アリスが先頭切って皆がそこに向かったので、儂も武勲を立てることなく、そこに
向かわざるを得なかった。

アリスは何かに導かれるように断崖をスルスルの上っていく。
確かにそこには、何か見えない通路があるかのように、儂らも簡単に登れた。

登った先には謎の部屋があり、儂らは吸い込まれるように中に入った…

部屋の中は八角形になっており、一人の人間があぐらを掻いて読書をしておった。
30代ぐらいのおっさんで髪や髭はボサボサだが鍛えられた肉体を持っており、
不思議な印象を与えておった。男は謎の言語で話しかけてきたが、通じぬとわかる
と交易語で話しかけてきた。話してわかったが、男の下は二つに切れており、
目も横ではなく縦に切れておるようだった。

見た目とは裏腹に、終始穏やかな態度でこちらに休息をすすめてきたが、
こんな怪しさ大爆発のところで休息など…いかにこちらが八時間におよぶ強行軍を
経てきたからといって、体力が倒れる寸前限界に近づいてきているからといって…

ZZZ…

丸一日経ってしまった(笑)

お蔭で気力も体力も魔力も全快。

気を取り直して、儂らはおっさんを質問責めに。

わかったことは
  • 名前はオールドベット
  • はEWFの時代の隠者
  • (今の)外の世界には詳しくない 

休息がてら、さきほど発掘した品物をいくつか見てもらった。

わかったことは
  • ベルは魔法の転送円の一種。振るとどこかに転送されるらしい。
  • アンクレットはMPを1注げば<早足1>の効果。ただし疲労しない。
  • ドワーフのポケットのダーツは11番工具という名のドライバー。
ダイヤモンドドワーフにとっては命の次ぐらいに大事なもので、死にもの狂いで
取り返しにくるであろう品(追手はこれのせいか!(笑))

「他に何か聞きたいことはあるかね?」
というもんだから、つい興味本位で、何故クラーシトの巣の上に住んでいるのか?と
尋ねてしまった。




よくわからなかったが、そうかクラーシトも世界の一部ということか?
オーランス信徒の儂がウォーモールを愛するようになってしまったのも
…また一つ真実が明らかになった!

儂はナントカ神話知識を得た…
ほんの少し世界が広がったような気がした。

そして1年後(笑)


次回への持ち越し

  • ダスタ・ゴアのカルトミッション(期限切れ)
  • トロールからの再連絡(本当にあるのか?)
  • 村へ帰還
  • オロスの奪還(解放?)嵐39まで経過観察(期限切れ)
※バビ子さん達のディテール構築
※高地のオーランス信仰とは



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る