キャンペーン > 失環1

ミッシング・リング1


登場人物紹介

●アルスト/女性/23歳/SIZ14/APP8→12/PC
 ペローリア農民出身のヤーナファルターニルズ入信者。
●ハーナス・ロルマーバーグ/男性/28歳/SIZ14/APP15/PC
 ターシュの小都市ランバーグの貴族ロルマーバーグ家の次男。ヤーナファルターニルズ入信者。権力争いを逃れようと16のときに入信と同時に家を出た。
●フィリップ・オルラシオン/男性/26歳/SIZ15/APP14/PC
 ランバーグのヤーナファルターニルズの司祭(ロード)見習い。
●ルクレディーサ/女性/23歳/SIZ15/APP9/PC
 ランバーグ近郊の町で庶民を相手に良心経営の医者を営む。年齢よりかなり老けて見える。
▲アッシュベル・フレーバー/男性/48歳/SIZ17/APP12/NPC
 ランバーグのヤーナファルターニルズの神殿長。ハーナスの師にあたる。
▲カジャ・メイモク/女性/30歳過ぎ?/SIZ16/APP15/NPC
 ヤーナファルターニルズのロード。魔剣「虚空月」を操る。


第一話:小都市ランバーグ

■ 3 名前: なゆた :2001/06/24 23:36:07

 ハーナスが異界を抜け出て降り立ったのは、なつかしい我が家の前であった。妾腹の子として迫害されたハーナスは同母弟の毒殺を機に10年以上前にこの家とは縁を切ったつもりだった。しかし門の前には葬儀の列が並び、彼は兄アッシュベールが死んだことを知らされた。無関係でいるわけにもいかずしばらく館に滞在することになったハーナスは、自分の記憶と現在の時間が食い違うことに気がついた。いまは海の季9日だという。海の季7日のマルボーロ陥落以来、1季以上に及ぶタニア達との不思議な出来事は夢だったのだろうか?。ハーナスは神殿に現況を報告し、自分の扱いがどうなっているかを問い合わせた。
 翌日、舘の人びととの緊張関係に疲れたハーナスは、ふと街中にアルストの姿を見出した。アルストと話したところ、ほぼふたりの記憶は一致しており、アルストもいつのまにか自分の家の前に立っていたのだという。しかし彼女の村では誰一人としてアルストやその家族のことを覚えているものはいなかった。彼女の手には妹に似たひとりの赤ん坊が残されていたが、熱を出して預けた女医ルクレディーサのもとからカジャと名乗った謎の女に連れ出されてしまった。この町まで追ってきたが消息を見失ったと語った。赤子の失踪に責任を感じた女医のルクレディーサから助力を頼まれたハーナスは、協力を約束した。

ルクレのログ1

■ 4 名前: 竜田久緒 :2003/06/15 23:03:42

1624海05 無礼な女(アルスト)より病気の赤子を預かる。
08 謎の女(カジャ)が赤子を連れ去る。追う。
10 ランバーグの街でハーナス・バーンバーグと会う。
  ロスリッター(2歳)襲われ死亡。
11 ロルマーバーグ家に証人として軟禁。
12 村に帰る。

第二話:闇月の女剣士

■ 5 名前: なゆた :2001/06/24 23:36:48

 ヤーナファルターニルズの見習い司祭フィリップは噂のロルマーバーグ家の次男ハーナスに応対し、彼の不可解な報告を本部に伝えるとまた日常の雑務に戻っていった。直後、カジャと名乗る怪しげな女が神殿長に面会を求めてきた。取り次ぎを断ろうとする彼にカジャは笑いながら鯉口を切り、剣から発される恐怖に神殿は一時パニックに陥った。神殿長は彼女をヤーナファルターニルズのロードだといいながらも、「誰もかかわるな。彼女のことを口外するな」との令を発した。
 数日後、ハーナスはアルスト達の巻き起こした風評に頭を痛めながら赤子の捜索の手を打って舘へ戻った。ところが館では継承者となるはずだった兄の息子ロスリッターが姉のブリジッタに殺された。第一発見者がハーナスを訪ねてきたフィリップであったことからハーナスにも嫌疑がかけられ、ハーナスの関係者と見られたアルストとルクレディーサも調査のあいだ軟禁状態におかれることになった。
 その夜、ふと目を覚ましたフィリップは庭を夢遊病のように彷うブリジッタを追って、庭の闇の中で再びカジャと遭遇した。ブリジッタの示した場所から短剣を掘り出したカジャは、恐怖に立ち尽くすフィリップに、これはカルトミッションであり口外無用と言うと、闇の中へと消え去った。
 翌朝、義兄のエレス・クロスローレンからロスリッターの死は病死として処理すると通告されたハーナスは、兄の妻ハンナとの結婚を勧められた。さらにハーナスは神殿から呼び出されると、大司祭からロルマーバーグ家を継ぐようにという命を授けられる。彼の家長への就任はヤーナファルターニルズにとって重要なことだというのである。そしてハーナスにはフィリップが護衛として付くことになった。


第三話:

■ 6 名前: なゆた :2001/06/24 23:37:23
 自分の町に引き返す途中で食中毒を起こした商人の一家を介抱したルクレディーサは、商人に同行していた占い師ルースと出会う。赤子をさらった女が再び街に現れたという噂を
数日のあいだに町に不可解な病気が広がっていることに気がついた。

ルクレのログ2

■ 7 名前: 竜田久緒 :2003/06/15 23:07:10

1624海16 村の手前で食中毒商人一家&ルースに会う。
17 カジャが現れ、ルースの占いで赤子を探す。
20 謎の病気発生。混沌の側に生える「ヤルキナク草」発見。
22 商人死亡。アルストの村へ出発。
25 村で長シミターを拾う。村人全滅。引き返す。
27 アルストの村にルース、アルフォンゾ達と戻る。
  アルストの家でルース夢歩き失敗。ゲート開く。アルストの妄執が襲ってくる。
ルースの青ランタンでできた影をカジャが斬って次元脱出。
31 商人妻死亡。ルクレ青ランタンの光で手足に影を発見。
  触れると生物が死ぬとわかり、ランバーグの街へ出発。
32 パリカール(騾馬)、バロン(犬)死亡。

ルクレのログ残り

■ 8 名前: 竜田久緒 :2003/06/15 23:09:13

1624海36 ランバーグの街到着。軟禁始まる。
42 夜、ロルマーバーグ邸地下にサルーナがバーンバーグを探して潜入。奥で白い氷の魔人と遭遇。
  フィリップは凍った右手を切り落とし、サルーナは生気を吸われて灰に。
  魔人の棺の下に隠された鎧と2剣、サルーナの灰と短剣を持って出る。


1624海43 バーンバーグは南へ出奔。ロルマーバーグ家に報告と武具類を持っていく途中盗賊に襲われる。
  アルフォンゾと再会。ロルマーバーグ家長女に軟禁される。
  夜、盗賊共(?)に襲撃を受け、秘密の通路を西へ向かう。出口で例の剣に刺された長女の護衛を発見。
  街に向かう途中でカジャと斬られたアルストに出会う。
44 アルフォンゾ剣持ち逃げ。警備隊に荷物を持って行かれた事を確認。
  体温が異常に高温化したカジャと低温下したアルストを街の外の宿屋で看病。
49 夜、宿に盗賊系の襲撃。フィリップ、カジャが迎え撃つが、いきなり宿の屋台骨が折れて潰れる。
  カジャの知り合いの旗本退屈どてら男(マクスウェル卿)が犯人。近くの野原で野宿。

1624海49 夜後半、バーンバーグとアッシュベル&手下共&どてら男に山奥の隠れ家に連行される。軟禁状態。
  カジャはアルストとの接触による体調不良から回復していないのに、どてら男に一騎打ちを挑んで負ける。
  バーンバーグとフィリップは剣を探しに行く事になり、ルクレとアルストは脱走計画を練る。

1624火02 バーンバーグとフィリップ出発。
03 ルクレとアルスト脱走。
04 夜直中、アルストを狙って四足蜘蛛襲来。
  大型鳥人に食べられる。
(その後、アルストの血をがぶ飲みしたせいでルクレは混沌の人になったらしい)
(13早朝、暗黒魔獣ルクレディーサ登場)


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る