キャンペーン > 傀儡 > 20121110

20111203| 20111203/コメントログ| 20111224| 20111224/コメントログ| 20120121| 20120204| 20120225| 20120225/コメントログ| 20120303| 20120324| 20120526| 20120714| 20120811| 20120818| 20120825| 20121110| 20130112| 20130202| 20130202/コメントログ| 20130330| 20130817| 20130817/コメントログ| 20140118| 20140125| 20140315| 20140315/コメントログ| 20140316| 20140316/コメントログ| 20140614| 20140614/コメントログ| 20140802| 20140816| 20141011| 20141129| 20150117| 20150328| 20150411| 20150425| 20150429| 20150502| 20150613| 20150718| 20150919| 20150919/コメントログ| 20151003| 20151003/コメントログ| 20151121| 20151226| 20160109| 20160116| 20160206| 20160206/コメントログ| 20160305| 20160312| 20160312/コメントログ| 20160430| 20160521| 20160521/コメントログ| 20160618| 20160618/コメントログ| 20160702| 20160716| 20160924| 20161126| 20161204| 20161217| 20161223| 20170114| 20170121| 20170121/コメントログ| 20170204| 20170218| 20170325| 20170408| 20170415| 20170624| 20170722| 20170722/コメントログ| 2017520| エスロリアの訳| エスロリアの訳/コメントログ| カレンダー| カレンダー/1621_TABLE| カレンダー/1622_TABLE| マスターメモ| 設定情報| 設定情報/エスロリア| 設定情報/オーランスの死の物語| 設定情報/カラドラランド| 設定情報/ヘンディラ| 設定情報/ホーレイ| 設定情報/ラーンステイ| 設定情報/古き大地の同盟| 設定情報/聖王国

2012.11.10 傀儡 第12回

PCS

yukuhito “額にバッテン”トランス・バール M23S15A13I15 オーランス/マスターコス、トブサロス族出身、諸国漫遊坊ちゃん}
短髪。背が高く痩せ男。顎がっつり系、太い眉、吊り目、三眼、イメージ募集中。
BS、TS、AP6、ARB、三眼、くぐつ指輪 。
現在の姿: BS、TS、AP6(右脚のみ5)、ロングコート、防寒毛布、金109p、手袋
当面の特徴:脚に風車模様のルーン。移動が6に

KON “伊達男”ジェローラモ M22S17A16I16 フマクト、坊ちゃん付き人、パンチェッタ=ジローラモ風 、サーター北部出身。
天パー短髪。細いが鍛えた体つき。だらしない姿勢。背中にデスルーンマント(見栄え重視)
BS、GS、KS、AP5、護身用ナイフ、財布に20ペニー。
現在の姿: 弓を置いてきた。ロングの外套。戦闘装備以外はなし。腰にBS、背中にKSとGS。手袋 。
当面の特徴:左下の防具なし(融けた)。娼妓33%

AZA マルミール M26S13I17A18 イェルマリオ、ほっそり面長ジャニーズ風
ロングサラサラ長い金髪、口顎髭、卵型の正統派の端正な顔つき、タレ目、肩幅あり。上目使いの姿勢。疲労回復2倍、ドワーフと話さない、火にあたらない
1Hスピア、TS、AP4
現在の姿: スピアとTS、ベザンド全身、腰にナイフ、ハチェット、毛布。ホストクラブの給金で借物を返却中。ベルトポーチに木炭(ボルト)と耳栓。
目立った特徴:お金がない(財布もない)

ののの リズ F19S10I16A15 アズリーリア、自称神聖借金取り、エスロリアのリゴス出身。
バトルアックス(扉破り用)、バックラー、ロックピック、借金閻魔帳、AP4
街中では暗色の袖なし神官服に長手袋、蔓編サンダル。長い癖毛の黒髪を後ろで束ね、帽子を被る。頭でっかちで細い華奢な身体、トップヘビーな外見。隠密行動を取るときは黒いタイトな仕事着に皮のブーツ。
肘までの長手袋に復讐精霊を呪縛。ターシュ王家由来の宝石ツインスター(体内に隠ぺい。錠前300P付)。ワイター(守護精霊)がつく。
目立った特徴:吊目。言動はナニワ金融道。

NPCS

シャールミツフ F18(見た目は)S10IA20位(素で18+水商売補正)
自主的でないはっきりしない性格。ワンピース+麦わら帽子。茶色のおしりまでロング。ウィスパーボイス。薄幸の美人。



現状の立ち姿

トランス:M23S15A13
ブロードソード、ターゲット盾、アーチェリー弓
リング+1、ロングコート、左手に青銅の指輪、
額に切れ目。

マルミール:
背中にショートスピアとホプライト、ベザント
予備のターゲット盾。簀巻きにされた荷物とブーツ
腰のベルトポーチに木炭。
敬虔なイェルマリオ信徒。朝が早い。

リズ:
黒い仕事着にクイル+1、バトルアックスを右腰
黒い長手袋(左側は呪付)、背中にバックパックとロープフック、バックラー。
ロングブーツ。リズ帽。黒いマント。


海の季5W

エスロリア海岸は砂浜。鏡湾は遠浅。
ヘンディラはノチェットの女王(エスロリアのではない)
政治組織は複数の家(一族)からなる連合体。ヘンディラはそこから選出されている。

今回の政変はヘンディラの行き過ぎたルナー傾倒への反抗から
始まったノチェットの内戦。

red earth league
old earth league

海の2Wごろ政変勃発。


前回(11.5回)のおさらい

リズ F  
しんなりしてる。
『今日からは私不幸。』

ジェロ M
ソードから譲られた鋼製ヘルム+リング、ミツフを連れてる。
BS、GS、変なBS、変なGS(替刃6枚付)、カイトシールド
『重い。』

マルミール M26S13I17A18
ベザント、スピア、ホプライト、木+ボルト
イベントに参加してストーカーされた。

トランス M23S16I15A13
BS、TS、AP6(右脚のみ5)、ロングコート、左手に指輪
三眼、糸、足はやい、トカゲ。
とかげ召喚失敗して胸部がトカゲ。AP1、SIZUP
『…とれんかなこれ。』

海の5週

小競り合いが激しさを増して本格的な内戦になりそうな気配。
リズは鉱物知識勉強で缶詰中。
トランスの状況調査をランカーマイに頼む。
中華風のおっさんが出てくる。
リズが呼ばれる。
「トカゲと融合したようだ」
「えー」
「これ以上悪くはならないが。
見た目どうにかしたいならアーナルダに相談してみるのも」
トランス引き取られる。

トランスは自分が混沌ではないかと恐怖。
自神殿で神託を希望。

そのころ(4週末)ジェロとミツフが帰ってくる。
ミツフの人生相談。とりあえず女性として自立できる教育を受けてもらうべく
アンジェラの仲介でアーナルダ神殿に住み込みで預ける。

代わりにアンジェラから仕事。
「代わりに仕事ですよ」
「代わりじゃないだろ」

ジェロの新しいブロードソードに興味を覚えたトランスと剣合わせ。
なんか剣を合わせるたびにバチバチいう。
数撃後、トランスが受け損ねてダメージ。
少しずつダメージが溜まり、相手に命中して鎧を通すと
雷撃の追加ダメージが出る。

仕事ブリーフィング

イサリーズ青年 ルクスを届けて生還させる。
敵地に潜入してエティリーズに転向したカノジョ(エイミィ)を説得して切り崩す。彼女はグランドマザーの一人。
ルクス ガーゼーン派で開国派。リゴスが足場。

魔晶石を借りる。いざというときはルクスの気の精霊もだせる。
みなで準備。皮鎧限定。フックロープ、買収用の小銭…なども準備。

海の5W(29日)

リゴスを出発→船で1日→ノチェット。ルクスはここまで護衛2名も連れてきている。
2派の争いだけでなく、火事場泥棒なども多いらしいと警官に注意される。
ノチェットの南側は大地側の制圧化にあり、入国が楽。

町の状況を探る。
ジェロとトランスは潜入してターゲットの家周辺を探る。
防衛線は所々バリケードラインを構築し、主な街道に検問と
見張りチーム(20~40人)がある。

2人は敵や盗賊にも出会わず検問をくぐる。
まず家を捜索。トランス(00)
目的地不明。さびしい街区に。戻る。深夜。

朝戻ってくる

結局夜中に壁を強行突破する方向で。

内紛はトップ会談が行われたが割れたらしい。

リズは女子服で周囲の目をごまかす。

近寄る ワンダリング35

トロウル

マント赤い

忍び歩きで帰る

場所を変える。

近づく×2

ワンダリング2

柵なし見張りなし。突破。

音がする。やりすごし。

ワンダリング19

音がする。

塀を越えてくる別の夜盗。

すれ違う。

漸く相手の家につく

各自ワイター起動

まずジェロが壁乗り越える。

壁の向こう、玄関にはまだ明かり。

侵入口、裏の5か所探す。

リズ視力00「あそこから侵入できそうですww」

屋根トップライトに登攀。

主人と愛人がコトの途中

霊話でトランスに伝える

リズ「降りられない」
リズ「あと、主人がいる。ついでのおっさんもいる」
トランス「あーことの途中か」

内容もれる。

おっさん神のように登る(77-01)

リズ「あーあー」

以下次号。



今日のお言葉


パンツ降ろすためだけに存在するノーム

リズお姉ちゃんの設定:

アンジェラ・ノバーク(Andela Novak) F20S12A16
金髪碧眼キラキラ巨乳エロい肉感的。
勢力争いに巻き込まれて没落した後、非常に苦労して
近くの町の女祭に就任する。現在のノバーク家の当主。昨年結婚。
人当たりの良いサディスト。妹を溺愛。

  • 母親 リゴスの割と有力なアズリーリアの女祭。
寺院内の勢力争いに巻き込まれて没落。6年前に死亡。
  • 父親 アズリーリアとつながりの深いリゴスの盗賊団の隊長。
6年前に行方不明。
  • リズがリゴスを出てきた訳:
2人でお家再興を誓ったのだが、方針の違いが埋まらなかったのと
姉が妹の行動を縛り付けようとしてきたので、
「私のやり方で一旗あげるまで帰らない」と
誓いを立てて飛び出してきた。


今週の傀儡の糸

1 J
2 F
3 F
4 F
5 Tr
6 F
7 F
8 F
9 F
10 F
11 × F
12 × Tr
13 Tr
14 F
15 × Tr
16 F
17 Tr
18 F →Tr
19 F →Tr
20 × Tr

本日の一言



今週の「いつかバビゴに殺してもらうリスト」

ジェローラモ
ティガ


トランスの手記


それから

 私は今エスロリアの第二の都市、リゴスにいる。目の前には鏡の海と呼ばれるぺターンとした平たい海がある。とても静かで、あまり風が吹かないらしい。われらがオーランスのご加護がないのだろうか?嵐の季には風が吹くのだろうか?そういえば、海の上の嵐というと、我らがオーランスというよりも、イッグという女神が吹かせているのだったな。ヴァリンド神の娘だったか。

 エスロリアの政治情勢を聞いて回ったところ、大母といわれる政治側と、アーナールダ神殿の女祭側とは、微妙に対立しているらしい。大母は祖霊崇拝に近い形のようだ。エスロリア軍、というものは存在せず、それぞれの家ごとに兵力を持っているということらしい。まあ、家といってもサーターのそれとは違い、血族というよりは利害の一致する共同体らしい。
 ノチェットの女王ヘンディラは、あまりにもルナー側に傾倒しすぎているようだ。ゆえにノチェットの中で対立が深まり、ヘンディラを女王から降ろそうとする動きがあり、まあそれは結果的にうまくいかず、最終的にノチェットの動乱となったようだ。

 古き大地の同盟(蛇の大地の同盟)と赤き大地の同盟の対立だが、どちらにも大地のカルトはいるらしい。リゴスは古き大地の同盟の側らしく、リズの姉のアンジェラが大司祭になったのは、以前の大司祭がヘンディラ派でノチェットに逃げ出したかららしい。
 内戦のせいで、警察能力が落ちているらしい。庶民はノチェットから離脱している模様。

 ノチェットの現在の情勢は、あまり大規模な激突は起きておらず、政治的な切り崩し合戦をやっているような状況らしい。お金や地位の約束など、様々な利権や特権などで取り込もうと動いているらしい。そして、その中で西方系の者たちがエスロリアの力を弱めようと暗躍しているらしい。エスロリアにしてみると、ルナーよりも西方の方が危険なのかも知れない。

 ただ、アンジェラさんのお話では、そろそろノチェットで大規模戦闘が始まりそうらしい。エスロリアの内乱はどうなるのだろうか。ルナー側に勝たれると困るのだが。

海の季第5週目

実験の後

 私の体について、ランカーマイのソードセージと呼ばれるルーン王にいろいろと聴いてみた。頭が長くて、仕込み杖と思しき蛇の杖を持っている。頭に長い蛇(竜?)の文様を彫っている。上半身は裸である。
 体に布のようなものを貼り付けたりして、テストをしていた。
 暗い部屋の中で、トカゲと対話するように言われたものの、よくわからない。何か聞こえるような気はするが・・・明確な声が聞こえないため、よくわからないままだ。
 リズと面会したところ、とても驚かれた。当然だろう。私は背が伸びており、なおかつ胸に蜥蜴の鱗が生えている。召喚に失敗し、誤って自分に召喚してしまった。
 結論として、そのソードセージはこう告げた。治す方法はない。
 チャラーナアローイに頼んで見た目だけ治すことはできるかもしれない。後、これ以上悪くなることはない。どっちかというと、それを嘆くほうがよくない、と。
 私はどうしたらいいのだろうか・・・本当に混沌になってしまったのだろうか?だとすれば・・・もはや・・・氏族に戻ることなど・・・。
 とりあえず、暇ができたら我らがオーランスに神託をいただくことにした。私は混沌なのだろうか、と。

ジェロの話

 リズとジェロがミツフさんについて相談していた。ミツフさんを助けたは良いが、冒険に連れて行くわけにはいかない。何とか、生きる方法を見つけてあげないといけない。ここに残してできれば健全な生活をするための助走期間を与えないといけない。そのまま放り出すと、多分そのまま花街に戻ってしまう。
 アンジェラさんにお願いして、後見をしてもらうことにした。しばらくアーナールダ神殿にて、普通に生きる生き方を学んでもらうことにしたらしい。
 代わりにアンジェラさんからお仕事を渡された。

模擬戦

 ジェロがカーシーから戻ってきていた。なんでも、かのジャンズマン氏から剣を受け取ったらしい。2ふりの剣で、ひとつは刀身の中央に水晶が埋め込まれた、バチバチという音を出すブロードソード、もうひとつは刃がはめ込み式のグレートソードらしい。ブロードソードのほうの試し切りをしたいといっていたため、私が相手をすることにした。まあ・・・あれだ、当たり所が悪ければ死ぬだろう。ジェロには悪いが、混沌になってしまった私には過ぎた最後だ。
 一合は受け流したが、二合目で腕に一撃をもらった。鎧を抜けたところでものすごい雷の力を受けた。もう少しで腕がなくなるところだった。受け流し続ける限りどんどんバチバチというらしいので、死ぬためには3-4回受け流さねばならなかったのかもしれない。とりあえず、腕が取れかかり、なおかつどういうものかがわかったところで終了となった。

アンジェラの依頼

 アンジェラさんの依頼は、ある商人の切り崩しだった。エイミーという商人がいて、その人は販路の拡大のためにエティリーズの入信者となったらしい。彼女はとても小さい派閥だが、大母の一人らしい。エティリーズはルナーの商業の女神なので、当然ながら彼女は赤き大地の同盟となる。そこで彼女の恋人のルクス氏が今のままだと販路を全て失うよ?と実利面から説得するらしい。
 現在のノチェットは厳戒体制なので、なんとか彼女の元へと行かせてほしい、最悪の場合は連れて帰ってほしい、という依頼だった。
 転ばしについては自信があるようなのだが。
 全く気が乗らない。しかしジェロが受けた仕事なのでやらないわけにも行かない。

ノチェットへ

 ノチェットへは船で移動した。わずか一日で到着。
 ノチェットはやはり厳戒体制になっていた。だが、結局のところノチェットは古き大地の同盟と赤き大地の同盟と、どちらにも属さない西方系の3勢力がモザイク的に支配する状態だった。南側はこちらの支配地域であり、北西がヘンディラ側となっているらしい。
 故に私たちは古き大地の同盟の支配地域に入り、そこからエイミーさんの商館へとルクスさんを手引きせねばならない。
 ルクスさんには護衛が二人付いている。しかし、潜入の際には連れていけないだろう。
 ノチェットについたら、マルミールの元上司がいた。兵隊やらない?とマルミールに誘いをかけていた。人が足りないようだ。

エイミーの館を探して

 ノチェットにつき、ルクスさんを古き大地の同盟の拠点に送り届けた。
その後、ノチェットの状態を見て回る。小さな通りは所々バリケードが張り巡らされており、大きな通りだけが使える状態になっていた。マルミールがぶらぶら街を移動してみたところ、野盗や赤き大地の同盟側の兵士によく会えそうな状態だった。
 私はジェロと二人でエイミーさんの自宅を探すことにした。私たち二人なら、単なる傭兵に見えるだろう。
 うろうろしていると、襲われた後を見つけた。危ないな。夕方、赤き大地の同盟の支配領域に入った。多分夜になったら出られなくなるだろうが、構うまい。
 リズやマルミールは脱出ルートについて調べたらしい。
 だいたいの場所は聴いていたのだが、迷ってしまった。今にして思えば、現地に詳しい人を誰か連れていけば良かったと思う。別に今突入するわけでもないのだから。
 今回は潜入のため、ワイターの力が使えると大変助かる。使えるか試してみたところ、使える感触があった。ワイターは我らに力を貸してくれるらしい。
 いい家が多い地区。人通りは少ない。場違いな街。衛兵にあうと引っ立てられそう。これ以上探しても見つからない気がしたため、路地裏の隠れられそうな場所を捜して寝ることにした。幸い、直ぐに見つかったため、そのまま寝た。
 翌朝、再び探したところ、直ぐに見つかった。ちらちら見つつ、帰った。

エイミーの館へ

 ルクスさんからの情報で、エイミーさんは商売をしてはいるが、自由には出歩けない状態らしい。自宅にいて、自宅と商館や取引先の間は人が行き来しているらしい。
 内乱はトップ会談が行われたものの、もの別れに終わった模様。

 私達は夜出かけることにした。リズにドレスを着せて、ルクスとリズのカップル+護衛3人というていを装う。ここから先は赤き大地の同盟の領域で、検問があるため通れないという場所から、リズが先行し、抜け道を探す。リズが隠れて盗賊風の服装に着替えた。
 最初の抜け道にリズが忍び込んで行き、しばらくして真っ青な顔をして戻ってきた。
赤いマントを着けたトロウルがいたらしい。それはゾラークゾラーンの信者の証だった。とりあえずびっくりして隠れた。そして戻ってきたものの、スリングが飛んでくるんじゃないかと気が気でなかったようだ。
 次の抜け道は厳重に警戒されていた。次を探す。
 次の抜け道は大丈夫そうだった。バリケードさえない。物影に隠れつつ、移動した。すると、なにか音が聞こえたため、ワイターを呼び覚まして隠れようとしたが、リズに隠された。その時は特に何も起きなかった。
 やり過ごしてまた進む。また何者かがが目の前の建物の塀から何者かが降りてきた。隠れているこちらには気付かなかったようで、次々と塀から出てくる。
 恐らくは野盗だろう。だが今は別に奴らとやり合う必要はない。どうしようか迷っていると、マルミールがそちらに向かって石を投げた。びく、と動きを止める野盗達。
 マルミールがあっちへいけ、と手を振るとあちらは最短距離で反対の壁の陰に隠れ、すーっと逃げていった。
 その後は特に何もなく、エイミーの館に到着した。

館に忍び込む

 エイミーさんの館の前でどうするかを話し合う。ルクスさんとしては、ここまで来たからには正面から入ってもいいのだが、受付が買収されていたら困るため、潜入することにした。

 まずは三眼で見える範囲に変なものがないか見ようとした。久しぶりの感覚。お腹の中がでんぐり返しして、吐いた。ただ、吐いても何も聞こえないので、犬はいないのだろう。再度三眼を開き、周囲を見渡す。特に何もない。
 ワイターを呼び覚ます。すぐにでも隠れられるように。そして、ジェロ、リズ、ルクスさん、私、マルミールの順番で塀を乗り越える。
 ジェロが見渡したが、何も見えない。私も降りてから三眼で見渡す。相変わらず三眼で見るとちゃんと見たい方向を見ているのか、よくわからない。とりあえず変なものは見えなかった。

 潜入するための場所を探す。リズが直ぐに見つけた。上の窓から入れそうだという。リズがどんどん昇っていく。大丈夫だろうか、と見守っていると窓の所についたようだ。何かやっているように見えたが、急に固まってしまった。
 しばらくしてこちらを見て、自分自身を指したりして、わたわたと暴れ出した。正直なんだかさっぱりだ。とりあえず霊話をかけて見た。
 リズはかなり慌てていた。とりあえずここは降りるのがとても難しいこと、窓の中にエイミーさんらしき女性とおっさんがいること、もごもご、といっていた。女性とおっさんということで私は思わず真っ最中か?と聴いてしまった。肯定らしい雰囲気が伝わってくる。すると、突然ルクスさんがロープを登り始めた。止める間もなくするすると昇って行き、リズの横まで行ってしまった。
 これからどうなるのだろう?


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る