キャンペーン > 群島 > 20130713

20040911| 20041003| 20041120| 20041225| 20050103| 20050319| 20050528| 20050917| 20051224| 20060103| 20060204| 20060311| 20060311/コメントログ| 20060429| 20060506| 20060729| 20060805| 20060902| 20061223| 20070106| 20070303| 20070630| 20070901| 20071006| 20080105| 20080105/ダンジョンマップ| 20080105/ダンジョンマップ/コメントログ| 20080419| 20080510| 20080705| 20080726| 20080802| 20101113| 20101211| 20120310| 20120407| 20120609| 20120901| 20120901/コメントログ| 20121103| 20121103/コメントログ| 20130105| 20130216| 20130406| 20130504| 20130713| 20130803| 20130803/コメントログ| 20131102| 20131207| 20140104| 20140308| 20140412| 20140510| 20140510/コメントログ| 20140607| 20140607/コメントログ| 20140809| 20140913| 20141220| 20150103| 20150214| 20150404| 20150509| 20150606| 20150606/コメントログ| 20150620| 20150801| 20150905| 20151017| 20151114| 20160103| 20160220| 20160409| 20160514| 20160709| 20160813| 20161015| 20161105| 20161210| 20170103| 20170318| 20170401| 20170617| 20170715| 20170805| マスターメモ| 用語集| 用語集_TABLE| 設定情報| 設定情報/キャラクターズ| 設定情報/無人島生活のてびき

第2幕32話


PCS


九郎 ビリー 14世 M19(16)S17A15
髪:茶色短髪、瞳:焦茶。バタくさい敗残兵。若いイケメン田舎のロシア兵風。
鏡プレート、頭、胸、腹、右手、左脚、クイルブイリ、左手と左脚
漆塗りINT刀、耐傷ベルト
魔晶石5+10

OKM キアン F16(15)S9A13
髪:長い(マヤくらい)薄茶色。鏡バッソ、鏡盾、ダガー、バジ卵の殻、メダル、
形見の指輪、普通の荷物、アイトウ石

竜田 テルミナ F15(14)S1A16
髪:長髪ブルネット三つ編み。ケプラーローブ、黒部屋の水晶ネックレス、
N05刀、鋤、ナイフ、普通の荷物、明かりの石、舌足らず

りんぞう シマルス M18(16)S10A12
いまは本来の自分の姿。石槍、No4刀、光石、婚約者の指輪、赤い宝石(火剣)、
盾、狼アーマー、サバーナに導かれている。剣の形の呪符物。

ログ


昼過ぎ、塔の上で海を見る4人+兵士1(ハン=イザン)。
テルミナは4隻のうち1隻が豪華であることに気づく。
上陸場所まで迎えに出るか塔で待つかで対立したが、待つ、に。ハンとビリー、狼煙を上げに外出。
夕方までテルミナはボウドウの首を夢に持ち込めないか夢歩き。01。1/100以下で深く眠りすぎる。
テルミナ、夢で東方諸島に来なかった農婦としての人生を歩む。39歳4人の子を産み死亡。満足度良好。

テルミナが深く落ちすぎていることに気づいたキアンはテルミナを起こすが起きず。
ハンとビリー戻る。
キアン、夕方に夢歩きでテルミナを探しに。効果的成功。いつもの夢世界。黒々と落ち込む奈落。
躊躇していると馬ひよこの一列がぴよぴよ。キアンの回りを回り始める。
一匹、白い馬ひよこ。なぜかキアンをチラチラ見ている。
手に乗せてみる。なぜか手でパチンとつぶしたい衝動。懐にしまってテルミナを探す。

テルミナもキアンも起きない中、シマルスの見張り中に敵襲。
シマルス「それ以上近づいたら火をつけて死ぬぞ (説得力なし」

ビリー、キアンにダメージを出して起こす。
キアン、懐のぴよから何故か腐臭。「賞味期限が切れそう?」。嫌な思い出。不機嫌な目覚め。
ビリー、キアンの応急手当77/C。妊娠が気になる。

ビリー、テルミナにダメージを出して起こす。
テルミナ、死後の世界、金色の野で天に昇る不思議な無数の紐。絆を分けし者達?。その中の1本に不思議な感覚
名声ロール おおかみ96-4/5P  仲間98-4/3P 夢成功で農民経験1年プレゼント

塔を囲むミンジュウルウ捕獲団に「帰れ」。消沈込みで成功するかに思われたが、下っ端が先走り。
入り口で迎撃。敵は死ぬと覆面が燃え上がり顔を焼く。

テルミナの消沈で指令系統つぶれるが、てんぱった一人が塔に薪を積み上げ放火。
捕獲団は撤退。ビリーが燃える薪を払いのけ、テルミナがバケツで水。

死体の後始末をしている中、突如として豪雨。雨の中から太鼓の音。
ハン「まさか雨流の君が?!」 迎え出て平伏。
巨大な輿。輿全体を覆う青く透明なフード。輿の後部で大きく打ち鳴らされる太鼓。
40人に近い白装束の付き人達。雨の中山道を上がってきて塔の前で止まる。

御簾が開き、SIZ20はあろうかという筋肉に包まれた褐色の肌の男がのそりと片膝で出てくる。
ズサリ、と地面に降り立ち、手に持った巨大な太刀で空を払い地を踏みつける。
人ではない目、僅かに覗く牙。キアンは東方の文化で言う「鬼の一族」ではないか、と認識。

その後ろから、6歳ぐらいの白装束の子供。天を仰いだまま目までがベールで隠されている。
正面を向くと雨が上がる。白い肌に浮き上がる異様に赤い唇が開く。「ウングヌース・XXX・XXXXXXXXXXXXXXXである」

夜中の大音響にイラつくキアン。なだめるテルミナ。
ウングヌースがふわりと塗れた地面に降り立ち、無造作に歩み寄る。気取りのない微笑み。
ベールを上げると白い肌と赤い瞳。少年の声。
「失礼したな。わが君がそなたらを必要としておる。少し話をさせてもらえまいか?」



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る