キャンペーン > 侵月 > 20130914

侵月 第5話:カワノカミ×ハ×タタリガミ?

人間を招き入れてしまったために滅亡に瀕するニュートリング淵の話w


時代背景

ターカロール王の治世(1569~1582)
1582年灰色熊の峰の戦い・・・サーター王戦死
同年バグノット陥落・・・ターシュにおけるオーランス勢力の一掃

テラサリン王の治世(1582~1600)PC達が生まれ育った時代
1591年ルナー軍サーター侵攻
アルダチュールを巡りルナー軍と交戦、サーター軍勝利
アルダチュールと周辺部族がサーター王国に帰属
その後、戦闘は小康状態となり一進一退の攻防
1600年テラサリン王謎の死

サリナーグ王の治世(1600~?)現在
1600年サリナーグ王戴冠
同年「死の一門」結成

登場キャラ

さるきど ネイリング     F18 siz13/int15/app16 【ヴィンガ・狩人】
装備:グレートソード、ターゲット、スピア(ジャベリン)、アーチェリー弓、薄手の革
ゲータ氏族、ケルドンの部族

Kon    モチャ       M18 siz20/int13/app07 【エルマル・ハイラーマ戦士】
装備:モール、バスタード、ターゲット、ジャベリン、ベザント 
コリマー部族の客将

ぷん太  ウォード      M18 siz14/int16/app12 【オーランス・農夫】
装備:ブロードソード(鋼)、バトルアックス2h、アーチェリー弓、薄手の革
ヴァンタロス族出身?

yukihito ケ’ロル 性別? siz6/int13/app? 【ニュートリング】
装備:トライデント、ターゲット、ショートスピア
ひょうたん淵出身

NPC エムル ルナーに襲われたオーランス集落から逃げ出した女の子
   ベグ ニュートリングの古老、祈祷師
   モー アルビノのニュートリング、祈祷師


ルールの変更点

77による神クリ(ファンブル)はなし。
77を振った場合はリロールによる通常判定。
77を出した場合、何かのチャージが溜まっていくシステムにw


ログ


1600年頃ザ・リバーの支流?
火の季
ニュートリングの集落(淵)沼にて

ギャラクシウスが離脱。
従者が迎えに来る。
「一族の危機です!戻ってきてください!」


戦利品の処理


大グモの巣から発見されたもの
  • 平たい金属の輪をねじったブローチのようなもの(魔力)
衣服を止める装身具のようらしい。
※古代地中海世界には「フィブラ」という現代の安全ピンを
大きくしたような装身具があったそうで、それに近いかも
  • 鋼鉄製のジャベリン

鋼鉄ジャベリンは欲しがる人多かったが、魔術アイテム
持っていないモチャがもらう。
ブローチは保留

ワニから発見されたもの(の残り)
  • イヤリング(魔力) 片方のみ
ネイリングはもう片方を探そうとワニの棲家を探そうとするが
泳げず失敗
  • 腕輪(魔力) 浮気ができなくなるもの
女性用?なのでネイリングが唾をつけている。

ディープワンから発見されたもの
  • 黒真珠 鑑定により5000P相当?


古老は語る


  • ニュートリング淵のおこり
かつて偉大なニュートリング(大きくて翼?や鱗があったとかw)から
この素晴らしい土地を与えられた。邪悪な者を封印するので、出さない
ようにするという使命を与えられたが、そんな者は村のはじまり以来
出なかったので、忘れられていた。

  • 聖地の神霊の話
村のはじまり以前にこの地にあった沼(現在の聖地)にいた。
”罪業の映し手”と呼ばれる祟り神。
ニュートリングにとって信仰するのは正しくない行いなので、
鎮める努力(定期的な人身御供とか)が行われていた。

  • かつてこの地に来た人間
2世代前(60年くらい?)にこの地にきた。
どうやら人間の世界から追放されてきたもの達らしい?
力を追うことに駆られていた。

ネイリングはニュートリング淵に最近起きている困難(ワニ、クモ、深きもの)
は沼の神への信仰が足りないせいだとニュートリングを説得する(雄弁:効果)
ニュートリングはあまりの事態に恐怖し震える。

沼の神霊(失われた川の神)の再確認


ネイリングは一行(+ケ’ロル)を連れ、ニュートリングの聖地である沼に
再度向かおうとする。
礼拝の仕方も知らなければ、神の由来もよくわからないので、再度
神霊を呼び出し確認するつもりであった。

マーチングオーダー
ケ’ロル、ネイリング、ウォード、モチャ(背の順w)

クレバスに櫓の部材で簡単な橋を作り、皆で渡る。

ウォード「そういえばこの狭い通路の奥はどうなってるんだろう・・・?」

クレバスを越えたところにある狭い通路は先にいくほど細くなっており
人間には進めないほどの狭さ。
途中に聖地に入る階段があったため、奥の方までは行けていない。

ウォード「ニュートリングなら行けそうだな・・・」
ケ’ロル「ちょっと行って確かめてみるケロ」

通路の奥はSIZ抵抗で5以下にならないと進めなさそうな幅。
SIZ6のケロルならなんとかある程度は進めそう。

どんどん奥の方に進んでいくケロル。外にはカマキリがいると聞いて
上方を警戒しながら進むが・・・

ケ’ロル「今、何か動いたケロ?」

気がつくと尻尾が切れかかっている。

ケ’ロル「!?」

慌てて後方に逃げようとするが途中で引っかかり、さらに腹が何かに
切り裂かれ、ハラワタが飛び出る。

ネイとウォードはケロルがうめき声をあげ倒れた音を聞き、駆け付ける。
狭いので苦労しながら進むとケロルが血を流して倒れている。

ネイとウォードから治癒が飛ぶが種族が違うため効いているのかわからない。

ネイはケロルを持ち上げ、ウォードに託す。
ウォードは広いところに行って治療を施そうとするが・・・

王大人じゃなくてウォード「ケ’ロル、死亡確認!」

ネイは狭い通路でケロルを刺した犯人を捜すと、何か鋭利な石のようなもの
が地面から突き出しているのを見つける。
ネイは鋭利な石をマントで包んで引き抜こうとするが、マントが裂けただけ。
石の周りを掘り出そうとするが、まともな道具がない上に、狭いのでうまく
行かない。

ケロルの異変をニュートリング達に知らせなければならないので、あきらめて
いったん淵に戻る。

ケロルの葬儀


ケロルの突然の死にさめざめと泣くニュートリングたち。
蘇生の方法はないのか?

精霊カルトとして蘇生の方法はなくもないが、一般的ではない。
というより彼らは蘇生の力を使うのは不自然な行為のようだ。

ニュートリングは彼らの方法で、ケロルを埋葬しようとするが・・・

モチャ「まあ、待て!聖地には君たちの神霊がいる。頼ってみようじゃないか?」
ネイ「いやだから礼拝の仕方も名前も知らんのだけど・・・w」

再度、ケロルの死体を持って聖地に向かう。
今度は寄り道することなく祭壇にまっすぐ向かう。

マーチングオーダー
ネイリング、モチャ(ケ’ロルの死体を担ぐ)、ウォード

モチャとウォードは松明を持って進むが、ネイリングは神霊の機嫌を
損ねないように松明を持たず。
改めて祭壇と神像を見ると、水から出ている部分がスッパリと切れて
いるように見える。
とりあえずケロルを祭壇に置いて、ネイリングは儀式の準備を始めようと
するが、儀式技能が低いため、充分な時間の浄化を行ってから行うことに。
5時間ほど水垢離を行ったw

モチャ&ウォード「さすがに暇だな。周辺を探索してみよう」

ウォードが歩いてると、水の中で何かを踏んだような感触。
手探りで拾ってみると、それはディープワンの変化した黒真珠だった!
なんでこんなところに?
最近のものでないにしても、過去にここでディープワンが倒された証なのか?

他に沼は非常に藻や菌類が繁殖しており、粘着質の水質なのだが
神像の周辺から特に藻が繁殖していることに気付く。

周辺を探索していると、ウォードが沼地の上部にかなり狭い空洞が空いている
ことに気付く。モチャは入れなさそう。ウォードが空洞の中に入ると
さらに奥にやや曲がった通路が続いており、小さな岩室を発見した。

部屋の中には乱雑に物が散らばっており、中央に人型のミイラが。
どうやら人間でもなくニュートリングでもなさそうだが鱗があったような
名残も見られる。

ウォード「!!!」

ミイラが動いたような気がした。こりゃやばそうだ!
ウォードはすかさずモチャから火剣のかかったジャベリンを受け取り
ミイラを攻撃する。
ミイラは完全に死蝋と化しており、数分で燃え尽きる。

ウォードは燃える中で目ぼしい物を探し出そうとするが、
慌てて転びミイラに抱き着いてしまう。軽いやけどを負うが燃え移る
ことはなかった。いったん捜索をあきらめ、鎮火するのを待つ。

火が消えた後、再度探索を行い(01)革に記された謎の言語で書かれた
古文書数枚(部分的に燃えていた)と折れた片手剣(クランス)を見つける。

ウォード&モチャ「あれってきっと偉大なるニュートリングだったんだよな・・・」



沼の神、再臨


ネイ「上の方で何やってんだ?集中できないぞ!」

この空間に長く留まっていると、驚異的なスピードでカビに
侵されていく。ケロルの死体とネイはカビまみれに。

ネイの儀式は浄化にも関わらず失敗。
結局、ファンブルする可能性が高いまま数撃ちゃ当たる方式で
結局合計10時間儀式を行いようやく成功する(01)。

神霊の記憶?

ネイはトランス状態に入る。海など見たことないが、母なる海のイメージ。
古代の川か?
波の音を聞きながら、横たわる美女、振り下ろされる剣、切断される四肢。

神霊と接触しながら、神の由来(カルト知識05)、
<聖別><礼拝><神託>の3点セットを手に入れる。

ネイ「ケロルを蘇生させることできる?(神託)」
川の神「・・・そんなことに意味が?(産んで増やした方が早いんじゃ?)」

出来る出来ないで言えば出来るらしい。
つまらないものでも拾ってくる感じで彼女は手を伸ばす。

その頃のケロル。

暗い水の底を沈んでいくケロル。
ケロル「思えば短い人生だったケロ・・・」

ケロル「あぁ、なんかあったかいケロ・・・」
川の神「ん?あたしの子じゃなかったかしら?」

ケロル「お母さ~ん!(POWを捧げる)」

ケロルは川の神の信徒として復活する。
復活したケロルは尻尾が二股に分かれており、四肢再生の
魔術を得る。これで悪い奴らに尻尾を食われても大丈夫だ。

川の神はニュートリングの水母(ニュートリングにとっては)であり
強い豊穣の能力がある。

ネイ「この事をニュートリングの民に知らせてやろう!」
モチャ&ウォード「あの事はニュートリングには黙っていよう・・・」w

疑り深いニュートリング



ネイ「というわけで沼の神霊は”罪業の映し手”などではなく
本来は君たちの母たるべき存在だったのだ!(雄弁失敗)」
「奇跡により君たちの愛したケロルは蘇った!」

ニュートリング「そんな事急に言われても・・・(もう一連の事件で頭いっぱいよ)」
「ケロルの尻尾が二股になってるし・・・」

ネイ「・・・君たちの祖先、偉大なるニュートが封印したという邪悪なもの
が復活しようとしている!今こそ正しい信仰を取り戻すんだ!」

実は一連の事件はほとんどニュートリングの見ていないところで
起きている。人間の自作自演と思われても不思議ではないw

では証拠を・・・

ニュートリング達が見守る中でキューブを融解させ、ディープワンを
倒そうとする。今回はニュートリング達から防護などの魔術支援が飛ぶ。
火剣などで準備を整えキューブを溶かす。

キューブは融解し、深き者が飛び出してくる。
不思議な事に、突然融解したにも関わらず、相手はパニックにもなって
おらず突然襲い掛かってくる。

深き者はネイリングに酸を吐き、ネイの盾が溶ける。
が、準備された攻撃の前に、というよりモチャの一撃で頭を砕かれ
あっさりと片が付く。

皆「・・・邪悪な者がこんなに弱いと思われたら困るな」

魔術が切れないうちにもう一戦

同じように被害なくあっさりと片付く。

ネイ「・・・えーっと、このように邪悪な存在が封印されているので
間違っても封印を解除しないように」

ニュートリング「ガクガクブルブル」
(この女が解放しなければ出てこないんじゃないか?)

念のため、物理ダメージでキューブが壊れないか確認。
モチャが全力でキューブをぶっ叩くが壊れず。
ダメージ弱かったため、念のためもう一度叩くがやはり壊れず。

とりあえず安心そうだ。

ネイ「君たちの先祖は確かな仕事をしたようだw」

再調査


奥の通路のとがった石を掘り出そうとする。

結局、サイズの問題でケロルが再びチャレンジ。
今度は無事に奥の方までたどり着いたようだ。

慎重に鋭い石を掘り出そうとする。かなり奥まで刺さっているようだが
なんとか掘り出す。

  • 「鋭い石の破片?」
黒曜石の破片のような鋭い破片。1H剣のような形状。
長老いわく昔来た人間の一団が探していたもの
何物をも貫く剣と言われる。
1ENC 1D8 
軽いのでウォードが持つことに。
鋼のブロードソードはネイリングに渡される。

とりあえず水銀でグリップを作り、ワニ革で鞘をつくる。

ネイリングが持つ水銀製?のナイフのようなものも試し斬り。

だが、ダメージは出ない。

ネイ「おかしーな?水脈を開くドリルだと思ってたんだけど・・・」

ただの祭器なのか?
水銀融解の能力に関連があるのかも?

ネイはナイフを慎重に土に入れ、バックアップをとってから
ナイフに水銀融解をかけてみるw

ナイフは紐がとぐろを巻いたようになっており、呪文によって
ムチへと変化する。

  • 水銀のムチ「大母のいましめ(銘:ネイリング)」
射程5、1/MR、1D4ダメージ
水銀融解呪文の強度により、鋭刃と同様の効果をもたらす。
打撃武器と同様効果的ヒットで相手のAP半減。
水中でも使える。
呪文の効果時間が切れるとナイフ(ドリル?)形態に戻る

なんとなく貰う物も貰ったし、なんとなく問題も解決?したような
気がするので、そろそろ引き上げようかという話に。

1週間の準備期間を得て、ニュートリング村の脱出の準備を行う。

いちおう1週間の間に
  • ネイとウォード 50時間の研究
  • モチャとケロル 周辺の探索

ケロルはワニの巣があったらしきところを潜って探索。

ケロル「ギョギョギョギョ!?」
モチャ「お~い?何があった?」

水底には水銀化した様々な生き物が沈んでいる。
おそらくは聖地の沼で水銀化した生き物がここに流れ着いたのだろう。
ワニも部分的に水銀化していたのかもしれない・・・

一番大きいもの(恐竜か?)を引き上げようとするが、大きすぎる
上に埋まってしまっていて持ち上がらない。
次にSIZ18相当の人間を引き上げることに。

モチャ「これを溶かして武器を作ろうぜ!」
ネイ「このまま売った方が価値があるかもよ?」

素材はたくさんありそうなので、とりあえず溶かして水銀に変える。

モーの変化


祈祷師になった後、モーの様子がおかしい。
一人で引きこもり、何か考え事をしているようだ。

久しぶりにモーが姿を現したがニュートリングがざわめいている。

ケロル「モーどうしたんだケロ」

モーの近寄りがたいオーラに恐れるケロル。
振り返るとモーの顔には両目の下に水滴型の斑点がいくつか。

ケロル「古老!モーは・・・?・・・!!?」

ケロルが古老に近寄ると古老は死んでいた!

次回に続く

次回予告


ネイ「これは殺人事件だ!犯人はこの中にいる!」
皆「いやどう考えてもモーが怪しいでしょ?」

しかしニュートリング達は・・・
「人間が来てからおかしな事ばかりが起こるケロ!」
「そうだ!人間さえ来なければ・・・」


ウォードの日記



再び聖地に向かう。
聖地より奥が細くなっていて前回行けなかったので、
ケ'ロルに確認を頼んだ。
しばらく待つと、うめき声と倒れるような音。
ネイと一緒に奥に向かう。

とりあえず、ネイと一緒<治癒>をかけて傷を塞ぐ。
奥から運びだして<治癒6>をかけるが、目覚めない。
死んでしまったようだ。

地面から飛び出た石で切ってしまったらしい。


ケ'ロルを蘇生できる可能性を求めて聖地へ向かう。

ネイが儀式を行う準備<浄化>の間にモチャと周辺を探索することに。

なんか踏んだような。。。足元を探すと、深きものが落としたのと
似たような黒真珠が落ちていた。

 ここで深きものを誰かが倒したとして、戦利品を放置していくだろうか?
 もしかして、聖地の水が深きものにとって弱点なのかも?
 あと、次の捧げものする周期で水がひくなら地面や祭壇ちゃんと調べられる?
 司祭さまはイヤがるかな?

周辺を探すと壁の奥に空洞を発見。
モチャを呼んで、とりあえず上る。結構せまいのでたいまつが煙たい。
<光>をかけてもらって曲がった空洞の先に進むとミイラが安置されている。

ミイラが動いた!
モチャから<火剣>のかかったジャベリンを受け取り攻撃。
ミイラは結構な勢いで燃え出すが、奥の朽ちた箱のような物を拾わなきゃ。
うまくよけられずに、燃えるミイラに突っ込む。ミイラさんごめんなさい。
やけどしながら逃げ出して、燃え尽きるの待つ。

再度探索して多少焦げた羊皮紙と折れた骨製の武器を見つける


結構な時間待ってネイの祈りが終わったようだ。
ケ'ロルが蘇生する。尾は裂けたままだが、傷は治っているようだ。

 神霊の奇跡なのか、聖地の水・カビに薬効があるのか?
 余裕があったらためしてみたいが、洞窟を出るのに水をくぐらないと
 持ち出せない。革水筒に詰めるのなんかヤだな。


ニュートリング立会いのもとにキューブを開ける。
とりあえず、誰も大怪我しなくてよかった。


ケ'ロルに奥の通路のとがった石を掘り出してもらう。
柄がないブロードソードのような形状。

ネイに頼んで水銀で柄を作ってもらう。軽くて振りやすい。(STR7/DEX11)
研ぐ必要がないのもいい。

ワニの尻尾の革で鞘をつくる。
石の刀身がどのくらいの強度があるかは実戦で試すしかないな。

 <魔力検知>反応したっけ?
 刀身に<防護>や<火剣>がかかるか、<防護8>かけた葉っぱ斬れるか、
 MP注ぎ込めるかくらいは試したい。
 名前つけたいけど、いい名前が思いつかない。

そろそろ、この沼を旅立つ準備しないと。
ケ'ロルとモチャが沼の底から、水銀化した人間を拾ってきた。


  • 旅立ちの準備と懸案
 <神託>の回復・・・ネイとケ'ロルが1週MP積み上げれば回復できる?
 食料の準備・・・3日分あればいける?
 骨武器の修理・・・丈夫な骨らしい。水銀で補強して直せるか?
 水銀の準備・・・しやすさ考えれば持てるだけもっていきたい
 ケ'ロルの鎧・・・鹿とかいれば革の服作れるけど。
 大カマキリの脅威・・・打つ手なし


▼モチャ目線のログ、じゃなくて所感


ネイさんが、礼拝所なのかニュートリングの聖地なのかわからん所の再捜索をしたいと言ってきた。
昨日の今日で、ウンディーネだがニンフだかがまた現れるとは思いにくいし、別のモンスターがいるとも思えないので軽くパスを表明。あと、霊的に何かある可能性があるとしたらネイさんが入ったカルト絡みだろうから、どちらにせよモチャには関係ないし、何もできんと思ふ。
で、その間にほったらかしにしていた女の子との交流でもと思っていた。
が、まぁ強烈に誘われたから、別段外にいるべき必要がそれほどないので、誘われるまま探索に進む。

聖地に向かう前に、捜索をしていなかった細い道の先を調べることに。
こんなときに小さいケロルは役に立つw
モチャのサイズでは、間違えなくこんな細い道の先なんかは探しに行けない
この先で何かがあったとしても、モチャでは助けにも行けないので、頭の中がオフになる
で、ケロルの悲鳴が上がって聞こえなくなるも、とりあえず待機
2人が助けに行くも、当然間に合わず「死亡確認!」状態に

何が出来るわけでもないので、長老&祈祷師のじー様のところにお伺いを立てる
こちらが積極的に何かをやるのを止めるわけではないが、彼らが蘇生を積極的に行うわけでもないよう
とはいえ、ここからチャラーナの寺院を探してたら当然間に合わない可能性が高いので、ここで何かをやるしかない
なので、ニュートリングの聖地に持っていく。
正直、持って行ってどうなるとも思えないけど、ネイさんが神様にアクセスするための言い訳には丁度よい
ケロルが生き返らなくても、アクセスさえできればメリットは多いなっとw

ネイさんが儀式をするまでに、どうやら5時間くらいはかかるとのことだったので、家探し開始
長老とかの話だと、どうもドラゴニュート絡みの場所らしいので、ちょっとした期待はする
まずは神像の捜索を開始するが、特に目新しいものはない
いずれにせよ、壊れた神像の上半身を探すかないかもとかも思うけど、見つかるとも思えない
なので、ネイさんが自分でみたイメージから上半身を水銀で作り直すしかないかも
まぁ、これに関しては余所のカルトの問題なので深くは突っ込みたくない

ウォードが壁面の上に穴を見つけた
どうやら中にミイラ化した死体があるらしい
だけど、例によって狭いので、モチャは中に入れない
とりあえず、光呪文で中を明るくしてウォードに調べてもらう
判定には成功しなかったけど、多分長老とかがいっていたドラゴニュートなんだと思う
折れてるけどクランスとか出てきたしw
動いた気がするらしいので、火剣をかけたジャベリンを渡す
最悪はゴーストとかがいることだけど、エリアに近付いて襲ってこないところを見ると多分違う
ゾンビやミイラならば、多分火剣をかけたジャベリンでなんとかなるかなとか思ってたら、特に何にもなく捜索終了

どうやら、ケロルは川の神に入信することで生き返らしてくれたようだ。
ケロルは若干不満そうだが、最終目的は果たせたので、まぁいいか。


懸案事項の1つであるキューブ。
ニュートリングの呪文サポート<防護4><鋭刃2>をもらって突っ込む。
出てきた相手は予測通りの物だったので、難なく撃退。
というか、いい場所にクリットが当たったのが良かった。
ついでにもう1戦やったけど、同じくクリットに助けられて撃退。
だけど、やっぱり酸とかあるしAPが低い人が多いので事故が怖い。
一応、モチャの一撃でキューブがびくともしないことを確認したので、これ以上開けるのはよすことに。
ネイさんの特殊能力以外で開けられるとしたら、キューブのAPHPを超えて削りきるだけだと思うけど、こんなのは最低限AP20とかありそうなので、PC一行が出て行った後も問題にはならないだろう
ニュートリングではまずAPHPを削りけれないだろうし、他の冒険者がきて削りきったとしたたら、APHP20を削りきれるくらいならば、中の怪物を退治するのは、まぁ問題ないだろう

ケロルの尻尾を切った物を回収しにいく、当然モチャは何の役にも立たない
回収できたのは、真の石っぽい岩石の刀身状のもの
切れ味が鋭かったのは、2つに割れた面が刀身っぽくなってたから
とりあえず、「武器作成」で柄を作って片手剣状にする
APがどんなもんかはわからないけど、軽いのでウォードが使うことに
それに伴って、フマクトの鉄のブロッソはネイさんに渡る
どうも武器は良い感じでアップグレードされてきたけど、防具に関しては初期のまま
ということで、戦士出身のモチャ以外は鎧が薄くて戦闘が怖いのは継続中
はやく文明地にいって買い物がしたい
金目のものはあるんだけどな~

ネイさんとウォードが魔術技能を研究するらしいので、その間、武器と盾を作ることにした
2回目くらいまでは、かなりあせってこの場所を出たがってた気がするが、すでにこの状態に慣らされているw
武器は前回APが減ったし、盾は人数分ないのがまず問題
鎧も作りたいけど、難易度が高いらしい
ザックリ、成功度1あたり3Enc分の鎧が作れるらしい
当然部分鎧単位で製作するので、金属鎧ならば1部位あたり2成功度くらいが必要かなっと
1週に3回判定できたとしても、25%くらいの成功率の場合は1部位作るのに2週間くらいかかるなっと
武器の場合はもう少し簡単とか言ってたけど、よくよく考えたらきちんと聞いてなかったw
ザックリ倍くらい作れるとしたら、武器ならば1週間で1個つくれるかもしれない

材料集めで、ケロルに池の底をさらってもらったら、水銀製の彫像が多数発見された
水の底にある精巧な彫像は、ちょっとばかしグロイ
とはいうものの、戻せるわけでもないのでネイさんに材料にしてもらい、武器作成に取り掛かる
が、例によって次の日には新たな事件が勃発だw
なんて事件の多い田舎なんだろう
おかげで、武器製作ロールを振る機会がなひ orz


▼忘れそうなのでメモ
折れた骨クランスを修繕する
Lサイズのクイルブイリを修繕する(現在AP-1)
水銀製のトロールモールを作る(水銀製ならばネイさんがAPを治せそうなので)
水銀製のターゲットもしくはカイトを作る(水銀製ならばネイさんがAPを治せそうなので)

ケ’ロルの話

最近はいろいろありすぎて、とんでもなかったケロ。
最初はネイリングやウォードに誘われて聖地と呼ばれる場所に行ったんだケロが、そこに細くなっている場所があったケロ。
見てきてくれと言われて、行ってみたんだケロ。
恐ろしい化け物がいるというので、上を見ながら歩いてたら、いきなりしっぽが切れたケロ。
びっくりして逃げ出そうとしたんだケロが、今度はお腹が痛くなって倒れたケロ。

真っ暗になって水の中に落ちていく感覚があったんだケロが、なんか変な声が聞こえたケロ。

今なら私に仕えることで生き返ることができますよ。

よくわからなかったケロ。とりあえず生き返ってみたケロ。
力を捧げろと言われたので、持ってる力の4分の1ぐらい捧げてみたケロ。
そしたら、切れた四肢を元に戻す力をやろうか、と言われんだケロが、特にいらないと思ったので断ったケロ。

で、気がついたら見たことのない場所で、俺は苔に覆われて寝てたケロ。
上半分がない像の前に寝てて、俺の前でネイリングが祈ってたケロ。

しっぽが二股になっちゃったケロ。でも生きててよかったケロ。でもネイリングが言うには生き返ったらしいケロ。
水の精霊の信者とかになったらしいケロ。何かとつながっているような感覚はあるんだケロが・・・。

その後、ネイリングがウチラの水の精霊が脅威だとかどうとか言い出したケロ。だけど正直良くわからなかったケロ。

証拠を見せるというのでついていったら、ネイリングが洞窟の中のキラキラした岩を溶かして、バケモノを出したケロ。
すごく恐ろしかったケロ。でも、ネイリングとモチャとウォードが倒しちゃったケロ。
まさかとは思うけど、この化物ネイリングが作ってるんじゃないケロよね?

それから、再び狭くなっているところに行ったんだケロ。なんでも、地面から硬い石が出てたということで、探してみたんだケロ。
で、見つけて取ってきたら、ネイリングはそれで剣を作ったんだケロ。ウォードが喜んでたケロ。

次の日になって、ひょうたん淵の今まで入れなかった方の底を見てほしいと頼まれたので、見に行ってみたケロ。
するとよくわからないものがいっぱいあったケロ。しょうがないので、モチャにも来てもらったケロ。
すると、何でも色んな物が水銀になって沈んでたケロ。
引っ張りあげてネイリングが溶かしてみたけど、全部水銀になってたケロ。

そして、今朝のこと。
みんながざわついているから、その原因を見に行ったら、モーがいたケロ。でも顔になんか化粧をしてて、普段より怖い感じだったケロ。
大事ない、と言って族長のところに行こうとしてたケロ。
ついていこうとしたら、脅されてついていけなかったケロ。

何が起きたのかわからなくて、長老様のところに行ったケロ、すると、長老様が死んでたケロ!!

うちの淵、どうなっちゃうケロ???


  • 何しとんねん。w
    この神様はぜひカイガーリートール様に捧げねば。 -- (aza) 2013-09-18 23:23:42
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る