キャンペーン > 侵月 > 20140329

侵月 第2章2話:新月ですか?いいえ、侵月です


▼登場キャラ

さるきど ネイリング     F18 siz13/int15/app16 【無カルト・狩人】
装備:背中にグレートソード、右手にジャベリン。左手にターゲットシールド。ベルトに水銀のムチ

ゲータ氏族、ケルドンの部族

Kon    モチャ       M18 siz20/int13/app07 【エルマル・ハイラーマ戦士】
装備:モール、バスタード、ターゲット、ジャベリン
コリマー部族の客将

ぷんた  ウォード      M18 siz14/int16/app12 【オーランス・農夫】
装備:ブロードソード(鉄)、バトルアックス2h、厚手の革、一部だけ強奪クイルブイリ
ヴァンタロス族出身

yukihito ケ’ロル 性別? siz6/int13/app? 【ニュートリング】
装備:トライデント、ターゲット、ショートスピア
ひょうたん淵出身

aza アキム      M16 siz13/int14/app13 【オーランス・牧夫】
装備:ターゲット、ブロードソード、薄手の革、一部だけ強奪クイルブイリ
出身?

NPC エムル ルナーに襲われたオーランス集落から逃げ出した女の子


▼ログ

1600年頃 火の季 末
ザ・リバーの支流


流された司祭の探索


現在地ザムの村

あの事故wから4日

川の流れはやや落ち着く。


プッティ(不確定名さかなくん)の助力を得て、川の流れこみの中に
怪しい空間を見つけることに成功。


プッティの欲しいものは、不定期的におばあさんが川に流していた
魚のエサ(堅焼きのパン)だった。モチャが偶然見つける。
おばあさんに頼み込んでもらう(脅して奪ったわけではない)

ケロルとネイが先行して川に入り、20~30m進んだところに
高さ3mほど、けっこうな広さのある空洞を発見。
天井からわずかに光が入り込み、中が見渡せる。

川からの堆積物の中に、魔力を感知。
司祭が埋まっているのかも?

掘り出してみると、一枚のホイール貨とケロルが黒真珠を発見

ケロル「ネイリング~また、こんなの見つけたケロ~」
ネイ「またお前はこんなものを不用意に(以下略)

さらに掘り進めてみると、合計で3個の黒真珠が発見された(全てケロルが発見)。

ケロルが黒真珠を生み出しているのでは?という疑念が発生w

ネイリング、魔術検知をかけてみるが、まだ魔力の物品がある様子。

時間も遅くなったので、日を改めて再捜索

事故から5日目

川の流れは正常に戻った様子

エムルが暇している感じなので、連れて行くことに

掘り進めると、ソリの破片を発見する。
どうやら我々が流したソリがここに埋まっているのではw

さらに掘り進めるとカマキリの鞍や水の神のホーリーシンボルなどが見つかる。

まだ魔力の物品が埋まっている。

そうこうしているうちに、川の上流の方から石を打ちつけるような音が・・・
我々の作業音を聞きつけて、誰かが信号を送っているようだ。

川の上流に遡ってみる。

すると、さらに上流に同じような広さの空間があり、瓦礫が積み重なっている。
瓦礫の中に弱ったおじいちゃんを発見。脇には腐敗した死体が落ちている。

治癒をかけ誰何したところ、探していた川の司祭(ディースさん)であった。

もう遅い時間であったので、司祭を連れて帰る。

ウォルキムさんに報告したところ、村中に声をかけてくれ、歓迎ムード。
おじいちゃんは衰弱しつつも、村長に柱の男(デミタース)の解放を要請。
ディースさんはデミタースに泣きながら詫びを入れる。
皆、疲労していたのでその晩は寝る。

翌日、村長からお礼が言われる。
村長「頼みもしないのによくやってくれたw礼としてこの村に住まわせてやってもいいぞ」

皆、雄弁や言いくるめで丁重に断ろうとするが、一部、丁重に言えない人もいて
村長が見る見る不機嫌にw

ウォルキムさん主催でひっそりとお疲れ様会が行われる。


出立


あまりこの村に長居できない感じなので、明け方ひっそりと旅立つ。
とりあえずルーンゲート経由でアップルレーン方面に向かうことに。

ただし、どうも川の中の空洞にまだ魔力のアイテムが残っていたようだったので
行きがけの駄賃で再度、掘ってみることに。
見立てでは、あと数時間の作業で全部掘り出せそうだった。

意外と速いペースで掘り進めることができた。

出てきたものは・・・
  • 謎のホーリーシンボル(ルナー?アメリカンダークヒーローっぽいマークw)
  • ペローリア語?で書かれた謎の帳面(油紙で包まれている)
  • 金袋(中に入っていたのは、ホイール貨(20-今まで見つけたホイール)と宝石4つ)
 宝石のうち1つは1100L相当の効果なもの、もう一つは3MPの死んだ魔晶石
 残り二つは不明
  • モチャのバスタードソード
  • クランスw
  • 魔力の腕輪(ひょうたん淵で見つけたもの)
  • 魔力のブローチ(ひょうたん淵、未鑑定)
3MPの魔晶石については、<惑い>の呪符とセットでウォードが持つことに。


気を取り直して、いよいよ出発
ザ・クリークの支流に沿って進む。

歩き出すとすぐにかなり向こう側に煙が立っているのが見える。


ついにルナーが!!


現在時刻はまだ昼ごろ。

煙は明らかに襲撃によるものっぽい。
ここから歩いて数時間ぐらいいったところ?

向かってみると、川沿いに小さな集落(ステッド)がある。
襲撃されているのは、ここの隣(といっても数時間)の集落。

集落に立ち寄って情報を収集してみようとすると、逃げてきた村人が数人。
どうやら数十人のルナー兵に襲われたとのこと。
こんなサーター領の奥深くにルナー兵が?
逃げてきた人々はほうほうのていで逃げてきたため、詳しい状況はわからず。

集落はそこそこの人数はいるものの、完全な戦士はいない模様。
戦えるのは20名の牧夫と狩人。

ぱっと見、戦士っぽいPCの一行に煽られて、即時、奪回のための臨時戦士団
が編成される。

今から向かえば夕方には着くだろう。
村人のテンションは高いが、一晩明けるとおそらく萎えるだろう雰囲気。
PC達は即時反撃を主張。

地勢に詳しい狩人さん達の先導で、襲撃された村の奪回に向かう。

川沿いの村のため、ケロルが単独で川から上陸して偵察。
一方で狩人さん達が山方面から偵察。

エムルと重たい荷物は置いて進む。

ケロル特攻!!


川から上陸しようとするケロル。先日の洪水で桟橋が壊れている。
よじ登るのに苦労するケロル。何故だか登攀技能が減っているw

なんとか水汲み場から上陸し、隠れつつ状況を探る。

何かあったときのために、一般ニュートリングを装い、武器はスリングのみ。

ケロルはスルスルと陸地の奥深くまで上陸し、気づいたら後戻りできない位置まで。

数人のルナー兵を発見。どうやら道を見張っているようだ。

さらにルナー兵をやり過ごし、道の近くまで進む。他に村人は見つからない。
ケロルは慎重に隠れて進むが、どうやらルナー兵の見張りは厳重でこれ以上進めそうにない。

どうする?川に戻るか、道に出て味方と合流するか?

ケロルは意を決して街道に向かうが、一瞬の隙を見つかってしまう。

ルナー兵に弓を撃たれ、ケロルは足を射抜かれる。
トータルHPが2となり気絶。
出血のため死を免れないであろう・・・
神性介入も失敗・・・
ひょうたん淵の最後の血脈が今、途絶えようとしていた・・・


数で勢いに乗るオーランス人達


狩人たちの偵察により、集落の裏山は手薄だという情報。
軍師アキムが年齢に似合わず村攻めの作戦を立案。

<惑い>と集中射撃で見張りを潰し、奇襲をかける作戦。
一斉に集落の柵を越えて、惑いをかけ、敵の前衛を一掃する。
高地に狩人を配置し、制圧射撃。


とはいっても村人たちは普通の牧夫や狩人なのでPC達を伍長として隊を編成する。
PC1人につき、4人の牧夫が付く。

斬り込み隊のウォードから<惑い>の封印呪符がネイに渡される。
ネイ「え~汚い」
モチャ「洗ったから大丈夫」

隠れつつ、集落の柵に取りつく。
柵に取りつくのに登攀1成功度、登るのに1成功度、降りるのに1成功度必要。
村の中にルナー兵を一人発見するが、どうやら油断してブラブラしているよう。

全員、魔術をかけ状況開始。

登攀開始、さっそく足並みが乱れるw
<惑い>担当のネイが失敗w
なんとなく他のメンバーが突出する形に。

魔術による奇襲は出来なかったものの、それなりのスピードで村に侵入。
村の中心部にいたルナー兵2人を弓にて瞬殺。

モチャはモールで村長宅(村で一番大きい建物)のドアを吹き飛ばす。
部屋の中は白い煙といい香り。
縛られてぐったりしている村人たち。
どうやら薬をかがされているらしい?

ルナー兵たちはいったん建物の奥に隠れたり。

PC達は散会して、村落の建物を各個に調べ始める。

アキム隊
建物のドアを開けたところ、何をいたしていたのか、
ズボンを上げようとしていたルナー兵3人がいた。
相手の不意を打ち、アキムは兵士たちを押し込もうとする。
ズコッ(ファンブル)、相手の反撃を受けるが、隊の仲間が
駆け付け優勢に。

モチャ隊
建物のドアを開けて(壊して)回る。
ズゴーン!空くじ。聖域っぽいのを穢してしまう。

ウォード隊
同じくドアを開けて(壊して)回ろうとする。
相手が逃げ込んだ入口付近の大きな建物。
蹴り開けるが、中には四人のルナー兵。
奥の方には偉そうな男たち(ボディピアスじゃらじゃら男と強そうな男×2)
ボディピアスはテーブルに座っており、テーブルの上にはナイフとフォーク、
ヌメッとした人型生物。二つ尻尾があるみたい?
護衛風の男はサキイカのようなものをクチャクチャ咥えている。

ネイ隊
開けられた建物のうち、不浄な空気がこもっているのを換気。
中の村人どうしよう?
長時間吸うと脱力する感じだ。


ヤバイと思ったウォードがドアを閉めて後退しようとしたところを
相手の呪文が襲う。
MPを使いすぎてしまったウォードは抵抗できず、カタトニア症状に陥る。

モチャがウォードの応援に駆け付けようとする。
アキムは敵の一人を無力化するが、残りの反撃を受けて倒れる。
応援の牧夫がカバーに入り、治癒がかけられる。

ネイはアキムの応援にかけつけようとするが、アキムが持ち直した
っぽいのを見て、残った建物に近づく。

卓上の人影の正体は!?


モチャがボス宅のドアを破り突撃。
アキム隊が善戦し、敵をどんどん無力化。
ウォード隊、モチャ隊の村人たちが村の門に向かって突撃。
残った建物からルナー兵が6人ほど出てくる。
ネイがジャベリンを投げ、一人を無力化。

質ではルナー兵が勝り、勢いでPC+村人が勝る。
モチャの奮戦によりボス建物の入り口はかなり優位に展開。

夕闇の中、相手はこちらの状況をつかみ切れていない様子。

相手のリーダーは撤退を決意した模様。

追撃戦を行い、何人かを討ち取るが、門の前で戦っていた味方は
完全に撤退する敵を押しとどめることができない。
相手は何か薬をキメているようで、リーダーを逃がすために
必死になって肉の壁となっていく。

卓上には変わり果てたケロルが寝かされている。
尻尾のあたりが15cmぐらい切り取られ、スライスされた部位が
皿の上に乗せられているが、鮮度を保つため生かされていたようだ。

捕虜を尋問してみると、ややいっちゃった感じで
「どうせお前らはここで全滅だ」
「女神の恐怖に打ち震えるがいい!」
「逃がしてくれたら教えてやってもいいぜ?

拾ったホーリーシンボルをよく見ると、コウモリのようなマークが。

このマークはなんだろう?
以下次号


パーティ管理お宝表

なんか良くわからなくなってきたのでまとめておきます。
品名の後ろは現在の所有者(略称)

七母神のホーリーシンボル ? 惑いの呪符 第1話ルナー兵より
鋼のブロードソード W 効果?AP-1 第2話エムルの隠れ家の洞窟にて
大地の女祭のブレスレット W 効果? 第2話エムルの隠れ家の洞窟にて
イヤリング(片方のみ) N 魔術あり 第3話ワニの腹より
腕輪(魔術)・・・ 未 男性用。オーランス様式の術式。ウォードの見立てでは
浮気が出来なくなる呪いがかかっているw  第3話ワニの腹より
AP12のワニ革6ポイント 未 第3話ワニの腹より(屠殺クルティカル)
水銀ムチ N 第4話
平たい金属の輪をねじったブローチのようなもの(魔力)第5話クモの巣より
鋼鉄製のジャベリン M 第5話クモの巣より
黒真珠 今何個w?
古文書? 第5話ドラゴニュートの墓より
折れたクランス 第5話ドラゴニュートの墓より
石の剣 W 第5話ドラゴニュートの墓より ウォードの体内に封印
カマキリの鞍 第7話 スクラーの泉
女性物の宝飾品 N 第12話 スクラーの泉
20ホイール 第14話 川の中から
バットのホーリーシンボル 第14話 川の中から
ペローリア語の台帳 第14話 川の中から
宝石4つ 第14話 川の中から
※うち1つは死んだ魔晶石、1つは1100p相当の価値 




▼ウォードの日記


▼モチャ目線のログ、じゃなくて所感

次の日の朝、再度 探索に出かける。
現状としては、焦点具は<治癒>と<火剣>しかなく、<棍棒><筋力><光>は焦点具がないので使えない。
探索するには<光>とかあると便利だとか思ったけど、まぁ、探すのが人なので真っ暗闇で視力-75%とか喰らっても探せないとかいうことはないだろう。
死体になっていたりするとまた別だろうけど、死体であればミッションインコンプリートなのでそれはそれでしょうがない。
流石に戦闘なんかもないと思うし、水だとゴープとか想像するけど<火剣>があるから、まぁいいか。
何にせよ、とにかくこのミッションを早くクローズさせるのが肝要かなっと。
なので、取り急ぎ、モチャ個人がやりたいことはペンディングさせる。


洞窟っぽいところでの探索。
ここに埋まってたとしたら、まぁ、生きてはないだろう。
が、<魔力検知>で何かが反応することが分かる。
即物的なもので、また、一度捜索してみると何かが見つかるのが分かると、俄然とやる気が出る。
捜索が続けられると、どうもケロルの村で失ったソリの荷物と、多分 誰か洪水に巻き込まれた人の荷物が埋まってるっぽい。
とりあえず、「カマキリの右腕」「折れたクランス」「予備のバッソ」「ふやけた皮鎧」は回収したい。
バッソは換金目当てなのでなくてもいいし、皮鎧も現在AP2と1下がってるのでいらないっちゃいらない。
が、現在のAPは0なので、無いよりはましくらいか。
残りの2つは、まぁ適当に嘘をつく際にあると便利な道具かなっと言うぐらいなので、なくてもゲーム的には困ることにはならないけど、モチベーション的な意味では必須かも。

瓦礫の中の捜索なので、まず、この下には川の司祭はいないと思ってる。
が、物欲に勝つほどの司祭を探したいモチベーションもないので、捜索を続ける。
で、カマキリの鞍が出てきて思いだす、そういやこんなのもあったっけw
物欲センサーが点灯し続けてるけど、どうも上流側から音が聞こえてしまう。
一応、名目上は司祭捜索なのでしょうがなく、上流の捜索に。
で、見つける。
長期疲労とか時間とかの関係で、残りの瓦礫の捜索はできず。
今までのケースを考えると二度と戻れない気もするけど、人命がかかってるのでしょうがない。
心では涙を噛みしめつつ村に戻る。

ちょっと時間があったので、焦点具の作成を。
どの焦点具から作ろうかと思ったけど、色々考えるのが面倒なのでリストの上から作成する
なので、<棍棒4>が使えることになりましたとさ

次の目的地はアップルレーンに。
これは強硬に主張する。
とりあえずは、ラクダを回収したいw
それ以上の意味はなし

念のために昨日の洞窟に行くと 入れたw
まじかw
なので、半日くらいかけて掘り返すことに。
で、最終的には取り返したいものは出てきたので、一安心。
面倒だと思ったのは、どうも洪水でやられたのがルナー人で、それもちょっと良い身分ぽいことかなっと。
なので、すぐさまトンずらこいて見なかったふりをするのが一番とか思ってみたりして。
書面とかもあるので、読めたらそれなりに色々と話の先が読めるかもしれんけど、現状は無理っぽ。
とりあえずは、「月」っぽいものが暗躍しているのが分かって、ようやくタイトル通りになってきたかなっと。

げしげしと山を下ってく。
この川下の合流っぽいところにニュートリングがいるっぽい情報があったけど、そこにいったら、また10回くらい出られなかった

りして、とか思っているので、正直 いきたくね~とか考えていたりしてw

遠くで何かが焼けている煙を発見したそうな
昼ごはんの煙じゃね?とか思ってたけど、どうも村が襲われてるらしい
が、かなり遠くなので現状は何もできないので、さらにげしげしと道を進む

この時点でなんとなく先を考えていたこと
(1)このまま進んでいると、怪我した子供を拾って、村を助けてくれと言われる
(2)村に着くと、女子供がさらわれたもしくは村の秘宝を盗まれたから取り返してくれとか言われる
(3)1回目みたいに、ルナートルーパーの一行に出くわす、で川で拾ったものが何であるか分かって嫌な気持ちになる


集落に近づくんで、モチャは下がる
半裸のトロールモールを持った男は、どう見ても敵っぽいです
女子供を全面に交渉して、とりあえずは事なきを得る
なんやかんやの話を聞くと、概ね(1)っぽい

話によると、敵の数は多くても20人くらい
装備や練度に関しては、まったく情報はなし
個人的には、こんな田舎に出張ってくるような連中なんで、どうせルナーの正規兵じゃなくて属領地軍だと判断
それも練度もそんなに高くないだろうし、人数もいて10人くらいかなったとか思ってる
1列16人はいなくて、半列8人くらいかなっと
騎兵とかいればちょっと違うとか思うけど、そうでもないっぽいので
なんで、見張りが2,3人で、残りは中でくつろいでいるだろうから、NPCがいればそんなに危険じゃないと判断する
見張りはきちんと鎧は着ているだろうけど、その他の奴は着てない可能性が高い
奇襲ができれば、始めのうちは鎧を着ていない奴だろうし、一般的には鎧を着終わるには2Rかかるのでいっぺんに相手にする人数

は半分くらいと見積もって、そうすればPCと同数かPCの方が若干人数が多いと予測
あと、POWが高い人が数人いるので、一人を惑い要員とすれば、人間相手だと有利に展開できるはず
若干心配なのは、こちらのAPが薄いこと
でも、ケロル村でさえ、<防護>を持ったNPCがいたから、前線に立つPC分くらいは防護
が飛ぶだろうと予測
すると、まさかPCで<防護8>がいたw
防護8がかかっていれば、練度が低いNPC相手ならば防御をあまり考えなくてよいので安心度MAX
効果さえ出なければ、最大ダメージ近くが出ない限り部位マイナスにならないので
元の技能%が低ければ、相手が10人いれば、効果は1Rに1回出るかどうか程度かと
あと射手が数人いるのがデカイ
技能%が50%程度でも1Rに1回は命中する計算なので、一応戦力として計算できる
当たらなかったとしても、射手がいることが分かれば、それなり相手も考慮するだろうから戦術も立てやすい

いろいろ作戦考えててとき、こんなこと念頭において喋ってましたw


柵をよじ登るとか会ったけど、降りるときはジャンプ1択、<防護8>かかってればほとんどダメージが抜けてこないので
村長宅に突っ込むことに
これは一番広いから、村人がつかまってるとしたらここだろうとか思ってたから
村人がいれば、その見張りもいるだろうし、通常は村長宅が一番豪華だろうからボスもここにいる可能性が高いとふんでた
扉に関しては、<棍棒4>がかかっていれば、ダメージの期待値は16.5なので、2回も叩けば壊れるだろうと踏んでいた
最大ダメージだけ考えれば<筋力2>の方が高くなるけど、期待値と命中率で考えれば圧倒的に<棍棒4>に軍配が上がる
適当に選んでたけど、とりあえずは選択自体は間違っていなかったw

扉を開けると異臭が
どうやら薬物で村人を無力化してるっぽい
一応声をかけたけどあんまし反応がないので、ここには敵がいないのだろうと思い次のところに行くことにする
でも、このまま離れるのは忍びないので、NPCに窓とか開けて空気の入れ替えだけを支持して次に進む

次は真ん中の建物に行くも祭壇っぽく誰もいなかったので、これも外れ
とことん運がないの思ってたら、どうもウォードがあたりを引いたらしい
急いで駆け付けるも、間に合わず呪文で倒れるウォードを見る

うすうす感じてたけど、この村にいるルナー兵はやっぱり20人くらいみたいw
まったくもって予測が外れる
で、呪文の状況からすると【狂気】呪文っぽぞw
ということは、少なくともルーンクラスの相手がいるのは間違えないっぽ
なんとなく、この部屋にいる連中は75%オーバーのクラスで間違えはないかな~

ここで考えを再構築
NPC達も、若干敵に押されてきている
ネイリングの部隊が前線に投入されつつあるので、他のNPC達は数で勝るので何とかなるだろうと予測
問題は、この家の中にいる連中か
この中の連中が全部外に出て本格的に戦闘に投入されると、PC達でも抑えきれなくて相手が勝つのは間違えない
で、現状扉の前に陣取っているので、1対1で戦えているけど、体当たり攻撃で扉から離されると1対2になっちゃう
これでは、相手も強いし勝ちようがないかな~
ベザント+<防護8>ならば、割り切って攻撃一辺倒でも何とかなるかもしれないけど
でも、<棍棒4>や<火剣>とか投射してるのでMPが減ってるから、中から呪文攻撃されると1発で落ちるのは間違えない
なので、護衛と戦っていても勝ち目は全くないので、一発逆転手としてはボスを落とすしかないと結論付ける
これでも相当勝ち目は薄いけど
でも、一応護衛相手に奮戦してれば、負けた時も身代金取れると思って生かしてくれるかも、とか思いなおす
後は、隙を見て逃げて、他のPCとか村人を助けにこればいいかとも思ってたり

運がよく、建物の後ろから音がする
音からすると、窓から人が出ているっぽい
この状態で裏から出てくるのは護衛役とかは考え辛いので、ボスか中ボスのいずれかだろう
なんで、建物の裏に回って出てきた奴と対峙することに
上手くボスを人質にできれば勝てるかもしれんw

結局、ボスとかは塀の上で呪文を投射してた
射線の関係で狙われなかったけどw
塀を叩いたら向こう側におちたので、とりあえずは一件落着

後処理としては、バット様が降臨する可能性が高いとか、刺身にされたケロルを見るとか後味悪いことこの上なしw


▼ケ’ロルの話


今回はいいこともあったけど、やっぱりひどい話になったケロ。
川の神の司祭様を探して、川を下っていったら、支流の合流地点を見つけたケロ。
そこから支流の方に入ると、確かにいろいろなものが流れ着いている場所にたどり着いたケロ。ロープを張って、みんなを連れて来たケロ。
そこでがらくたを漁ってたら、黒真珠を2個も見つけたケロ!!でもまたネイリングに怒られたケロ・・・。ケロ、何も悪いことしてないケロ。
がらくたを漁ってしばらくすると上流から音が聞こえたケロ。
皆で上流に行くとがらくたに埋もれた人間を見つけたケロ。はたして司祭様だったケロ!良かったケロ!!

司祭様を助けて村に戻ると、また別の問題が起きてたケロ。
下流の村がルナーというやつらに襲われたらしいケロ。人間は皆で助けに行くそうケロ。ケロは足が遅いので、川から行くことにしたケロ。
川を下って、下流の村のはしけを・・・・はしけがないケロ!!
壊れた艀の土台見たいなのを見つけたので、そこから上がったケロ。
隠れて村の方に上がると、確かに武器を持った人間がいるケロ。
怖いケロ!隠れて街道の方へ移動したケロ。そして街道についたケロ。二人の人間が見張ってるケロ。怖くて、隠れながら上流の村へ移動したケロ。ふと後ろを見ると、弓で狙われてたケロ!!びっくりして回避したケロ。でも、矢が左足に刺さってケロは気を失ったケロ。ケロ、死ぬケロ??

気がついたらネイリングやモチャがいたケロ。なんでもケロはルナーの連中に捕まっていたそうケロ。しかも、尻尾をちょっぴり切られて食べられてたケロ!ルナー怖いケロ!!
この尻尾、治癒で治るといいんだケロ・・・

ネイリングは語る



▼時代背景

ターカロール王の治世(1569~1582)
1582年灰色熊の峰の戦い・・・サーター王戦死
同年バグノット陥落・・・ターシュにおけるオーランス勢力の一掃

テラサリン王の治世(1582~1600)PC達が生まれ育った時代
1591年ルナー軍サーター侵攻
アルダチュールを巡りルナー軍と交戦、サーター軍勝利
アルダチュールと周辺部族がサーター王国に帰属
その後、戦闘は小康状態となり一進一退の攻防
1600年テラサリン王謎の死

サリナーグ王の治世(1600~?)現在
1600年サリナーグ王戴冠
同年「死の一門」結成

▼ルールの変更点

77による神クリ(ファンブル)はなし。
77を振った場合はリロールによる通常判定。
77を出した場合、何かのチャージが溜まっていくシステムにw

参考資料



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る