ルール > 魔術関連 > 防御魔術の対象と判定順位

防御呪文の判定順位(2004/08/15修正)

■ 11 名前: なゆた :2004/08/13 22:25:11
  1. 武器ダメージA(貫通加算含む)
  2. 《耐傷円》 vs A
  3. 《耐傷》 vs A
  4. B = A-受け武器のAP(《防護》含む)
  5. C = B-防具のAP(《盾》《防護》含む)
  6. 身体へのダメージ = C-貫通加算
  7. 毒、貫通した状態で動いたダメージ

「ノックバック」「受け武器にかけている《耐傷》」「受け武器の破損」の判定は、すべてダメージAで行います。
《耐傷》《耐傷円》ともに、毒や貫通した状態で動いたダメージには効果がありません。

2004/08/15修正

ののの氏とるらー氏より、指摘を受けたので3と4を入れ替え。

2004/08/13採用


《耐傷》《耐魔》の対象範囲(2004/08/13採用)

■ 12 名前: なゆた :2004/08/13 22:48:15

 《耐傷》《耐魔》が保護できる対象がルール上明記されていないので、運用規定として定めます。ルーンクエスト正誤表で《魔法円》の関する記述を参考に、1立方メートルを基本とし、防御力の<強度>と防御範囲の<強度>をそれぞれ計算することにします。防御範囲に使用した<強度>の2乗立方メートルを対象とすることができます。これはひとつの対象として認識できなくてはならず、巨大なものの一部ではいけません。正確な体積が測りにくい場合は、SIZと比重から判断しますが、マスターはおおよそビニール袋をかぶせるようなものとして判断します。
 実際にダメージや魔術に対して効果を発揮できる防御力の<強度>は、呪文の<強度>から防御範囲の<強度>を引いたものになります。
 例えばフリーINT8のキャラクターが幌つきの馬車に《耐傷》をかけようとすれば、長さ3m*幅2m*高さ2m=12立方メートルとして、4*4=16立方ですから、防御範囲を広げるのに+3が必要です。<強度9>で《耐傷》をかけたとすれば、防御効果は9-3で6になります。

《耐霊》は物に投射することはないので、対象範囲は1つのPOWです。

ルーンクエスト正誤表より抜粋
plugin_blockquote is not found. please feed back @wiki.

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る