キャンペーン > 大大 > 20140524

20090926| 20090926/コメントログ| 20091031| 20091031/コメントログ| 20091128| 20091128/コメントログ| 20091219| 20091219/コメントログ| 20100123| 20100220| 20100220/コメントログ| 20100320| 20100320/コメントログ| 20100403| 20100403/コメントログ| 20100510| 20100510/コメントログ| 20100619| 20100619/コメントログ| 20100703| 20100703/コメントログ| 20100731| 20100731/コメントログ| 20100828| 20100904| 20100911| 20101120| 20101225| 20101225/コメントログ| 20110115| 20110129| 20110219| 20110219/コメントログ| 20110326| 20110402| 20110402/コメントログ| 20110423| 20110423/コメントログ| 20110430| 20110723| 20110806| 20110820| 20110820/コメントログ| 20110903| 20110903/コメントログ| 20110924| 20110924/コメントログ| 20111001| 20111105| 20111126| 20120107| 20120128| 20120218| 20120414| 20120922| 20120922/コメントログ| 20120929| 20121201| 20130316| 20130427| 20130601| 20130615| 20130615/コメントログ| 20131006| 20131104| 20131104/コメントログ| 20131116| 20140426| 20140524| 20141004| 20141004/コメントログ| 20141115| 20141206| 20141206/コメントログ| 20150131| 20150221| 20150307| 20150516| 20150516/コメントログ| 20150530| 20150530/コメントログ| 20150704| 20150704/コメントログ| 20150822| 20150829| 20151031| 20151031/コメントログ| 20151107| 20151122| 20151122/コメントログ| 20151212| 20160130| 20160403| 20160403/コメントログ| 20160423| 20160423/コメントログ| 20160730| 20160827| 20161022| 20161029| 20161112| 20161224| 20170211| 20170422| 20170527| 20170610| 20170701| カラドラランド| カラドラランド/コメントログ| キャラクターズ| キャラクターズ/コメントログ| キャラクターズ/海の剣歯猫団| キャラクターズ/海の剣歯猫団/コメントログ| キャラクターズ/海の狼リスト| テシュノス| ビエラの爪彩| 参考資料| 参考資料/コメントログ| 炎岩奔流メッサーラ

2014/5/24 第3章28回 「カラドラランド」

ヴェント山を目指して4

◆PC(敬称略)

ののの :サラ(スンチェン猫一族に育てられた娘 ハク兄を奪い返す旅に。14歳)
早瀬  :レイ(オトコリオン単神教会の徒弟、25歳)
Kon :ワードナ(海の狼につかまっていたのを救出されたウェアタギ魔道士 16歳)
さるきど:メッサーラ(海の狼に復讐を誓うトロウジャン出身の女性、20歳)

◆NPC

ウルメラ   :魔導師司書(元ポステ部下1:金髪ショート,めがねっ子,スーツ,APP17)魔道を放棄。
バブリーナ  :船の守護精霊(船首像)ふわふわロング娘。
ハブル(魂) :カラドラランド出身のツイン(兄)?妹の肉体を借りウハウハしていたが…
アビナ(身体):カラドラランド出身のツイン(妹)?海の狼の生贄となり魂が喪失
ニア     :F20?、エスロリア出身の穀物カルト(エスロラ)の女祭、SIZ14、APP13、MP16
ビリンガ    :M33 元LV5船長 SIZ16APPふつう 業務セット80%
キラ      :M50 戦闘力-4 STR17 INT15、コック、片足悪い。杖もち
ギズボーン   :M17 12 5 9 INT15 元航海士、業務セット60%(→下方修正)サラの下僕。
イザルク   :元海の狼 イッグの民 業務セット80% 高貴な蛮人
ミルキー   :M14APP20 海の狼から助け出された?色小姓、色白、金髪巻毛、ダンス、娼妓、7番船長用最終兵器。
ティンク   :F20?S10 カジノタウンの情報屋。ロング赤毛ナマ脚ホットパンツ。レイの古い知り合い。
シーラー   :M? メリブの騎士、元貴族の護衛。バブリン号に関わる陰謀の口封じのため事実上の追放。
マシャット  :M? コーフルーから乗船。エティリーズ信徒の本(魔道書)の行商人。


◆PCイメージ

●サラ F14 S10A17
※船業務技能パック:視力、登攀、交易語、航海術、CON
肩下までの赤い癖毛。水色の瞳。
細い身体、長い手足、総じてひょろっとした印象。まだ成長途上の身体つき。
桃色に輝くナナトセダイのスケールメール、ももまでのスケールブーツ、赤い襟付上着。
赤い尻尾、腰のベルトからつるされたブロードソード
左手に輝く金属製の籠手(咢)、背中に海神の銛。
右手首、左足首に金属の輪(呪符物)、左胸に刺青(精霊除けの呪い)

●レイヒルト M25 S15A10
※船業務パック:DEX、登攀、視力、泳ぎ、修理
木製の両足(移動4)、足首とかあるが根っこが生えてる
ソフトレザー+クイルブイリ、ポステリテコート。
薙刀「田吾作」。普段は片手用刀として所持。鉄バッソ。
ラッパズボン。肩甲骨までの黒いロンゲ。
ネックレス(呪符物)、神官ネックレス(雄弁にボーナス)
いつも魔道書を眺めながらぶつぶつ言っている印象。
※ウルメラパック:
INT、雄弁、追跡、西方RW、聞き耳

●ワードナ M16 S16A12
※船業務パック:操船、登攀、泳ぎ、航海術、CON
アバター(映画)の青い原住民風。
長い手足をたらんと垂らし猫背。ドレッドヘア。
普段はズボンと上半身はだか。戦闘時は16番艦の鋼チェイン全身。
1Hスピア。片面に親父(魔晶石)。えらと水かき。

●メッサーラ M20 S12A22
※船業務パック:歌唱、踊り、視力、航海術、APP
黒髪腰までロング、クラロレラ人種。テシュノス織の着物。
頭と胴体にプレート、手足クイリ、腰にレイピアとマンゴーシュ、
16番艦グラディウス×2(片方は鋼、もう片方は生鉄)。
ベルトのバックルに<鋭刃6>とMP12の魔力封印呪符。
アクセサリー替わりの毒塗り手裏剣。
頭にサークレット。イカすデザインの指輪(MP6の魔力封印、毒針)
謎の船長帽(人知成功度+1)


▼ログ



大大 2014.5.24

1617年闇の6週(39日)

「ノチェットのチョイ悪市民が溜まる酒場」にて


(前回不在だったワードナ―の処理)
ワードナ+ウェアタグズ
乾ドックに揚げたバブリーナ号のメンテ。
ククルと遊ぶ
交易の真似事 ヤバイ市場(故買屋もある)
ウンディーネ召喚・制圧を学びたい
他。

39日夜 カジノ酒場にて。
中の上クラス。ままあ大きい。100人未満。賭け事もやってる。
ティンク、サラ、メッサ、ワードナ、ギズボーン(入店できず)、ミルキー
(レイは残業爆疲れ)

丸テーブルの椅子に所在なさげに座るサラの前で、
賭け事勝負のティンク(APP18+)、とお姉様(アラインAPP22+)
横に小動物系少女びびり系(ミュウAPP17+)
そこにやってきたメッサ(APP22+)とワードナ(APP20+)
わ「どうなってるんだ」
魔法眼集中してサラの左腕を見ると、
 左手が光る
 全身も光る(魔除けの呪符のため)
 POWがでかい21
 レイの呪文も光る 
結論「全身輝いてまぶしい」

 やがてぼろ負けしたティンクが酒をおごる。
 ひょいっとスカートで半包みするとサラの咢が戻る。

全員丸テーブルに座って
ワードナが青くなければハーレム状況である。
ワードナ 人間知識99

アライン カラドラからノチェットを行ったり来たりしているサーカス団。
語りも仕事らしい。
アビナとハブルと話をしたりする。 

カラドラの双子の話をしてくれる(カラドラとオーレリオンの神話とか)
カラドリラの丘陵に住む人々。カラドラとオーレリオンは神知者が打ち立てた双子信仰で第2期以降のもの。スロントス滅亡以降は衰退しておりカラドラが主体に。カラドラ自身はロードリルに似た信仰。ペアを取り戻す話。失って般若となる話とか。。

ミュウがサラをちらちら見ているのをワードナが気付く。
ミュウはアラインの恋人らしいです。

「昔うちにもカラドラの双子が居た。見事に息の合った演技だけど…」

サラが咢を消すやりかたを知りたがったり
メッサがサーカス団に誘われたり
女子会は続くが、最後お開きにする
近いうちにサーカス団に遊びに来るように誘われる。

ミルキーはどこからきてどこへ行くのか?
船で生活できればいい人だったので、いま一番やることがなくて暇らしい。
「船の仕事覚えなよ「え?」逃げていく。

呪文の学習についてルール整理
訓練100H後、INT×3か呪文投射率の高い方、失敗したら50Hごとにリロールできる。
覚え直しは基本訓練50Hごとに上記ロール、又は▲50%で即再ロール
上記の覚え直しについて、自分の魔道書に記載がある場合は、
教師がなくても訓練扱いできる。
ロール時にファンブルした場合は、同じ教師(成功率が上がるまで)や魔道書は使えない。



1617年闇の7週


みんなのようす

ウルメラ:学ぶことが多くてそれなりにハイテンション。
街をフリーダムに歩いているようだ。引きこもりをやめたらしい。
バブチ―:ひまだひまだという仕事で忙しい。
ハブル:大きくは言えないが、早くいきたそうだ。待ってる。
ニア:とおいめでとおくをみている。
ビリンガ:思考回路が悪漢。
キラ:のんびり。
ギズボーン:なにも考えていないようだ。
イザルク:淡々としている。視点が長いらしい。
ミルキー:やることをなくて暇。
ティンク:フーとちょっともめてる。
フー:スリーステップ諸島にいきたい。
変態騎士:出世の道を絶たれたのでふてくされている。
ウェアタグズ:踊りながら船をメンテ「フォーッ」

ハブルとアビナについて。
カラドラランド沿岸襲撃の際、海の狼にさらわれてきた。
自分の故郷がどうなったか分から無くて心配している。
双子は相手にたいする偏執欲求がはいる。ハブルはそれが高いようだ(アビナがいないことにストレス)ハブルはアビナのへ名声値を積み上げ中。最近アビナの体でいることが多い。
カラドラに入信したてだったので知識も魔術もほとんどない。

ハブルから、ハブルとアビナの身の上話が聞ける
2人は神殿に捧げられて司祭教育をうける予定だった。
アビナは優秀だったが、ハブルは鈍くて勉強嫌い。
勉強やっても無駄と思っている。主体的でない性格。
アビナはお兄ちゃん好き好き。

主にサラが入信失敗して暇になってふてくされて気が変わったのと、ハブルの焦りもあり
すぐにカラドラランドへ向かうことに。
レイ「俺は取り戻すための手を2つ打っている。」
 ライトブリンガーズクエスト
 スティクス川の話
本人の願望がにじみ出ていたためとりあわず。

馬車の調達のためにルクスを頼る。
「何人?」「7人」「ふむ」「…プラス棺桶1つ」「は?」
基本は船を借りて進む。寄港する町でのルクスの紹介状をもらう。

留守番:ニアさん、ビリンガ、イザルク
カラドラ探検隊:サラ、ワードナ、レイ、メッサ、ウルメラ、ハブル、アビナ死体、シーラ―「まーいいよー」

レイはランカーマイにスティクス川の件の進捗について聞きに行くが、進展なし。
レイの呪付のため1日空けて、翌日朝に出発。

サラは留守番役をニアに任せて、イザルク、ビリンガに喧嘩するなと言い含め、
ギズボーンやキラに羽目を外しすぎるなと言って聞かせる。

RQシティーズ!
メッサが街中で9人組のごろつきに絡まれるが追い払う。


闇7週2日

カラドラ探検隊、出発
ノチェット~定期船~ストロス
ストロス~川遡上~ローテンプル
約2週間の工程。
ワンダリングなし
2日 スロトス泊
紹介状を経て船を借りる。10人用平底漕ぎボート。

3日 スロトス出発
ワンダリング9,9
順調な旅。風に身を隠せないのがツライが
カラドラに近くなると暖かくなってくる。

川をさかのぼり始めて一週間過ぎる当たりで相当
ベント山の火口が大きくなってくる。

このあたりはハイベール族が支配的な地域
都市民1万、漁師4000人程度
カラドラ語が支配的だが、今回はハブルが通訳をこなす

闇8週2日

ローテンプル到着 7000人の街
船着き場。フラガールがお出迎え。
ここからハイテンプルへの道がでる。

イサリーズ寺院へ紹介場をもってく。
アロハを着た司祭が迎えてくれる。
たまに地震。
ここは大都会近傍の温泉保養地らしい。

ハブルと話してみるイサリーズ司祭。
「ふんふんなるほど…行ってみるかね?」
アロハ買う。3p

カラドラ寺院へ向かう。
壁のないパンテオン。

舗装は黒くて暖かい火山岩。
ここからは裸足で。熱い。
汗だらだらだらで服を脱ぎつつ進む。
スパイラル上り坂で寺院の中心部。
褐色の油ギッシュの方々。

打合せコーナーに通される。
溶岩茶がでてくる
ローブを着ているウルメラも汗だらだら
シーラ―は別に平気そう。

暫くすると爺様が来る。
カラドラの司祭ぷげらwさん。
それぞれ紹介した跡に。

ぷ「オーレイルの双子とは珍しい」
ハブルアビナの故郷は珍しくオーレイル信仰者が多かったらしい。
ぷ「神託つかまったが、本気ならハイテンプルかな」
ハブルとアビナは今晩寺院に泊まる。他はふもとの街で宿泊。
温泉と岩盤浴(おっさんず入浴サービスシーン)
サラはウルメラに西方の星座を教えてもらったり
う「はー」
わたしこれからどうしようか症候群なウルメラ。
う「サラはどうなの」
さ「えーいやーわかんない」
 「雄猫とりかえさなきゃだからだめなのか」
 「そうすると私の相手はお兄ちゃんオンリーなんですか」
う「そういえば鏡でキスシーンが」
さ「あんな髭面いやです」
女子トークが花開く。
その手前でポーズ男

夜は更ける

闇8週3日(2コマ目)
夜明け前、ハブルは怒っている
アビナはの魂は破滅したといわれたらしい。

慰めようとしたサラだったが、なんか気に障ることを言ったらしく(雄弁00)
ハブルにぶん殴られる。殴った後「ごめんなさい」といって逃げていくハブル。

司祭曰く
「神への託宣をしてみたが、あの娘の魂はどこにも見つからぬ。
 清らかなまま死んだなら、そのようなことになら成らぬ。
 邪悪な魔術が魂を破滅させたのかも」
「というわけで、救済はかなわず。あきらめんしゃい」

埒が明かないので、ハイテンプルに向かうことに。
レイ「ハブルも興奮しているのかもしれません。ハイテンプルの方から
良いお言葉を頂ければ納まるかもしれません。」雄弁成功
レイが首尾よく言いくるめて、ハイテンプルの司祭の名前を聞けた。

アビナとハブルの故郷の村はすでに復興しているようだ。
アロハイサリーズのオオエ司祭に村の状況を聞く。
村の名前はボルビック。
結構遠い。道が悪く、川を下って半島を船で回る方が早い
海路1.5週、陸路2週くらい。

2人が教育されるはずだった寺院はもうない。
その後は後任なく。

ハブルのボディの横にアビナが座っている
「じいさんはいいすぎたようだ」
「そうですよお兄ちゃんを助けないと」
アビナの受け答えがヤバい。はやくなんとかしないと。
アビナがハブルに憑依できる前提がない。
いろいろ都合よく、
お兄ちゃんの魂を切り離されて
このまま身体はどうなるのか。
という話し方。

オーレリオンの司祭に相談ということで
オオエ司祭に紹介してもらって、
地場の司祭(温泉の女将さん)に相談。

メッサが司祭に神託を頼む。
100ルナーお布施で渡す。

特に衒わず、皆のいるその場で
アビナとハブルの前におかみさん
は神託を始める。問答のような形

「彼への道が見えるでしょう…
 自分で探してみなさい…」
「洞窟のようなところにいます…
 眠っている小さな赤ちゃん…」
 メッサはカラドラ語での問答の中身がなんとなくわかる
 かなり際どい内容のようだ。

お「どうですか」
あ「やっぱりおにいちゃんは生きてます」
わ「道は見えたか」
あ「どうすればよいですか」
お「あなたの心の中にそれをうめないとするとなると
  古き社を訪ね、たよるべきや」
あ「どこへ行けば」
 ハイテンプルの近くらしい
 「わたしがおにいちゃんをたすけます」
 「みなさんお時間があれば手助けを」
さ「そのためにみんな来たのよ。皆手伝うわ」
 サラに抱きつき感謝するアビナ。

レ「しかしじつはちょっと事実誤謬が…」
 「そんなこといわれてもねえ」
 「とりあえず行くしかないか」

ハブルボディがメンテできなくなったのでハブルの体が
少しずつ衰弱する(わずかに呼吸があるので死体より腐りにくい)

とりあえず、紹介状をもらって、ハイテンプルのオーレリオン司祭を訪ね、
大至急、社を目指す。アロハ司祭からロバ2頭を調達。丈夫な靴も。

麓まで1日、登山口まで1日、登り1日 ただし、暑さの足場で山はキツイ。
温泉手ぬぐいと水と塩、ロープアンドフック。

準備に時間がかかり、3日6時に出発
深夜12時ごろ停止、朝まで2人組野営で休憩8H

闇8週4日

 朝起き
 8時間行軍。
 4時間行軍
 休憩6H
 エンカウンター 深夜 レイ見張中気付く。3体
 強度17
 呪文、鎧準備、
 サラ敵検知 反応なし
 サラ視力00「あ」見失った
 相手は戦闘起動に移った。
 グランパス4体
 ワードナが左脚切り飛ばされる。
 シーラ―初参戦。結構強い。
 全滅させる

闇8週4日

 休憩6H

 (サラTFP 37-21)

以下次号。


本日のお言葉


「やめて!ニアさんの名声値はもうゼロよ」





酔っぱらって泣き上戸のハレックに絡まれる

痛船(側舷にばぶちーピンナップ)

サラの呪い除けを魔法眼で見てみると化け猫が背中についてる感じ?

青ばぶちー

メッサ、ハブルを励ます「兄より優れた妹などおらぬ」

アビナが前向き「このままでいいのでは」


▼レイヒルトの日記「カラドラ温泉」(闇/6~8)


む~、まったく思い通りに行かない今日この頃・・・どうしたらよいものか。
色々、宿泊先で自分を取り戻すべく手をうっているが・・・よろしくない。
ウルメラさんを魔導士に戻す計画も頓挫している・・・
いや、呪付物を譲ってしまったので悪化している。
そして、能力は下がったまま・・・

ぬぅぐぐぐ・・・

両足を取り戻せたからよしとしたいところだが・・・まだ、自分自身が取り戻せていない。
戦闘中の魔法発動に関わる強度と合成の発動能力が下がったのは痛い・・・発動しないし。
いや、それ以上に呪付物製作の完成率が下がったのは更に痛い・・・
達人&使い魔GETへの道が遠のいている・・・使い魔GETからの道が更に長いのに・・

ぐぅぬぅぅぅぅ・・・

何とか取り戻さないと・・・ノチェットについたから魔導勉強も進められると思っていたが
うまく行かない・・・師匠の情報も無い・・・

宿泊先に悩んでいたら・・・サラ達が帰ってきた・・・あれ、ティンクがしょぼくれている
聞くと賭け事で負けたらしい。そういえば色々能力(悪いもの)を失っていたっけ?
フーともうまくいっていないみたいだし・・・人の事は言えないか・・・ガクッ

ただ話を聞き進めていくとカラドラランドに行く事になったらしい・・・
話の内容には、確かに神知者が絡んでいるらしいから、また何かあるかもしれない。
いやだな・・・ポスっちみたいなのが高笑いして出てきたら・・・何か出てきそう
いや、昔の魔導は素晴らしいから出会いたい半分・・・嫌半分・・・悩む。

そういえば、アビナとハブルがそこの次期司祭候補でいずれ行く事になっていたけど
あそこには聖祝期に行くんじゃなかったっけ?急いで行く必要ないでしょう。
'・・・どうも行く気らしい、ハブルっち、焦ってもいい事無いよ。準備を整えるべき。
'・・・聞いちゃくれない・・・
ここのところまともに魔導勉強できなかったからしたいのに・・・(ストレス上昇中)

とりあえずアビナを取り戻す為、ランカーマイの司祭にお願いしている調べものの件
「ライトブリンガーズクエスト」「スティクス川の話」の話をした
'・・・が聞いてくれない・・・何故だ・・・必要な情報は最低限収集しておくべきだよ。

何か話がどんどん進んで船借りているし・・・同行しないという手もあるが・・・
クエストになる可能性があるし、私一人ではクエスト激難しいだろうから行くしかないか。
行く事にしはしたが、最低限の確認(ランカーマイへの情報収集状況)と最低限の準備の
呪付作成は譲らず1日だけ確保した。
「スティクス川」の情報が無いのは残念だったが、呪付が成功したのは、よかった。
帰ってきたら「スティクス川」の情報が必要無くなっていたら・・・ある意味・・怖いな。

向かうのはメインメンバー+双子と拾った騎士、イザルクいないのは不安だが、
ビリンガは信用し辛いから、イザルクに見張ってもらわないと・・・

猫(シャドウキャット:使い魔の素材)も確保できず・・・出発する事になるとは・・・
猫にクエストさせたら面白いかも・・・しまった、どこかで確保できないかな。

ともかく闇の7週にカラドラランドへ向けて川舟で出発する事に
特に問題も無く順調にローテンプルに到着。(行程1週間程度)

しかし地面が揺れる事があるのは慣れないし、暑いのはたまらない。
何か自分の周囲を快適な温度にできる魔導は無いかな・・・
ここに居た神知者が持ってそうだけど・・・

ともかくも皆でカラドラ寺院へ向かう事になった。
行ってみるとハイテンプルに行かないと駄目という事がわかった。なので一泊。

温泉があるとの事で初めて入ったが・・・これはいいものだ、心が洗われるようだ・・・
'・・・温泉も魔導で作れないものか・・・

'ハッ!!もしかしてカラドラの双子は・・・神知者が温泉を手にする為に誕生させたのか
ならば納得できる!!! すばらしい魔導への探求心が更に温泉で向上した気がする!!
となればアビナの魂も救済しなくてはならない。ビバ温泉の為に!とにかく明日だな。

翌日、ハブルが行方不明になったらしい。サラがまたやらかしたらしい・・・
どうも司祭に「神託でアビナはの魂が見当たらないので助ける事はできない。」
と言われ・・・という事は温泉も無くなるのか・・・いや神様がいるから大丈夫?
とにかくハイテンプルの司祭の名前を確認し、ハイテンプルで確認する必要がある。

急いで皆でハブルを探し出したのだが話しかけると・・・ハブルがアビナの姿で
狂ったような返答をしてくる、どうも自身はアビナでハブルは死んだ事になっているらしい
このままでは、ハブルの体が死んでしまうので、イサリーズ司祭に相談したら
温泉旅館を営んでいる女祭様を紹介されたので相談しに行く事になった。

メッサの依頼で女祭様に神託を使ってハブルを説得してもらった・・・のだが
あれ説得の内容が、ハブルがアビナ前提で説得しとる・・・
えっと、中身が入れ替わっているのを伝えてなかったなメッサは・・・
説得後に指摘したが・・・すでに遅く・・・どちらにしても早急にハイテンプルに行く
必要があるので準備後に山頂に強行する事になった・・・大丈夫なのだろうか?

登山は厳しいが重量軽減魔法と飛行で素人の私でも何とかなっている状態。ビバ魔導!
途中、グランパスが4匹出てきたが何とか殲滅する事ができた・・・が厳しいな。

とにかく後少しでハイテンプルだ・・・が、アビナ復活はできるのだろうか・・・
「アビナの魂が見当たらない=消滅とは限らない」と思うが希望的観測だ・・・
駄目だった場合の案も考えてみよう・・・

「アビナっぽい魂を作成してアビナの体に入れる。」使い魔創造っぽいな。
というか神知者の考えに近いような気がする。

それと私自身を取り戻す事も考えないと・・・
ハッ!!以前の強力な私と戦うという事は・・・私が消滅するのだよね・・・
仕方ない・・・仕方ないのか?

でもそうすると足が木の私と対峙する事になるのか・・・つまり足が木に戻る。
'・・・どうしたらいいんだ!!! 困った困ったぞ解決手段が思いつかない!!!


▼「赤猫の尻尾」航海日誌 Red-hot cattail's log book


▼メッサーラの「海の狼追撃帳」

酒場でウサを晴らすサラ


ティンクをポーカーで打ち負かした女は自称サーカス団の団長らしい。
一緒に連れている相手は・・・ふむふむ私ほどではないがなかなかの
可愛らしい娘じゃないか。サラと同じくらいか?
ムムッ!こやつら、まさか・・・?
百合ですか?トロウジャンに来ませんか?

まあそれは置いといて、彼女らはノチェットとカラドラランドを
定期的に往復しているらしい。
2人は我々と別れた後、夜の闇に消えていった・・・(多分)

ノチェットに長逗留しているせいか、仲間の様子が明らかに
なってきた。
ミルキーは・・・駄目だな、コイツは。若くて可愛いだけで、
なんの努力もしていない。早く余計なものを切り取ってトロウジャン
に連れていくべきだ。修正してやらねば。
ウルメラは活き活きしている。読書から離れ、ノチェットの人混み
を散策するのが楽しくて仕方ないようだ。
ハブルは早くカラドラランドに行きたくてしょうがないようだ。

サラの入信の事もあるので、しばらくここにいるのかと思って
いたが、やはりアビナの問題も優先課題だ。
我々はカラドラランドに向かうことにした。

ただ全員を連れていくわけにはいかないな。
船を任せられるのは誰だろう?
一人に任せると乗っ取られる可能性もある。
ニアさんに船の管理を任せ、男衆はビリンガ、イザルク、フー
が3すくみになっていれば乗っ取りは避けられるだろう。

この地の古式に乗っ取り探索のメンバーは7人で行くことになった。
サラ、私、レイ、ワードナー、ウルメラ、ハブル/アビナ、そして
シーラーを連れて行くことにした。

先々必要になるかもしれない。
ノチェットでカラドラランドの人々が好みそうなおみやげを
買っておいた。

カラドラランドへ


川船で進むこと1週間。
特に何の問題もなく、低寺院というカラドラランドの大寺院に着いた。
田舎と侮っていたら、意外と大都市からの観光スポットと化していた!
観光客にはレイ(花かざり)のサービス。
ここは着物を着ていては暑い。もらったアロハを着よう。
さすがは私、何を着ても似合う。

寺院の中はサウナ状態。
トロウジャン生まれの私でも暑いのに、他の皆は溶けそうだ。
だが、サラよ。これを耐えれば肌がスベスベになるぞ。

というわけで低寺院の司祭に捧げ物をして、アビナの魂のありかを
神託してもらった。・・・
神託をしても見つからないとのこと。
この無能司祭め!少なからず寄進をしているのだ!
多少はこちらの納得のいく答えを出せ (ノ`Д´)ノ彡┻━┻

こんな寺院は当てにならない。
別の寺院で神託してもらおう。

現地に詳しいイサリーズ信徒に聞いたところ、カラドラとオーレリオン
の信仰は、もはやこの地では少数派となり、カラドラ単体を信仰する
派閥が多くなっているのだとか。

意外と探すの難しいかも・・・と思っていたら、宿屋のおかみさんが
カラドラとオーレリオンの司祭だったということで、いろいろ
占ってみることに。

ハブルはショックのあまり・・・あれ?アビナの姿のまま
アビナになりきっている?これは末期症状だ!
そして、アビナからハブルの体へと憑依できなくなってしまったみたい。
このままではハブル(の肉体)が死んでしまう!
まあ男(の肉体)が死んでもどうでもいいか。

結局、高寺院に行かなければ詳しい状況はわからないみたいだ。
早速、ロバを借りて高寺院へと向かうことになった。

ヴェント


早くヴェントに着かなければハブルの肉体が死んでしまう。
幸い、我々は魔術的に強化されている。
多少の強行軍をしても問題はない。

が、これはちょっと厳しいんじゃないの?
疲れた~海の狼の幻覚が見えつつある。

おっ!?海の狼か?
いや、微妙に違う。大きなサソリのようだ・・・。

どこかに海の狼備品とか書いてないかな~。

この戦いでわかったことはメリブの騎士シーラー、彼は
タダ者ではない。変態騎士とか言ってごめんね~。


▼ワードナーの諸国見聞録10



★明日のための第一歩




▼バブリーナ号仕様

小型のラージコグ large Kog(※イメージはニーニャ号)
船体タイプ:商船
船体強度:2D6+4
耐航力:28
構造ポイント:80
全長:65'(19.5m)
全巾:23'(7m)
乾舷:13'(4m)
喫水:11.5'(3.5m)
積載:167,700lbs(75t)
乗員:士官の他、18人(最少6人)
特殊装備:
①ばぶちー機関
 泡: ヒトやモノを包んで浮遊。風に流される。
 船体防御:船体を包むのにMP強度20+耐傷1強度/MP
 光学迷彩:MP強度20+相手視力-5%/MP
②MPマトリクス 20P
③除染機能(今回追加)詳細不明

航行ルール

  • 船の移動距離は1コマ/船業務の全員積上げ成功度3。
  • 海流により、西方向に2コマ+南に1コマ/週 流される。
  • ワンダリングロール(以下WR)の目次第で風による補正あり。
  • NPCの貢献度は丸めて1回あたり7。

バブリーナ号 体制図

(1616年闇の季改編w)
船長 サラ 親衛隊長ミルキー
士官 准士官 下士官 水兵
航海長 メッサーラ 操舵員 ギズボーン
主計長 ウルメラ  
生活班長 ニア   コック キラ (アビナ)
ばぶちー機関長 レイヒルト バブリーナ
工作班長 レイヒルト
甲板長 ワードナー ハブル
参謀長 ビリンガ
戦術長 ワードナー イザルク

バブリーナ号 乗組員一覧


正規乗組員(12+1)

サラ十三・・・艦長、兼CEZ(チーフエグゼクティブ雑用係)
メッサーラ ・・・総務担当役員、自称副艦長、兼航海長
レイヒルト ・・・技術担当役員、兼機関長、兼工作長
ワードナー ・・・営業担当役員、兼甲板長、兼戦術長
ウルメラ  ・・・主計長、兼監査役(主にレイの)
ニア    ・・・生活班長、兼医療班長
ビリンガ  ・・・参謀長
ミルキー  ・・・親衛隊長、兼対7番艦特殊装備
ギズボーン ・・・航海副長
イザルク  ・・・戦術副長
キラ    ・・・生活班員コック長
ハブル/アビナ・甲板員/生活班員
バブリーナ・・・機関又はアナライザー

客待遇乗組員(4)

変態騎士改めシーラー ・・・メリブの騎士
ティンク?  ・・・正規乗組員になったら情報将校になる予定
フー?    ・・・今のところ死体
ククル    ・・・地界からついてきた少女(ハッグ?)16~17歳頃の首つり系

一般乗組員(11)  

  • 元海の狼(フーの部下) 3人
  • 元奴隷の青ウェアタグ 8人

合計29人+裏切り者3人+死体1体+精霊1人

その他
マシャット  ・・・エティリーズの行商人、カジノタウンで下船
  • メリブで雇った船員 計8人(-3人裏切り)
  • サラに命を救われた村人 2人




名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


添付ファイル