キャンペーン > 侵月 > 20140621

侵月 第2章4話:アズリーリアの洞の預かり賃

行く先々を破壊して歩く呪われし若者たちの物語

▼登場キャラ

さるきど ネイリング     F18 siz13/int15/app16 【無カルト・狩人】
武装:背中にグレートソード、右手にジャベリン、左手にターゲットシールド、ベルトに水銀のムチ
衣装:下着に薄革のマント
背景:ゲータ氏族、ケルドンの部族、限界集落出身。強い男(+美形)を旦那として連れ帰るべく、婚活中。元ジャベリンと盾競技の国体選手。

Kon    モチャ       M18 siz20/int13/app07 【エルマル・ハイラーマ戦士】
武装:モール、ジャベリン (種)
衣装:裸
背景:コリマー部族の客将。預けたまま放置している乗騎を気にしている。

ぷんた  ウォード      M18 siz14/int16/app12 【オーランス・農夫】
武装:ブロードソード(鉄)、シールド、バトルアックス2h
衣装:厚手の革、一部だけ強奪クイルブイリ
背景:ヴァンタロス族出身

yukihito ケ’ロル 両性 siz6/int13/app? 【ニュートリング】
武装:トライデント、ターゲット、ショートスピア
衣装:葦のベルトに装備をぶら下げるスタイルが基本だが、今は村にあった厚手の皮を巻き付け、杖をついている
背景:ひょうたん淵出身。元々外の世界に憧れを持っていたが、村にやってきた災厄を機に出奔。尻尾が2本あり、うち1本は一部が切り取られた上で炙られている。

aza アキム      M16 siz13/int14/app13 【オーランス・牧夫】
武装:ターゲット、ブロードソード、アーチェリー
衣装:薄手の革+クイルブイリ
背景:サーター北部辺境(プリンセロス族)の牧夫出身。出生の問題で家族にちゃんと受け入れられずに育ち、最低限の知識を得てからは最も遠い荒れ地で牧羊犬に話しかけるだけの人恋しい幼少期を過ごす。ルナー襲撃による家族離散を機に出奔。人が一緒にいるのが嬉しくて、ずっとしゃべっている。

NPC エムル
背景:ルナーに襲われたオーランス集落から逃げ出した女の子。行方不明。


▼ログ

1600年頃 火の季末 ザ・クリークの支流 伏流になった場所にバットカルトに襲われた村の村人共に逃げ込んだ一行は、トロールの婆さんと出会う。

(突撃取材シーンは割愛)


闇の道2

トロールアズリーリアの石像を動かした先には、狭いながら暖かな居住空間が合った。
那珂(誤変換。正しくは中)にはトロールのおばあさんがいた。(SIZ 20)
おばあさんは何かもごもご言っているが聞き取れない。w

居住空間は狭かったがその先に台所があった。
ネイリングは孫の嫁のふりをして鍋の料理を村人全員にふるまう。(魔法の鍋っぽいものを起動させたおばばが調理)

村人はバットへの恐怖に負けて、洞窟に踏み込む。(モチャの雄弁01)
モチャは扉を閉めると外の音が聞こえなくなる。(密閉音がするw)
そして強烈な眠気に負けて眠り込む。(SIZが同じなのをいいことに、おばばのフリル付きエプロンをつけやがった)

利率不明保管庫

ネイは目覚めると何日も経っているような気がする。(男どものヒゲがのびている)
ほかの者達は膝をかかえた胎児の姿勢で寝ている。
PC達を起こしたネイは探索を行う。
台所の扉の先には通路があった。(上ってから下降)

通路の先には石柱だらけの自然洞で、石柱の根元には水晶がざくざく生えてる。
探索をすると中央には台上に巨大なトロールアズリーリアの石像がある。(隔離もあるっぽい)
アズリーリアの洞窟を家捜しする不埒者集団。

ケロルは3階層奥へ。
モチャ、ウォード、アキムは1階層。
ネイは現実界に分断されてしまう。

ケロルは何か巨大なものにつままれ、食べられそうな気配。
モチャ、ウォード、アキムは求めるモノを得て、代償を支払う事を要求される。アキムはエムルの無事を祈ると、エムルが触手に食われるビジョンを得る。ウォードはとっさに剣を抜きうつが、手応えはあったが剣は水晶に消えてしまう。
ネイは台所にもどってメルラ(襲撃直前に祖霊が降臨して巫女化したおなご)をつれて戻ると、あらためて消えた仲間を探し始める。
洞窟にケロルの悲鳴と、アキムの絶叫がこだまする。


次回予告

さまよえる魂に出口はあるか!?
愛は魂を導くのか?

次回「闇の迷路」



▼azaのメタなメモ

水没した地底の通路は浸水したとき怖いかも。
嫌な予感しかない・・・。
やっぱ月ではなくて水キャンペーンなのではないか。


▼モチャ目線のログ、じゃなくて所感




ケ’ロルの話

ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。
ケロ。

ケロ。

よくわからないと思うので人間にもわかるように喋るケロ!!

今回は恐ろしい話ケロ。
鉛の像の後の洞窟で俺らはトロウル?のお婆さんに会ったケロ。お婆さんはちょっとボケていておれらを孫か息子と勘違いしていたケロ。

話そうとしたけど話が通じないので、勘違いしてもらったまま食事を分けてもらったケロ。

食事をしたら、みんなで休むことにしたケロ。お婆さんには部屋で寝てもらって食堂を借りてみなで休んだケロ。

次の日、部屋の奥の通路を調べたケロ。通路は鍾乳みたいで、しばらく続いていて、大きな広間に出たケロ。
鍾乳石みたいな水晶がある広間をみんなで探索したケロ。
しばらく探索したら、変なことがわかったケロ。

ネイリングやアキム、ウォード、モチャが水晶の中にいるように見えるケロ。そして、触ることもできないケロ。後、ネイリングには広間の出口が見えるけど、他の俺たちには見えなかったケロ。

とりあえず、
広間を探索し続けたら、奥に降りていく通路が見えたケロ。その通路を進んでみたら、何か力を感じて、みんなが消えたケロ!!

ビックリして広間に戻ったけど、誰もいないケロ。声を上げて呼んでみたけど、誰も答えないケロ。

仕方なく通路を進んだけど、色々分岐はあったものの、みんなはいないケロ。
困り果てて広間に戻ったら、真ん中辺りでなんか人型のでっかいものが襲ってきたケロ。
そいつはでかい口に牙が生えててケロをつかんで笑ったケロ。もしかして、ケロを食べる気ケロ!?

ケロは一体どうなってしまうケロ?みんなはどこにいったケロ??


ネイリングは語る


逃げ込ンだ先で大きなおばあさんに出会った。
おばあさンは目が見えず、耳も遠いみたい。
私を誰かと間違えているみたいだ?

お嫁さん?どうやら私を息子か孫の嫁と間違えているみたい。
まあ、この場はそういうことにしといてあげる。
余生短いお年寄りには功徳を施すもの、というのは里の教え。
お客さンが28人もいるけどいいかな、おばあちゃん?

誰かと間違えられたまま、鍋いっぱいのシチューを振る舞ってもらった。
腹が減ってりゃ何でもうまい。

だが、喜びも束の間、食事の後片付けをしている最中に、またばっとの
恐怖の叫びが聞こえてきた。
何人かがぱにっくに陥る。
おばあちゃんが寝てしまったのをいいことに、全員で部屋の中に入り
こみ、扉を閉めたら音は聞こえなくなった。

眠い・・・
は、いかンいかン、何日も寝てしまったようだ。
バーバーラ?変な女の子が夢に出てきた。
よほど疲れていたンだな、アタシ。

あれ?さらに奥にも扉があるよ?
外につながっているかもしれない。
たいまつを持って探索に行こう。

奥は水晶で出来た鍾乳洞みたいな感じ。
こンな状況でなければキレイだね。
ん?何か水晶にチラチラと動くものが映った感じだったけど気のせいかな?

洞窟のさらに奥に進もうとしたところ皆が消えた。
たいまつを持って先頭を進ンでいたケロルもいない。
暗闇に嫁入り前の娘を一人きりにしないでよ。

と思ったら光るキノコで何となく周りが見える。
何か黒い精霊のようなものが中央の神像に集まっている感じ。
何?ドロボーですって?
私が何を盗ンだというの!?あっ水晶の欠片がぽっけにはいってた、テヘッ☆。

じゃあこれを返すから、仲間を返してくれ!と言ったら何か
逆ギレされた感じ。

魔術的なことはよくわからないので、おメル(メルラ)を叩き起こして連れてきた。
さあ、あなたの運命の赤い糸でアキムの行方を追うのよ☆!

はっ?師(コーチ)の心の声が聞こえる。
「特訓の辛さから、魔術だのなンだのありえない技にあこがれるな!」

※ネイリングの中の人による昭和女子(漫画)的解釈
  • セリフの語尾にやたらと☆とかのマークがつく
  • 同格以下の同性は「お○○」という愛称で呼ぶ。
  • やたらと外来語をひらがなで記載したり、外来語に「お」をつけたり、
外来語をひらがなとカタカナで組み合わせたりする。
  • セリフの「ん」だけ何故かカタカナ
  • ヨとかワの語尾も時々カタカナ
  • 挨拶は「アロー」とか「ダンケ」とか言ったりする
  • 自分の無防備さを棚に上げて異性の仲間に「もう!えっちね!☆」
と怒ったりする



  • アローなんていわねーよw -- (aza) 2014-06-30 21:39:36
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る