キャンペーン > 侵月 > 20150124

侵月 第2章10話:第2章3話(9)(10)

奪われたままの時に今終わりを告げるため歩き続ける若者たちの物語

▼登場キャラ

さるきど ネイリング     F18 siz13/int15/app16 【ヴィンガ・狩人】
武装:背中にグレートソード、右手にジャベリン、左手にターゲットシールド、肩掛けベルトにナイフとか
衣装:現代地球でいうところのタンクトップ、スパッツ、薄革のマント
背景:ゲータ氏族、ケルドンの部族、限界集落出身。強い男(+美形)を旦那として連れ帰るべく、婚活中。
元ジャベリンと盾競技の国体選手。

Kon    モチャ       M18 siz20/int13/app07 【エルマル・ハイラーマ戦士】
武装:モール、種
衣装:厚手の革コート
背景:コリマー部族の客将。預けたまま放置している乗騎を気にしている。

ぷんた  ウォード      M18 siz14/int16/app12 【オーランス・農夫】
武装:シールド、バトルアックス2h
衣装:クイルブイリ
背景:ヴァンタロス族出身、背中に不破の剣の欠片が封印されている。
故郷に両親と姉

yukihito ギ’ロル 両生 siz4/int13/app? 【ニュートリング】
武装:ターゲット、ショートスピア(水銀)
衣装:葦のベルトに装備をぶら下げるスタイルが基本だが、今は村にあった厚手の皮を巻き付けている。
背景:ひょうたん淵出身。元々外の世界に憧れを持っていたが、村にやってきた災厄を機に出奔。
尻尾が2本あり、うち1本は一部が切り取られた上で炙られている。
かつては違う名前で呼ばれていたが、自分を含む皆の記憶が置き換わった?

aza アキム      M16 siz13/int14/app13 【オーランス・牧夫】
武装:ターゲット、ブロードソード、アーチェリー
衣装:薄手の革+クイルブイリ
背景:サーター北部辺境(プリンセロス族)の牧夫出身。
出生の問題で家族にちゃんと受け入れられずに育ち、最低限の知識を得てからは最も遠い荒れ地で牧羊犬に話しかけるだけの人恋しい幼少期を過ごす。
ルナー襲撃による家族離散を機に出奔。人が一緒にいるのが嬉しくて、ずっとしゃべっている。

NPC エムル    F8
背景:ルナーに襲われたオーランス集落から逃げ出した女の子。行方不明。
   バットの触手の餌食になろうとしていたところをウォードの剣が阻んだが・・・?

NPC メルラ    F16
背景:ルナーに襲われた別のオーランス集落からアキムに助けられた集落一の美少女。オババ候補。


NPC モルトーケス    M?
背景:ターシュ出身のヤクスンチェン。バットカルトに強い遺恨を持つ。

▼ログ

1600年頃 火の季 末
ザ・クリークの支流のC村
占領していたルナー兵を追い払った後の戦後処理。
17:00過ぎ頃から

第2章第3話(9)


モチャがルーパー

20:00
C村から川の下流に16距離進んだところ。
小休止していると思しきルナー兵の一隊を捕捉。
山の斜面の影に潜んでいるらしい。

味方本隊(アキム、ウォード、モチャ、ギロル)が一瞬、
光が灯ったのを確認(ランタンの覆いが一瞬開けられた感じ)
30m先の稜線の上に見張りが2名、さらに奥の20mの広場で
ルナー本隊が休息しているらしい。

別働隊のネイも聞き耳(ストック)で味方が近づいてきている音や
敵の配置などがわかってしまう。

川の対岸には村人射手が二人配置。

3部隊はお互いの連絡手段がなく、結局、本隊が動くのを待つことに。
メルラは光呪文が使えなかったことが判明。

色々考えた結果、結局、見張りを無視して大挙して突撃することに。

モチャが先陣を切って突撃。
視力(ストック)でボス(バット司祭?)の位置を特定。
ジャベリン(ストック)でボスの胸を貫通。
しかし同時にボスの放った<狂気>によってカタトニア症状に陥る。
モチャ、神性介入を試みるが、現れたのはまたもやバーバーラ・・・
モ「・・・」

ネタバレすると、どうやらこの世界(どの世界だという突っ込みは置いといて)
では、神聖介入は出来ないらしく、バーバーラ界に行ってしまう模様。

同時にネイも背後から飛び出すが、雑魚敵に阻まれる。
ネイもジャベリンをやむを得ず雑魚にゼロ距離射撃し、脚を縫い付ける。

しかしPC側の奇襲はここまでで、二の矢が放てなかった。

敵は大挙してボスを守り&治療に専念。

後ろから肉迫しようとしていたネイを敵のロードが遮る。
ネイは複数敵に囲まれるのを恐れ、1対1の地形に後退。

アキム、ウォードが村人ズと戦線を構築。
中央で固まった敵を対岸の狩人が射つが、なかなか有効打には至らない。

ロードはSIZ20?、DEX18以上(推定)、攻防200%以上(推定)の技量。
ネイはストック受けで凌ぎ、ストック斬りを行うが、大剣神クリ(20ダメ)
を敵は盾受けで軽く凌ぎ、ノックバックもせずw
ネ「・・・」
一応、ネイの技量(ストックだけど)に相手もビビってる様子。

ネイはモルトーケスが丘の上から近づきつつあり、ロードの頭をヤクで
蹴ろうとしていることに気付く。
続くラウンドでネイはストック受けを行いつつ、フェイントで通常斬り。
相手の防御オプションを使わせた後、モルトケスがヤクで蹴りを行うが・・・
4D6ダメージで結果は「7」
相手のチェインメイルさえ貫けず。

モルトケスは接近戦が不得意なのか、いったん戦場を離れようとする。

ロードも2対1は不利と悟ったのか、いったん退いて戦線を整えようとする。

モルトケスに去られ、相手に戦線を組まれると手の出しようがなく
ネイは水の中へと逃げる。

アキム、ウォード、村人は損害を出しつつも、着実に敵陣を押し込む。
ギロルも後方から参戦し、敵陣後方へと火の矢(4D6)を放つ。

後方が空いたため、敵はいったん後退を始めるも、疲労と損害が
ピークに達していたため、追撃できず。

メルラ「少し近づいたような気がします」
今までは何となくモヤモヤしていた感覚がはっきりしてきた様子。

おそらくバットの降臨は避けられない様子。

21:00

この後の方針については
ギロル・・・いつもの場所に隠れる
他の皆はこの戦場で次に戦うことを想定して、迂回ルートやら隠れ場所を
探すやらするが・・・

ウォード「この大木、倒せそうだぞ?」

戦場の上にある丘に立つ大木が根腐れしているのか、激しくゆらせば
ルナー兵の真上に土砂崩れを起こせそうな感じだ。
だが、木を倒した者も相応の被害を受けそうな感じ。

試しに倒してみるも、自分の安全を計りながらでは、盛大には倒れない感じだ。

その頃のネイ・・・
前回モチャが引っかかった岩に水中で挟まれていた(POW00)
脱出を試みるが(修理98w)で完全に身動き取れず。

22:00
バット降臨「ピギャー」

翌朝、ギ’ロルは目を覚ます。

仲間を探そうとあたりを探し回るが見つからず。
トロウル洞窟に向かい彫像を動かそうとする。
結果は77-01

第2章第3話(10)


ギロルがルーパー
ストック以下を出したものはおらず。

17:00 ギロルが皆を説得する。
失敗するも、ストックを使う。

18:00 さてどうしようか?

全員の協議でいったん今回は捨て回とすることに。
前回の戦術を元に、ストックを使わずに、木を倒す方向で。
モルトークスも連れて行く。

今までの反省から、トロウル洞窟には2人で向かうことに。
誰が行く?

今までになかったパターン、および襲撃組には加われないという理由で
メルラに彫像を修理してもらうことに。バックアップとしてネイが付く。
という方向で。


次回予告

「正面攻撃ストック使用なし」

捨て回のつもりだったのに、うっかりPC達が勝ってしまったらどうなるのか!?
メルラ「えーっ?もうリセットボタン押しちゃいましたよう」


▼azaのメタなメモ




▼ウォードの日記


単純にルナー兵と戦っても、カイトシールトを超えられない・・・
休憩場所の上の木を全力で崩すほうが、可能性があるように思います。

やるまえに、蘇生キノコを誰かに渡して、防護でMP1にしとけば
事故がおきても何とかならないかな。

前回は、経験(ストック)稼ぎの意味合いでガチ戦闘の流れにしたような。
なんとなく、ストック増えるより消費するほうが早い気がするので
早期解決に向けて方向転換とかどうでしょうか?


▼モチャ目線のログ、じゃなくて所感



ギ’ロルの話

今回は戦いの話ギロ。

ギロたちは逃げたルナーとかいう連中を追ったギロ。ギロは火の矢の呪いで活躍したギロ。当たるとその部分が消えてなくなるギロ。恐ろしいギロ。
勝ったけど、倒した訳じゃなくて、敵が逃げただけギロ。
そしてギロはいつものように隠れてやり過ごしたギロ・・・

それから洞窟にいったギロ。誰も来てないギロ。何で毎回ギロ一人ギロ?

次に気がつくと、ギロだけに記憶がある様子ギロ。今回もみんなで倒しに行くギロ。
ギロはモチャの上に乗るギロ?

ギロは一体どうなってしまうギロ?



ネイリングの中の人は語る


一戦交えた感想
あと一手二手足りないっすな。

ネイが逃げたのは失敗。キャラスタイル的には戦って死ぬ事を
選ぶべきでしたが、先に相手が退いてくれたので、つい出来心がw

相手のロードは確かに人間離れしていますが、
所詮は人間なので、行動オプションを使い切らせれば、打つ手はあります。
結果論ですが、モルトケスの不確実な4D6(期待値14)より、ネイの
76%の確率で16+D4(AP無視)を叩き込んだ方が合理的でした。
まあ23%でモルかヤクかネイの誰かが死にますがw
というわけで次があれば、モルトケスに先に蹴ってもらおう。

ボス戦ですが、まずは狂気対策。
抵抗1を持っているのはモルトケスだけですが、あいにくと
モルトケスを移動ユニットとして使った場合は魔術支援が出来ない。
となると後は人海戦術w
タイミング的に難しいですが、デコイユニットとして村人に先頭を
切ってもらいたいところ。
モチャは一瞬(1ST)遅れてジャベリンを投げられればですが、
一撃だけでは、相手に回復の機会を与えてしまうので、回復役を
倒す、あるいはボスにもう一撃致命傷を与える手段が必要。

ストック量だけ見ればギロルが(大差ですが)二番目に多いので、
やはりモチャの上にギロルが乗るのがいいのかw

アキムとウォードはストック量が足りていないので、ストック頼みの
戦術が取れません。側面支援として、ギロルに予め火の矢を数本用意
させておき、敵の前衛を無力化してもらう方がいいかも。

万が一、もし正面攻撃ストック無し作戦で勝ってしまったら?
盛大に夜の40距離でも見えるのろしを上げてもらうか、モルトケスに
ひとっぱしり伝令を頼むかですね。




名前:
コメント:

すべてのコメントを見る