キャンペーン > 群島 > 20150214

20040911| 20041003| 20041120| 20041225| 20050103| 20050319| 20050528| 20050917| 20051224| 20060103| 20060204| 20060311| 20060311/コメントログ| 20060429| 20060506| 20060729| 20060805| 20060902| 20061223| 20070106| 20070303| 20070630| 20070901| 20071006| 20080105| 20080105/ダンジョンマップ| 20080105/ダンジョンマップ/コメントログ| 20080419| 20080510| 20080705| 20080726| 20080802| 20101113| 20101211| 20120310| 20120407| 20120609| 20120901| 20120901/コメントログ| 20121103| 20121103/コメントログ| 20130105| 20130216| 20130406| 20130504| 20130713| 20130803| 20130803/コメントログ| 20131102| 20131207| 20140104| 20140308| 20140412| 20140510| 20140510/コメントログ| 20140607| 20140607/コメントログ| 20140809| 20140913| 20141220| 20150103| 20150214| 20150404| 20150509| 20150606| 20150606/コメントログ| 20150620| 20150801| 20150905| 20151017| 20151114| 20160103| 20160220| 20160409| 20160514| 20160709| 20160813| 20161015| 20161105| 20161210| 20170103| 20170318| 20170401| 20170617| 20170715| 20170805| マスターメモ| 用語集| 用語集_TABLE| 設定情報| 設定情報/キャラクターズ| 設定情報/無人島生活のてびき

第五幕第12話:


第五幕
20131102 リスペック回
20131207 リスペック回&事件の始まり
20140104 
20140308 蟹の島
20140412 攫われたのは誰?
20140510 夢幻泡影
20140607 アンディンの宴
20140809 島の隠者
20140913 ファンファンファン!
20141220 薄明光線
20150103 眠呪牢
20150214 古き友の帰還

■管理者シマルスサイド
 ビリーbotをオペレートしてテルミナの「傷」を癒したネットワーク管理者階層のシマルス。
 ミンジュウルウというシステムを徐々に理解していく。
 「サバーナ」は管理サーバー群の一台として休眠していた。
 現在起動している管理サーバーは「リステ」。
 サバーナサイト、リステサイトなど、管理サーバーに接続されたサブネットワークに所属するキャラクター達。

 管理サーバーを切り替えるためのコマンドを探し、リステとキアンに起動パケットを送り夢界に呼び出す。
 キアンbotよってサバーナモードへの切り替えを試みるがうまくいかない。

 他の切り替えコマンドを探す中でフェッシュbotのコードを見つける。
 キアンbotとテルミナbotを操作してフェッシュbotのインスタンスを起こせれば、フェッシュbotで管理サーバーの切り替えが可能かもしれない。

■キアン@リステサイド
 オルボエール妄言:神獣は我らが世界の神/ルーンと同じものだ。
 この世界にはヒーロークエストが存在しない。私はこの世界がその働きを内包していると証明した。
 この世界では探索行は神獣の地位を「獲る」話になる。星のかけらを集めて我々の「容量」を上げ、神獣の御蔵を受け入れることで、現世との境界を越える力が手に入るのだ。
 キアン「神獣を害するんなら切るけど」
 オルボエール「(よくわからないことを偉そうに言っている)」

 ある夜、なぜか夢の中でリステとお茶会(シマルスからの強制起動)
 リステの磨耗した精神状態の理解。
 おそらく母体はミンジュウルウが死ぬときに、その感情の一部を無意識に受け取っている。
 リステ「元の世界に返りましょう。」
 弱ったリステを励ますために幸せな食事風景イメージ(シマルスからのフェッシュ要求)
 自然とお茶会に菓子を供するフェッシュの影。

 一瞬リステの姿が揺らいでサバーナと重なる。
 「?!?!?!」ザザザ。
 何が起こっているのか認識が混乱し、フェッシュの姿も崩れかける。

■キアンとテルミナとビリー
 久しぶりの穏やかなお茶会。暗く、狭い世界はもうない。
 安息の吐息と共に、幸せな食事風景イメージ(シマルスからのフェッシュ要求)

 自然とお茶会に菓子を供するフェッシュの影。

 一瞬サバーナの影が食卓に現れるが、フェッシュの影が揺らぐ。

■フェッシュbotのインスタンスがうまく立ち上がらないシマルスサイド
 フェッシュbotのインスタンス立ち上げで欲張って一度失敗。
 再起動をかけるが、何か引っかかっている。テルミナbotと再接触させるか。
 お、インスタンスが落ちそうなフェッシュbotをテルミナbotが支えてくれた。
 リソースを結構移動させたけどフェッシュbotが安定。
 キアンbotもフェッシュbotの不安定さに反応してリソース移動させたけど、こっちは直接的な効果はあまりなかったな。
 管理サーバー切り替え実行。成功!

■テルミナ@お茶界
 フェッシュの存在が一瞬具現化し、また失われようとしているのを無意識に感じたテルミナはフェッシュを「想う力の強いフェッシュ」として再イメージ。(フェッシュの〈夢歩き〉へのWILL委譲)
 フェッシュは何事もなかったかのようにお茶会に食事を供する。
 テルミナとキアンとフェッシュとビリー。そしてサバーナ。

■管理権限を手放すシマルス
 管理サーバー「サバーナ」の起動を確認したシマルスは管理者アカウントからログオフ。
 1階層下はサバーナサイト。もう1階層したにはビリーがいた。
 さらに階層を降り、お茶会階層。そして、夢から醒める。

■ボウドウ寺院
 夜22時。庭でのバーベキュー。
 談笑するテルミナ、キアン、ビリー、シマルス、フェッシュ、サバーナ。
 事態に気づいて再開の喜びと混乱。フェッシュは18歳ぐらい。
 シマルスが説明を始めるが、サバーナが熱を出して倒れる。
 テルミナ部屋で布団を引いて情報交換。酒を片手にファンファンまで来たよ。
 あまりの情勢の変化にパンクするフェッシュ。
 情報を交換するうちにすでに朝4時頃に。
 キアンとテルミナは明日脱出しようと主張するが、フェッシュ以外は疲労の色が濃いためとりあえず仮眠。
 シマルスはシャンのケアで自室へ。

 台所で膳夫に混ざって朝餉の仕込をしたフェッシュが戻ってくると、テルミナとキアンも発熱。
 シマルスとビリーとフェッシュがどうすべと考え込んでいるところに来客が?(以下次回)


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る