キャンペーン > 傀儡 > 20150429

20111203| 20111203/コメントログ| 20111224| 20111224/コメントログ| 20120121| 20120204| 20120225| 20120225/コメントログ| 20120303| 20120324| 20120526| 20120714| 20120811| 20120818| 20120825| 20121110| 20130112| 20130202| 20130202/コメントログ| 20130330| 20130817| 20130817/コメントログ| 20140118| 20140125| 20140315| 20140315/コメントログ| 20140316| 20140316/コメントログ| 20140614| 20140614/コメントログ| 20140802| 20140816| 20141011| 20141129| 20150117| 20150328| 20150411| 20150425| 20150429| 20150502| 20150613| 20150718| 20150919| 20150919/コメントログ| 20151003| 20151003/コメントログ| 20151121| 20151226| 20160109| 20160116| 20160206| 20160206/コメントログ| 20160305| 20160312| 20160312/コメントログ| 20160430| 20160521| 20160521/コメントログ| 20160618| 20160618/コメントログ| 20160702| 20160716| 20160924| 20161126| 20161204| 20161217| 20161223| 20170114| 20170121| 20170121/コメントログ| 20170204| 20170218| 20170325| 20170408| 20170415| 20170624| 20170722| 20170722/コメントログ| 2017520| エスロリアの訳| エスロリアの訳/コメントログ| カレンダー| カレンダー/1621_TABLE| カレンダー/1622_TABLE| マスターメモ| 設定情報| 設定情報/エスロリア| 設定情報/オーランスの死の物語| 設定情報/カラドラランド| 設定情報/ヘンディラ| 設定情報/ホーレイ| 設定情報/ラーンステイ| 設定情報/古き大地の同盟| 設定情報/聖王国

2015.4.29 傀儡 番外編


登場人物紹介


PC

yukuhito “偶然が匙を投げる”トランス・バール M24S15A13I15 カルトなし(オーランスのつもり)、トヴタロス族出身、諸国漫遊坊ちゃん
容貌:短髪。背が高く痩せ男。顎がっつり系、太い眉、吊り目、イメージ募集中。
BS、TS、AP6、ARB 。
装備: BS、TS、AP6(右腕のみ9)、ロングコート、金95p
特徴:右手のみプレート(サンダーガントレット)。リングメイルとブロードソードには氏族の紋が入っている。

NPC

ダーナラ M2xSxxIxxAxx  吟遊詩人?



ログ

2015.4.29 傀儡 番外編

※一部抜けモレ誤記がありますがご容赦ください。
 気付いた方はお手数ですが、修正願います。

番外編1:描き出しシーン+プレイヤー啓発シーン


秋口。虫の音。星が見える。
トランスを描き出してください。

番外編2:トランスの昔語り



ダ: 権力は常に欺瞞を含むね。

ト: 死ぬ前に父に会わないといけないかもね。
   兄が会わせてくれないか・・・。

マスター:領内でみかけたら殺されるんじゃない?(・・・ヒョルト人の法に照らして考えれば)

ト: 妹が気になるが情報は集まるかな?
   (礼をいって)こんなつまらない話があるが、聞いてみるかい?


番外編3:夢の中の夢【断章】


トランスは目を覚ます。
そこは先ほどまでトランスが語っていたアルダチュールの酒場だ。
目の前にダーナラがおり、トランスを揺すっていた。
先ほどまでいた観客はいなくなっている。

ダ: 祈りはなんだと思いますか?
   祈りは諦めの先にあるものです。

ト: 

ダ: 物事のあるなしを、手にしたら貴方はなにをなさいます?
   なんでもできるとしたら?

ト: 飢えに苦しまず、皆が幸せに暮らせる世界かな。

ダ: それは祈りのない世界ですか?
   偶然も?

ト: 

ダ: 何もかも満ち足りたとしたら?

ト: 変なことだか、それは望まない。
   未来は自分で切り開くものだからだ。

ダ: あなたはそこでそれを望んだのでしょう。
   それが愚者の道です。
   では貴方の心のオーランスに聞きましょう。

ト: 


トランスは再び目覚める。
今度はトランス一人だ。
ダーナラはいない。

ト: 「思うとおりにするしかないということか」とひとりつぶやく。
   (春になったら村に戻り、親父に会おう)


以下次号



今日のがまぐち


なんかあった気がしますね。w



The Prophets

トランスは顔をしかめながら重いまぶたを開き、酒で乾く唇を舌で湿しながら座りなおした。
「寝てしまっていたか。」
酒場の中、すでに周りで囃していた男たちはいない。
まだ片付けられていない食器や酒瓶が散らばるテーブルの上に燭台がひとつだけ置かれ、微かなオレンジ色でトランスとダーナラを彩っていた。
「2時間ぐらいですかね。」
リュートで静かにはじかれる微かに星の瞬く夜空を思わせる旋律。
夢現の中、ずっと聞いていた気もする。
「面白いお話でした」
トランスが、ふん、とだるそうに息をつく。
「ただ、」
(間)
「ただ?」
「今日は場をもたせられましたが、
 できれば、
 このお話はしないほうがいいでしょうなぁ」

ダーナラはトランスのことを信じているようでもないが、狂人と思っているわけでもなさそうだ。

「だろうな」

沈黙。

「ただね、
 まあ、いますよ。
 その、身の置き所のなくなった、つーか、
 世界と、目で見たものと、聞いた話が違ったっていうのは
 よくありますわね。」
「そうか」

「最後のくだりは、
 あまり語られない話ですが、
 ちょっとびっくりしました。」
「最後?
 3人の話か。
 あれは僕もびっくりしたよ。」
「話してどうっていう話じゃないんですよ。
 だからあまり吟遊詩人らも、話しませんけれど。」
「?」


「まあ、
 偶然、であれば、
 ──トランスさんはどこの出でしたっけ?」
「サーターだ」
「サーターであれば、ユールマルとか、
 そんな風に呼ばれてますけれど」
「あれはユールマルだったのか?
 しかし、話に聞いているユールマルとは、またぜんぜん違う感じではあったけどね」

ダーナラが微かに笑う

「そうですか。」

「……『俺は嘘しかつかないんだ』という男。
 それは、どういう男でしょうねぇ」
「正直者だろう。おれは正直者だと言っているのと変わらない」
「でも嘘しかつかないんですよ。
 正直者なら正直者だといわなけりゃあ。」
「言ったことがすべて嘘なら、逆に正直だということにならないか?」
「そういうもん。ってことで。」

「人にこうだと見定められちゃあ
 それは、必然ですわなぁ。」

「こうであるかもしれないし、
 こうでないかもしれない。
 だけどそれじゃぁ、
 定まらないもの、ってことですわなぁ。」

「まあつまり、理解するだけ無駄、ってことですよ。」
ダーナラがくくくと笑う。
「……なるほど」


「祈り、ってなんだと思います?」
「そうありたいとか、そうであってほしいという願いだと思っているが」
「飯を喰いたい、ってぇのは祈りですかね」
「それは──それを祈る人は少ないだろう。
 ただ、日々の糧がありますように、という祈りはあると思うが」

「なぜ、祈るんでしょうねぇ。」
「未来がよくわからんから、未来がそうであるようにと願うからではないか?」
「そうですね。それがかなわぬと知っているからこその、祈り。
 つまり、──諦めの先にあるものです。」
「なるほど。諦めの先にあるものが祈りか」

「もし、世の在無をすべてその手にしたのであれば、あなたは何をなさいます?」
「何でも自由にできたら、ということか?
 よくわからんな」
「そうですね。私たちにはよくわかりません。
 では、もしなんでも好きにできたとすれば」
「僕にそれができるのであれば、
 そうだな、
 皆が飢えて苦しまず、楽しめる世界にできるようにしたいものだが」

「祈りのない世界、ということですか」
「皆が満ち足りてしまえば祈りなどしなくなるか」

「偶然も?」
「……そうだな。本当に何も起きないのであれば、偶然さえもなくなるのか」

「では、あなたの心の中のオーランスに聞きましょう。それを望みますか?」

(長い間)

「変な話かもしれないが、
 望まない。
 未来は自分の手で切り開くものだと思う。」

「ですから真理──ダーゼイターは、見守るのみで、なにもせぬのでしょう。」

幾度か頷くトランス。

「あなたは、あそこでこの選択をされたのでしょう。
 それが正しいかどうか誰にも定める術はありませんが、
 愚者の道を選んだ、ということです。」


ちゅんちゅん。朝日で目が覚める。ダーナラは?


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る