キャンペーン > 侵月 > 20151205

侵月 第2章16話:第2章3話(17)(18)

突然、先人たちの負債を清算するよう求められた若者たちの逆境の物語

▼登場キャラ

さるきど ネイリング     F18 siz11/int15/app16 【ヴィンガ・狩人】
武装:背中にグレートソード、右手にジャベリン、左手にターゲットシールド、肩掛けベルトにナイフとか
衣装:現代地球でいうところのタンクトップ、スパッツ、薄革のマント
背景:ゲータ氏族、ケルドンの部族、限界集落出身。強い男(+美形)を旦那として連れ帰るべく、婚活中。
元ジャベリンと盾競技の国体選手。

Kon    モチャ       M18 siz20/int13/app07 【エルマル・ハイラーマ戦士】
武装:モール、種
衣装:厚手の革コート
背景:コリマー部族の客将。預けたまま放置している乗騎を気にしている。

ぷんた  ウォード      M18 siz10/int16/app12 【オーランス・農夫】
武装:シールド、バトルアックス2h
衣装:クイルブイリ
背景:ヴァンタロス族出身、背中に不破の剣の欠片が封印されている。
故郷に両親と姉

yukihito け’ろる(仮) 両生 siz4/int13/app? 【ニュートリング】
武装:ターゲット、ショートスピア(水銀)
衣装:葦のベルトに装備をぶら下げるスタイルが基本だが、今は村にあった厚手の皮を巻き付けている。
背景:ひょうたん淵出身。元々外の世界に憧れを持っていたが、村にやってきた災厄を機に出奔。
尻尾が2本あり、うち1本は一部が切り取られた上で炙られている。
かつては違う名前で呼ばれていたが、自分を含む皆の記憶が置き換わった?

aza アキム      M16 siz13/int14/app13 【オーランス・牧夫】
武装:ターゲット、ブロードソード、アーチェリー
衣装:薄手の革+クイルブイリ
背景:サーター北部辺境(プリンセロス族)の牧夫出身。
出生の問題で家族にちゃんと受け入れられずに育ち、最低限の知識を得てからは最も遠い荒れ地で牧羊犬に話しかけるだけの人恋しい幼少期を過ごす。
ルナー襲撃による家族離散を機に出奔。人が一緒にいるのが嬉しくて、ずっとしゃべっている。

NPC エムル    F8
背景:ルナーに襲われたオーランス集落から逃げ出した女の子。行方不明。
   バットの触手の餌食になろうとしていたところをウォードの剣が阻んだが・・・?

NPC メルラ    F16
背景:ルナーに襲われた別のオーランス集落からアキムに助けられた集落一の美少女。オババ候補。


NPC モルトーケス    M?
背景:ターシュ出身のヤクスンチェン。バットカルトに強い遺恨を持つ。

NPC デミタース    M?
背景:柱に張り付けられていた青年。ペローリア人。実は意外な大物。


▼ログ

1600年頃 火の季 末
ザ・クリークの支流のC村
占領していたルナー兵を追い払った後の戦後処理。
17:00過ぎ頃から

第2章第3話(17)


モチャ、ウォード、ネイがルーパー

ウォードはバーバーラ界で<抵抗>を覚え、ループ直後に
狂気により気を失っていなかった状態に。
ネイは過去の特訓により、DEXを20まで向上(訓練)していた
ことを思い出す。

アキムとネイはかくれんぼを試す。
ネイはストックを使い、神隠れ。
アキムは犬を使い、ネイを探すが、匂いはすれど見つからず。

アキムは洞窟に向かい、自らを縛る。

他の人間は、パン工場に向かい、追跡調査を行う。

わかったことは・・・
A村はヒョルト系、C、D村はターシュ系の住人が多く、ターシュ系の入植は遅かった。
EWFの名前が出てくる。
その時代に領土争いがあり、この地は有力者に割譲された。
人が移動したため、その地に住まう神の引っ越しも行われた。
その結果、水の流れや地勢が変わった(昔は山がちではなくもっと平坦であった)。
動かそうと思ったが、動かせない神(ムギ)もいたので、封印した。

ウォードが呪符にストックを使うと、実は巧妙な暗号で書かれていることがわかる。
古ワーミッシュ語で書かれているのでは?
当然、読めるはずもないのだが、不思議とよろしくない知識が入ってくる。
魔導書の一種であるが、モルトケスはこれを読んでいた。

メルラに予知をうかがうと、「(モルトケスは)この地を解き放つのは、奴らの手を広げることになる」
(モルトケスが敵になる未来がある)
メルラいわく、モルトケスは先が見えないとのこと。

パン工場には、ルーンゲートから時折、流しの司祭が礼拝に訪れるのだとか。
名前はレモミール。

そろそろバットが来る時間帯。

畑の中は結界になっているのでは?と思いメルラに聞くとそんな事はないらしい。
またエムルをカマキリに乗せてA村の先に行ったことがないとか、メルラはカマキリ
と同調したことがないとかがわかる。

ネイを除く、全員が洞窟に隠れるが、生存したのはアキムとメルラのみ。

ルナーの脅威が去った後、二人はパン工場をはじめ、周囲の調査を始める。

夜中ではわからなかったことだが、パン工場の麦畑の4つの石柱には
ガツガツとルーンが彫り込まれている。
また麦畑には、下の川から水車を通じてパイプが引き込まれており、
そこから水を取り込んでいる模様。ハイテク。

またD村を経由して、南西の山(地域魔術の要となっている?)に向かう。
かなりの急こう配であったが、世界知識にクリットしたアキムは難なく登る。
頂上は長机四枚くらいの広さであったが、不自然に平たい。

何らかの呪符が施されていそうだが、長年の堆積物で隠されており、
うまく見つけることはできなかった。

アキムは洞窟に戻り、修理を行う。

モチャとウォードがストック以下を出す。

第2章第3話(18)


ネイは通常のループせず、経験チェックもできない(笑)
精霊界?を彷徨う。浄化と呪符に成功してようやく抜け出ると
いつものスタート地点にいる。
ちなみに魔力や疲労は全回復しているものの、やはり再度ループ
してしまうとループスタートの段階に戻る模様。

アキムがルーパーとなるのは初めて。

ウォードもスタート時点から行動できるため、スタートは早い。

ネイとモチャがモルトケスの調略に向かい、他は全員でパン工場に。

モルトケスを見つけるが、モチャはモルが啓発者であることに気づく。
警戒したモルトケスがモチャを襲おうとするが、とっさに気づいた
ネイ(POWチェック01)が、娼妓でモルを篭絡。

全員合流してパン工場の地下に。

機嫌が良くなったモルトケスは古ワーミッシュ語で暗号が隠されている
とペラペラしゃべる。

「虚空よりそびえたつ竜の牙」

竜は生き物ではなく、外界から来たものらしい。

その牙が地域の四隅に突き刺さり(下から突き出たのではなく、上から
突き刺さっているらしい)地域魔術の元になっているのだとか。
畑の四隅にあるのは、それを模した人造物らしい。

高地の民と低地の民との境界でもあり、これが沈むとターシュがこっちに
広がる。モルいわく、この地をルナーにくれてやるわけにはいかない。

と本を読みとくのに夢中になっているモルトケスだったが、間もなく
タイムリミット。
モルを除く、全員で洞窟に逃げる。

今回はバットが襲ってくる前にモチャがループを発動。
ストック以下を出したものはいなかった。


以下次号

次回予告


「聖麦の対価」
聖麦を持ち去ったルナー兵との交渉は!?
一度手に入れてしまえば、こっちのものか?

▼azaのメタなメモ




▼ウォードの日記





▼モチャ目線のログ、じゃなくて所感



ギ’ロルの話





ネイリングの中の人は語る





名前:
コメント:

すべてのコメントを見る