キャンペーン > 写本 > 20161001


写本 第1巻 第5節


▼登場キャラ

Kon    アレクサンドロ・デルピエロ      M30 siz10/app16 【ルナー審問官、シリーラ出身の七母神司祭、赤の女神入信者】
セリフ:「それが異端かどうかは神が決めることだ」「・・・この件に関しては私が神の代理人である」
外見: 陽の天蓋出身を表す完璧な金髪碧眼。華奢なので遠くから見たら少年っぽ。魔道によりAPP30。
服装: トーガ。赤地に金糸飾り刺繍を羽織る。グラディウスを下げる。
荷物: なし。
クラス名声:「ルナー審問官3」38、反感10
カルト名声:「七母神4」44、反感4
憩い名声:「竜4」34、反感0(EWF知識・古ワーミッシュ語読書き・ルナー強度・ルナー合成・APP)
その他名声:「嫁さんの実家3」38、反感9

ぷんた  アルトゥール・ローマイヤー      M30 siz10/app14 【カルマニア貴族、マギ99位、外交官】
セリフ: ?
外見: 整えられた髪。整った顔。妙にがっちりした体格。
服装: 黒いカルマニア牧師服。小型書籍を携帯。
荷物: 黒い鞄。装飾付きのメイス。
住居: ミリンズクロスのカルマニア領事館(妻を連れてきている)補佐官、護衛とメイド付き
クラス名声:「カルマニア貴族」36→53、反感6→11(INT、西方語読み書き、新ぺローリア語会話、新ぺローリア語読み書き、雄弁)
カルト名声:「魔道教会」103→98、反感11→15(経典「輝きの書」、時間、強度、白熱)
憩い名声 :「紙片探索」45、反感11→4(APP,メイス攻撃、新ぺ会話、回避、紋様錠)
その他名声:「一族」32→42、反感0(INT、人間知識、鑑定、カルマニア語会話、DEX向上)
その他名声:「長期旅行LV2」15、反感0(POW、回避、修理、視力、新ぺローリア語会話)
その他名声:「使い魔」4→3、反感0
その他名声:「使い魔」4→3、反感0

aza フィロメナ・アルニウス      F25 siz8/app13 【イリピーオントール褐色卿、ミリンズクロス図書館の本の司】
セリフ: 「知識の森へようこそ。今日は何をお求めでしょうか?」「分かりました。では早速、当図書館の蔵書をあたってみましょう。」
外見: 薄い栗色のキノコ頭。好奇心旺盛な瞳はキラキラが多め。
服装: 金飾り付きの黒い教授服+学帽。金飾りの付いた護符(光の焦点具)。複数レンズのルーペ(検知の焦点具)。
荷物: 銀金具付きの黒ステッキ。(革製の肩掛け鞄、シミター、ターゲット、ヤナタニ式簡易野外装備一式をゼミ室に隠してある)
同盟精霊「トーヴァルド」: Lv.4、85ポイント。眼鏡。(西方語読み書き80%、イリピーオントールカルト知識80%、聖ランカーマイ知識70%、新ペローリア語読み書き50%)
クラス名声:Lv.5「ホーレイ女王国、親ルナー派貴族の旦那」名声15、反感6
憩い名声 :Lv.4「竜皮研究」名声46、反感28
カルト名声:Lv.5「本の司」名声37、反感4+17(同盟精霊)
その他名声:Lv.4「ヤナタニ」名声13、反感16


▼ログ


英国テレビドラマコード。

ルナー帝国辺境国家 ホーレイ女王国。60万人が居住する。
中央を流れる黒うなぎ河と、それと沿うように走る巨大な石造りの街道。
やがて河と交差するところは、黒うなぎ河の水で作られた水晶の橋となり、やがて巨大な都市の城門に当たる。

その都市はミリンズクロス。2.5万人が居住するルナー辺境国の都市。
大きな城門を抜けると、巨大な神像が左右に立ち並ぶ中央道の先に、巨大な噴水を持った中央公園が現れる。
巨大な建築物、石造りの塔が並ぶ。
昇月の寺院や、上月三日月学院(下流階級)があるルナー化が進んだ地方都市である。

 河に面した丘上の屋敷に用意された馬車。
 若い兵士が護衛として同乗している。
 赤い衣装の審問官が乗り込み、荒くれ者の集う実家を出発する。

 教会を併設したカルマニア外交官屋敷で準備されている黒い馬車。
 カルマニア風衣装をまとった衛兵が同乗している。
 外交官がどこかへ出発する。

 2台の馬車が、イリピーオントール寺院の離れた場所に到着する。
 しばらく後、一風変わったメンバーが寺院奥の使われていないはずの研究室に集っていた。

1591

闇1W 第9回集会 寒い。
 教授服の褐色卿が情報を整理する。
 紙片は政治的にはやばいものであり、安易に調査を継続するのは危険である。
 我々の前にあるアプローチは2つ。
  1 呪文によるアプローチ。これは通常投射だと1期2回まで可能。延長を持って来れば連続の取り組みも可能。スタミナ呪文で疲労は除外できる。
    紙片への理解を積み上げていく取り組み。(後に名声値的なものである事が判明)
  2 もう一つは写本。これは部分研究できるようになるのではないかと思われるが、写本が完了すると消える可能性がある。(ビジョンによる知識)
 写本のアプローチは延期し、呪文によるアプローチを継続し、積み上げによる理解に期待してみる事に。
 呪文投射3回目。
 西方語読み書き3: 伝記で知っているウェスター卿という聖人
 新ペ3: 新ペ創出に対する重大な秘蹟が含まれる。グラマー図書館に関連文書(創生秘蹟)がある。

 フィロメナ クラス5名声判定で77-01
 クラス5の名声と反感が判明。
 珍しい動物(SIZ8のシェード)が仲間と認識する。

 黒: クラス50+。経歴ポイント15の従者。

 赤: カルト名声による調査「赤の女神と龍の知識の関係(一般情報)」
    満ち欠けはEWF遺産知識を利用したものである可能性がある。
    内的到達としての赤の女神(実践派)という一団もいる模様。
    調査点3つ判明
     1 ミリンズクロスの遺跡から出たアイテムがある模様
     2 百万人の魔術師の都に、関連人物がいる。追放者
     3 グラマーの図書館に禁書が収められている

嵐1W 第10回集会 雨
 情報共有。
 呪文4a、4b回目。
 EWF知識: 肉体を捨てて龍になろう。
 強度5: 強度技能が伸びる。
 呪付5: 写本すると手にまとわりついてくる模様。
 古ワーミッシュ5: 龍は文字なり。
 浄化5: 礼拝儀式ができるようになった。知識が100ないと写本できない。

聖祝期 事件なし

1592

海1W 第11回集会
 遺跡から出てきた龍と赤の女神関連のアイテム調査によると、赤と黒の陰陽図の形の20cm大のメダルの模様。(遺跡の鍵?)(ある都市の形状と同じw)
 ミリンズクロスの旧地名はドマナンド。龍殺し王朝があった。ダラハッパ王家とカルマニア王家の血筋を引くヴェレンマルス王が創出した。
 呪文5a投射。(5bは未処理)
 七母神カルト5: 歴史経緯的にルナーには関係ないが、思想的には関係がある。
 新ペ会話5: 天にのぼって落ちた男の話がある。リックパックという神童で、木の棒で地面に字を書き、村を字で覆い尽くした。
        その後天に向かって文字の橋を紡ぐも、途中で書くことを失って落ちた。

 赤、龍皮知識名声で計点50を超えて名声ロール。クリティカル。
 龍皮知識は、名声値の減少値が年あたりのノルマとなる。(50なら5)
 年間名声上昇がノルマを下回ると、同値が憩いの反感値としてでてくる。
 写本を完了するとこの衝動は収まる。

 理解した情報をもとに議論。
 写本時間も計算。
 週1丸を1年継続すると完了する見積もり。(1週+1)=(1期+8)
 これに期あたりの追加ロールをすると早められるはずだが、3人の写本完了タイミングをあわせるべきなのではないか?

 写本に用いる5つの技能のうち、2つが重なっていれば、その絆への貢献ロールを行いながら写本をすることができることとする。

 来年頭までに100達成を目指し、来年1年かけて写本をしてはどうか?

次回、地1Wの2回目の呪文投射ロールからスタート。

フィロメナはひとまず龍皮知識はいけるところまで伸ばしてみることにする。
同時に憩いは名声上昇と反感抑制を可能な限りおこなう。


現在判明している紙片の名声値と反感値

マギ4      0 / 5
ホーレイ上流4  10 / 100
ホーレイ貴族5 300 / 10
赤の女神3    50 / 0
イリピー5    0 / 30
イェルム王権   15 / 5


本日の迷言

シティーズはご褒美(マスター談)



  • セッション後の疲労感は、頭を使う仕事を行った後の疲労感と近い。
    以前不思議感漂うセッションであるが、不思議と面白い。 -- (aza) 2016-10-02 00:48:26
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る