キャンペーン > 傀儡 > 20170121

20111203| 20111203/コメントログ| 20111224| 20111224/コメントログ| 20120121| 20120204| 20120225| 20120225/コメントログ| 20120303| 20120324| 20120526| 20120714| 20120811| 20120818| 20120825| 20121110| 20130112| 20130202| 20130202/コメントログ| 20130330| 20130817| 20130817/コメントログ| 20140118| 20140125| 20140315| 20140315/コメントログ| 20140316| 20140316/コメントログ| 20140614| 20140614/コメントログ| 20140802| 20140816| 20141011| 20141129| 20150117| 20150328| 20150411| 20150425| 20150429| 20150502| 20150613| 20150718| 20150919| 20150919/コメントログ| 20151003| 20151003/コメントログ| 20151121| 20151226| 20160109| 20160116| 20160206| 20160206/コメントログ| 20160305| 20160312| 20160312/コメントログ| 20160430| 20160521| 20160521/コメントログ| 20160618| 20160618/コメントログ| 20160702| 20160716| 20160924| 20161126| 20161204| 20161217| 20161223| 20170114| 20170121| 20170121/コメントログ| 20170204| 20170218| 20170325| 20170408| 20170415| 20170624| 20170722| 20170722/コメントログ| 2017520| エスロリアの訳| エスロリアの訳/コメントログ| カレンダー| カレンダー/1621_TABLE| カレンダー/1622_TABLE| マスターメモ| 設定情報| 設定情報/エスロリア| 設定情報/オーランスの死の物語| 設定情報/カラドラランド| 設定情報/ヘンディラ| 設定情報/ホーレイ| 設定情報/ラーンステイ| 設定情報/古き大地の同盟| 設定情報/聖王国

2017.1.21 傀儡 第53回 Moon.


登場人物紹介


PC(登場)

ののの "くの一" リズ F20 S10I16A15 アズリーリアのアコライト、エスロリアのリゴス出身
容貌:細身の小柄な女性。吊り目で黒い深い青の瞳、長い癖毛のブルネットをハーフアップに。
華奢だがしなやかでグラマーな体躯。身体にフィットしたニットに、クイルブイリとブーツ。全て黒染。
背中にボディパック、腰の太いベルトにバトルアックス。借金閻魔帳
ハイダタールに由来するワイター(守護精霊)のシンボルである革の敷物。SIZ20まで
特徴:くわえ煙草。吊り目の上目使い。
性格:一見はすっぱなように見えて、保守的で家名を大事にしている。
最近はマルミールにくっついていることが多い。
こんなかんじ→http://www11.atwiki.jp/nonono6809/pages/156.html

aza “帰還兵“マルミール M27S13I17A16 イェルマリオ&ハイダタール入信者。エスロリア出身。
容貌: 金髪。二枚目顔。
装備: 1Hスピア2本(うち1本はボルトが宿る)、カイトシールド、黒薄革+黒塗装クイルブイリ、豆電球。
特徴: 問答技能10%。


PC(登場せず)


yukuhito “俺の妹が不幸になっているはずがない”トランス・バール M24S15A13I15 オーランス?/マスターコス?、トブサロス族出身、諸国漫遊の末追放された事をなかった事にした強者
容貌:短髪。背が高く痩せ男。顎がっつり系、太い眉、吊り目、三眼(変化?)。
BS、TS、AP6、ARB、くぐつ指輪 。
装備: BS(レンタル品)、TS、バグノット調達の町人服
特徴:脚に風車模様のルーン。移動が6に(非リンク)。背中にチャック?

KON “伊達男”ジェローラモ M23S17A16I16 フマクト、坊ちゃん付き人、パンチェッタ=ジローラモ風 、サーター北部出身。
容貌:天パー短髪。細いが鍛えた体つき。だらしない姿勢。背中にデスルーンマント(見栄え重視) BS、GS、KS、AP5、護身用ナイフ、財布に20ペニー。
装備:ロングの外套。戦闘装備以外はなし。腰にBS、背中にKSとGS。手袋 。
特徴:娼妓33%


NPC

エーオα  リズの思い出の中にだけいるキレイなエーオ君。過去設定は豊富だが、トランス先生にばれると外科手術されてしまうのでここには書かない。

エーオβ  リズに振られてやさぐれ一人旅に出たが、トランス先生の外科手術で旅立ち理由を失念。その後、リズと出会うが別人になっていてびっくり仰天。

ベラ  赤髪の女性。ガーベラさんというらしい。怒ると年齢退行(外見)するらしい。(嘘)

セバスダー  ベラのパートナー?。ミリンズクロスで拷問を受けていた模様だが、ベラとジェロにより救出される。

ミネクシア F2xS12IxxAxx  占い師。忘れたい過去を忘れてしまったので取り返したいと思っている。(不幸確定)

フェリアナ  トランスの妹。バーチャル空間にのみ存在する。残りVHP=地、闇、嵐、聖祝期。

レヴィー  トランスの妹が持っていた人形。ミリンズクロスとジラーロの間の街道沿いでふて寝している。

“時の鐘”アーリナ  アラクリニソラーラの化身。そんな人いましたっけ?

ガバル  イサリーズ交易王。Level 19。ファーゼストが本拠地。

エク=バディダーナ  フワーレン大女祭。リズが好みのタイプという変人。

ヴィチュア  イェルム。ルナー貴族。45歳くらい APP13。グラマー出身。童貞ちゃう。シルバーシャドーに領地を持つ。イール家系の一つ。リズにぞっこん。

イグジール  ファーゼストの暗黒街の顔役。リズにぞっこん。

ネンデ  カルマニアのカレッシュの王子。


ログ


【マルミールサイド】
地36

直径14mほどの球体の内側に作られた儀式用の部屋。
ドアは一箇所のみで、そこから球の中心を経て反対側まで伸びた通路があり、その通路を囲むように球の外壁に沿った細い通路が作られている。
中央の通路には7つの赤い石板が花びらのように配置されている。

女性司祭は赤い石が取り付けられた特殊なランタンを持ち、外壁沿いの通路をゆっくりと歩んでいる。(浄化中?)

赤い石板のうち3つにはそれぞれ1人の女性が特殊な装身具のみを身につけて横たえられている。
そのうちの1人がリズだった。

アリスからトランスに供された紅茶カップに写り込んだリズの姿に引き込まれたマルミールは、この儀式の場に精霊体のような状態で現れると、リズの体に入り込んでしまう。(ワイター技能クリティカル)
(リズに触れた瞬間に「リズ。間に合わなくてごめん」と語りかける)

何事か気配を察した司祭が声を発する。
?「何者ぞ」(新ぺ)
マルミールは動かずにいると、司祭は祝詞を変更して邪払いの仕草を交え、近づいてくる。
マルミールは立ち上がり、黙ったまま司祭に向かって走り寄り、タックルで突き飛ばす。(クリティカル)
相手は壁に激突し負傷する。ランタンは通路に残る。
マ「私の事は諦めなさい」
?「何が望みだ?」
マ「大丈夫。気絶してもらうだけよ」
?「利害が対立するとは限らない。どのみち外には出られぬぞ」
無言で近づくマルミールを見て相手は自ら球体の底に滑り降り、動かなくなる。(死んだふり?)

マルミールはランタンを拾い、他女子を確認。
リズが身につけていた装身具をその場に残して、ドアを開けて外に出る。
球状の部屋の外は、周囲が星空のように特殊な普請がされた通路だった。
微妙な下りを経た先にはダブルドアがある。
何やら外では人の気配があり、儀式中の様子。
隙間からは夕日らしき明りが見えたので、ドアを閉める。

ひとまず球状の部屋に戻り、ランタンを置いて、外に続くドアのかげに潜むマルミールだが、1時間しても儀式が終わる気配はない。
再び隙間を開けて外を見ると、星空が見える。
外には大勢の人がおり、儀式を行っている様子が見える。
かすかに見える風景から、どうやら巨大な塔の上に作られた、巨大な儀式の場である様子。

マルミールはランタンを取りに球状の部屋に戻る。
?「その女にゆかりの者か?
  その女を助けたけたいのであれば、儀式を留めてこの場を去れば、その女の魂は破滅するぞ」
マ「…」
?「彼女は今、月へ登る途上にある。
  私の儀式を手伝ってくれ。
  彼女の魂を呼び戻す。」
マ「2つ質問がある。
  これは通常は行われない儀式のはず。何を目的としたものか?」
?「月に召されし彼女らの魂を呼び戻す」
マルミール人間知識クリティカル。95%嘘。儀式に協力したくなるように発言している。
新ぺ成功、雄弁成功、浄化効果。
マ「それにしては大規模なものだ。儀式構成を説明せよ」POW抵抗26まで。問答失敗
?「エリシカ(役名)の魂には傷がついた。
  傷のない彼女を呼び戻す。
  偉大なる我らルナーは、ほんのわずか時の網の秘密を知っている。
  その力によって、月の満ち欠けの1周期分については、時を遡る事ができるのだ。」
マ「では次の質問だ。
  クエストの浄化なのだとしたら、私の存在はどうなるのか?」
?「そなたは何者だ?」
マ「縁に導かれ、呼ばれた人の魂だ」
?「(素な感じで)ならば縁の強さによるだろう。
  彼女の魂の苦難に寄り添うのであれば。」
マ「私の縁者のため、助力しよう」
引っ張り上げる。怪我は治癒済み。
?「名は?」
マ「…。マルミール・マイスコール」
?「そなたはどこにありたいか?」
マ「(見立ての事だと理解。リズの左手の平を確認すると黒いシミがある)武器による守りとして右手に」
司祭はあからさまに嫌な顔をして、黒いシミを確認する。
?「これは?」
マ「女王種トロールの血」
?「…(頭を抱えている)
  それは後ほど考えるとして、彼女との縁とは何ぞ?」
マ「精神結合」
?「…」
マ「…」
この後、見立てについての調整。
リズの髪で人形型を作り、自分の装飾品から金飾りを取って織り込み、魔漿石を入れる。
狂気呪文を投射されるが、本能的に防御してしまう。
何度か繰り返してもらい、意思の力で理性をねじ伏せる。(POWでINTに抵抗し、勝つ)

【リズサイド】
リズは「船、月到着、お花畑」のループが延々と続くので、飽き、お花畑を脱走。w (このループは司祭の浄化なし儀式の強行毎に発生していた?)
霧の中をずんずん進み、ついに泡立つ空間(プライマリーケイオス)に到達。ww
実に金に目が眩んでというあたりがリズらしくて良いが、戻れなくなって泣くなって。デパートで迷子になった子供かよ。

神聖呪文精神結合でマルミールを召喚。
リズの右手に人形サイズのマルミールが現れる。
リズとどつき漫才をしつつ、ハイダタール特殊神聖呪文2発(6ポイント分)を投射し、世界の果てにおいて洞窟を召喚する事に成功する。
α、βの分岐毎にあーでもない、こーでもない、を繰り返し、洞窟迷路をさまよい続ける。
やがて洞窟の先に光が見える。

(イメージシーン)
絡み合う歯車の山。
きしむような音を立てて動きが止まると、組み変わる。
一瞬、逆に動き、元の回転に戻る。



当面の日程

地10 Reaching Moon Day ヤーラアラニス
地16 Victory Day
地21 Let it Be Written Day イリピーオントール
地22 アズリーリア(最新情報では可変。収穫の終わった日)
地23 Spirit Day ジャーカリール
地25 White Light Day ナイサロール
地26 Red Earth Day ホンイール
地33 ジラーロでの本祭



(ののの版ログ)

2017.1.21 傀儡『おれおれおれおれおれの妹編』 第53回


【マルミール側】
月の儀式の場
球形の部屋 直径14mくらい
中央にブリッジ。円周にサイドウォーク
球は赤塗でルーンが彫られている。

球形の中央から7つの石版が放射状に延びる。
ブリッジから各々の石版に斜めの渡し。石版は光る。
3つの死体が寝かされている。
サイドウォークに女祭。光る玉を持って時計回りに歩いている。

マルミール落ちてくる。
リズっぽい何かは個体名リズと認識。
リズが死体っぽいのも認識。

マルミール、膝立ちで
跪いてリズに触れると
めり込む。ソファービーズ?
水っぽいさわり心地?
(マルミールのワイター技能で入った)

声がかかる
女祭「なにものぞ?」(新ぺ)
マルミール、リズに精神結合で呼びかけるが反応ない。
相手には答えず。

マルミール、ワイターⅡ クリット。
リズに入れたよ(マスターの台詞通り)
チャック開けて入った感?うごかせそう?

女祭は祝詞を変更してゆっくり近寄ってくる(邪を払う内容)
鳴り物を鳴らしながら。

マルミールはリズの身体で立ち上がる。
相手はあわてずゆっくる近づいてくる

マルミールはブリッジにおりて
走って女祭をおいかける。

満月をジャンプ
ブリッジを走り抜け
女祭へ手わざをかける
女祭は避ける。たたらを踏んで
「なにやつ」再度聞く。
応答せずにタックル。
相手はファイティングウィズドローワルを続ける

タックル成功。
吹き飛ばす。壁にぶつかり相手はダメージを受ける
「わたしのことはあきらめなさい」
さらに攻めたところ、女祭は球の底に滑り降りて死んだふり。
月のランタンを頂く。

ドアを開ける
ガチャ(有償)

室外へ。
暗い通路。
下り。
床壁天井は雲母ラメ入りの鉱物。
星空のようだ。

正面扉。
向こうに気配を感じる。
ちょっとあけて聞き耳。
儀式中のようだ。

元の部屋に戻り、
部屋にランタンを置いて
扉を閉めてみる
真っ暗。
先の扉の横で待機。
ちょくちょく扉を薄く開けて覗きながら
終わるのを待つ。
1時間
終わらずw
ちょっと大きめに開ける。
外気。
オレンジの光。夕焼けか。
一旦閉めて
日没を待つ。
開ける。
儀式のテンションあがってるw
儀式みる。

多分ここは円塔の上。
真ん中に球が埋まっている
列柱。屋根有。
現在は地36th。月齢確認。

フワーレンの女祭が声をかけてくる
「その女、ゆかりの者か」
「儀式を止め、この場を去れば、その女の魂は破滅するぞ」

どういうことか?
①これは蘇生儀式だ
②これはクエスト中だ
③?

「彼女は今月に昇る途上に居る」

「儀式を手伝ってくれれば」

しばらく逡巡するマルミール

「二つ質問がある」
「この儀式の目的は。通常はしないだろう」

「月に召されし彼女らの魂を呼び戻す」
(嘘ではないがごまかしだ。儀式に協力してもらいたいのでそういう言いを)

「それにしては大げさだ。正しい儀式構成を説明せよ」

「彼女の魂には傷がついた。傷のない彼女を呼び戻す」

(メタ)

「ルナーはほんのわずか時の網の秘密を知っている
 (縛りが緩い)
「世の中は不確定性原理で云々
 月の満ち欠け一周期に限りないないできる

「月から戻った後、姫としての生活に戻るということでは」
「αとβっすね」
 α 成功
 β 失敗

「私はどうなるか」
「そもそもなにもんだ」
「えにしに呼ばれた人の魂だ」

「魂の苦難にたちむかうならば
(狂気で魂を分解して月に送り込む」
 『るなてっぃくびーむ』

「ならば
 私の縁者のために助力しよう」

「君の名は。」

マルミールは本名を名乗る
小刀を渡される。血を出す。

「そなたは何処にありたいか」
 字を書く。

女祭がんばる。

肉体に蘇生をかける
戻ってきた魂に狂気をかける
月に魂が行って浄化されてくる

マル POW抵抗 11
α失敗
β成功

マル 浄化 成功
(弱い…ち)
やり直しw

マル POW抵抗 11
α失敗
β効果
(弱い…溜息)

「その女とのえにしは」

(アリスの川…ハイダタール…話せない)
「精神結合している」
「アズリーリアの守り手であるイェルマリオの戦士」

リズの髪を切って
人型を作る。
それにイェルマリオの象徴である金を入れる
魔晶石もいれる。マルミールのMP入れる
女祭がネックレスを潰して金の槍
形式としてはリズの従者になった
槍を手に持って横になる。
ここで呪付。
1回目 失敗
2回目 通常成功
浄化 成功
狂気で送り込む
マルは抵抗しないつもりだが
INT/POW抵抗 97 失敗
女祭 狂気かける
POW抵抗15
α 失敗
β 成功
通らん
INT/POW抵抗 失敗
もう一回狂気
POW抵抗26
α 失敗
β 成功

【リズ側】
α 成功
β 失敗

リズ、マル通信を感じる

リズは楽しいお勉強中
花畑 白い花ドレスで
うふふあはは
3人なかよく、かごめかごめ
これは…帰らなくてもいいんじゃないかな

目が醒めた
ベッドの上。
見知らぬ天井。
船の部屋。
扉があいて
人が入ってきて。

浄化に成功
自分のありようが変わっているのに気付く。

α成功
β失敗

左手の門がない
手首足首の穴の埋めた後がない
赤いメッシュの入った白い髪

夢の中で悟りを開いたか
女神さまが命の恩人
古い私が壊れて新しい私になった
「やべえ」

デジャブ感がある
ポートがあります。
船からおります
隣のポートからも女の子が2人。

ゆるやかな居住空間があり
「現世卒業おめでとうございます」

突き飛ばして外を見てみる
α 成功
β 失敗


巨大な地面

そもさんせっぱ
α 成功
β 失敗

ふらふら
とがめない
だんだん足もとが昏くなっていく
歩けばさびれていく

浄化 成功

身体ポリゴンも荒い
「ポリゴン荒いよなにやってんの」

本来チケットの必要な空間
冬の雪山に防寒着なしでいるような危険を感じる

リズ、進む
融けそう(存在が)
戻る。
戻れないw

技能をふる(登攀とか)
融ける(技能パーセントが減少)
POW対抗 21

問答 失敗

α 94
β 1
γ 6

「何処なのここ」
星空、宇宙。
泡立つ空間。
プライマリーケイオス
「バブル景気キター(やけくそ」)

同じ技能は一回しか振れない
融けた技能はもう一度振れる

演技 2回失敗、
演技 成功

霊視投射
演技 失敗

POW3倍

星が美しい
万華鏡のよう
狂気には侵されなかった
α95
β1
γ5

自分の後ろにPOW25の壁があるのがわかる
自分の前にはばきゅらばきゅら

目の前にPOWの生成明滅が起こっている
自分自身もまたγ。

リズ、精神結合 投射。
「まるちゃん ヘルプみー」

==接続==

マル人形がリズの手に現れた
「なんすかこれ泡立ってますよ」
α93
β3
γ5

マルミール
問答 99 ファンブル
α5 マルミール
β100 マルミール
議論を始める
だまらすリズ

「協力するよ」

マルミールはハイダタールの呪文を投射
(豆電球)(歩き続ける)

α 成功
β 失敗
γ 失敗

d100 64

コントロールができない
お互いαβ攻撃しながら

α93
β3
γ4

もくもくと洞窟を歩き続けるリズとマル人形ず

マル 77-01
Θが発生w

以下次号


本日の傀儡っぷり

メタっぷり
ダメっぷり
マスターの拘束具はずれっぷり




断章

宮沢賢治『春と修羅』序

わたくしといふ 現象
仮定された 有機交流電燈
ひとつの 青い照明 です
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといつしよに
せはしくせはしく 明滅 しながら
いかにもたしかに ともりつづける
因果交流電燈
ひとつの 青い照明 です
(ひかりはたもち その電燈は失はれ)

これらは二十二箇月の
過去とかんずる方角から
紙と鉱質インクをつらね
(すべてわたくしと明滅し
 みんなが同時に感ずるもの)
ここまでたもちつゞけられた
かげとひかりのひとくさりづつ
そのとほりの心象スケツチです

これらについて人や銀河や修羅や海胆は
宇宙塵をたべ または空気や塩水を呼吸しながら
それぞれ新鮮な本体論もかんがへませうが
それらも畢竟こゝろのひとつの風物です
たゞたしかに記録されたこれらのけしきは
記録されたそのとほりのこのけしきで
それが虚無ならば虚無自身がこのとほりで
ある程度まではみんなに共通いたします
(すべてがわたくしの中のみんなであるやうに
 みんなのおのおののなかのすべてですから)

けれどもこれら新生代沖積世の
巨大に明るい時間の集積のなかで
正しくうつされた筈のこれらのことばが
わづかその一点にも均しい明暗のうちに
  (あるいは修羅の十億年)
すでにはやくもその組立や質を変じ
しかもわたくしも印刷者も
それを変らないとして感ずることは
傾向としてはあり得ます
けだしわれわれがわれわれの感官や
風景や人物をかんずるやうに
そしてたゞ共通に感ずるだけであるやうに
記録や歴史 あるいは地史といふものも
それのいろいろの論料データといつしよに
(因果の時空的制約のもとに)
われわれがかんじてゐるのに過ぎません
おそらくこれから二千年もたつたころは
それ相当のちがつた地質学が流用され
相当した証拠もまた次次過去から現出し
みんなは二千年ぐらゐ前には
青ぞらいつぱいの無色な孔雀が居たとおもひ
新進の大学士たちは気圏のいちばんの上層
きらびやかな氷窒素のあたりから
すてきな化石を発掘したり
あるいは白堊紀砂岩の層面に
透明な人類の巨大な足跡を
発見するかもしれません

すべてこれらの命題は
心象や時間それ自身の性質として
第四次延長のなかで主張されます

大正十三年一月廿日
宮沢賢治

トランス(と自己を定義する何か=以下Ⅹ)になぜ『春と修羅』が提示されるのか

マスターはセッションで『春と修羅』の序の文面に合わせて話を進める可能性がありますが、文章が具体的な文字列としてグローランサ内で提示されているのではありません。
「グローランサ内で『春と修羅』と同じ思想的到達点と芸術性を持つ文書Y」がⅩに提示されていると考えて下さい。

春と修羅の序には「有機交流電燈」「銀河」「新生代沖積世」など、グローランサのサーター人には理解できない概念が多く含まれます。
しかし、私たちグローランサ人の思想をトレースできるわけではないので、グローランサ内の文書Yをマスターが提示しても理解することができません。

現実のプレイヤーが『春と修羅』を読み解く心象風景が、グローランサ人が文書Yを読み解くのと同じ心象風景に相当するということです。


  • 序の最初の段落だけ引用するつもりでしたが、序を読み直せば読み直すほど、完全に傀儡の風景なので全文掲載。
    宮沢賢治、明らかに啓発されてますね。。。 -- (なゆた) 2017-01-22 11:10:01
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る