キャンペーン > 写本 > 20170311


写本 第1巻 外伝3


▼登場キャラ

Kon    アレクサンドロ・デルピエロ      M30 siz10/app16 【ルナー審問官、シリーラ出身の七母神司祭、赤の女神入信者】
セリフ:「それが異端かどうかは神が決めることだ」「・・・この件に関しては私が神の代理人である」
外見: 陽の天蓋出身を表す完璧な金髪碧眼。華奢なので遠くから見たら少年っぽ。魔道によりAPP30。
服装: トーガ。赤地に金糸飾り刺繍を羽織る。グラディウスを下げる。
荷物: なし。
クラス名声:「ルナー審問官3」38、反感10
カルト名声:「七母神4」44、反感4
憩い名声:「竜4」34、反感0(EWF知識・古ワーミッシュ語読書き・ルナー強度・ルナー合成・APP)
その他名声:「嫁さんの実家3」38、反感9

ぷんた  アルトゥール・ローマイヤー      M30 siz10/app14 【カルマニア貴族、マギ99位、外交官】
セリフ: ?
外見: 整えられた髪。整った顔。妙にがっちりした体格。
服装: 黒いカルマニア牧師服。小型書籍を携帯。
荷物: 黒い鞄。装飾付きのメイス。
住居: ミリンズクロスのカルマニア領事館(妻を連れてきている)補佐官、護衛とメイド付き
クラス名声:「カルマニア貴族」36→53、反感6→11(INT、西方語読み書き、新ぺローリア語会話、新ぺローリア語読み書き、雄弁)
カルト名声:「魔道教会」103→98、反感11→15(経典「輝きの書」、時間、強度、白熱)
憩い名声 :「紙片探索」45、反感11→4(APP,メイス攻撃、新ぺ会話、回避、紋様錠)
その他名声:「一族」32→42、反感0(INT、人間知識、鑑定、カルマニア語会話、DEX向上)
その他名声:「長期旅行LV2」15、反感0(POW、回避、修理、視力、新ぺローリア語会話)
その他名声:「使い魔」4→3、反感0
その他名声:「使い魔」4→3、反感0

aza フィロメナ・アルニウス      F25+4 siz8/app13 【イリピーオントール褐色卿、ミリンズクロス図書館の本の司】
セリフ: 「文字とは信仰であり、竜である」
外見: 薄い栗色のキノコ頭。好奇心旺盛な瞳はキラキラが多め。
服装: 金飾り付きの黒い教授服+学帽。金飾りの付いた護符(光の焦点具)。複数レンズのルーペ(検知の焦点具)。
荷物: 銀金具付きの黒ステッキ。(革製の肩掛け鞄、シミター、ターゲット、ヤナタニ式簡易野外装備一式をゼミ室に隠してある)
同盟精霊「トーヴァルド」: Lv.4、85ポイント。眼鏡。(西方語読み書き80%、イリピーオントールカルト知識80%、聖ランカーマイ知識70%、新ペローリア語読み書き50%)
クラス名声:Lv.5「ホーレイ女王国、親ルナー派貴族の旦那」名声?、反感?
憩い名声 :Lv.4「竜皮研究」名声?、反感?
カルト名声:Lv.5「本の司」名声?、反感?(+17 同盟精霊分)


▼オープニング


英国テレビドラマコード。

ルナー帝国辺境国家 ホーレイ女王国。60万人が居住する。
中央を流れる黒うなぎ河と、それと沿うように走る巨大な石造りの街道。
やがて河と交差するところは、黒うなぎ河の水で作られた水晶の橋となり、やがて巨大な都市の城門に当たる。

その都市はミリンズクロス。2.5万人が居住するルナー辺境国の都市。
ぶ厚い城壁に囲まれた都市であり、この都市から娘の道が放射状に複数伸びている。
大きな城門を抜けると、巨大な神像が左右に立ち並ぶ中央道の先に、巨大な噴水を持った中央公園が現れる。
巨大な建築物、石造りの塔が並ぶ。
属領地政府、帝国属領地図書館、昇月の寺院、上月三日月学院(下流階級)があるルナー化が進んだ地方都市である。
 :
河に面した丘上の屋敷に用意された馬車。
若い兵士が護衛として同乗している。
赤い衣装の審問官が乗り込み、荒くれ者の集う実家を出発する。
 :
教会を併設したカルマニア外交官屋敷の門は閉ざされている。
 :
乗った馬車はやがてイリピーオントール寺院(巨大な図書館を併設する)に到着し、審問官が降り立つ。


▼ログ(第1巻 外伝3)


1594 地
フィロメナは次の季に出産を控えているが、佳境を迎えている竜皮研究に依然として没頭していた。
そして事件がおこる。(書物探索で竜皮にダイブ中に、新ぺ読み書きで77ファンブルし、意識が戻らない状態となる)
屋敷付きの侍女アンは研究室から出てこない主人を心配し、意識を失っているフィロメナを発見する。
屋敷に報告して寺院から「体調不良」を理由に運び出し、自宅にて静養させるが意識が戻らない。

1594 嵐
アンはフィロメナの秘密活動に関わっていた審問官の屋敷に侵入を試みるが発見され、捕まるが、何とか審問官との面会には成功し、
主人の状態をを伝え、助力を求める。
(この際、竜皮、フィロメナの同盟精霊である眼鏡を持参)

審問官は七母神寺院経由で各所に働きかけ、儀式の専門家であるゾットール(ヴァレーラ・アッディカルトの司祭)の助力を取り付ける。
彼のガイドで急場しのぎで「赤の女神の再誕」の儀式を組み、フィロメナ付きのアンとティーロノーリの秘書官、アレックスとアレックス配下のヤーラアラニスの女戦士、ゾットール、+2名で呼び戻しを行い、成功する。
(フィロメナは螺旋図書館の最下層で、右手で文字を書き記しつつ左手でそれを吸い取り、再度書くという無限作業に取り憑かれていた)

同じ季に審問官は、功績が認められ同盟精霊の格上げ(成長ポイント+5)がおこなれる。(77のクリティカル)
また、研究していた「竜皮の呪文」について知見(POWを消費して自分を物体に転写する)を得、これ以上の研究はひとまず不要という判断をする。(クリティカル)

また、フィロメナは無事出産を終える。

1595 新年度方針確認
フィロメナ(褐色卿): 教授に戻り、竜皮研究について年内終了を目指す。
アレックス(審問官): 審問官の任期終了後に向けて財を貯める。(クラス名声を上げる)また、新しい書物を探す。
アルトゥール(マギ): クラス名声を上げ、憩いをレベル5にする。(現在の序列は36位)

1595 闇
フィロメナは竜皮研究の第2段階で擬似名声が100に到達。
資料が尽き、新情報がないとこれ以上進めないことがわかる。(欲求も収まらない)
そこで、もう一度審問官に助けを借りて礼拝儀式を行うことを企画する。

前回の救出作戦で助力を得たゾットールのガイドの元で導入を組んでもらい、
聖別、礼拝、精神結合を用い、部下2名の助力を得てアタック。

| 細長い山が多数ある、中国の仙人がいる山のような景色。(浄化)
| 一つの山頂に竜(東洋的な)がいて、もう一つの山頂にフィロメナがいる。
| 竜の問いにフィロメナが「私はフィロメナ。文字の探求者である」と答える。(新ペ)
| その後複数の応答が行われる。(知識3種)
| 竜「己を竜となす道を歩むのか?」、フィロメナ「応。私は知を持って文字(竜)の道を歩む者」。(啓発、INT、POW)
| (INTでPOWを攻撃=知的興味で生存衝動を抑え込む)
| (POWで同行者2名のPOWを攻撃)
| (憩いとカルトでクラス名声を攻撃=興味願望が社会的立場に勝る)クラス15/10、憩い87/85、カルト56/22
| 体がバラバラに解ける。(誤った信仰経由のアプローチ)

フィロメナは苦しみだし、体の周りに文字が浮かび上がる。(竜皮との合一化)
髪は全て白髪化する。(礼拝に同行したお供の二人は消え、文字として取り込まれてしまう)
フィロメナは高熱を発してうなされている。
そのフィロメナの目にも様々な文字が浮かんでいるのが見える。

同一化して終わった。
中に情報はなかった。
絆もどきは100のまま残るが、焦燥感はない。

体表の周囲に文字が浮き、変化しつつ流れる状態は、誰にも見える状態のまま固着してしまい、
言動や思想の怪しさもあり、所属クラスから排斥される。
しかし、カルトの手引きでグラマーへの配属は許され、家族とは別居状態の単身赴任でグラマー勤務が決まる。(大図書館があるので嬉しい)

一方マギは、さらなる研究練達を求め、グラマーへの転居を教会に申請。(嵐の季に受理され、ビザがでる)

1596 地
審問官はレベル5になり、赤の皇帝へのお披露目パーティーに呼ばれ、グラマーに出発する。
マギは子どもができる。(クラス5で77のクリティカル)

審問官のお披露目パーティに、知人としてマギとフィロメナも呼ばれる。
審問官とマギの元に若い商人風の男がやってきて挨拶をする。
彼の名はデミタス。
バットマークのピンを胸のところに止め、差し出した名刺には「エティリーズ司祭」「徴税官」「バットカルト司祭」の役職が記されていた。



▼現在判明している「竜皮」の名声値と反感値

マギ4      0 / 5
ホーレイ上流4  10 / 100
ホーレイ貴族5 300 / 10
赤の女神3    50 / 0
イリピー5    0 / 30
イェルム王権   15 / 5


本日の迷言




名前:
コメント:

すべてのコメントを見る