キャンペーン > 呼声 > CallOfTのガイドライン3-3事後処理

Call Of <T> のガイドライン Ver3.0[3.事後処理](2017/05/05)

帰還フェイズ

 手札をスペード5ポイント、その他のスートを1ポイントとして〈呼び声〉に加え、「満足」に応じて〈呼び声〉を低下させます。
 残想骨を回収できなかった場合、ロイの長期疲労の上限値が1低下します。これは次に残想骨を回収すると1点回復します。

報酬フェイズ

 探索隊は実際に獲得した戦利品に加え、ポケットに入っているカードそれぞれについて2D6をロールして宝物表を適用することができます。
 ポケットはあくまで刺激の少ない戦闘を回避するための手段です。報酬フェイズではダイヤの手札は使えず、〈目星〉も行えません。高価な戦利品を求めるなら、危険を冒して戦う必要があるということです。
 また、物品が出た場合、サイズはD20ではなく、2D10-1で決定します。

 魔術的な品は1POWあたり1000Lであれば即現金化できます。効能を調査し、正確な鑑定結果を出すには次のミッションまでかかります。5000Lを超える物品は、買い手がつくのに待たされることもしばしばです。
 戦利品を人数割りした額が各キャラクターの収入となります。
 分配結果が50Lを下回る場合は、50Lが保障されます。

共有財産と経費

 持ち帰った遺骨は探索隊への名声値として積算されます。
 これはキャラクターに分配することはできませんが、共有財産として小屋の装備に使用できます。
 便宜的に遺骨1つを100Lとして計算しますが、1回の探索で200L+支払い報酬の不足分の経費がかかります。

成長フェイズ

 キャラクター達は、帰還後すぐに経験上昇ロール・POW上昇ロールに加え、技能セットチェックを行えます。
 実際に獲得した経験チェックに加え、ポケットによって無効化したスペードの枚数分、戦闘に用いる任意の技能に経験チェックを獲得します。

技能セットチェック

 技能セットチェックがある場合、セッション終了後にそのセットに含まれるひとつの技能に経験チェックを得るか、2つの技能に○をひとつづつつけるかを選択することができます。一回のセッションで同一の技能セットに複数回成功しても、獲得できる技能セットチェックは1回だけです。
 複数の技能セットにチェックを得た場合でも、○は最大3つしか獲得できず、ひとつの技能に重ねることはできません。
 同じ技能に技能セットの経験チェックと通常の判定による経験チェックを割り当てたとしても、上昇判定ができるのは1回だけです。

活動フェイズ

 セッション間には1週間を過ごしていると考えて、生活費の支払いや日常業務、訓練・研究、物品や呪文の調達を行います。
 キャラクターは1週間に行えるさまざまな活動の量を表す指標として、3活動ポイントを獲得します。活動ポイントの消費によって下記の行動が行えます。
必要活動ポイント表
pt 行える活動
同一技能の訓練/研究50時間(○5個)、同一神聖呪文5ポイントの回復、新たな神聖呪文1つの取得、聖祝日(8セッションに1回)、完全休息、蘇生
公務、アルバイト(定職の1/2)、定職(継続必須)
訓練/研究10時間(○1個)、神聖呪文1ポイントの回復、神聖呪文1個の投射願い、調達1000L、精霊呪文1個の獲得、呪付1回、召還1回、依頼召還1回、除霊

社会階層と生活費

生活費表
階層 生活費(L)
一般人 30
司祭・祈禱師 60
ロード 90
貴族 150
同盟精霊持ち ×1.5
 キャラクター達は、通常所属する階層の社会的関係を維持するために、「生活費表」相当の消費をしていると考えます。

 ダックポイントで一般人が定職を得るためには、おおむね3セッションに2回、定職に活動ポイントを割く必要があります。定職に活動ポイントを割り振った週は、生活費は不要です。
 定職も階級も持たないキャラクターは、生活費を支払います。

 ダックポイントに社以上があるカルトの司祭・ロードは、継続的な定職でなくとも、スポットでカルトの公務に活動ポイントを割り振った週は生活費は不要です。逆に、公務を行わない場合、公務の免除のために通常の生活費の2倍を支払います。
 祈禱師・貴族は公務の免除のために5倍の生活費が必要となります。複数の階級に属するものは、もっとも高い階級を当てはめてください。

 階層に準じた生活費を支払えない場合、神聖呪文の回復も含め、寺院のサポートを受けることはできません。訓練や物品購入も生活費を支払った後で行う必要があります。

 定職を設定したキャラクターは業務に使用する技能5つについてマスターの承認を受けてください。収入は「技能成功率の平均の2乗÷100L(生活費支払い済み)」になります。貴族の場合はこの5倍です。アルバイトの収入は定職の半分で、生活費は支払い済みになりません。
 フマクトの信徒は倒したアンデッドの脅威度×10L相当の公務と見なすことができます。
 ストームブルの信徒は倒した混沌の脅威度×10Lの公務とみなすことができます。
 タイコラテックの信徒は探索隊が回収した遺骨の数×10Lの公務とみなすことができます。
 ロイとドムは探索隊運営が公務で、かつ生活費保障がされています。

調達

 ダックポイントでは蛮族ベルトの社会別武器、ベザント以下の鎧、直刀、ショートスピア、ロングスピア、ルナー官給品の君主兵士兵装は即時入手・通常価格です。

 それ以外の流通している1000L以下の商品は、次回セッションの成長フェイズでの入手になります。
 流通していないと思われる商品、1000L以上の商品の入手には、価格に相当する行動ポイントを消費しなくてはなりません(最速でも次回)。

 下記のリストにない調達はマスターに確認を取ってください。
  • 神聖カルトへの精霊召還依頼:1回100L+召還数×100L。名声あるカルトの信徒が維持できるカルト精霊のは入信者2体、侍祭4体、司祭6体が上限です。カルト精霊以外は関係ありません。
  • 祈禱師への精霊召還依頼:1回1000L(出血大サービス)。
  • 精霊魔術の取得:「棍棒、火の矢、魔の矢、惑い、闇の壁、光の壁、儀式呪文」以外の一般的な精霊魔術は、パーティー内で1セッション2ポイントに限り200Lで購入可能です。これは氏族が壊滅して食い詰...ゴホン...協力的なDの祈禱師の協力によるものです。可変呪文の上限は4で、これは次回セッションに提供されます。リストの呪文は特許に触れると各カルトの追求が...ゲフンゴホン
  • 除霊:除霊はこの地では日常茶飯事です。通常のゴーストや涙霊による憑依であれば、100Lで除霊してもらえます。
  • 蘇生:蘇生が行えるのは「POWの倍率-1」日後です。名誉ある遺骨探索者達に、チャラーナ・アローイは3000Lという特別価格で実施してくれます!出発前に3000Lを預けておくことで、1人分を確保しておくこともできます。未使用の場合は2700Lが戻ってきます。
  • 鑑定:物品の鑑定は販売価格の1%、一般的に流通している呪付の鑑定は呪付1種類につき10Lです。一般的でない魔術の場合、100Lでおおまかな効果と必要な《魔術分析》《知識》の量を教えてくれます。


遠征
 ダックポイントに寺院の存在しないカルトの司祭試験等、キャラクターがダックポイントを離れた活動をする場合、【決意】を持つキャラクターは呼び声が1週間あたり8ポイント増加します。
 また、ダックポイント以外での社会的な交渉の成功率からは〈呼び声〉がマイナスされます(司祭試験なども含む)。
 そう。ダックポイントを離れ客観的に見れば、……キャラクター達は気が狂っています。
 自ら【決意】を失うことはできません。2週間以上湿原を離れたならば、キャラクターは衝動的に湿原へと戻って来るでしょう。

訓練

 キャラクターたちは生活費が払える状態であれば、活動ポイントを消費して、訓練か研究を行うことができます。
ダックポイントで訓練可能な技能
上限 能力値、技能
+4 STR,CON,DEX
50 歌唱(D)、会話(サーター語、ターシュ語、交易語、新ペローリア語)、製作(木/葦/革/地図/土木)、応急手当、植物知識、世界知識、社会別武器、回避、カルト技能(バービスターゴア、ランカーマイ、ストームブル、エルマル、ユーレーリア)
75 操船、泳ぎ、アップランド湿原知識、カルト技能(オーランス、アーナールダ、フマクト、イサリーズ、チャラーナアローイ、タイコラテック、ロウドリル)
 教官が時間を調整できるほど生徒の数がいないため、訓練費用は5ポイント分受けても1ポイント分受けても同じです(30%までは週10L、50%までは週20L、75%までは週30L、能力値は週10L)。カルト技能の訓練は自カルトでは無償、友好カルトでは通常の費用で行ってくれます。娼妓は100Lの追加費用がかかります。

 表にない技能やより高レベルな教官でダックポイントにくる物好きはいません。他の街から呼ぶのであれば、手付金として1000Lを支払い(調達)、セッション毎100Lの支払いを最低条件として専属で招聘することになります。実際の相手や金額はマスターが決定します。

魔力保存アイテム

 魔力保存アイテムは需給関係に敏感に反応します。魔力保存型アイテムが市場に存在する確率は1セッション当たり(20-パーティーの所有する魔力保存型アイテムのPOWコスト)×5%です。死んだ魔漿石はPOWコスト1と換算します。効果的成功で2個、決定的成功で3個が見つかります。
 ここで出たアイテムは調達行動1回で入手可能です。
魔力保存アイテムの種類
D6 種別 基本価格
1-2 気の精霊封印 3000L
3-5 魔力封印呪付 500L/MP
6 死んだ魔漿石 500L/MP
アイテムサイズ表
D20 大きさの指針
1 同一化
2 米粒/探さないとわからない
3 指輪程度/ENCはないが目に付く
4-5 0.5ENC/手に握る程度
6-8 1ENC/小剣程度
9-12 2ENC/片手剣程度
13-15 3ENC/両手剣程度
16-17 5ENC/盾程度
18 鎧程度
19 家具程度
20 再ロール/乗り物~地形
物品の価格は通常通り計算
ENC1につき基本価格-200L
アイテム付加価値表
D20 付加価値 価格補正
1 呪い/再ロール -1D100%
2 敵視される物件/再ロール -50%
3 非常に限定的な使用者条件 -30%
4-5 カルト等の狭い使用者条件 -20%
6-8 男、女、部族など広い使用者条件 -10%
9-12 なし
13-15 POWコスト1 +1500
16-17 POWコスト2 +3000
18 POWコスト3 +4500
19 POWコスト4に加え再ロール +6000
20 特殊な機能 時価
POWコストはアイテムの形状や用途に相応しい呪付をマスターが設定します。
アイテム由来表(アップランド湿原)
D20 由来 武具 呪文 魔力 その他
01-05 特殊 1-2 3-4 - 5-6
06-20 フマクト 1-3 4 5 6
21-30 オーランス 1-3 4 5 6
31-35 ストームブル 1-3 4 5 6
36-40 ロウドリル 1-3 4 5 6
41-45 バービスターゴア 1-3 4 5 6
46-50 イサリーズ 1 2-3 4 5-6
51-53 エルマル 1-3 4 5 6
54-56 アーナールダ 1 2-3 4 5-6
57-59 ランカーマイ 1 2-3 4 5-6
60-62 チャラーナアローイ 1 2-3 4 5-6
63-65 タイコラテック 1 2-3 4 5-6
66-70 祖霊崇拝 1-2 3-4 5 6
71-75 ルナー 1-3 4 5 6
76 ユールマル 1 2-3 - 4-6
77 特殊 1-2 3-4 - 5-6
78-79 ドラゴニュート 1-2 3-4 - 5-6
80-81 獣人 1-2 3-4 - 5-6
82-83 水辺の民 1-2 3-4 - 5-6
84-85 アルドリアミ 1-2 3-4 - 5-6
87-88 ウズ 1-2 3-4 - 5-6
89-90 モスタル 1-2 3 4 5-6
91-93 魔道 1 2-3 4-5 6
94-95 不死者 1-2 3-4 - 5-6
96-00 混沌 1 2 3 4-6

ロイの小屋

レンタル品

 ロイの小屋からは下記の道具類を借り出すことができます(使わなければ返却)。価格はキャラクターが個人的に所有したいときのための参考価格です。
  • 薄手の皮、厚手の皮、ショートスピア、ターゲットシールド、スリング、戦闘用ブーメラン
  • 糧食(2L/2ENC):高糖度の食事2回分と水1リットル。湿原では水分補給が可能で日帰り前提。
  • 最小セット(15L/1ENC):小ポーチ、発火具、ナイフ、麻紐10m
  • 探検セット(40L/2ENC):中ポーチ、発火具、ナイフ、麻紐10m、手斧、金槌とスパイク6本
  • 30m強化ロープ(45L/6ENC):SIZ30を支えることができます。
  • 土木セット(35L/4ENC):シャベル(武器表の鋤を用いる。1.5ENC)、手斧(0.5ENC)、強化ロープ10m(2ENC)
  • 地図セット(2L/1ENC):油紙にくるんだ羊皮紙と筆記具、チョーク、色紐。
  • ソリ(10L/10ENC):積載量100ENC。引きずるときは積載物と合わせてからENCを1/5にします。ただし一部の障害スクエアでは不利益を受けます。
  • ろうそく(1L/0.2ENC):12本入り。2時間。1m半径の文字が読め、捜索にマイナスがつかない。1m離れるごとに技能-5%。落とすと毎ラウンド50%で消える。
  • たいまつ(1L/1ENC):1時間。(肩の高さ10m/地面置き3m)半径の文字が読め、捜索にマイナスがつかない。1m離れるごとに技能-5%。落とすと毎ラウンド5%で消える。
  • ランタン(35L/5ENC):10m先にある3m四方の範囲の文字が読める。1m離れるごとに技能-10%。cf.落下したオイルランプ表(上級p9)。
  • 油(4L/1ENC):8時間分

湿原内での行動と道具

  • 金槌とスパイクと30mロープを使用した登はんは、先頭の一人に+25%、後続に+50%のボーナスを得られます。
  • 屠殺を技能セットに含めるには、必ずナイフかダガーが必要です。
  • 地図製作をペナルティーなく行うには地図セットが必要です。地図セットがない場合は技能を半分にします。
  • 土木をペナルティーなく行うには、シャベル、手斧、強化ロープ10mが必要です。ひとつ不足するごとに25%のペナルティーを受けます。代替品を用いる場合、詳細なペナルティーはその場で決定しますが、通常ひとつ代替するごとに15%のペナルティーを受けます。
  • 道具によるボーナスを得ている場合、ボーナスを無視しても成功している場合に限り経験チェックが入ります。
秘密:湿原内の水を一切口にせず、涙魂のスクエア通過時にできるだけ呼吸を抑えれば(長期疲労-1)、そのセッション内で涙魂によって増える〈呼び声〉は半分(切り上げ)に抑えることができます。ただし、湿原のハードな探索をこなすには、食事用とは別に2Lの水を携帯する必要があります。

据え置き品(2014/09/21時点)

  • ブタさん(ドム)
  • 気の精霊(10MP)入りの水桶(ドム)
  • 巨大魔漿石(100enc、8MP)
  • ハートカワイイ(1ENC)(共有)

〈死祭り〉の秘密

〈死祭り〉が100を超えたキャラクターは下記の影響を受けます。

世界の反転

 死祭が100を超えたキャラクターは、アップランド湿原の外が自分の世界ではないと感じ始めます。
 陽はまぶしく、空気は喉を焼くようにトゲトゲしく、飲み下す水は口内に粘つきます。
 これらはいきなり起きるわけではなく、〈死祭〉が100を超えた値がキャラクターの長期疲労の上限からマイナスされることで現されます。
 キャラクターが自分の変化に確信を持つのは100を超えて湿原を何回か探索した後、105%を超える頃でしょう。

 加えて、キャラクターは100を超えた死祭り5%につき、APPに1ポイントのペナルティーを受けます。
 湿原を探索している間はこの影響は無視できるので、探索隊で行動する限りは調達や定職の成功率に影響するだけです。

生気の喪失

 常に霊圧を10引き下げます。
 固定INTを持つ不死者はキャラクターを生者として認識せず、特に敵対的な行動をとらなければ無視します。
 標準INTを持つ不死者はキャラクターに対して話しかけてくることもあるでしょう。

【決意】の転換

 自分のありように懐疑を抱いたキャラクターはPOWを1ポイント消費して〈浄化〉儀式を行うことができます。
 【決意】を異なるスートに切り替えることで〈死祭り〉は五分の一(切り捨て)に低下します。
 キャラクターはこれまでの【決意】による特性に加え、新たな特性を獲得します。
 ひとつの【決意】は一回しか取得できません。
 キャラクターはセッション開始時に3+【決意】の数の手札を得ることになります。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る