キャンペーン > 喰闇

喰闇


【喰闇】のガイドライン

【目的】

  • キャラクター出入り自由のセッション。
  • 戦闘だけではなくキャラクター間の交流が存在する。

【序文】

飽食の衝動に突き動かされ、世界を漫遊する女王種トロウル「ミキーヴ」。
彼女は神代から生き続ける、暗黒のルーンの食欲を体現する亜神である。
すべてを飲み込む彼女の性は己の知性をも蝕み、すでに知性が残っているかさえ定かではない。

己では動けぬ膨れ切った醜体を輿に載せ、それを担ぐは骸骨と見まごう瘦せ細ったダークトロウルの一団。
青い月高原の一族でも原初ともいえる高潔な血を守るべく、アニーラの暗殺者達が付き人として彼女を運び、夜の闇を駆ける。

絶望を抱えた者が、彼女の噂に引かれ、死を覚悟してミキーヴの前に立つ。

──彼女の飽食を満足させたものは、その闇から光を見い出す──という噂に引かれた者が。

【ゲームの概要】

PC達はグローランサの見知らぬ場所に青い光として伝送されます。
互いを知った状態で始まり、彼女の指定した食材を入手するのを目的とします。
ゲームはゲーム内時間ではなくマスタが事前予告した現実時間で終了します。
例え戦闘中であっても交渉中であっても、ミキーヴによってつけられた闇の血がPC達を吸い込み、彼女の元に引き戻します。
食材を獲得していれば報酬を得、獲得できていなければ代償を支払うことになるでしょう。

【参加キャラクターの作成】

絆を使用したキャラクター作成ルールを使用します。
https://www30.atwiki.jp/hazama/pages/1501.html

経歴年数は特に定めませんが、10年程度が遊びやすいでしょう。
極端に増やしたい場合はマスターに相談してください。

基本的にはキャラクターは何かを喪失し、ミキーヴの闇からそれを得ることができると考えています。

【転送フェイズ】

目標の情報:

 今回のミッションの目的が開示されます。
 ミキーヴは「アロサウルスの尻尾」のようにはっきりと目標を示すこともあれば、
 「黄色くて、人の頭ぐらいで、甘い匂い」のように断片的で特定しづらい情報しか示さないこともあります。
 彼女に質疑応答をするだけの知性は期待できませんし、その情報がどうやってもたらされたかをPC達が知ることはできません。
 (たぶん、ミキ様の食べた何かが知ってたんです)。

言語の変換:

 PC達の自国語は転送時に解体され、探索エリアで最もポピュラーな言語かミキーヴの目的に関わる相手の言語に再構築されます。
 特に「何語になった」というのをPC達が意識することはありません。言語の差異が問題になる状況になってから考えます。

装備の確認:

 PCは持参する装備を決めます。
 「事前調達可能な物資リスト」にあるものは特に
 金銭については、ミキーヴが現金を持っているとは限らないため「金銭チャート」で判定します。

喰闇を纏う:

 PCは転送時に己の存在の一部を「喰闇」として纏います。喰闇は1ポイントあたり100cm2の大きさで、PCの肉体に黒い炎のような痣として現れます。
 喰闇は転送先で特定の魔術として消費することが可能です。また、帰還時には喰闇がPCを飲み込み、ミキーヴの元へと送り届けます。

セッション開始時にPCごとに喰闇表を作成します。
1.能力値6つをチャートの1から6に書き込みます。1-INT、2-STR、3-CON、4-SIZ、5-DEX、6-APP。
2.7から19までにPCの技能を高い順に書き込みます。これらの能力値と技能を合わせて「属性」と呼びます。
D20 属性 HIT
1 INT
2 STR
3 CON
4 SIZ
5 DEX
6 APP
7 (技能1)
19 (技能13)
20 2回ロール
3.ミッション開始時に3D20をロールし、喰闇表にHIT数を記入します。
4.HIT数1につき、暗闇変換表に基づいて技能は20%、能力値は1ポイント低下し、借入欄の値の喰闇を獲得します。低下は一時的なものですので、キャラクターシートを変更する必要はありません。
5.1は特別な出目です。1から19までの任意の属性を選択できます。
6.20が出たら2回再ロールを行います。20の出目が続く限り、再ロールは増え続けます。
7.PCは【憩い】の名声判定に成功すれば、低下した属性を1段階(技能なら20%、能力値なら1ポイント)元に戻せます。ただし、この場合「借入」と同じ喰闇を消費します。また、喰闇はPOWで代替することができます。名声判定にファンブルした場合、帰還時までその属性を元に戻すことができなくなります。
8.ただし、かならず1ポイントは喰闇を残す必要があります。
9.ミッション終了時に限り、帰還時の喰闇を消費して低下した属性を元に戻せます。実質的に1属性につき1ポイントのボーナスを獲得したことになります。
10.消費しなかった喰闇は次回セッションに持ち越せます。
11.属性が低下したままでセッションを終了した場合、通常の技能低下として絆ルールを適用します。

喰闇変換表
技能 低下 借入 帰還時
100+ 20 10 9
80-99 20 8 7
60-79 20 6 5
40-59 20 4 3
20-39 20 2 1
能力値 1 2 1


喰闇による帰還:一般的なキャラクターであれば通常帰還に必要な喰闇は1ポイントです。ただし、20を超える能力値1つにつき+1、100%を超える技能1つにつき+1の喰闇を必要とします。これらのキャラクターは必要とする追加のポイントの数まで転送時のd20を追加しても構いません。いくつ追加するかはロールする前に宣言する必要があります。
40を超える能力値や200を超える技能は同様に能力値20につき+1、技能100につき+1のように喰闇の必要量は増加します。



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る