キャンペーン > 1500

1500年代の入植時代のサーターを舞台にしたキャンペーン


第一話:山遊び

成人を控えた少年少女の二グループに分かれたオリエンテーリングでの遭難。

ウォース班編

■ 4 名前: 竜田久緒 :2001/06/24 23:57:20
1500春…「(仮名)オリエンテーリング」
 オーベル(M14),ウォース(M18),アイヴァーン(M15),ベルダ(F14)は、オリエンテーリングで裏山へと分け入った。が、自称リーダーのウォースが確信に満ちて先導した先に道は無く、雨の降りしきる山中を彷徨う。仕方なく洞窟の中で一夜を明かす。その夜、鈴の音と共に妖しい人影をベルダが目撃。三又の足跡が残っていた。翌朝帰還の途中で巨大猪に襲われるが、アイヴァーンのローキックが炸裂、辛くも撃退する。

パラシキ班編

■ 5 名前: 竜田久緒 :2001/06/24 23:58:11
1500春…「蝶々」
 パラシキ(M18),ロウアド(M15),エレノーラ(F15),タルド(M14),ワーシャ(F15)は、裏山へオリエンテーリングに行った。さして道にも迷わず進んでいたが、黄と青の蝶を発見。捕まえようとして森の奥へと迷い込んだタルドを探して右往左往。何故か全員がその事実を忘れた。

なゆた さん 98年 09月 12日 23時 39分 54秒

さて、本日よりスタートしましたRQ1500。
とりあえずは好調な滑り出しかと思いますが、なにせマスターも手探りの状態。
みなさまからのフォローや疑問などをまっていますね。

シナリオネタがあれば、いっていただければ考えます。
今回のキャンペーンは「部族」や「生活」を考えることに繋がれば、できるだけ
プレイヤーからの提案を採用していきたいのです~

よろしゅうに

Azatoth さん 98年 09月 15日 23時 52分 44秒

1500年代のサーター地区オーランスの名乗りについて教えてください。
「***の長子***の子***。」みたいな名乗りなのでしようか?
それとも部族名、氏族名から名乗るのでしょうか?

なゆた さん 98年 09月 19日 00時 30分 46秒

名乗る相手によってかわると思います
はて・・・教えてくださいといって教えられるもんでもないですが(笑)
とりあえず、名乗る相手によってかわると思います。

●同じ氏族に対して
 親の職業名」&「親の名前」の息子(娘)なにがし
 氏族内では親の名さえ持ち出せばほとんど人物が特定されるので、この程度だと思います。例-「枝拾いマニスキの息子アーグラス」。

●同じ部族に対して
 「氏族名」の「自分の職業名」、「高名な祖先」に連なるなにがし
 部族内では本人の氏族と立場が重要になります。さらに大まかな血族を名乗ると、相手との血縁の近さがわかります。さらに問われれば、何世代かに渡って親の名を連ねます。

●違う部族に対して
 「部族長」の治めたる「氏族名」の「自分の職業」なにがし
 異なる部族になるともうなにがなんだかわかりませんので、自分に命令する権利のあるものと自分の身分だけをいいます。

●異邦人に対して
 「親の職業名」&「親の名前」の息子(娘)なにがし
 相手に対して出自を明らかにする必要はありませんが、あとで自分のことを特定できる最低限の情報を与えます。

●異国にて
 「国名もしくは地域名」の「部族長」の治めたる「氏族名」のなにがし
 自分の地域と命令する権利のある人物をはっきりさせます。

こんなところでしょうかねぇ?
ま、勝手に作りましたからおかしいところがあれば直してください。
さらに信心の度合いによっては「~神の僕」などと入れるでしょう。
とくに異邦人に対してや異国では神について語るとよいと思います。

いじょうで~す


■ 5 名前: azatoth :2001/06/12 19:26:24

隣村の住人との喧嘩はどうなる?
 部族・氏族社会において、同系列の隣村などの住民と激しい喧嘩が発生してしまった場合、どのような仲裁のパターンがありえるのでしょうか。やっぱり、長老会議とかで採決されたりするんでしょうか…。
 そういう事をネタにしたお話しなんか面白そうですね。
 # 刑罰についてもイメージが固まっていないので、そういうネタもありですね。(笑)

閑話:誓いのことば

村の少女と恋人の美しいおもひで

■ 7 名前: 竜田久緒 :2001/06/25 22:34:16

愛と誠
 ワーシャ(F14)はパラシキの兄ロルカ(M18)に、岩トカゲに襲われて危ういところを助けられる。それ以来二人は恋仲となり、森の中にある小屋で逢い引きを繰り返すようになった。
 そんなある日、余所者の侵入によりワーシャは危うく拐かされそうになるが、偶然逃げた猫を追っていたオーベル(M13)と、アイヴァーン(M14)の助勢によりこれを撃退。
 実は全てロルカの仕組んだ事で、ワーシャを手懐け、アウトローに売っ払って私腹を肥やす予定だった。その後、ロルカは戦死したが、ワーシャはいまだ真実を知らずにいる。二人の間には愛も誠もなかったのだった。

第二話:先触れ

少年少女たちと祈祷師の邂逅

■ 9 名前: 竜田久緒 :2001/06/24 23:59:07

1500夏…「先触れ」
 エレノーラ(F15),オーベル(M14),ベルダ(F14)は、裏の森で薬草摘みをしていた。とある木の裂け目に何か異様な気配を感じた彼らはその木を調べた。根本付近より黄色の貴石を発見するが、帰る途中で何故か消えてしまう。翌日その木の裂け目は消え、人の顔が浮かび上がっていた。

第三話:異邦人

■ 21 名前: 竜田久緒 :2001/06/25 00:02:40
1500秋口…「異邦人」
 タルド(M14),ロウアド(M15),ワーシャ(F15)は、裏山で余所者を拾った。「ニジノメ」と名乗る。渋るロウアドをワーシャが説き伏せ、介抱する。5日目に匿っていた山小屋から男は消え失せ、お礼と思しき金属が残されていた。

第四話:収穫祭

村の収穫祭と成人の儀式への準備

第五話:成人の儀式

成人の儀式とカルトへの入信

■ 12 名前: 竜田久緒 :2001/06/25 00:05:19

夏祭り-成人式
1500晩夏…「夏祭り-成人式」
 同期は全員参加。ベルダ(F14)がこの時より失踪。

閑話:道行き

■ 13 名前: 竜田久緒 :2001/06/25 00:04:21
村の少年少女のたわいない会話(マスター談。事実は下記)
1500秋口…「道行き」
 ウォース(M18),ベルダ(F14)は隣村へお使いに行くことに。隣村に彼女(クレイナ)がいるウォースは、道々ベルダに惚気を聞かせ続ける。ベルダにとって地獄の3時間の始まりだった。途中はぐれ馬を見つけて捕獲。その過程でベルダが蛇に噛まれる。この時の適切だがデリカシーのない応急手当が、ウォースに対する心証を最低にする。隣村で一泊した際、牛の夢を見る。

閑話:さだめの日

少女ベルダが祈祷師となること

第六話:猫探し

オーランスに捧げるシャドウキャットを探すのこと

■ 16 名前: 竜田久緒 :2001/06/25 22:49:12

「猫屋」の正念場&≪イングヴェア≫登場
1506嵐初旬……「猫屋」の崖っぷち&≪イングヴェア≫初登場
 オーベル(M20)は、シャドーキャットの探索を命じられ、ウォース(M24)を護衛に、代替わりした小柄な祈祷師≪イングヴェア≫と共に山中へと踏み込んだ。最初の晩に猫を発見するが、容易に捕まえることができず、雨の中を彷徨う一行。体力のないオーベルは病に冒されてしまう。
 なんとか猫の足取りを追って崖の中腹にある裂け目を発見。その中には様々な動物の骨が埋まっていた。追ってきたはずの猫は昼間は姿を見せず、夜になると岩の中から現れるらしい。祈祷師の示唆により、ウォースとオーベルは猫を取り押さえることに成功する。その猫の導きで泉に潜ったウォースは、水底から木の枝を持ち帰った。

第七話:冬の峰

使節として冬の峰のふもとの村を訪れること

第八話:雪月花

■ 18 名前: 竜田久緒 :2001/06/25 00:06:01

1506初冬…「雪月花」
 タルド(M20),ワーシャ(F21)は、隣の氏族の村へお使いに出される。途中で珍しい薬草を発見し、採取。無事にお使いを果たしたのだが、薬草は実は大変ヤバイもので、持ち込んだ村に病を媒介してしまう。そのことに気づいて償いをしようと、病を治せる「雪月花」を採りに冬の峰へ登ることに。妹ユマが病気になったオトワンと三人で無謀な登山。途中落石により、タルド死亡。更にオトワンが村の守り神に何故か襲われ、左足を負傷。やむなく救援を待つ二人。
 一方その頃、タルドの死を感じた准祈祷師ベルダ(F20)は、ウォース(M24),とタルド(M21)を救助に差し向ける。散々迷った二人は、偶然行き会った登山家ハングに連れられ、オトワン達の元へ。なんとか4人で「雪月花」を探し出す。が、ワーシャのあげた呼び声に雪崩が起き、オトワンとワーシャは雪に埋まって帰らぬ人となる。

2001/06/23なゆた宅にて

プレイヤー:竜さん、aza氏、りんぞう、むらー

えーと、みなさんお疲れ様でした。
本日はなにやらダイス目も荒れ模様で、マスターはひやひやものでした^-^;

ま、いろいろと他のキャンペーンに連なる情報も出ましたので、いままで独立していたRQ1500とは、ちょっと色違いの話になったと思います。

完全に運命固定済みのオトワンに巻き込まれたワーシャさんはご愁傷様(-人-)。
「おーい」>>雪崩>>オトワン埋まる
のプロットは、完全にマスターの予定調和で、満足です(笑)。

ま、ダブル77でコーリングされたハング君はちょっとしたアクセントですが、けっこううまくキャラ立ちしたのではないでしょうか^-^。

とりあえず、この後、RQ1500はいままでの村の中話とはうって変わって、時代の移り行くダイナミックな展開になる予定です。キャラクターも絞れてきたし(苦)、そろそろ本格的なアドベンチャーものに切り替えていくかもしれません。

■ 8 名前: azatoth :2001/06/23 22:27:48

ウォース(My PC)としては、いろいろ不満な点はあるでしょうが、プレイヤーとしては満足です。たぶん帰還後はごたごたにまきこまれるのでしょうが、本人はすべて武勇伝のつもりでいることでしょう。(まったく懲りないやつなので)
しかし、ラストシーンでオトワン(ヤングバージョン)がPOWチェックに成功したり、回避に成功したりしていたら、どうなっていたのでしょうか…。ほかにも罠があったのかしら。

■ 9 名前: なゆた :2001/06/24 06:10:21

んー、ああいうときはね、失敗するんですよ。
こればっかりは、マスターとしてのカンなんですが。
失敗するのは読めますが、成功すると思ったのが失敗するときは多いです^-^;

■ 10 名前: りんぞう :2001/06/25 00:58:41

見えざる手
んー、ああいうときはね、失敗するんですよ。
そうですねぇ、実に不思議ですねぇ・・・・

つらい尾根を踏破した後のなんでもないところで敵に遭遇してしまったこと(遭遇ロール04 敵レベル18)
隠れロールに失敗し、なおかつ村の守り神たるグリフィンに冒涜の輩とみなされたこと(加護チェック 00)
強打を食らって左足を負傷し動けなくなってしまったこと。(左足をカヴァーせよとの宣託もあったが・・・なによりどうして治癒呪文を持っていなかったのか?^^;)
それでもって最後のPOW&回避失敗。
ある意味予定調和的だったかもしれませんね(ひょっとしたらマスターにとって超優良キャラクターなのでは^^;)
失敗するのは読めますが、成功すると思ったのが失敗するときは多いです^-^;
……ウォース&ロアードのことにちがひなひ(^^;)

■ 11 名前: 竜田久緒 :2001/06/24 22:19:45

とりあえず、この後、RQ1500はいままでの村の中話とはうって変わって、時代の移り行くダイナミックな展開になる予定です。キャラクターも絞れてきたし(苦)、そろそろ本格的なアドベンチャーものに切り替えていくかもしれません。

という事ですが、氏族戦争終わったらこの1500ものって終了するんじゃないの?なんとなくそんな気がしてるんですが。
(さもなくば、子供世代に移ったりして)

■ 12 名前: なゆた :2001/06/24 22:29:45

いや、氏族戦争終わる頃には、時代が1500じゃなくなってるんです^-^;
ちうことで、後半部分では結構いろいろなPC、NPCの祖先が登場する豪華な話になる予定。
ま、いまのシリーズで続けるかどうかはともかく、アーリナ=ビフォルーン、ローラン=マクスウェル、ビオロムなどの話がある予定なので~。

■ 13 名前: りんぞう :2001/06/25 01:56:42

7 言わぬが華
完全に運命固定済みのオトワンに巻き込まれたワーシャさんはご愁傷様(-人-)。
同行の二人(タルドくんとワーシャさん)が助からなかったのはオトワンとしては残念でありました。
特にワーシャさんに関しては、今回好意(あるいはそれ以上の感情)をもち得るシチュエーションがあったかと思います・・・
残念ながら雪崩でタイムアウトになってしまいましたが、雪月花を無事持ち帰って妹が無事助かっていたら、惚れちまってたかもしれません。
が、もし仮にそうだったとしてもオトワン君は結局上手く伝えられなかったろうなぁとも思います(>今も相変わらずだけど^^;)

などと書いておくと、やや救いがなさげな雪月花のエピソードもほどよく美化されるに違いない(^^;)

■ 14 名前: 竜田久緒 :2001/06/25 21:34:47

ふっ、ワーシャの遺体は北国の犬の糞のように、雪解けまで保存されるから(そしてあの場所に雪解けは無い)ずーーーっとあの場所でオトワンの事を待っていてあげるとも。地縛霊となってね・・・・。
暇になったら慰霊に来てくれや。雪崩の一つもご馳走するからさ・・・・。

■ 15 名前: なゆた :2001/06/25 22:25:39

などと書いておくと、やや救いがなさげな雪月花のエピソードもほどよく美化されるに違いない(^^;)
んー、これはマスターのよく使う「映像だけは美しくしておこう」のプレイヤーバージョンですね(笑)。

それにしても、りんぞうの言語感覚のセンスには脱帽させていただきます。
だれも今回のシナリオに「いわぬが華」とはタイトルつけれんよ。お見事-_-;。

ちなみに最近もっとも「成功するはずなのに失敗したこと」は、英雄界で77で迷って、キャンペーン自体中断してしまった、某話ですT_T.

で、そのうちワーシャの亡霊話もやるので、竜さんはワーシャのテンション切らずに、保存しておいて下さいね(爆)

■ 16 名前: azatoth :2002/02/25 23:37:02

「冬の峰」のてっぺん
冬の峰の登山ルートに、巨大な縦型の岩の裂け目を登る、という場所がありました。
最近発売された「クリスタルドラゴン19巻」(赤毛のグリフィスのアップが表紙)で、それそっくりなシーンが登場しました。

そうそう、私(タルド)も落ちましたっけねぇ。(^_^;)

閑話:災いの炎

精霊界の奥深くより立ち上る、避けえぬ戦の種火をベルダが見出すのこと

第九話:弔い戦

数多の争いが村を吹き荒れること

■ 17 名前: なゆた :2001/12/29 12:06:00

……(笑)
だいぶ、実も蓋もない書き方だ。
恥ずかしさも伝わってこない。らぶらぶな日記ぐらいほしいぞ。

ps.そういえばベルダの日記ってあったよなぁ・・・


断章

山遊び 二グループに分かれたオリエンテーリングでの遭難。
誓いの言葉 1年前
先触れ 祈祷師との邂逅
収穫祭
成人の儀式

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る