キャンペーン > 光輝 > 光輝のガイドライン


光輝のガイドライン


絆【シルエット(LV5)】

名声消費:1/週
「己を問う泡」についての情報を隠す(名声/反感を顕在化させない)ための絆。
富裕LVを低下させることはできない。
クラスとした場合、消費した名声で生活費を賄える。

主たる関連係数
グラマーイエルム神殿(LV5) 80
グラマールナー神殿(LV5) 60
グラマー貴族(LV5) 60
グラマー暗黒街(LV5) 60

影なる闘争
 この絆を持つキャラクターは他者と関わる絆(通常【憩い】以外)への貢献判定・名声判定でファンブルをした場合、通常のファンブルの効果に加え、対象の絆にLV5相当の反感値を1ポイント加算する(つまり、LV4の絆であれば+5、LV3の絆であれば+25、LV2の絆であれば+125、LV1の絆であれば+625)。
 反感値が名声値を超えた場合も、超えたポイントを他の絆の反感値として適用する。通常は最も名声値の高い絆から順に被害を受ける。

正体を隠して他の絆に名声値を加算する
【シルエット】に対する名声判定を行うことで、消費した名声を関連係数を乗じて他の絆に適用することができます。
【シルエット】に対する判定なので、ファンブルによる「影なる闘争」の効果は発生しない。
また、富裕度に差のある絆への加算は週にXポイントの継続的な加算とすることも可能です。

例:ダンディは家族に対して仕送りをします。
(執筆中)




秘密結社:”影なるイェルム”メメタトゥス

ルーン:幻影・闇・真実

このカルトは魔術的な絆で結ばれた秘密結社です。
存在や所属も含め、カルトに関する事項を口外することはできません。

イェルム(およびサブカルト)の信徒は新たにPOWを捧げる必要はありません。
入信の儀式には《影覚醒》が用いられます。候補者は己の影と闘い、影を支配する必要があります。この儀式を通じ〈イェルムの真実〉に目覚めたもののみが入信することができます。
正体が露見しない限り、他のカルトの構成員となることに制限はありません。

友好カルト:イェルム80、ナイサロール60、赤の女神60(七母神の各柱)、宮廷道化師40

入信者:歩く影法師 Walking Silhouette
必要条件:〈イェルムの真実30〉
精霊魔術:《暗闇の壁》《静寂》《影召喚》

司祭:光輝の影 Shadow of Yelmlight
必要条件:〈イェルムの真実90〉
特殊神聖魔術:《影覚醒》《影支配》《影分身》
一般神聖魔術:《礼拝》《聖別》※光のカルトの神聖呪文で代替可能

特殊精霊呪文《影召喚》 ※執筆中


特殊神聖呪文《影分身》 ※執筆中


影法師

信徒は《影召喚》呪文によって己の影と入れ替わり、影として行動することができます。
影法師は光のルーンに属する呪文を使用することはできません。
例:《遠視》《光の壁》《火の矢》《火剣》《発火》《光》
※執筆中

カルト特殊技能:〈イェルムの真実〉知識00

※啓発された人物の〈イェルム知識〉は〈イェルムの真実〉として見做すことができます。



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る