キャンペーン > 設定情報 > 昔書いたキャンペーンの全体像(恥)

昔書いていたキャンペーンの全体像(恥)

■ 31 名前: なゆた :2001/06/24 16:29:37

こんな書き物を発見しました。
むかしはきちんと話の流れを作ろうとしていたようです(笑)
ま、芯にあるスタイルはかわっていませんけどね。

RQキャンペーン -英雄戦争の記-  序章 「英雄戦争の響」


はじめに

 英雄戦争事態はグローランサ全体で起こる事象で、残念ながらその全貌は予想することさえもできない。しかし、ドラゴンパスで起こるとされている英雄戦争の勃発は、その中でも特にドラマティックなものになるはずである。
 このキャンペーンは、激動の時代の中でキャラクター達がいかにして「自分の人生を生きてゆくか」というところに主眼が置かれている。それぞれのキャラクターの主役脇役はない。ただ歴史に記されるか否かの違いだけである。
 もちろん歴史に名を残すべく自らの道を切り開いて行くものは歓迎を受ける。しかし、それがキャラクターにとって幸福かどうかはわからない。幸せのうちの引退も、また人生だということを忘れないでもらいたい。

1992.03.26 なゆた記


序章の構成

 ここで私が語るのは、ドラゴンパスにおける英雄戦争の序章を語る物語であり、全三幕を予定している。

 第一幕はW大学のサークルで行ったグローランサ1616~1621年の物語であり、嵐の神オーランスを主神と抱く者たちに迫るルナーと混沌の脅威を主に綴ったものである。

 第二幕はT高校のサークルで行われた1617~1621年の時代における、冬の神ヴァリンド、復讐の神バービスター・ゴア、そして道化師ユールマルの司祭達の変転の物語である。

 第三幕はまだ予定の段階である。おそらく古のドラゴンが復活し、サーターの王子アーグラスが帰還するころ、PC達はそれぞれの求める道において英雄となっているであろう。そして、この時代にはあまたの英雄が互いに争い、世界の進むべき道を切り開いてゆく。PCたちが偉大なる開拓者となるか、激動にのみこまれてゆくかは私にもわからない。
 このとき物語はマスターの意識的な手を離れ、自然に次の時代へ向かって動き出すであろう。キャラクターは自らの意志で、その運命を選択しなくてはならなくなる。

 ---そう、それがたとえ破滅につながっているとしても。


第一幕 月の道

第一部 「海の狼」
 エスロリア出身の農夫ランドは自分の運命を切り開くべく旅に出る。そして人生に深く刻まれる仲間達とであってゆく。

閑話休題 「ヴァーレーン領にて」
 ロニーにルナーの魔の手が迫る。シャナとの別れ。

第二部 「赤き月の影」
 パールバディーとの出会い。ランドは未知の力を手に入れた。しかしその代償は余りにも大きく、彼を苦しめる。そしてその力を狙って来るルナー帝国。

閑話休題 「忘れられた風の日々」
 忘神群島の孤島でランドは不思議な体験をすることになる。彼の出会った謎の男カーラス。彼は新たなる月の娘を生み出そうとしていた。

第三部 「混沌の覚醒」
 目覚めてしまった”混沌の王”を追って、ランドとネメシス、マールクーンはドラゴンパスを駆けめぐる。フローナンの神殿でビオロムの次元球に吸い込まれてしまった彼らは、混沌の地ドラストールから脱出しなければならなくなる。


第二幕 地の道

第一部 「ドラゴンパス」 1617
 クィリアは冒険者。アップルレーンおける出会い。

閑話休題 「ボールドホームの陰謀」
 ルナーに占領されたボールドホームでは今日も陰謀が謀られていた。SLOの主軸となってゆくブレンダインの悲劇。

第二部 「フローナンの庭」
 フローナンの遺跡に入ってゆくマールクーン達。凶悪なガーディアンの前に彼は死亡する。フローナンという神はいったい何者なのか?。その鍵を握るアイテムを持ったままスクーガが逃亡し、ますます謎は深まる。

閑話休題 「嵐の三剣」
 氷印を手にいれ司祭となったオトワン。それにまつわる数々の謎を解きあかすためオトワンは放浪を開始する。

第三部 「女神転生」
 オトワンによって打ち倒された混沌の洞窟には古代の神バロシが眠っていた。バロシは復活し、彼の花嫁としてフローナンをよみがえらせよと指示する。しかし、フローナンが復活したことにより”混沌の王”の力もまたよみがえり始める。


第三幕 風の道

第一部 「混沌の王」
 ”混沌の王”の求めるものは何か?。フローナンの力は果してどこに向けられるのか?。第一幕と第二幕における謎はここで解かれる。

閑話休題  未定

第二部 「アーグラスの帰還」
 アーグラスが帰還し、ルナー帝国への本格的な巻き返しが始まる。SLOは”嵐の三剣”を前面に押し立て、ジャーカリールと真っ向から対決する。

閑話休題  未定

第三部  「英雄戦争」
 ついにドラゴンパスは全面戦争状態に突入する。第三勢力の動きは?。そしてカルマニアにおいて、新しき”月の娘”が立ち上がる。いままさに”英雄戦争”が始まる----。


外伝1 「ティバルトの退屈な日常」
 ティバルトのカルマニアからサーターへの旅。

外伝2 「闇の眷属」
 長い休息から復活したルグード。彼の道はどこへ続くのか?

外伝3 「愛を求めて」
 人一倍の情熱が悲しみを生む。ロムリューは真実を求めて歩む。

外伝4~ 未定

■ 32 名前: azatoth :2002/04/14 23:56:17

いやいや恥ずかしくないぞ!
ちゃんと進んでいるではないか!
すごいぞ、マスター!

島の話も(3年ぶり?で)再開したし、この調子で本編もガンガン行きましょう!!



しかし、すでに10年もたっているのね。
キャンペーン開始からは…、えっと、えっと、…12年?(ひぇっ)


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る