キャンペーン > 死剣 > 20050813


第66死:丸太橋で仁王立ち


●登場人物
  • DR:五ッ星のリエン(ロウドリル司祭。肉体増強呪付により通常の倍のTHPを持つ)
  • DR:血斧のゼノ(バビゴ助祭。超巨大ハルバードを振り回すSIZ8の少女)
  • 新兵マーク(ファランクスカルトの脱走兵だが、イェルマリオ信者に偽装している)
  • 傍若無人ハンク(ストームカーン。同盟精霊の宿るヘルムを所持。下品)

●オープニングカット
  • リエン/基地の中をマークを連れて歩く。基地を囲むようにある林のような墓標。
     「これが旅団が最後にしてやれる事だ。兵は死んでも旅団は不滅だ。」
  • ゼノ/死屍累々の荒野。血まみれのゼノが一人立つ。
    「テキガタリマセン」
  • ハンク/ハンクの後ろに迫る敵の影。しかし、その影は絶叫を残して前のめりに倒れる。
     その背中には深々と刺さった矢。後ろに立っているのは弓を構えたリエン。
     そのリエンの後ろにも敵の影が迫る。
     弓を手にしたままのリエンは、振り返りもせずに後ろ回し蹴りで打ち倒す。
     頬面を上げたハンクがそのリエンに向かって言う。
     「あんたの蹴りには惚れ惚れしたもんだが、右腕が元に戻ったからには、
      前の倍は殺(や)れるか?ガハハ」

●内容
丸太橋に差し掛かった所で、前後を12匹のブルーに包囲される。

●結果
圧倒的数の差をものともせず、平然と突っ込んでいくゼノとハンク。
ゼノは無言だが、ハンクはストームカーンらしい頭のおかしい事を叫びつつ戦った。
リエンは中央で敵のスリング攻撃を受けながらも、弓矢で次々と敵を減らしていく。
(途中でリエンはスリングのクリティカルを足に受けるが、部位HPがプラスなので倒れない、という異常な様を見せ付け、セッション参加者を唖然とさせた)
マークは準備に手間取りつつも敢然と立ち向かい、生き残った。
敵はモラルブレイクし、戦場を制圧。

第67死:中ワニ AP5、大ワニ AP12、超巨大ワニ AP24


●登場人物
  • DR:五ッ星のリエン(ロウドリル司祭。肉体増強呪付により通常の倍のTHPを持つ)
  • DR:血斧のゼノ(バビゴ助祭。超巨大ハルバードを振り回すSIZ8の少女)
  • 新兵マーク(ファランクスカルトの脱走兵だが、イェルマリオ信者に偽装している)
  • 傍若無人ハンク(ストームカーン。同盟精霊の宿るヘルムを所持。下品)

●オープニングカット
  • ハンク/新しい任務を持ってきた伝令と会話をしているリエン。
     周囲には数人の旅団構成員が集まってきている。
     そこへ畳サイズの大斧を担ぎ、プレートメールを来たゼノがやってくる。
     目を見張ったハンクが立ち上がり、正面に立って話しかける。
     「次は女か?!こりゃー驚いた!しかも若いじゃねーか。いけねーな、じょうちゃん。戦場は女子供の来るところじゃなねーぜ。
     いいかい?じょうなん。女は子を産み、育て、育てつつ子を孕み、育てつつ産んで、また孕み…」
     無表情で通り過ぎていくゼノ。
  • ゼノ/行軍中。ハンクがゼノに近寄り、話しかけてくる。
    しばし無言無表情で歩くが、やがて鼻をクンクンさせると珍しく顔をしかめて身を離す。
    ハンクはまた近寄り、なにやら話し続けるが、またゼノが離れる。
  • マーク/ブルーとの戦闘後、槍によりかかりつつ回りを見る。
     疲れた様子も見せず、ブルーの装備品についての言い争いをするリエンとハンク。
     倒れた敵に無表情でとどめをさすゼノを見つつ「ブルーとこいつらのどっちがましか…」と呟く。
  • リエン/ゼノとコンビで敵を嬉々として次々打ち倒していくリエン。
     振り向くと、その壮絶な様子を見て立ちすくんでいるマーク。
     「見ていたか。これが真の姿だ。」

●内容
沈みつつある船。その船倉に「あるもの」を取りに行った仲間のために中層の階段を防衛する任務。
周囲から船内に踏み込んできた多数のワニを捌く必要があるが、大ワニは壁や床も壊し始める。
そして奥からSIZ 70はあろうかという超巨大ワニがやってくる。

●結果
ゼノの大斧は船内では技能が制限されたため微妙に苦戦する事になったが、リエンとゼノが確実にワニを仕留めていき、確実にその数を減らしていく。
途中壁を破壊しようとした大ワニに対処するため、ハンクが壁に《修復》と《防護》をかけて時間を稼ぐ(しかも同盟精霊と同時に呪文を投射)という外見や普段の発言からは信じられないような機転を利かせたりもしたが、最後に出てきた超巨大ワニの前には紙くずのように破られてしまう。
ゼノも瀕死のダメージを負ったり、マークも突撃ダメージのため全身を強打したりもしたが、奇跡的に全員生きたままミッション完了。

なお、最後に超巨大ワニを打ち倒したのは、船倉にいた仲間(?)の大剣(?)による一撃であった事を記しておく。

第68死:ぷよぷよ


●登場人物
  • DR:五ッ星のリエン(ロウドリル司祭。肉体増強呪付により通常の倍のTHPを持つ)
  • DR:血斧のゼノ(バビゴ助祭。超巨大ハルバードを振り回すSIZ8の少女)
  • 新兵マーク(ファランクスカルトの脱走兵だが、イェルマリオ信者に偽装している)
  • 傍若無人ハンク(ストームカーン。同盟精霊の宿るヘルムを所持。下品)

●内容
洞窟の奥底から「箱」を回収する任務。
横穴洞の奥にある縦穴洞の底は、様々な動物の白骨で埋まっていた。
ハンクの同盟精霊が<混沌感知>で、縦穴の上方に大量のゴープと、下方のクラーシトの仔の存在を伝えた通り、底で探索中のPCの上にゴープが何匹も何匹も降り注ぐ中、探索を進める一行。

●結果
無限に落ちてくるゴープと、骨の間や洞窟の途中から出てくるクラーシトの仔に苦戦しつつもプラッツィームに覆われた「箱」の回収に成功するが、ゴープの酸によって防具が激しく損耗してしまった。
しかし、骨の間から犠牲者達の所持物品をいくつか回収し、一人当たり1250ルナーの収入を得た。(損耗度からすると微妙な額です。リエンの《火剣》が大活躍)

●エピソード
リエンをガードするために2匹のゴープにつつまれたハンクに対して、ゼノが《火剣》のかかった手斧を振るうが、77のクリティカルでハンクに当ててしまう。左足を爆破されて倒れたハンクに対してゼノが一言。「スイマセン。壊しちゃいました。」




名前:
コメント:

すべてのコメントを見る