蒼き月の囁き > 2008-04-05

2008-04-05

ここまでのまとめ

グローランサにはヒーロークエストがあります。
ヒーロークエストは「神を演じる」冒険の方法です。

グローランサには莫大な文化人類学的な設定があります。
でもそれはグローランサのコアではありません。

グローランサのデザイナは中二病で、偉そうな設定も後付です。
多くの設定は周囲のプレイヤーやコミュニティの功績です。

ルーンクエストではヒーロークエストはできませんでした。
おかげでグローランサは英雄的でない物語に満ち溢れました。

ルーンクエスト


さて、私はカルトブックの功績も大きいと思いますが、それ以上に「ルーンクエスト」という名前を評価しています。
ルーンクエストのルールはルーンをクエストするためのものではありませんでした。
しかしグレッグがそこかしこに織り込む「何か」が、ルールとは別に、グローランサを深く識る者に「ルーンの探索」を示唆しました。

「ルーンとは何か」

この問いがグローランサを動かしてきた大きな原動力だと私は確信しています。


つづく。 ⇒ 蒼き月の囁き/2008-04-12

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る