キャンペーン > クア・カナ・ヤ島

クア・カナ・ヤ島
 忘神群島にある総人口86人(1616時点)の孤島。主要な家族単位は7しかなく、その中でも集団婚が行われている。もともとはオーランス圏であったのだが、スロントスの大洪水の後にさらに「知られざる禍」が降りかかり、神殿は全滅。外部との交信も断たれた。それいらい血族婚を繰り返してきたが、チャチャの加護のもと現在まで生き延びてきた。
 クア・カナ・ヤとは大いなる雷の地と言う意味である。

カフォ=カトゥ=カー(PC) M30SIZ16APP13
 エスロリア学会の徒弟。忘神群島のクワカナヤ島で、エリアル達の手にかかって死亡するが、水竜との結び付きにより復活。以降この島の祈祷師として活躍する。風のコロッセウムでみつけた「とさかのあるトカゲ」をペットにしている。
コレ
スク
ニトネタム=アオクル
 クアカナヤ島の族長。フレシュマの父。勇者キロロアンクルでもある。
フレシュマ=アオクル(azatoth) M23(1616) SIZ10 APP15
 名前は現地語で「赤き石持ちたる者」という意味らしい。3児の父。祈りの水晶球によってフローナンの廃墟に呼び出され、ドラストールに転移することになる。転移した直後にバストクにやられて死亡。

石舞台
 チャチャの神殿。エリアルとレイラに乗っ取られていた。
キロロアンクル
 勇者のこと。1616の時点ではニトネタム=アオクル、フレシュマの父であった。勇者には族長から「伝家の宝刀」が与えられる。
クアカナヤ・ソース
コ・チャ
 祈祷師のこと。この島では絶大な権力を誇る。島の住民の名はすべて祈祷師が決める。ただたんにチャとも呼ばれる。
知られざる禍
 スロントスの大洪水の後にこの島に12体の強大な病精霊が上陸した。司祭達はそれらと戦い、自らの躯の内に病精霊を捕らえ肉体ごと封印した。これによりオーランス系の神殿の血はすべて耐えた。
水竜(チャチャ)
 クアカナヤ島の信仰の頂点にある精霊。古に死んだ竜の霊魂だと思われているが、ドラゴンが精霊体になると言う事実は確認されていない。はっきりした正体は不明だが、この地に眠るまだ知られざるドラゴンの思念体である可能性も強い。
スパークストーン・ジャベリン
 ランドがクアカナヤ島で拾ってきた石のジャベリン。1D20というすさまじい破壊力を持つ。ただしいつ壊れるかわからない。
伝家の宝刀
 クアカナヤ島の族長に伝わるブロードソード。ぼろぼろのただの青銅の剣だが、金属の生産されないこの島では、当然貴重なものである。長年使われて研がれているうちに、ずいぶん短くなっている。
時の石
 オーランス神殿の廃虚の地下に残されていたひとかかえもある真の石。残念ながら固定されてしまっているが、別の用途がある。これに向かって念じることで、その思念を後からこれを触れるものに直接伝えることができるのである。クアカナヤ島の神殿では歴史書の代わりに使われていた。また、宝蓮石とリンクしているらしく、宝蓮石の神聖呪文はここから消費されているようである。
宝蓮石
 オーランス神殿に残されていたアダマント。乳白色で蓮のつぼみのような形をしているのでこう呼ばれる。かなり多量の神聖呪文が固定されているように感じられるのは、アダマントとしての特殊能力で「時の石と」リンクしているためらしい。同調が必要で、同調者以外が触れると神殿にテレポートしてしまう。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る