キャンペーン > エンサイクロペディア > 断章

エスロリア1624


近年の歴史
1619 ジョーカンドロスの指揮によってカーシー陥落。ファザール及びルナー軍はカーシーで越冬。ホワイトウォールへのクリムゾンバットによる襲撃の失敗からジョーカンドロスは失脚。タティウスが後任に着く。
1620 ルナー軍、ヘンドレイキの地を占領。虎心王リチャードの失踪により、ヘンドレイキは部族単位に分裂。
1621 エスロリア内部で政治対立深まる。ファザールはヘンディラ女王からの援助の申し出を受けるが、赤の皇帝は軍をホワイトウオールへ転進させてしまう。闇の季20日、タティウスの指揮によりホワイトウォールは陥落。ファザールは特務部隊によりノチエットの数区画を焼き払い寺院建設を始めていたが、このタテイウスの功績にかき消されてしまう。嵐の季39日、ブライアンが反旗を挙げる。
1622 海の季にエスロリアで政変。古き大地の党派による赤い大地の同盟の排除。ルナー寺院の打ち壊し。ヘンディラ女王の領地も略奪を受ける。ヘンドレイキの地でも反乱軍が集う。失策に起因するルナーの権力争いにより、ファザール解任。タテイウスが後任に。タティウスはエスロリアにグレイズランドの騎兵を送る。
1623 海の季にブライアンがエスロリアに現れ、グレイズランド軍は敗れる。赤い大地の同盟の都市は包囲され侵略される。タテイウスは正規軍をノチェットの隣接都市に上陸させ、ノチェットを包囲。長期戦に入る。
1624 カラドラランドからエスロリアに援軍。海の狼とディターリ族も攻め入る。ディターリ族は裏切ってルナーにつくが、ハレックの暴走によりルナー軍は敗走。

主要人物
ファザール=ワイドリード
 属領地軍司令官。ヤナタニのルーン王。ターシュのオリンドリ氏族。
ジョーカンドロス=ブラインダー
 ユスッパのアンタール家。
タティウス・ザ・ブライト
 ルナー野戦魔術学院校長。ライバンスのアシディ家。イェルムの高位司祭。
ブライアン(M35+)
 ハートランド・ヴォルサクシ地方の王。オーランスの英雄。ホワイトウオールを最後の拠点として、ルナーに抵抗を続けていた。1619にクリムゾンバットを撃退するという偉業をやってのけ、ホワイトウオール陥落後もゲリラ的に聖王国各地に現れ、ルナーに抗戦している。
レイカ
 ブラックマーの前のコリマーの王。ルナー陰謀によって部族を追放され、ブライアンのもとに身を寄せている。彼女の武勇は他の地でも有名である。
"虎心王"リチャード(M35+)
 ハートランド・ヘンドレイキ地方の王。外国人の彼は2年前(1616)の聖王国崩壊のときに、ハートランドの混乱につけいり、王座に着いた。
ビオロム M100+S15?A14?
 ドラゴンパスでは有名な魔導師。エスロリア魔導協会や忘神群島の魔導協会にも属さず、独自の道をゆく。政治に関わらないので、各行政機関も放置しているが、おそらくドラゴンパス最強の魔導師。
 会うのはそれほど難しくはなく、ここ10年ほどはボールドホームに居を構えている。外見は指輪物語のガンダルフだが、威厳が無い。

タニア一行

 タニアは1619年に呪いから開放され、カーシーのアーナールダ寺院にかくまわれていた。しかしルナーのカーシー急襲により、アーナールダの侍祭に連れられてトレイシーとともに逃亡した。
 1621

アーナールダニア(タニア=アリアキンソン) F20(15)S7A11
 76年前(1543)にさらわれたサーターの第二王女。二代国王、サロニル(1497-1552)46歳のときの娘。アーナールダ信徒。
ブルーヴァ(トレイシー・カーライル) F22(17)S13A19
 76年(1543)前にさらわれたアーナールダ信徒。貴族の出身で誘拐された後に青兎になっていた。心に深い傷を負って、2度の自殺を計るが止められる。カーシー陥落時に行方不明。
ラーサ・バリエット M18(13)S14A12
 盗賊団に捕まっていた(?)少年。バーンにいじめられて、逃げていった。悪に染まりそうな雰囲気が大。栗毛。薄茶の瞳。

ノチェット周辺
ファウスト・ゲドウス M35+S15A14
 エスロリアの貴族。マイの関係者らしい。祖霊崇拝だが、あまり信心深くない。カーシー、ノチェットなどで、ふらふらしている。金髪碧眼。ジャーマニーな顔をしている。
マリリン・カー F22(17)S6A14
 青兎の件で、アーナールダ寺院が魔術師協会から呼び寄せた。ノチェットで魔術師見習いをやっている少女。明るくはきはき、いいたいことはさっくり言う。とてもじゃないが15~16歳ぐらいにしか見えないが、けっこうしっかりしている。カー一族というのはエスロリアではちょっと知られた魔導の名家である。黒髪黒目。
カーシー周辺
ラクシャ F33(28)S8A14
 カーシーのアーナールダ司祭。テリーガールの上司。カーシー陥落後は親ルナー派に転向して助かっている。
スコット・ラッセル M48(43)S11A16
 変な商人。カーシーで鷹を売っていた。
ソランティ M41(36)S14A15
 嵐が峰の商人。イサリーズ信徒。ドワーフを拾ったので、なんかもうけているらしい。
ニンビール M25(20)S10A6
 カーシーの警備員。オーランス信徒。バーレーンの生き残り。カーシー陥落でルナーに捕らわれ、奴隷として売られていた。助け出された後は、嵐河港の貸家で留守番している。
マック M45?S13A9
 カーシー近郊の森に住む、狩人。無愛想だが悪人ではない。マスター級の腕前だが、カルトには入っていないらしい。濃い茶色の髪、同じ色の瞳。髭は伸ばしっぱなしで、たまにナイフでざっくりと切るだけ。陽に焼けた肌と、ごつい腕を持っている。
ホワイトウオール周辺
アンゴリス家
 ホワイトウオールの貴族の家。親オーランス。
ルパート M42(37)S8A7
 嵐河港のオーランスの貴族。街がルナーに降伏したのを期に、ホワイトウオールに逃亡する。暗殺者の手にかかりかけたが、暗殺者はバーンの剣を頭に受けて、神聖介入で逃亡した。
エリア F20(15)S8A14
 アーナールダ信徒。ほわほわした感じの、まだ少女色の残る女性。言葉遣いが非常に丁寧。
ジーナ F28(23)S15A10
 アーナールダ信徒。城下でいちばん大きい「戦闘カルト」に入ってない女性。
ソニア F20(15)S10A13
 チャラナ信徒。初恋に傷がある(笑)。
ヒルダ F29(24)S11A17
 アーナールダ信徒。出戻りだが子供はいない。
シーラ F28(23)S10A15
 嵐河港のユーレーリアの侍祭。性格はあまりよくない。浪費癖あり。
地域等
エスロリア
 アーナールダを主神に擁した、女性上位の国家。その豊饒な生産力で、強大な力を誇っている。首都はノチェット。
 1616に海の狼の襲撃によって沿岸部に大きな被害を受けた
サーター
 ドラゴンパスの中央に位置する小国。典型的なオーランス国家。首都はボールドホーム。1602年にルナーによって征服された。オーランス信仰は禁止されてはいないが弾圧され、幾度か蜂起もあったが、すべて鎮圧された。
ハートランド
 ハートランドは4つのオーランス氏族からなる。聖王国のハートランド州として機能していた時代は4氏族の王の中からハートランドの王が選ばれていた。
 コラリンソール湾に面した広い土地があるために、貿易が盛んで、西方文化がオーランス文化に混ざっている。
 1619火の季に戦略拠点であった港湾都市カーシーが、ルナーの急襲によって陥落。ヴォルサクシ地方はホワイトウオールを残して、ルナーの占領下におかれた。
ブラックカメリア城
 カーシーの西に3日。盗賊達が寝城にしていた古代の砦。1階が水没していた。
SLO
 サーター解放機構。パヴィス市を中心としたレジスタンス組織。裏には王子アーグラスが関わっているといわれているが、彼の姿を見たものはない。パヴィス市内ではルナーとイタチの追いかけっこをやっているが、まだ重大な被害は出ていない。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る