キャンペーン > 忘神 > 20080607

第16話:黒エルフの苗床と、ウォクタパスの来襲 (2008/6/7)


登場人物

  • イケイアス(あだ名:ガイ) … サルベージャー一家に生まれた次男。人間とは思えない顔つき。
  • ダーグ・デーン(あだ名:ダグ) … 遭難しているところをイケイアスの父に助けられたダークトロール。
  • レイヒルト(あだ名:レイ) … 失踪した師匠を探して忘神群島にたどり着いた魔道士。
  • ミラットル … 人魚。

ログ

ダグが小さくなれる事、それが維持できる事を証明したため、移動を開始。
移動の途中、ダグが首なし死体を土産にブラックエルフと交渉し、苗床から腐らないものと交換を持ちかける。
ブラックエルフ待ちのキャンプ中に、敵パトロンチームに襲撃される。
逃げた先にウォクタパスがいてトロールが食った。
その後、一度外へ出て、事務棟を探索。
事務棟1Fから中庭へ。
ミラットルが以前植樹した木が8mにまで育っている事に遭遇し、イケイアスらの話が本当らしい事に気づく。

# イケイアスが魔道呪文の知識を持っている事をさらっと語り、魔法眼で魔術解析をおこなう。


ダグのログ


脱出が見えてきたためダグはミラットルを仲間に引きとめようとするがミラットルは現状に対して現実感がない。トロウル≒ライオンに仲間になれと言われてもねえ。

移動の途中、ダグが前回倒した敵の首なし死体(頭はダグが食う前にトロウルモールのクリティカルなので回収不可能、頭部のよろいもダメですか?先生状態)を土産にブラックエルフと交渉し、ブラックエルフの苗床に残っている腐らなかったものと交換を持ちかける。
 ずいぶん時間がかかるがいろいろ出てくる。この間にこれまで入手していたさまざまなものも鑑定し、利用できるものを装備する。
ブラックエルフ待ちのキャンプ中に、敵パトロンチームに襲撃される。
 深傷付のスリングをくらって片足吹き飛ばされるミラットル(人間形態)。
足を拾い、カバーして治癒1をかけて出血のみ止めるダグ(異種族のためダメージは消せない)。DEXSR1のおかげでこのラウンド中に出血トータルHPのロスを止める。この間、スリングのクリティカル2発を先ほど装備したベルトの耐傷10ではじく。ミラットルをフルカバーに置いたところでウォクタパスに追われていることに気づく。
 斜面の移動力はむこうのほうが上で逃げ切れない。こちらから出向く。キャンプ中に襲撃されたのでトロウルモールがない。回避にファンブルして触手4本にまきつかれるが、そのラウンドに片腕を食いちぎる。軸線ではないが3D6でダメージ18を出した。触手4本から14ダメージ食らう。それぞれのダメージはさっきよりずいぶん低いダメージだが耐傷が効くかは目しだい。だが後悔はない。さっきのを止めた俺よくやった。
次のラウンドに触手が締め付けるが今度はダメージなし。触手一本食いちぎる。
次のラウンド。締め付けが入り一部位のAP0になる。このラウンドに頭部に噛み付き成功。一時的に意識を失わせる。
まだこちらに注目している敵のスリングに対し、ウォクタパスの体を盾にしてフルカバーにもぐりこむ。フルカバーに入ったところで、出血はなかったので応急手当や治癒より先にウォクタパスを喰らい尽くす。
 ウォクタパスは腹持ちがいい。

 外に出られたので撤退すると思ったが、分かれたメンバーの生死を確認してからと言われる。
事務棟を少し探索。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る