雑談板 > Zコレクション > 漫画2


漫画2


■ 84 名前: ののの :2002/09/03 01:24:31
エリア88

新谷かおるならやはりこれでせう( ´ⅴ`)ノ
ふたり鷹も捨てがたいが…

あとはいいや(笑


■ 85 名前: TAKA :2002/09/03 20:05:31
84 Re:エリア88

あとはいいや(笑

新谷作品でしたら、『ガッデム!!』もけっこういけます。

新谷って、伏線はれるだけはって、
唐突に連載終わりってケースがかなりありましたよね。
何か解決したようで、実は何も解決してないって終わり方。
あれだけ何とかして欲しいんですけどねぇ。

■ 86 名前: ののの :2002/09/04 02:14:57
85 Re2:エリア88

ガッデムも結構面白かったけど、なんか打ちきりくさいよねえ(笑
最終回辺りで複線無理やり消化というか未消化というか。


■ 87 名前: なゆた :2002/09/04 21:06:07
86 打ち切り

ガッデムも結構面白かったけど、なんか打ちきりくさいよねえ(笑
最終回辺りで複線無理やり消化というか未消化というか。

打ち切りのようです。
新谷氏は、結構打ち切りを受ける&受け入れる作家という評価があります。自分でもどっかで書いてました。

ま、それはともかく、
『エリア88』『ふたり鷹』共に、秀作ですね。
佐伯かよのもいい作品を書いてます。見分けつかないし(笑)

■ 88 名前: azatoth :2002/09/04 12:12:45
84 殿堂入り

▼ のののさん
新谷かおるならやはりこれでせう( ´ⅴ`)ノ

これは「殿堂入り」級の作品です。

私は、後半で飛行機からおりてパリで自堕落な暮らしをしていて、傭兵になるあたりが大好きです。

■ 89 名前: なゆた :2002/09/03 01:28:49
SLUM DUNK(井上武彦)

これも気持ちのイイ熱血でしたね^-^。『バイブル』入りしてます。

でも作者は山王に負けさせたかった模様。そうすれば大長編になってたと思うんだけど、どちらがよかったかはわかりませんな。

■ 90 名前: Efendi :2002/09/03 01:34:03
89 基礎からのバスケットボール

実は、教本としても実用的です。
「置いてくる」とか。
やっぱりバスケはボールに対する執着心が大事。

■ 91 名前: なゆた :2002/09/04 21:09:18
90 経験者は語る

▼ Efendiさん
あれ?バスケットマンEfendiなんでしたっけ?

なお、個人的には流川ファン。

■ 92 名前: なゆた :2002/09/03 01:31:08
魁!!クロマティ高校(野中英次)

      • えーと・・・ま、準ばいぶる、ぐらいで。
ええ、面白いんですけどね。

最近ちょっとパワー落ち気味か。


さて、キリないんで、今日のところはこのへんで(笑)

■ 97 名前: なゆた :2002/09/03 22:34:28
まあじゃんほうろうき(西原理恵子)

なゆたのギャンブル用『バイブル』・・・ダメじゃん(笑)。


まあ、この人は天才ですな。
世間的には「ちくろ幼稚園」の評価が高いんですが、私としてはこちらのほうが笑えます。
もちろん「ちくろ~」もすごいです。

■ 98 名前: なゆた :2002/09/03 22:35:48
97 ちくろ幼稚園(西原理恵子)

『ナニワ金融道』とあわせて読むと、なにやらもう、自分の世界の狭さをこれでもかとばかりに思い知らされます。

たぶんそのうち購入します。

■ 99 名前: azatoth :2002/09/04 12:52:59
98 あげるあげる

▼ なゆたさん
たぶんそのうち購入します。

「ちくろ幼稚園ぜんぶ」は、持ってます。
今度差し上げます。

■ 100 名前: なゆた :2002/09/04 21:01:44
99 すまん、間違い(笑)

買おうと思ってるのは、「ぼくんち」のほうでした。
なお、解説もそのつもりで書いたものでした^-^;。

くれる(☆_☆)?

■ 101 名前: azatoth :2002/09/04 12:16:14
97 ぼくんち(西原理恵子)

私は「ぼくんち」派です。
泣くって、まじで。
これ読んで人生変わりました。

■ 102 名前: azatoth :2002/09/11 08:29:58
101 信じ難いが、アニメ化するらしい。

昨日、本屋で知りました。

あれをアニメに出来ると思えるやつはすごいと思うが、無謀でもある。
いや、むしろアニメにする必要はないと思うぞ…。
ていうか、何故アニメ!?

■ 103 名前: 啓明 :2002/09/03 22:52:50
ときめきトゥナイト(池野恋)

 文庫で16巻あるのですが、ランゼのシリーズの最初から最後のちょっと前あたりまでがよいです。
 あんまり漫画読まないのですが、正面きってテーマとしつつ、それでいて私小説になっていないのがいいです。
 おまけに恋をあつかっているのでは不満なのだ。

■ 104 名前: ののの :2002/09/04 02:17:03
103 おやお久しぶり。


む、珍しい人が書きこみ(笑 >啓明氏


■ 105 名前: なゆた :2002/09/03 22:59:37
エリート狂走曲(弓月光)

これは・・・なんというか、『バイブル』の中でも特異な位置づけにある作品です。
小学生の頃、これで「性」を意識し始めた気がします。


弓月光は他の作品も好きですが、これは特別。

■ 106 名前: なゆた :2002/09/03 23:01:23
うしおととら(藤田和日郎)

これも大好きな作品です^-^。
『バイブル』かどうか微妙な線ですが、私のマスタリング手法には、彼の使うエッセンスが多分におりこまれています。

■ 107 名前: なゆた :2002/09/04 08:52:58
106 からくりサーカス(藤田和日郎)

うしおととらより、さらに構造化を意識した作品ですが、熱量に比して、ちょっと技巧が先行してるか。

まだ連載中なので、終わりまで見てから評価ですな。

■ 108 名前: なゆた :2002/09/03 23:04:35
帯をギュっとね!(河合克敏)

いやぁ、この人が出てきたときはビビリました。
「なんだ、この絵!。新人の絵じゃねぇ!」って^-^;

いま見ると、上条淳士のアシだなぁ、ってわかるんだけど。


あの時代は絵のうまい新人って少なかったよね。
いまは、すごいこなれた絵でデビューしてくるのもめずらしくなくなったね(というか、それがあたりまえ)。

■ 109 名前: なゆた :2002/09/03 23:06:16
魔方陣グルグル(衛藤ヒロユキ)

これはaza氏に貸してもらったのがきっかけでしたが、私の本棚に定着してしまいました。

面白いよね。でもやっぱり長くなって話がダレ気味T_T

■ 110 名前: ののの :2002/09/04 02:19:14
109 Re:魔方陣グルグル(衛藤ヒロユキ)

5、6巻あたりで挫折した記憶が。
むうまだ連載続いていたのか・・


■ 141 名前: ののの :2002/09/04 02:23:59
動物のお医者さん

これを入れるのを忘れていたにぃ。
とりあえずチョビ萌へ。
菱沼さんも…これは萌へとはちがうか。


■ 142 名前: なゆた :2002/09/04 08:51:14
141 佐々木倫子

なゆたとしては『菱沼萌へ』です(笑)。

『おたんこナース』『Heaven?』とスピリッツ系できてるのもまあ読めるけど、やはり『動物のお医者さん』が最高峰でしょう。

古い作品はちゃんと読んだことないです^-^;

■ 143 名前: なゆた :2002/12/30 10:57:08
http://elder.secret.jp/img0ch/rq/img/1031010265/90.jpg (14KB)
ヘルシング(平野耕太)

この作者コレしか読んでいないんですが、作品の変遷を見てみたいものです。持ってる人貸してください。

とにかくセリフ回しがサイコー。イカスー!

作品全体も面白いんですが、いわゆる「少佐宣言」。コレですね。著作権どうか知りませんが全文引用しちゃうけど


諸君 私は戦争が 好きだ

諸君 私は
戦争が 好きだ

諸君 私は 戦争が 大好きだ


殲滅戦が好きだ 電撃戦が好きだ 打撃戦が好きだ 防衛戦が好きだ
包囲戦が好きだ 突破戦が好きだ 退却戦が好きだ 掃討戦が好きだ 撤退戦が好きだ

平原で 街道で
塹壕で 草原で
凍土で 砂漠で
海上で 空中で
泥中で 湿原で

この地上で行われる ありとあらゆる 戦争行動が 大好きだ


戦列をならべた砲兵の一斉射撃が 轟音と共に敵陣を吹き飛ばすのが好きだ
空中高く放り上げられた敵兵が 効力射でばらばらになった時など 心がおどる

戦車兵の操るティーゲルの88mm(アハトアハト)が 敵戦車を撃破するのが好きだ
悲鳴を上げて燃えさかる戦車から飛び出してきた敵兵を MGでなぎ倒した時など 胸がすくような気持ちだった

銃剣先をそろえた歩兵の横列が 敵の戦列を蹂躙するのが好きだ

恐慌状態の新兵が 既に息絶えた敵兵を 何度も何度も刺突している様など 感動すら覚える


敗北主義の逃亡兵達を街灯上に吊し上げていく様などはもうたまらない
泣き叫ぶ慮兵達が 私の降り下ろした手の平とともに 金切り声を上げるシュマイザーにばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ

哀れな抵抗者(レジスタンス)達が 雑多な小火器で健気にも立ち上がってきたのを
80cm列車砲(ドーラ)の4.8t榴爆弾が 都市区画ごと木端微塵に粉砕した時など 絶頂すら覚える

露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだった村々が蹂躙され 女子供が犯され殺されていく様は とてもとても 悲しいものだ

英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ
英米攻撃機(ヤーボ)に追いまわされ 害虫のように地べたを這い回るのは 屈辱の極みだ


諸君
私は戦争を 地獄の様な戦争を望んでいる

諸君
私に付き従う大隊戦友諸君
君達は 一体 何を望んでいる?

更なる戦争を望むか?
情け容赦のない 糞の様な戦争を望むか?

鉄風雷火の限りを尽くし 三千世界の鴉を殺す
嵐のような闘争を望むか?


(ガガ ガガ ガガ ガガッ(軍靴の音とともに)
 戦争(クリーク)!! 戦争(クリーク)!! 戦争(クリーク)!!)


よろしい
ならば 戦争(クリーク)だ


我々は満身の力をこめて 今まさに振り下ろさんとする握り拳だ
だが この暗い闇の底で 半世紀もの間耐え続けて来た我々に
ただの戦争では もはや足りない!!

大 戦 争 を !!
一心不乱の大戦争を!!

我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ敗残兵にすぎない
だが諸君は 一騎当千の古強者だと 私は信仰している
ならば我らは 諸君と私で 総兵力100万と1人の軍集団となる


我々を忘却の彼方へと追いやり 眠りこけている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし 眼(まなこ)を開けさせ 思い出させよう

連中に 恐怖の味を思い出させてやる
連中に 我々の軍靴の音を思い出させてやる


天と地のはざまには 奴らの哲学では思いもよらない事がある事を思い出させてやる


一千人の吸血鬼の戦闘団(カンプグルツペ)で

世界を 燃やし尽くしてやる


(全フラッペン発動開始
 旗艦デクス・ウキス・マキーネ始動
 離床!!
 全ワイヤー 全索引線 解除)


「最後の大隊大隊指揮官より全空中戦隊へ」

目標 英国本土 ロンドン首都上空!!


第二次ゼーレヴェー(あしか)作戦
状況を開始せよ

征くぞ

諸君

はふー・・・サイコーT_T

全体としての言葉の美しさはもちろんなのですが、特に私のツボは
「我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ敗残兵にすぎない
 だが諸君は 一騎当千の古強者だと 私は信仰している
 ならば我らは 諸君と私で 総兵力100万と1人の軍集団となる」
の段です。

カリスマ。これぞカリスマ。
私は「信仰」している。
100万人「と1人」の。
こんなにも戦意を鼓舞する演説ができたならば、その軍はえらいこっちゃですT_T

■ 144 名前: ののの :2002/09/13 17:11:17
143 「諸君、私は~が好きだ。」

なゆた
おおう少佐の画像付とは恐れ入った。よほど気に入ったと見える。

そんな君には、


をあげやう(笑



■ 145 名前: なゆた :2002/12/30 12:59:19
144 もちろん読んでいたわけだが

そんな君には、
をあげやう(笑

ここに限らず、読み漁っていたりして(笑)。

でも、みんな韻と熱量を揃えるのに手一杯で、文字としての間の表現がされていたなっかり。私がこのスレッドのトップにのせたのは、間に最大限気を使ってある(馬鹿

某巨大掲示板で『「信仰している」って変じゃねぇ?』と書いた阿呆がいたが、あのセンスがわからないやつはそれこそ逝ってよし。

■ 146 名前: なゆた :2002/09/04 20:46:39
いきばた主夫ランブル(星里もちる)

この人の作品はどれも好きなんですが、気軽に読めるという点でオススメなのはコレ。

いまスピリッツで連載している「本気のしるし」は、ちょっとこの人らしからぬ暗い、大げさな話になってます。まあ、明るい、身近な話ばかり書いてるのも難しいので仕方ないでしょうが、持ち味としては明るいほうがイイ味です。

■ 147 名前: ののの :2002/09/05 00:37:06
146 夢かもしんない


代表作となると、「りびんぐゲーム」辺りになるのだらうか・・・
個人的にはコテコテですが「夢かもしんない」「オムライス」が好きだったりする。


■ 161 名前: なゆた :2002/09/05 20:27:39
哭きの竜(能條純一)

なんの真実味もないのに、みようにのめりこめる麻雀漫画。

 あんた、背中が煤けてるぜ

のセリフが有名だが、実は秀逸なのは、最終話の中島みゆき『友情』の詩にあわせてカットが切られていくシーン。
恐ろしいまでの収束感。あれは神懸っていたに違いないです。


この人の作品としては『翔丸』もなかなか読ませますが、他はどうしても『竜』と『翔丸』の焼き直しっぽくなってしまうのが難です。

■ 162 名前: なゆた :2005/12/13 01:11:33
161 続編が(^-^;

連載され始めました。
読んでないです。

この作品に続編はありえないので。
99.9999%、駄作でしょう。


■ 164 名前: 啓明 :2002/09/06 00:50:02
ロジカル・アレルギー・アワー

 シニカル・ヒステリー・アワー所蔵。文庫版には入ってないかも。
 あたりまえのことを当たり前に繰り返す、間が何とも言えない。知り合いは面白くないそうです。

 流しそうめんの話がお勧めです。子供の破綻した論理が(見方によってはぜんぜん破綻してない)、こういうアイデアはどこから取ってくるんだろうというかんじでよいです。

■ 165 名前: 啓明 :2002/09/06 00:51:28
164 玖保キリコ(

t/o

■ 166 名前: ののの :2002/09/07 00:53:08
辺境警備(紫堂恭子)

グランローヴァとどっちを挙げるか迷ったが、
紫堂作品にはまるきっかけとなったこいつに軍配。

ブルーインフェリアも好きだったが、最後のほうの展開がどうも気にいらねえ。


■ 167 名前: なゆた :2002/09/07 01:03:31
166 あああ~!!!

しまった~T_T

なぜこれをあげ忘れてたかなぁ。
ということで、メジャーになってちょっと価値が目減りしましたが(ナゼ?)、たんぽぽクレーターとならぶ人間性『バイブル』でございます。

兵隊さん萌えです。

■ 168 名前: ののの :2002/09/07 01:17:01
167 描きすぎなのか…?

ということで、メジャーになってちょっと価値が目減

最近の作品はシナリオの練りこみが
昔ほどじゃないなあと思う。
描きすぎなのかな?
後、絵柄も昔のほうが好きだ。というかちょっと雑になった?
フルーインフェリアの1巻と4巻でマリーンの顔がずいぶん変わってしまったのがショックだった。

「癒しの葉」「オルスリートの銀の小枝」も
いいんだけどやはりその辺がどうも。もっとも銀の小枝は
結構好きだが。


■ 169 名前: なゆた :2002/09/08 23:54:06
168 描きすぎでしょう

うんうん。
熟成が足りんよね。素材がいいんだから、もっとゆっくり蔵出しすべきなのだ。

■ 170 名前: 竜田久緒 :2002/09/10 21:31:58
169 * No Subject *

azatoth氏も言っておったが、安直な救いがでちゃって底が浅くなったと思う。
それにしてもエンジェリックゲームはどうなったんだろ。

■ 171 名前: azatoth :2002/10/08 19:58:51
170 人が生きることの罪ってガンダムのテーマだよね。(謎)


▼ 竜田久緒さん
azatoth氏も言っておったが、安直な救いがでちゃって底が浅くなったと思う。

 著者の心が満たされたか、大人になったという事では?(笑)

■ 172 名前: なゆた :2002/09/08 21:32:42
ピアノの森(一色まこと)

もっとも最近なゆたの『バイブル』ノミネートされた作品。連載終了まで今のレベルが維持されれば・・・。

この人の作品は、最初なじみにくかったんですが、いまや人間を描かせたら上位を争う実力派になりましたね。

■ 173 名前: なゆた :2005/12/13 01:08:27
172 再開しましたが

長い連載休止をおいて再開されましたが、やはり前のテンションに及ばず。
作者の力量で読める作品にはなっていますが、5巻頃にあった鳥肌の立つようなオーラがないです。

やはり音楽を描くというのは難しいのだなぁ。

今後を見守る作品です。

■ 174 名前: なゆた :2002/09/08 21:38:38
エアマスター(柴田ヨクサル)

      • 熱いっス。なゆたがすすめたら、格闘マニアのaza君は見事にはまってくれました。
連載終了までテンション落ちなければ買い揃えます。『バイブル』行きです。

最近の展開だと崎山香織が簡単にやられちゃって悲しいですT_T。
崎山サイコー。かっこよすぎる。尊敬してます。

別の意味で、坂本ジュリエッタもサイコー。
沢田健二「トキオ」を歌いながら戦ってほしー。

■ 175 名前: azatoth :2002/09/09 12:55:09
174 崎山はきっと本当にデビルマンに変身する!

格闘マンガ、格闘小説、というジャンルが存在することを、多くの人は知らない。
私の不満はそこである。

格闘マンガ殿堂入り
「セイバーキャッツ・1~5」山本貴嗣

格闘小説殿堂入り
「孤拳伝」今野敏
「餓狼伝」夢枕獏
「獅子の門」夢枕獏

■ 176 名前: なゆた :2004/08/31 23:32:57
174 強さ

まだ単行本になってないあたりですが、バトルロイヤルも最終局面に来て、この作者の気概をみせてもらいました。


ちょっと途中だらけるところもあったんですが、ここ数ヶ月の
渺茫 vs 金太郎
エアマスター vs ジュリエッタ
この二戦は燃えました。もちろん負けたほうに。


勝たなくても強い、というシチュエーションを描けるというのはすごいよね。

■ 177 名前: なゆた :2005/12/13 00:13:10
174 いかん

渺茫戦、燃えなかったよ。単行本になるとまた違うかも知れんけど。

とりあえず霊魂との戦闘スタート。
作者の底力を信じているが、このまま終わったら、なゆたのバイブル入りは渺茫戦前までか、バイブル落ちじゃ(T_T。

■ 178 名前: なゆた :2006/03/20 00:06:59
177 連載終了

      • ダメだった(T_T)

非常にこの漫画に愛着があるので、終わり方は不満。
単行本を最後まで買って読み通してみて、再度判断だが、バイブル落ちはまぬがれまい。

トーナメント前までか・・・

■ 179 名前: aza :2006/03/20 18:34:04
178 いや。

▼ なゆたさん
トーナメント前までか・・・

トーナメント中の、ジュリエッタの告白シーンと、金ちゃんの鉢巻話は捨てがたいでしょう。
話の途中ではありますが、あのあたりまでって事でどうでしょうか?(笑)

■ 180 名前: なゆた :2002/09/08 23:52:52
童夢(大友克洋)

まあ、あんまりメジャー線すぎてね、なんですが。あげないわけにはいかないので。

AKIRAのほうが途中まで好きだったんですが、あれは終わりがいただけなかった。
素直に別宇宙の誕生シーンだけでよかったのに。

■ 181 名前: なゆた :2002/09/08 23:57:06
アタゴオル物語(ますむらひろし)

大好き。
でも続いたり続かなかったり不安定なので、買ってない。
あの不安定さが、世界の不確定的な魅力を助長しているのか?

■ 182 名前: azatoth :2002/09/09 12:47:49
181 あ、そうだったの?

好きだったのか…知らなかった。
実家にバラバラあるけどいる?

■ 183 名前: 竜田久緒 :2002/09/10 21:28:40
181 ジャングルブギならあるよ

むか~しむかし、まだデュオで連載してた頃はまってたよ、わたしも。あのシリーズは微妙にずれたラインを何度も繰り返し引いていて、繋がっていないようで繋がっているんだよねー。だからもうとっくに忘れたエピソードのカケラが出てきて気になる。

■ 184 名前: なゆた :2002/09/09 10:17:39
楳図かずお(漫画家)

あきらかに天才です。

でも1冊ももっていません。

なぜなら、


      • 怖すぎて読めないのです *1 )ガクガクブルブル


楳図作品に、死んだと誤診され、心臓を移植にとられた女の子が、それを取り戻そうと追ってくる話があります。
私はコレのおかげで、いまでも夜、窓越しに外を見るのがイヤです(窓を開けてみるのは平気)。

タイトルも覚えていません、というか意識的に思い出さないようにしています。この文章書くのもいやだったんだけど、自分に多大な影響を与えている書物という意味では、書かぬわけには・・・。


はっ! この掲示板の当初目的である「焚書」!!

楳図かずおの怪奇ものは、すべて「第一級焚書指定」とします!!!


怪奇ものでなければ、「漂流教室」「私は真吾」など、超一流の作品が目白押し。でも、絵を見ると思い出してしまうので、私の目には触れさせないでください。

あ、上の話のタイトルも書いてませんが、それも意図的に忘れているので、書かないでね *2 )ガクガクブルブル。


■ 189 名前: azatoth :2002/09/09 12:57:04
セクシ-ボイスアンドロボ(黒田硫黄)

初新規投稿がこれ、というのは私らしいかも。
「大日本天狗党絵詞」や「茄子」もなかなか。

■ 190 名前: 竜田久緒 :2002/09/10 21:24:34
189 茄子はこの間読んだ

アンダルシアだっけアニメ化するのは。

■ 191 名前: azatoth :2002/09/11 08:27:10
190 アニメ化

▼ 竜田久緒さん
アンダルシアだっけアニメ化するのは。

そーらしいです。
酷くマニアックなアニメになるらしい。

ちなみに私はあまり期待してません。
なぜなら、マンガのあの線が好きだからです。

黒田さん、絵うまいなぁ。

■ 192 名前: なゆた :2002/12/30 11:12:31
189 これいま連載してるのね

私もファンですが、最近のIKKIを読んだらちょっとハデな話になってた。最初の頃のノリのほうが好きかも。

でも次の単行本が待ち遠しいです。

■ 193 名前: O.K.M :2002/09/11 23:57:27

「沈夫人の料理人」深巳淋子
ビックコミックオリジナルにて連載。
私の求める愛の形がそこにあるのです…。

■ 194 名前: なゆた :2002/09/12 02:58:55
193 おぃ!

と、つっこむしかないぞ^-^;

■ 195 名前: なゆた :2002/09/12 03:00:07
194 沈夫人の料理人(深巳淋子)

あ、いちおうインデックスとしてつけとこう。

■ 196 名前: azatoth :2002/09/22 23:47:48
めぞん一刻(高橋留美子)

「桜迷路」という話が大好きなのです。
桜の季節になるたびにあの話を思い出すのです。

…恋愛ってかっこ悪いもんなんだよなぁ。

■ 197 名前: Efendi :2002/10/04 17:20:35
和田慎二

誰か挙げると思っていたので、沈黙していたのだが…。

お勧めできるものだけでも、『スケバン刑事』、『超少女 明日香』、『忍者 飛翔』、『あさぎ色の伝説』、『ピグマリオ』、『少女鮫』、『Lady Midnight』ほか、『呪われた孤島』などの初期の作品を挙げるときりがない。

まったく読んだことのない人は、タイトルを見て奇妙な文字の羅列だと思われる方もあるだろう。実際、『少女鮫』は『新宿鮫』からタイトルのインスピレーションを得た、と作者は言っているが、これを読んで私も、どうもこの人は最初にタイトルの面白さから入っていくのではないか、と疑っている。実際、多くの作品はとりあえず始めた第一部と、緻密に構成された第二部に分けられる(と思う)。

神恭一郎をはじめ、初期の登場人物には複数の作品に跨って登場しているものもあり、そこここで経歴をつんでいるので、すべて目を通しておきたいところだが、今日入手は容易ではないと想像される。

ちなみに、私は「Zコレクション」の本来の(私的な)目的から心理的損傷を与えうる作品しか投稿しませんでしたが、これらはその心配はないと思います。

■ 198 名前: Efendi :2002/10/04 17:24:11
197 『ピグマリオ』

メデューサという凶悪な妖魔に、母を石にされたことを知った東にあるルーンの国の皇子クルトが、西の果てに住むメデューサを倒して、母を元に戻そうと冒険を続ける話。

途中いろいろあるけれど、基本はこれ。

伏線の割りにあっさりと死ぬマリウスが哀れ。

■ 199 名前: Efendi :2002/10/04 17:31:00
198 この一撃の意味が…、分からない

Efendi です。

ここまで引っ張ってくるために、苦労しました。
先日、なゆた さんとナウシカの意味不明の台詞で問答したことから、「分からないことがあるのは自分だけではないのだ」と、思い立ったのです。

分からない、というのは、クルトとメデューサの最後の対決で、メデューサが「この母の一撃の意味が分かるならば」と突っ込んできますが、意味が分かりません。
確かに、メデューサが赦免して生き延びるのはもっと不自然ですが。
最後にガラティアが、「この子はメデューサが育ててくれた」とは言うけれど、あんな育て方はないよな。

■ 200 名前: なゆた :2002/10/08 12:37:32
199 てもとにないなぁ

分からない、というのは、クルトとメデューサの最後の対決で、メデューサが「この母の一撃の意味が分かるならば」と突っ込んできますが、意味が分かりません。
確かに、メデューサが赦免して生き延びるのはもっと不自然ですが。
最後にガラティアが、「この子はメデューサが育ててくれた」とは言うけれど、あんな育て方はないよな。

んー、本は実家だ。

前後の文脈がないのでわからじ。今度読んでこよーっと。

■ 201 名前: なゆた :2002/10/13 10:44:01
200 ショック!

実家に返って探したら、古本屋に売り払われていました~T_T


今度、最終巻だけ持ってきてみてください(笑)>Efendiさん

■ 202 名前: azatoth :2002/10/08 19:56:49
197 心理的損傷


▼ Efendiさん
(私的な)目的から心理的損傷を与えうる作品しか投稿しませんでしたが、

 そういう本は黙って焼くに限ります。
 紹介してはいけません。(キラキラとか)

 ただ、読んではいけない年齢という観点も必要ではないかと思われます。
 30ぐらいになってから読んでもたいしてインパクトが無いのではないかという本もありますし。(キラキラとか)

■ 203 名前: Efendi :2002/10/08 18:27:04
篠原千絵

これも心的影響は深刻ではないです。

お勧めに、『天は赤い河のほとり』、『海の闇、月の影』。

顔がみんな似ている、心を操る異能力がよく出てくる、という欠点を除けば、非常に面白いストーリーを描いていきます。
少女漫画は登場人物の陰険さで明らかに一枚上手。



■ 204 名前: Efendi :2002/10/08 18:36:19
203 『天は赤い河のほとり』

紀元前13世紀のヒッタイト帝国で、皇太后が現在の皇太子を呪殺して自分の子供を帝位に就けるために、よりしろとして現代の日本の少女を召還する。
が、この少女、案に相違して、皇太子の寵を受け、かつ民を愛し、民を率いるにたる素質を有しており、いくつかの艱難を廃して、イシュタル女神と崇められ、ヒッタイトの皇后となる、というお話。

最初は『王家の紋章』の焼き直しかと思い、実際最初の頃の登場人物の名前とか設定は『王家』同様ずさんなものだったが、その後作者が勉強したらしく、皇太子をムルシリ2世と同定し、エジプト新王国勃興期の混乱も取り入れて、見事に歴史絵巻としてしまっている。

完結した作品しか読まない、というどこかの困ったさんにも勧められる。

ストーリーの秀逸もさることながら、グローランサーにとっては、青銅器時代の文物が漫画で描かれるので、とても参考になる。

■ 205 名前: O.K.M :2002/10/17 10:23:55
204 Re:『天は赤い河のほとり』

『天は赤い河のほとり~イシュタル文書~ファンブック)』
まで読まないと、物語としてはともかく作品として完結しない
(単行本では現代話に決着が付いていない。)のがミソですよね(笑)

意外すぎる(笑)結末に唖然とする事請け合い。
(「そっちですかー!?っていうか、眼鏡!?」と叫びます。)

■ 206 名前: 和泉屋じゃんく。 :2002/10/17 21:54:26
石森章太郎@和泉屋三大バイブル

最近「009」アニメを見たら、偶然「ジョー・・・何処に・・落ちたい・・・?」だったので。

いや、概ね全ての名作のテーマが「人間になりたい改造人間(人造人間)の悲哀(そして結局人間は悪である面を否定しきれない)」で終わってしまうのは事実ですが。

どこが悪い。
いいじゃないですかそのテーマで。
このテーマに燃えなければ俺的漢失格。

先日友人と呑みながら「ジャイアントロボ・ザ・ムービー(石森版)」を作成したらどーなると云う与太話をしましたが。

主人公=大鉄人17
燃えっス!18ッス!ブレインズっス!挙句特攻自爆っス!

十傑衆=1号、V3、X、ストロンガー、スーパー1、ブラック、キカイダー、009、バラバラマン(バッテンロボ丸)他
いやぁ、009に「・・忘れたのかい?・・ボクが、君達全員の力を身につけた・・最終型だと云う事を!!」と言われながら001~008までボコにされたら・・・最高です。

国際警察機構=残りの仮面ライダー(含シャドウムーン)、残りの00サイボーグ、ロボコンファミリー(笑)
仲間の犠牲になって「ショックのパ~」と自爆されたり、大怪球フォーグラーに独り対峙するガンツ先生の勇姿を想像するに感涙ものです。

別格=(サブロー=光明寺)ハカイダー
是非登場していただきたいものです。

禁止機体につき登場禁止=早川健
「チッチッチ」「だが日本じゃ二番目だ」歴史上最もインパクトのあったヒーローは、他の役をすべて食ってしまうので登場禁止でしょう。

元々、石森作品とゆーのはその多作と影響力の大きさのあまりに、今日では二次制作物の方が一般的だったりしますが。
ハカイダー(映画版)とか。そーいえばハカイダー映画版といえば、昔どこかの漫画雑誌におそらくやまむらはじめ氏が書いた映画の漫画が掲載されましたが、私的には伝説の漫画です。
内容=「ハカイダーは人類に反旗を翻した9体のサイボーグを破壊するために創られた人造人間であり、映画版の敵であるミカエルは洗脳された9番目のサイボーグである。彼の破壊をハカイダーに依頼しに、3番目のサイボーグがやってくる事から話が始まる。」燃えですこれも。

というわけで「仮面ライダーSPIRITS」燃え。

■ 207 名前: azatoth :2002/11/06 00:31:51
206 うおぉ

例のなゆた宅で徹夜した日のネタですな。
ネタの半分も分からんが、以下は映像が瞬時にうかびました。

▼ 和泉屋じゃんく。さん
大怪球フォーグラーに独り対峙するガンツ先生の勇姿を想像するに感涙ものです。

先生を下から見上げる構図。
微妙にシルエットも入っている魚眼タッチ。
左上に日食のようにえがかれたフォーグラー。

なんかかっけー。

# どこにレスつけてるんだか。(爆)

■ 216 名前: Efendi :2002/12/31 20:55:37
高河ゆん (漫画家)

年賀メールの装填を終えた Efendi です。

『アーシアン』の完全版が出たことで、改めて読み返してみました。
彼女の描くキャラクターはだいたいエゴイスティックですが、それがひたむきなのか自分勝手なのかは紙一重。前者に描けたとき、それはとても魅力的になるのですが、この人はそれに成功しているように見えます。
そういうキャラが描けたり、演じられたりできればいいな、と思います。実生活じゃ、敵が多くなりそうだけど。


■ 217 名前: Efendi :2003/06/02 21:57:47
堂高しげる

『全日本 妹選手権』

■ 218 名前: Efendi :2003/06/02 22:04:29
217 『全日本 妹選手権』

仕事に疲れ、己がリフレッシュレートを高めるべく(誤用)、ついに手を出してしまった劇薬。
わたしなどはそうであったが、複数回の試練を避けるべく、まとめてレジに出す際、3つ目が3倍高いので、素直に3枚払おう。

自分の世界観を語りたがる…、相当の自戒をうながす教訓の書でもある。

…が煤けること疑いない。


■ 221 名前: なゆた :2003/09/10 23:29:31
聖☆高校生(小池田マヤ)

2003年9月現在、個人的に「バイブル」入りがほぼ確定。
連載中はほとんどかわない主義なんですが、5巻まで一気にかっちゃいました。

1巻~2巻はなんだろうなぁ~、という感じですが、3巻4巻でぐっときて、5巻の最後は痺れました。

「さくらの歌」と並んで、私の性的倒錯面を補強してくれます。

■ 222 名前: 啓明 :2003/11/04 04:01:52
おーはしるい

 「夫婦な生活」とか「会計チーフはゆーうつ」とか。
 内容からしてOLが対象なんでしょうが、なごみます。


■ 223 名前: ののの@ぶんかいしつ :2003/11/04 11:54:06
222 まんがタイム系

まんがタイム系の人ですよね。
最近、特集号がでてましたな。
あのへんの4コマ雑誌は、OLと若い主婦が読み手でしょう。
私はたまにコンビニで立ち読みしてますが(笑

■ 230 名前: なゆた :2004/08/31 23:26:21
エマ(森薫)

久しぶりに準バイブル級の作品。まだ連載中のため、最終的な評価は保留。


んー、私は「萌え」属性はほとんど皆無で「燃え」主体なんですが、そんな私にも「萌え」もあるのだなぁ、と思わせる。


副読本(第一変換-服毒本)の「エマ ヴィクトリアンガイド」を買って、自分の目の節穴さかげんにあきれたり。やー、この作者、『莫迦』ですな。こんな細かいところに気合入れてたら、間違いなく連載キツいだろう(笑)。
まあしかし、世の人はそこまで読んでいるのだなぁ。

■ 240 名前: なゆた :2005/12/13 01:20:02
おおきく振りかぶって(ひぐちアサ)

読み方を間違えていて、最初肌にあわなかった作品。

単行本でまとめて読んで、はじめて読み方がわかった。面白いです。

キャラクターのつくりがどうにもやおいくさいんですが、それを補って余りある話のテンポのよさと、知識を土台としてしっかり書き込まれた設定。プレイ一つ一つの相関関係が少ない描写で莫大な情報量を含んでいるあたり、『たんぽぽクレーター』のさりげなさにも通じるところがあります。もちろんキャラクターメンタリティもしっかり書き込まれてあって、やおい読みしたならば、さらに数倍楽しいことでしょう(笑)。

あと、モモカン、エロエロですね。胸の大きさでなく、リビドーの量が凄い。こういう人、大好きです。

■ 215 名前: なゆた :2002/12/30 10:48:16
BECK(ハロルド作石)

月間マガジン連載中。

シンプルに面白いです。ハロルド作石、構成力ついたなぁ。
いまのところ『森のピアノ』と並んで、連載終了を待ってバイブル入りするであろう漫画のひとつ。

ご一読を。


って、これじゃぁ何の漫画かわからないね^-^;
高校生のロックバンドサクセスストーリーです。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る