キャンペーン > 忘神 > 20081101


第18話: カジノタウンへの脱出。カジノタウンの脱出。



登場人物/ステータス

イケイアス/島のごたごたに巻き込まれてハニーに会えないので時折ため息をつく。窒息ダメージあり。前回見張り中に木の上まで夢遊したので少し恥ずかしい。
レイヒルト/師匠が逃げたので修行が進まない。熱気を吸ったので肺が焼けている。真痴者。
ダグ/カイガーリートールの寺院が無いので礼拝できない。キノコによりSIZが変動するため鎧をちゃんと着れないため、ぴっちりした鎧は着れなくなった。
レイカ/口が悪い。無傷。CONが低いため眠ると起きれない。

ティンク/クラーシトキット毒による麻痺。保留。
ロンじー/クラーシトキット毒による麻痺。保留。
ミラットル/異種族交流大使(異種族性交大使)。タイムスリップ。人化。イナバウアー化。ミイラ化。保留。
コーゼル/死亡。遺体は損傷が激しく再生は絶望的。なむー。


ログ

超巨大クラーシトキットの足との戦闘の後処理。
とりあえず夜が明けてからの木を調査する事にして就寝。
ダグ見張り中に、イケイアスが再び夢遊。
ダグはレイを起こし、追跡。(レイカ起きず)
木の根元から精霊が生えている。
精霊は文語調で話す。
ダグは精霊の容姿(異種族修正なしでAPP24)に惹かれ、自ら性交対象を名乗り出る。
それによりイケイアスは開放されるが、イケイアスがダグに「冷静なのか?」と問いかけると普通に受け答えするので、「そういう覚悟なら言ってこい」と送り出す。
ダグは木の中へと歩み入り、礼拝を開始。
木の中では謎の儀式が展開されるが、その途中で相手の中に混沌の要素を感じ取ったダグは抵抗を開始。
やがて相手が果て、ダグは奇跡の生還を果たす。(能力値変動多数発生)
帰還したダグは疲れ果てており、ひとまず朝まで休む事に。

※イケイアスはレイカから、何か島でトラブルが起きているらしい事を聞く。
※レイカがティンクの荷物を空け、イケイアスの<魔法眼>強度10で分析をおこなう。

朝、ミラットルの防水梱包を確認すると、水で浮き輪を作りロンじーを運び、管理棟を逆戻りして島の外壁に出る。
外壁をよじ登って島を渡り、反対側のキャンプ地へ。
キャンプ地には武装兵士が複数名踏み込んだ跡を発見し、休憩もそこそこに島の脱出を開始する事になる。

壁面を伝い、島の裂け目に隠した船を引っ張り出す。
しかし島の周辺の海は熱湯(水温70度)と化しており、船を操作する人間は急激に疲労していく事が判明。
急いで荷物や麻痺者を船に積み込み、イケイアスの船頭で出発。
途中でレイカにも操船をしてもらいつつ、熱湯海域を脱出する事に成功する。
夕方まで小島の影に潜み、陽が落ちてからダグの暗視で本島に近づく。

まずレイカとティンクを陰桟橋に降ろし、イケイアスはクライアントの桟橋に向かうが、その周囲には大小の船が集まっており、そこにはクライアント以外の船が多いように見受けられた。
イケイアスは危険を察し、クライアントへと導いてくれた占い師のいる小島へと船を進める。

深夜、占い師の元を訪れると「夜明けまでにラッキーストーンを取り戻さないと大変な目に会うよ」と脅され、急遽ティンクの元へ引き返す。
昼夜立て続けの操船行に、へとへとになりつつ、ダグの暗視と奇跡の脱出行、レイの機転と魔道により、兵団に囚われれたレイカとティンクを救出する。
ついにダウンしたイケイアスに変わり、レイカが舵を取り、朝日の昇り始めた海を進む船上でイケイアスがこれまでの事を語りはじめる。(オープニングの石に触るイベントを除く)



かくして一つの旅は終焉を向かえ、新たな旅路が始まる。


  • ( ・∀・)つPOW獲得チャンスドゾー>イケイアス -- (なゆた) 2008-11-04 23:45:55
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る