ルール > PoW > 他システムからのコンバート

チャットプレイの風景1| チャットプレイの風景1/コメントログ| チャットプレイの風景2| テストプレイ| テストプレイ/キャラクターズ| テストプレイ/キャラクターズ/アトリビュートテーブル| テストプレイ/コメントログ| テストプレイ/シーン1| テストプレイ/シーン2| テストプレイ/シーン3| テストプレイ/第一夜| テストプレイ/第七夜| テストプレイ/第三夜| テストプレイ/第九夜| テストプレイ/第二夜| テストプレイ/第五夜| テストプレイ/第八夜| テストプレイ/第六夜| テストプレイ/第六夜/コメントログ| テストプレイ/第十一夜| テストプレイ/第十三夜| テストプレイ/第十二夜| テストプレイ/第十四夜| テストプレイ/第十夜| テストプレイ/第四夜| プレイヤーセクション| プレイヤーセクション/コメントログ| ボツメモ| ボツメモ/コメントログ| マスターセクション| 他システムからのコンバート| 質疑応答

他システムからのコンバート


ページを作ってみたけど、どのシステムでもほとんど同じでやることないw

ヒーローウォーズ、Hero Quest

  • 文化、職業、魔術キーワードをそのまま引き写す。種族・性別・年齢も含めておく。
  • 縁故、戦闘能力、魔術能力、精神能力、欠点は全部アトリビュートに書く。1マスタリで「一流の」2マスタリで「英雄的」とか書けばいいんじゃないかな。
  • 神力とか神技とかアトリビュートに列挙。
  • アイテムをアトリビュートに列挙。
  • もしいままで体験した事件があれば、事件名をアトリビュートに書いておく。

ルーンクエスト

  • キーワードに〔出身地・種族・性別・年齢〕〔職業〕〔カルト〕を設定。カルトには司祭やルーンロードなどの役職を含める。
  • キャラクターの性格を特徴付けるキーワードをひとつかふたつ設定。できれば他のプレイヤーに指摘してもらうほうがいい。VtMの本性と外面とかおすすめ。
  • 種族の限界より上もしくは下の能力値があれば抽象化してキーワードにする。(人間ならSIZとINTで7以下19以上、他の能力値は2以下19以上)
  • 種族の限界ギリギリの能力値を抽象化してキーワードにする。(人間ならSIZとINTで8-9or17-18上、他の能力値は3-4or17-18)
  • 70%以上の技能をアトリビュートに列挙。90以上なら「一流の」、140以上なら「英雄的」とかつける感じ。
  • 呪文をアトリビュートとして列挙。
    • 精霊呪文は5ポイントで「強力な」、10ポイントで「類を見ない」を形容詞につけ、ポイントは書かない。
    • 神性呪文の個数とか無視。持っているか持っていないか。このタイミングで持ってることにしちゃったっていい。
    • 魔道呪文も持っているか持っていないか。フリーINTは×5して4種の魔術技能と平均を取る。50以上なら「熟練の」、70以上なら「一流の」、90以上なら「偉大な」魔術の使い手って形容するw
  • アイテムをアトリビュートに列挙する。同盟精霊や使い魔などもアトリビュートとして列挙。
  • もしいままで体験した事件があれば、事件名をアトリビュートに書いておく。

クラッシックD&D

  • キーワードに〔種族〕〔キャラクタークラス〕を設定。マルチクラスなら全部列挙。5レベルごとに「熟練の」「一流の」「偉大な」とかつければ良いと思う。それ以上いくと役職とかつくからそれも書いとけば良いと思う。
  • 種族の限界より上もしくは下の能力値があれば抽象化してキーワードにする。(人間なら2以下19以上)
  • 種族の限界ギリギリの能力値を抽象化してキーワードにする。(人間なら3か18)
  • アライメントをキーワードに設定。
  • キャラクタークラスの特殊能力があればアトリビュートに列挙。
  • スペルキャスターは呪文をアトリビュートに列挙。
  • アイテムをアトリビュートに列挙。
  • もしいままで体験した事件があれば、事件名をアトリビュートに書いておく。

深淵


VtM


Aの魔方陣


指輪物語



その他

まあだいたいどのゲームでも同じ。ただウォーシミュレーション性の高いゲームは向いてない。たぶん。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る