ルール > PoW > テストプレイ > 第六夜 > コメントログ

  • ルールでも引用されていいましたが、私が昔やったチャットセッション用にカスタマイズした「深淵」をプレイした時は、参加者が皆マスターだったので発言が先行入力だらけでした。
    またその発言の待ち幅が広かったので遅いレスポンスでも結構読める話になりました。
    あと、キャラクターの心理描写が多かったので他のキャラクターが関わりやすいという要素もありましたね。
    http://www.tim.hi-ho.ne.jp/am_01/mugen/

    そういうプレイヤーばかりの時は、マスターはシナリオの大きな骨格を事前に説明してしまい、セッション中は判定のフォローと背景描写に徹するという考え方もあります。
    プレイヤーも「このシーンでは出会えばいいんだ」「次は関係を構築」「次はシーン展開して…」と、安心してキャラクターを動かせますね。 -- (aza) 2009-09-25 00:13:25