キャンペーン > 大大 > 参考資料

20090926| 20090926/コメントログ| 20091031| 20091031/コメントログ| 20091128| 20091128/コメントログ| 20091219| 20091219/コメントログ| 20100123| 20100220| 20100220/コメントログ| 20100320| 20100320/コメントログ| 20100403| 20100403/コメントログ| 20100510| 20100510/コメントログ| 20100619| 20100619/コメントログ| 20100703| 20100703/コメントログ| 20100731| 20100731/コメントログ| 20100828| 20100904| 20100911| 20101120| 20101225| 20101225/コメントログ| 20110115| 20110129| 20110219| 20110219/コメントログ| 20110326| 20110402| 20110402/コメントログ| 20110423| 20110423/コメントログ| 20110430| 20110723| 20110806| 20110820| 20110820/コメントログ| 20110903| 20110903/コメントログ| 20110924| 20110924/コメントログ| 20111001| 20111105| 20111126| 20120107| 20120128| 20120218| 20120414| 20120922| 20120922/コメントログ| 20120929| 20121201| 20130316| 20130427| 20130601| 20130615| 20130615/コメントログ| 20131006| 20131104| 20131104/コメントログ| 20131116| 20140426| 20140524| 20141004| 20141004/コメントログ| 20141115| 20141206| 20141206/コメントログ| 20150131| 20150221| 20150307| 20150516| 20150516/コメントログ| 20150530| 20150530/コメントログ| 20150704| 20150704/コメントログ| 20150822| 20150829| 20151031| 20151031/コメントログ| 20151107| 20151122| 20151122/コメントログ| 20151212| 20160130| 20160403| 20160403/コメントログ| 20160423| 20160423/コメントログ| 20160730| 20160827| 20161022| 20161029| 20161112| 20161224| 20170211| 20170422| 20170527| 20170610| 20170701| カラドラランド| カラドラランド/コメントログ| キャラクターズ| キャラクターズ/コメントログ| キャラクターズ/海の剣歯猫団| キャラクターズ/海の剣歯猫団/コメントログ| キャラクターズ/海の狼リスト| テシュノス| ビエラの爪彩| 参考資料| 参考資料/コメントログ| 炎岩奔流メッサーラ

グローランサの船の歴史



訳2:

◆参考資料を適当に日本語訳(途中)
第三期のウェアタグ人


以下の大部分は、船長ジェディス(ウェアタグ人のキャラクター)のキャラクターシートからの抜粋である。
彼の「噛み攻撃」の成功率を忘れてしまったが、この漏れがあっても便利で使用されることを願う。

  • -------
ジェディス
  • -------
“ネレオミの風”のウェアダグ人船長

年齢:意味のない質問
気質:冷たい、疑い深い、幽霊っぽい
宗教的所属:ウェアタグ
政治的所属:ウェアタグ
評議会の投票権:今はない、しかし彼らは最後にウェアタグに1票を与えると約束した

◆背景

ジェディスは、ウェアタグの都市船“ネレオミの風”号の船長に選ばれた。
ジェディスは、自分に付き従う人々を乗せて地獄への1世紀に及ぶ長い航海を行なった。
今や世界はジェディスの復讐を感じている。

ウェアタグ人は、救世主であり預言者であるマルキオンの息子であるウェアタグの子孫である。
皆が知っていることであるが、マルキオンは風と水の息子である。
Aerlit Kolating と Warera Triolina が彼の両親である。
ウェアタグ人はその創始者が教えた方法で、マルキオンの神秘的な家系を崇拝する。
ウェアタグ人に知られている全ての神々と大気と海の聖霊が、ウェアタグ人に援助を与えるとされている。
“凪ぎと竜巻の致命的な女神”ブラスタロスから“津波の精霊”ソグまで。

ウェアタグが船を作り海へ出た初めての人である。
彼は、創始者マルキオンとトリオリーナの間に神々の時代に生まれた。
ウェアタグは、黄金の時代に多くの偉大な冒険を行なった。
その間、彼は偉大なドラゴンとレスリングを行い、そのほとんどで勝利した。
この結果、彼の子孫であるウェアタグ人は、海竜を召喚する呪文を得て、更に特別な海竜と戦い打ち負かす呪文をも得た。
これが行われると、竜の精霊は古き体に守護精霊として呪付される。

古き動物の体は魔術により強化され、宮殿であり素晴らしい船の殻へと変化する。
その船は時に、全長800m全幅200mにもなる。
竜の各部分は外洋種として使用される。
これらは、あなたの出身地である都市船“ネレオミの風”号と同様にウェアタグ人の偉大な都市船の起源である。
暗黒期にウェアタグは、最初もしくはそれらの船に乗り、彼は彼の近親であるマルキオンの他の子孫を救うために混沌の海越えて航海したことにより、不滅の名声を得た。

ウェアタグ人の巨大な船は、夜明けの時代の海を支配した。
しかし第二期のジルステラの神知者がウェアタグ人の外洋船の製造と航行方法を暴くという不意のトラブに対応できなかった。
神知者はウェアタグ人の編成した艦隊に対して凄惨な戦いを行なった。
タニアンの致命的な火の山、燃えるミスの大きな塊、を彼らに向かい解き放ち半数の人々を破壊した。

この戦いの生存者は恐怖により逃げ出した
2世紀以上ウェアタグ人はひっそりと残っていた
主要な航路からはひっそりと逃げ延び、裕福な海洋帝国に対して海賊・山賊行為を行なっていた。
あなたは第二期の終わりに生まれた
ウェアダグ人の無敵艦隊が密かに編成され、もう一度ジルステラに挑戦するために航行した
あなたは、ジルステラ大陸に台風やハリケーンが打ち付けられ、津波が襲い、そして最後に死の波により溺死したのを見た
あなたはこの偉大なる戦いに勝った
しかし、対価も大きく無敵艦隊は元の強さを持っていなかった。

第二期の終わりに、強大な呪いにより海が封鎖された。
これは最高の魔法使いであるザブールの家を中心にブリソスから広まった
全ての交易品が波にさらわれた。
船に住んでいた者全ては、この計算された大虐殺により一掃された。
何艘かの偉大な都市船は座礁して廃墟となった。
その他は、そこから誰も帰ってこない不滅の土地に向かった。
ほとんどが、あなたの船員が選んだように、世界の中心である巨大なマガスタの渦、水中にある異世界につながる地界へと一度ならずとも出航

永久の時代、あたなたの都市船は原始の地獄の海を航行した。
不滅の雰囲気が漂う暗黒の地界を冒険を繰り返した。
卑しいモノがあなたの船をスティクスの黒い水に沈めようとするか、地獄の最も遠い海岸に置き去りにされるよう誘惑した。
あなたの家族や指揮官を連れ去り、友人である船員が消えていった。
あなたは地界の全ての不安や恐怖を行き渡らし、あなたが選んだ航路は直進で真実であった。
あなたの部下は生きている間死に勇敢に立ち向かい、生き残った。
あなたの強大な船はスティクス海を進み、世界を取り囲むSramak川にたどり着いた。
そして、常命の人々が住む内界の西方の太洋に戻ってきた。
現在、あなた自身はお男の中の男として知られている。

ソグ市はあなたの船の古代からの母港である。
ソグ市は、広大な乾ドックがあり、そこでは治癒を含んだ修理ができる、それが地獄の旅で傷を負ったものであったとしても。
ソグ市には何千ものウェアタグ人が住んでおり、あなたの船員の補給要員として沢山参加した。
“ネレオミ海の風”号を出航させた、領土を探し船を帰港する準備するために

今朝ついたあなたは、街に住むグリーンスキンのウェアタグ人から熱狂的に迎え入れられた。
ほどなく、教会の評議会はあなたが偶然に到着したことを知った。

あなたは、この機会に新し政治・経済に適応させることを決心した。
多くの西方の土地・海が教会の管轄下にあり、あなたは、現在のウェアタグ人の役割を見ることができる



◆政治的目標

あなたの目的は、あなたが地元の人、ウェアタグ人の双方に受けれられるかに依存する。

(1)“ネレオミの風”号の修理:最後に船がいたのは第二期の乾ドックである。あなたは街の重臣に入れる許可を得る必要がある

(2)封鎖を原因となった者を見つける

(3)ウェアタグ人が太洋を支配して貿易品を運ぶ。現在は、多くの勢力が航路を握ってる。彼らの指標をとり海の貿易の一部を取る方法があるかどうかを確認する必要がある。また、昔の独占状態を再度確立するために彼らを滅ぼす。

(4)地元のウェアタグ人はあなたの見方か?漁民から2種類のウェアタグ人がいることを学んだ、原住民であるグリーンスキンと船員であるブルースキン。船長が訪れると、あなたのためにはたらく人を得ることができる。

(5)情報を集める。あなたの船員は西方で起こっている出来事に興味をそそられている。特に、海軍に関しては。あなたは実態をあまり把握してない。

(6)貿易。ウェアタグ人にとって貿易は常に正道である。そしてあなたは土地に住む人々を魅了する面白い品をたくさん持っている。

(7)搭乗券を販売する。ソグ市は津波に襲われ、ほんの少しの竜船が残っていることを聞いた。これは手っ取り早くお金を稼ぐチャンス?



◆知ってる人





Abdelcar, Vadeli Observer: this race has been disowned by most right-thinking
people as illegitimate (outside the Natural Laws and the Law of the Prophet
Malkion). In the past they have been implacable enemies of the Waertagi.
Moreover, in this Age of the world they are a powerful seafaring nation. You
remember meeting this Vadeli once, soon after you were born, at an ill-judged
peace conference.


Judge Grudd, Mayor of Sog City: a human who preserves the fragile rule of Law in
Sog City. He may become a foe, if you decide to reclaim the city for the
Waertagi through your contacts with the Blues and Greens, but there is no need
to let him know this yet.


Guisidio Capratis, Bishop of Neleoswal: this man is from the trading nation of
Pasos which has a powerful fleet in the region.


Pelinorius Staarki, Vice-Chancellor of the University: a human who seeks to
expound the Mysteries of the Deep. His meddling and false prophecies have
escalated the mood of crisis in the city, stirring up dissension between the
Blue and Green Waertagi natives. Moreover, he is believed to be in communication
with the Brithini Overlords who secretly rule the city from their Brass Citadel.


Portin Dunbar, Hereditary Conciliator of the Council: he supervises the council
and will be the one to give you the vote that is your right.


●ノロス司教サティアス:ロカール派司教はノロス公国の艦隊司令官


◆宗教的態度

あなたは、あなたの祖先であるマルキオンの息子であるウェアタグの信奉者である。
閉じた本の土地の住人は、取るに足らないカーストと戒めの先入観があるが、海の波の前には妥当ではない。
特に、全ての神々、精霊と他勢力である異教徒の解雇が珍しい。マルキオン自身が風と波の子である!

ウェアタグ人は伝統的に西方の宗教的論争に中立を維持している。この古来の姿勢を維持することは必要ではないものの、それは地元の人があなたに期待するものである。あなたの乗務員もあなた自身も任意のマルキオン派に転向することもできる。

あなたはこの事実によりあなたの投票権をあなたの目的や目標をサポートしてくれる任意の派閥に売ることができる。



◆噂

(1)いく人かの人間の船員は、恐ろしい海の怪物が彼らの船を襲ったことに不満をこぼしていた。彼らは、多くの船の謎の失踪について忌々しく思っていた。うーん、これは貴方の都市船と親しい海の生物を使って海を航行して・・・

(2)賢く年をとった乞食が言った、「 when you cursed Zzabur and the Brithini for the Closing that the Vadeli shall not be blamed for nothing」

(3)商人は言った「多くの人が商業貿易都市ソグとロスカルムを求め探している」



◆貿易品/特殊アイテム

●Arktanian 牡蠣:あなたはこの魔法のように協力な物質の限られた供給がある。これは多くの魔術師が不死の呪文で使用する。彼らは売る、もしくは頼み事・誓約をすることができる。不死の呪文は、通常、敬虔なマルキオン教徒では禁止されている。Arktanian 牡蠣をあなたから買おうと思っている者は、おそらく黒い手紙が簡単である。少なくとも1つ100クラウンはする。

●スティクス水:あなたは非常に強力な液体を非常に少量持っている。物忘れと睡眠を誘発し、不死者を破壊することができる。すくなくとも1つ50‐100クラウンはする。

●搭乗券:あなたは大量の搭乗券を所持している。古代の習慣(実際には神聖な書物)によると、搭乗券の所持者は、すべてのウェアタグ人の船に乗ることが許可される。その船は、目的の方向に移動し、予備の貨物を積むことができる。あなたは個人客向け(一人の客に十分なスペース)とブロック予約(これは軍の大規模な遺体を輸送するために使用することができる)を提供する。ウェアタグ人の船はこの護符を所持していないものを運ぶことはない。少なくとも1つ50クラウンはする、ヒステリーのレベルによるが。


◆特別な技能/魔術

●古代の水夫:あなたは、地獄に行き帰ってきた者である。あなたは物語を語ることができ、聴衆は目を輝かせ釘付けにさせる。

●どんちゃん騒ぎ:あなたは良い時間を過ごすことに熟達しており、パーティーは人生であり魂でもある。一方、あなたは情報を引き出すことに使用することもできる。

●ブルースキン(船員のウェアタグ人?)接触:ウェアタグ人の船長は、座礁して取り残されたブルースキンを船員として参加させることができる。

●グリーンスキン(漁師のウェアタグ人?)接触:ウェアタグ人の船長は、地元のグリーンスキンを港湾労働者として働かすことができる。

●Intimidate: You can impose your will on another character.

●魔術ダメージ抵抗:もし暗殺者か騎士があなたを攻撃しても、彼らの攻撃ダメージは最大になることはない

●ソグ召喚:処女を生贄に捧げることにより、巨大な津波を召喚することができる。通常、この呪文は船をドッグに入れるときに使用するが、その他の使用方法もある。



訳:

◆参考資料を適当に日本語訳(途中)


ジュナーテラ大陸のスンチェン族

緑の時代、何にも確かな形はなかった。全てはそれがありたかったものは何ででもあることができた。そして、気まぐれに形を変えた。しかし、人々が結果をもった決定をしたとき、そのような無邪気さは急速に衰えた。世界の自然の変異性が失われ、存在は、形・力・関係を負った。

黄金の時代を通し、大部分のより大きな世界は形になった。特に、神とそれよりも矮小な存在の境界は。神と強大な精霊は未だ姿を変えることができたが、多くの死すべきものは違った。動物の人々は例外であった。これらの人々は自然に動物と人の姿に変わることができた。人間の形をした、そして獣の形をした動物は一族として一緒に住んだ。それは彼らが同じ魂を持ているからであり、身体的姿は付帯的なものであったからである。異なる部族は、この区別を異なる方法で行うという見解である。狼であるテルモリ族は、狼とスンチェン人を狼族のそれぞれ4つ足と2つ足のメンバーとして考えている。トナカイであるアンコリング族(Uncoling)は、彼らは偶然に人間に変わることができるトナカイであると信じている。フクロウであるフラリ族(Flari)は反対のアプローチをしている、彼らはフクロウに変わることが出来る人間であると。

テルモリと彼の部族が太陽を食べたとき、長い冬(the Long Winter)が始まり、全てが悪くなった。動物の人々の多くは、彼らの伝統に従って、生き残る他のどの方法も始めることを拒否した。他の人は彼らの伝統を断念して、彼らの一族との彼らの関係を失った。そして、ちょうど人間またはちょうど動物になった。この方法は多くの他部族が絶える間、現代の歴史の世界にたいする敵対的な多くの生存者をだした。

この生存者は今日クラロレア語でスンチェン人と呼ばれ、帝国の時代(Imperial Age)に神知者により広められた。それらの勇敢な探検家は、彼らの西のばらまかれて弱い原始的な部族がが、クラロレラのシャンシャン山を支配した東の種族のそれらに類似した伝統を続けるということを発見した。彼らは、彼らの相互作用を観察するために大陸を横切ってあちこちに賢者を輸送した。そして、このように、互いから長く失われた一部の部族を結びつけた。従って、曙時代と比べて伝統は現在大陸を横切って類似していさえする。

神知者は、帝国の世代の間、スンチェン人の多くの研究を行った。彼らは、ダマリ族(Damali)のようにパマールテラや東方諸島に追い払われた部族を発見した。例えば、Wastesとパマールテラでバスモリ族を、Teshnos でソファリ族(Sofali )を。彼らの発見の重要な手がかりのうちの1つは、分離に関係なく、与えられたトーテムの全てのスンチェン人が同じ考え方をしたという事実であった。明らかに関連したスンチェン民族、例えばヤマアラシであるゾナティ族(Zonati)とストリコート族(Stricort)が異なる言語を話したとき、神知者は彼らが関係がなかったことを示すことができた。他方、離散したグループの異なる人類が同じ言語(そのことはラリオスとクラロレラのダマリ族にとって真実だった)を話したとき、神知者は彼らを同じトーテムに属していることと確認することができた。

スンチェン人の人々は、その他の普通の人々をほんの少しだけ違って生まれているが、彼らは祖先の動物と接触し先天的に知り感じている。祈祷師は彼らの伝統と再びつながることを手伝い、彼らの失われた魂を元に戻し、彼らの祖先がかつて失った動物の能力を与える。全ての大人のスンチェン人は、少なくとも彼らの祖先の獣の身体的な特徴をとることができ、そして彼らの英雄は完全に獣化することができる。

全てのスンチェン人はコルガツ(Korgatsu)の伝統を共有している。コルガツは最も有名なスンチェン人宇宙竜(時には蛇と言われている)の名前であり、彼はバラバラにされた。彼のバラバラにされた体が世界と住民を作った。死が生まれたとき、忠実な信者と道徳的な人々は精霊界でコルガツは再び発見した。彼らはまだ生きている子孫を助ける方法と再び生まれ変わる方法を学んだ、そして新しい儀式が必要だったものは世界を維持する。あらゆるスンチェン人の部族は、彼らの伝統の範囲内で変異する。しかし、宗教のもっとも深い本質は同じである。全てのスンチェン人は世界の統治者である動物を尊ぶ。伝統は、大部分の少数動物相(時々敵として)場所・植物を含む。プラロリ(Pralori)と呼ばれる1部族の起源神話はAnaxial's Roster の59ページ目で語られる。

スンチェン人は、どのようなテクノロジーに対しても深い不信感を共有し、石器時代レベルと考えるよりも大きい。このように、彼らは土を耕すか、奴隷として動物を結びつけることを拒否する。彼らは、文明が地球への憎悪であり文明人は惨めで弱い人々であると考える。彼らは、有神論と魔道を使う人を、コルガツを失い必死に見当違いの努力によって生き残るをひととみなしている。このように、全ての本当のスンチェン人は、そのような魔法を遠ざける。

大部分のスンチェン人は哺乳類と関連があるが、少数ではあるがトーテムが鳥や爬虫類と同族関係であると主張するものもいる。ゴラキーキの伝統は著しくスンチェン人の伝統と酷似しているが、それは古代の暗黒を起源としておりコルガツではない。そして、ゴラキーキを信奉するトロールは決してスンチェンとは呼ばれない。しばしば、無知な者に誤ってスンチェン人として呼ばれる部族がいる。例えばクラロレアの女狐であるヴァスカラサス族(Vuskarasas)や、ラリオスの犬であるセドラリ族(Sedrali)である。

10の偉大なるスンチェン人の部族がジュナーテラ大陸に住んでいる。各々は、かなりの人口と相当大きい母国を持って、また事実、実際に異なったいくつかの民族を含むかもしれない。このように、ラソーリのクマ人々は、実際に茶色のクマ人々、黒人のクマ人々と青いクマ人々を含むいくつかのグループから成る。それに加えて、不確実な数のより小さい「部族」が存在する。そして、そのほとんどは典型的なヒョルト人の部族より小さい。例えば、ラソーリの中で1ダースかそれ以上の部族が生活している、フラリ族(フクロウ)、ホガリ族(モンモス)、ロタリ族(フロネラアライグマ)を含む。これらのいくつかは下で記述されるが全てではない。イロイロなそのほかの小さなスンチェン人の部族が50000人程度のラソーリの中で生活している。このように、ナレーターが小さいスンチェン族をつくりたいならば、彼は簡単にそれをラソーリの中で生きることとして正当化することができる。また他の大きいスンチェン族に、彼らの間で生きているそのような小さい部族がいるかもしれない。

多数のスンチェン人がパマールテラ大陸に住んでいるが、かられをここでは解説しない。多くの部族は、現在絶えているか他の文明に吸収され、この記事の範囲を超えている。

◆ジュナーテラ大陸のスンチェンの10大部族

▼ラソーリ族(熊)
人口: 900,000 (大部分は Irgari).
母国: ラソレラ (フロネラ)

ラソーリ族は大陸で唯一人口のスンチェン人で、おそらく全体としてジュナーテラを横断した。ラソーラは偉大な白熊であり、スンチェン人は彼の子孫と実際にいくつかの関連した部族から成る集団をまとめてラソーリ族として敬意を表している。大多数は、灰色がかった茶色の熊をトーテムにもつイルガリ族(Irgari)である。しかし、黒熊の一族であるイルダギ族(Irdagi)ととても少人数の青熊の子孫であるとして知られているオレンラー族(Irdagi)はは重要な少数派をつくる。この3つの集団は、お互いに平和に暮らし、一般的に同じ文化を共有している。多くの少数部族は、同様に彼らの間で生きている。そして、しばしば、専門的な魔術的な職務を果たす。ラソーリ族は多数部族であり、北の大きい松の森の中の小さな村に集まる。Erigiaからのアルドルアミの逃亡者は、彼らに強力な長弓の使い方を教え、彼らをジュナーテラでこの武器の唯一の非アルドルアミの使用者にした。

全てのラソーリ族は、シンディック封鎖の影響を受けた。彼らはそのとき冬篭りをしており、彼らが眼が覚めたときは次の春ではなく、10年もしくは1世紀後であった。悪名名高い狂戦士ハレックは、元々ラソーリ族の中の部族出身であった。

▼ダマリ族(ファロージカ)
人口: 250,000.
母国: シャンシャン山脈; 西方に追いやられる (主に ラリオス)

ダマリ族はジュナーテラ大陸を横断して広く分布している。大多数のダマリ族はシャンシャン山の山麓の丘で暮らしている。しかし、少数はラリオス東部荒野とペローリアの南部で、プラロリ族とラソーリ族の間で暮らしている。ダマリ族は、一般的に平和的で、大部分の彼らの隣人と良い関係を保っている。東西の集団が同じ伝統を共有しファロージカの一族であるが、彼らは別の人種である。ラリオスのスンチェン人はウェアラン語族であるが、東方の彼らの一族はクラロレア語族である。

▼Lo-fak (ヤク)
人口: 210,000.
母国: シャンシャン山脈、ペントの外れ

Lo-fak族は通常の人と比べると重く作られているが、クラロレアの低地の者は、実際には人間外ではないと主張する。Lo-fak族は、主に彼らの動物と離れて暮らし、頻繁な低地の者の強襲を補い合う。彼らは比較的定住し非遊牧民であるが、もちろん農民ではない。大半のLo-fak族はシャンシャン山脈に住むが、部族としてはよく移動して最北端はペントまで到達する。


  • 途中までざっくりと訳したけど、後は各部族の説明なので止め -- (kon) 2009-10-01 17:07:57
  • おお、おつかれサマーです! -- (なゆた) 2009-10-01 21:57:12
  • お疲れ様です。ここへの書き込みはこれでいいのかな? -- (hayase) 2009-10-03 00:09:22
  • コメントログからじゃなくて親記事からポストするのが正解です。いちおう正しく見えるように修正しておきました。 -- (なゆた) 2009-10-03 01:54:18
  • 以前に見せてもらったやつの訳の途中。が、やはりキャラシの一部らしく半分くらいは個人的なものっぽ。なんせ、第二期の生き残りだしw -- (kon) 2011-09-30 12:44:16
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る