キャンペーン > 大大 > 20091219

20090926| 20090926/コメントログ| 20091031| 20091031/コメントログ| 20091128| 20091128/コメントログ| 20091219| 20091219/コメントログ| 20100123| 20100220| 20100220/コメントログ| 20100320| 20100320/コメントログ| 20100403| 20100403/コメントログ| 20100510| 20100510/コメントログ| 20100619| 20100619/コメントログ| 20100703| 20100703/コメントログ| 20100731| 20100731/コメントログ| 20100828| 20100904| 20100911| 20101120| 20101225| 20101225/コメントログ| 20110115| 20110129| 20110219| 20110219/コメントログ| 20110326| 20110402| 20110402/コメントログ| 20110423| 20110423/コメントログ| 20110430| 20110723| 20110806| 20110820| 20110820/コメントログ| 20110903| 20110903/コメントログ| 20110924| 20110924/コメントログ| 20111001| 20111105| 20111126| 20120107| 20120128| 20120218| 20120414| 20120922| 20120922/コメントログ| 20120929| 20121201| 20130316| 20130427| 20130601| 20130615| 20130615/コメントログ| 20131006| 20131104| 20131104/コメントログ| 20131116| 20140426| 20140524| 20141004| 20141004/コメントログ| 20141115| 20141206| 20141206/コメントログ| 20150131| 20150221| 20150307| 20150516| 20150516/コメントログ| 20150530| 20150530/コメントログ| 20150704| 20150704/コメントログ| 20150822| 20150829| 20151031| 20151031/コメントログ| 20151107| 20151122| 20151122/コメントログ| 20151212| 20160130| 20160403| 20160403/コメントログ| 20160423| 20160423/コメントログ| 20160730| 20160827| 20161022| 20161029| 20161112| 20161224| 20170211| 20170422| 20170527| 20170610| 20170701| カラドラランド| カラドラランド/コメントログ| キャラクターズ| キャラクターズ/コメントログ| キャラクターズ/海の剣歯猫団| キャラクターズ/海の剣歯猫団/コメントログ| キャラクターズ/海の狼リスト| テシュノス| ビエラの爪彩| 参考資料| 参考資料/コメントログ| 炎岩奔流メッサーラ

第4話:


◆参加者
ののの氏:サラ(スンチェンの11才の猫娘)
早瀬氏:レイ(オトコリオン単神教会の徒弟)
Kon:ガイ(オーランスの風の王、でも非活動)

◆ログ
注意深く台座をずらしていくレイ。ガイとサラはSTRが低すぎて役に立たない。白骨化した死体と副葬品が現れ目を奪われていた3人の背後から徐々にせまってくる4つの影。不意に背後に気配を感じて振り返る3人。そこには、ガノトトス状の魚人4人が洞窟へと上がってくる。一応しゃべりかけるサラだが返事はない。と同時に剣を抜きじりじりと前進するレイとガイ。ガイは一瞥して相手が弱いのを見抜き、レイとサラの戦いの実力を見極めようとする。サラは呪文を投射するも抵抗される。レイは剣を振るうが当たらない。ガイは切った感触からも4体が大したことがないのを確認して、2体倒して後は様子を見ようと決心する。すると、ラウンドエンドに魚人が水を吐いてくる。ガイは問題なく避け、レイは耐傷で跳ね返す。呪文が効かないと悟ったサラが槍を構えて参戦する。すると、剣を当てて調子にのったレイが蹴りでファンブルをだし、転倒。滑りやすい坂道であったので、そのまま水の中に転がり落ちていく。途中サラの脚につかまったが、サラの体重ではレイを支えきれずにそのまま2人と魚人2匹は水の中に落ちていく。余裕の状態から一転して心の余裕を失うガイ。出血覚悟で目の前の魚人を切り捨てて、水の中に助けに行く。命の皮がかかっているサラと泳ぐのが苦手なレイ。サラは手に持っていた槍と光源を落としてしまい、まずは光呪文の投射を行い成功。視界が確保されたので、槍を取りに行こうとするが魚人が襲い掛かってくる。すると、魚人の槍が脚に突き刺さり、脚は不具化+HPが1になり気絶。当然、ラウンドエンドに出血でHPが0になる。が、ガイの治癒1が間に合い、死亡は免れる。サラは自分に治癒1を投射して、傷を治していく。その間にガイはサラを襲った魚人を倒す。レイは耐傷があるために、傷を食らうことはないが、如何せん攻撃が当たらず苦戦。しかし、ようやく振るった剣が相手に当たり、傷を負わせる。後処理は面倒なので割愛になる。

水から上がった3人は、白骨化した死体及び副葬品が消えていることを発見。ガイが跡をしらべると、どうも自ら立ち上がった形跡があることを発見。一応、台座に封じこめている使い魔に確認するが要領を得ない。これ以上ここにいるとガスのために危険と判断して、帰ることにする。

洞窟を出たところでガイが追跡の77クリットで入り口に狩人の長が来ていた後を発見する。疲労+傷の治癒のために休養を入れるサラとガイ。その間にレイは呪付物の製作を行い、成功する。

今までのことをハクの祖父に聞こうと向かう3人。するとハクが客人がきていることを告げる。その間にサラとハクは花輪を作ることに。それに何故か参加するレイ。ガイは狩人の長が来ていることを知り、聞き耳を立てるが気づかれてそのまま家の中に入る。狩人の長に何故洞窟に出向いたのかを問い詰めるガイ。事態の収拾のために皆を呼ぶ長老。人間知識の77クリットで狩人の長が空の祈祷師の一族であることを察するガイ。狩人の長はガイの追及を無視して立ち去る。その際にガイは狩人の長に喧嘩を売る。目の前で行われているやり取りに取り乱すサラ。長老から婉曲な言い回しで怒られ、それが理解できて落ち込むサラ。更に長老に対して脅しを入れるガイ。不穏当な空気を察して退散することを告げるサラ。ちなみにガイの行いで、サラの島の名声値は低下。

空の祈祷師のところに向かった3人。洞窟であったことを聞くサラ。すると、まず聞く前に自分で調べられることは調べてくることが大事だと、婉曲に怒られるサラ。で、それにまたも気がついて落ち込むサラ。話が一段落したところで、狩人の長のことについて聞くガイ。ガイと空の祈祷師の間で交わされている会話を聞いて、グチャグチャした内容が理解できてしまったサラ。で、最後には空の祈祷師にも脅しを入れるガイ。何とかとりなしに成功して、名声値の低下にはいたらなかったサラだが、これ以上いると自分への被害が甚大になることが分かり退散する。



▼次回予告
大変です~サラにゃんが大変です~
漂流者さんが狩人の長さんに喧嘩をふっかけてしまいました~
漂流物はサラにゃんのモノなので、責任はサラにゃんに降りかかってしまいます~
ブヨ神様も漂流者もサラにゃんに迷惑をかけたら メってしますよ?
『Rune Quest 3rd edittion 大大 第5話、猟兵の咆哮と不和の種』
何があってもハクはサラにゃんの友達だよ!


▼ガイの千夜一夜物語(宴席で酒を飲みつつ入信者にホラを吹く)「第4夜」

墓場なんぞを荒らすのはちっと気が引けるが、久しぶりに冒険の匂いがしてきてちょとばっかしテンションが上がってきたのよ。そんなことだからかな、後ろから迫ってくる化物に気がつかなかったんだな。ちょっと嫌な感じがして振り返ったらよ、そこにゃ魚人の群れがいたわけよ。魚人って分かるか?俺も始めて見たが、子供っ位の大きさの魚に手足が生えて二足歩行でにじり寄ってくる、つー輩よ。そう、あれだ、鈍くなったトロールキンみたいな感じ?まぁ、そんな奴らだから、地上に上がってきたら、それこそそこら辺のガキよりも弱そうでな。だけど、生っ白いガキとスンチェン娘の訓練用には丁度良い感じなわけよ。俺にかかれば奴らなんぞたいしたことがないんで、奴ら用に1匹づつ残して後は全部倒して、さぁ、奴らの訓練でもするかと思った矢先よ。ガキが始めて剣を当てて舞い上がっちまったのか、蹴りを繰り出したんだな。下が濡れた若干の勾配がある水際だぜ?ちょっと考えれば分かることだが、そんなとこでバランスを崩せば一気に水の中に落ちるよな。魚人っぽい外見をしてる以上、水の中のほうが強い、つーのも自明の理だろ。あのガキは蹴りをだして、バランスを崩して、水の中。途中にスンチェン娘の脚にしがみ付きやがったから、娘も一緒に水の中だ。一瞬唖然としたね。まぁ直ぐに、気を取り直して俺も水の中に飛び込んで奴らを救出したけどな。呪いのおかげで全身から血が噴出すわ、久しぶりの水中戦で魚人と戦うわで、そりゃまぁ、ちっとは大変だったけどな。

水から上がって、もう一度墓の中を見ようとしたら、そこにあったはずの骸骨と副葬品がなくなってたね。念の為に墓場の中を捜索したら、どうも、誰かが骸骨を取り出したんじゃなくて、骸骨が自分から立ち上がったような形跡が残ってたんだな。信じられないとも思ったが、魔道師の墓だった可能性が高いんで、まぁ何が起きても不思議じゃないよな。洞窟の中にゃガスが出てたんで、いったん休憩の為に外に出たんだ。すると洞窟の入り口に魚の鱗が落ちてたのを発見したのよ。俺はピンときたね、この鱗はスンチェンの狩人長の鎧のものだってな。洞窟の場所は聖域で奴らには入れないはずの所に、落ちてるんだぜ、これは絶対に何かあるよな?奴に確認に行ったが、ノラリクラリ交わしやがるんだ。まぁ、何となく面白くなりそうだから、奴に脅しを入れといて奴から喧嘩を吹っかけてくるのを待つ戦法を取ることにしたね、俺は。そこに祈祷師もいたんだが、奴は何か言いた気な顔をしやがるから、そいつには一応警告をしてやったんだ、あの狩人の長は混沌に魅入られてるってな!



▼レイヒルトの日記「石の華」(嵐/7)


何というか今回も酷い目にあった・・・。何とか洞窟から帰って来れてホッと・・・できないぃ~。
ガイ頼むから大人しくしていてくれ~。とりあえず、その時のナマの状況で記録していこう・・・。


サラが石造の中にいる何かと話していたが、サラの言語力では会話に進展が無い状況だったので、
仕方なくガイと二人で洞窟に突入。
魔力を全て使い切っている状況(残MP1)だから何かあった時の対処がほとんどできないのだが・・・


洞窟は、満潮になると前回の時のようにガスや油をそれほど気にしなくて済むのが助かる。
この油持ち帰れないかな。明かりや暖を取るのに使えるから便利。でも壺が手に入らないとダメか。


洞窟に入ると、石を削りだして作ったような「人が乗れる程度の大きさの花の石像」の前でサラが
ウロウロしていた。あらためて見るとこんな場所には、不釣合いな程に精巧に出来た石造だな。
とりあえず石の中の人物?と話をする事にした。無論、西方語で。


話の内容を要約すると中にいるのは魔導士の使い魔で、ガイが言うにはレッドキャップとの事。
聞いた事あるな、使い魔にできて、かなり強いと聞いているが、色々厄介な生き物だ。
使い魔にしたいとは思わないな。使い魔にするなら、「ニンフ」や「ドライアド」,
「シャドウキャット」や「バジリクス」なんかがいい。いかん妄想にふけってしまった。


何でも主を待っているらしいく、どうも捨てられたと思っている。
後は、しきりに血を欲しがっていて会話にならない。


いきなりガイが「混沌だ」何だで興奮して使い魔を倒そうとか言いはじめた。
やめれ~、せっかく封印されて無害な状況で情報が取れるかもしれないのに~。あっ、固まった。
なんでも「この島の儀式で敵役として使うのに必要。」との事で、気を静めたらしい。
そうそう、封印されている物を開放して、騒ぎを起こすなんてもってのほかだよ。


とりあえず皆で台座や周辺を捜索したが、儀式で使う壺らしきものは見当たらなかった。
でも、この石の花の台座が動くみたい。多分、中に壺があるのだろう。
なので台座を動かす事にした・・のだが・・何故? なぜ僕が力仕事をしなくちゃならないんだ?
肉体労働は、向いてないんだよ。いや、わかった、わかったよ、「筋肉はあるのに何故か全身から
血を出す」やつと「チビ」しかいないんじゃ僕しかいないよね・・・。(泣)


仕方なく台座を動かしてみると、パリパリっと何か剥がれる音。
おおっ、台座を動かしたから回りにあった鍾乳石の元が削れたのか・・・。剥がれた?確かこれって
そうやすやすと溜まらないよな・・・って事は、1回も動かした事が無い?という事は壺が無い?
あっ、何か白骨したいの足が出てきた・・・女の人っぽい・・・ここに埋葬されているって事は、
もしかして、使い魔の主?って事は、魔導士の亡骸。おおっ、副葬品なんかもある!
きっと呪付物に違いない!!やった、これで僕も"そこそこ"な魔導士になれる!!!


うっ、何か背後から気配が・・・魚?足が生えている・・・海から上がってきて・・・


何ていうかウナギ? 僕の呪付物を取りに来たのか!! しかも魔法が使えないタイミングで!!!
サラが話しかけたが反応無し。やはり敵!とりあえず倒そう!!倒すべきだ!!!


くっ、こいつら強い!僕の剣攻撃をかわすだなんて!!4体もなんて多すぎるチクショウ!!!
"耐傷"が無かったら2回は死んでいる。ガイが1体倒したが、もう1体に手こずっているみたいだ。
ヤツは、かなりの手練なハズなのにもたついているって事は、やはり手強いとみえる。


おっ、あたった!結構大ダメージ!!ならトドメの一撃!!!
ぐぉ、僕の必殺のハイキックをかわすなんて! しかもかわすと同時に足をすくうなんて!!
油断した。 きっと僕に攻撃が通じないからワザと1撃を受けて足をすくいやがったんだ!!


海に滑り落ちるから、近くにあったものをとっさにつかまったけど、サラの足か~!
サラじゃ、僕の体重を支えきれないぃ~。というかどうせならもっと色気のあるティンクの足に
しがみつ・・・じゃなかった。とにかくサラと魚野郎2匹をまきこんで、海に滑り落ちてしまった。


まずい!魚だから水中では向こうが有利。こっちは、呼吸が続かない。サラは、"命の皮"があるから
いいけど。なっ、サラのやつ明かりを落としやがった!明かりが無いと圧倒的に不利になる。
明かりを取りに行こうとしたけど、まともに泳げない僕では明かりに手が届かない!!


そうこうしているとガイが飛び込んできた。僕の方はとにかく明かりを取りに潜ろうとしていたが、
まわりがいきなり明るくなった。サラが光の精霊呪文を唱えたらしい。
なら"白熱"の棒にこだわる必要無し!さっさと上がろう・・・としたらサラが魚野郎の攻撃をまとも
に喰らって浮いた!!あいつが死んだらマズイ!でも、まともに守りに行く事もできないというか、
こっちにも何か来た~!!


とりあえず夢中で剣を振るっていたら剣があたって・・・でも倒せないぃ~!(泣)
とジタバタしてたら、ガイが倒して、サラを救っていた。よかった、首の皮1枚で繋がった・・・。
どこかで精霊治癒呪文の呪付物を手に入れないとダメかもしれない。検討しよう。


とりあえず、水から上がって一息ついて石の花を見たら・・・無い!死体が!!僕の呪付物が!!!
消えちまっている!!!!ガイが跡を調べたら、自分で立ち上がったとか言っている。
そんなわけあるか!!!呪付物が立ち上が・・・違った白骨死体が立ち上がるなんてありえない!


とりあえず落ち着いて考えよう。アンデッドならバンパイアという線が考えられるが、白骨化してい
る時点で、違うだろう。そうするとスケルトン?でもスケルトンなら知力がないから単純な行動しか
できないし。そうするとゴーストか。骨に取り付いていたのかも・・・。
いや自身を骨に呪縛していた・・・考え辛いな。ちなみに使い魔は、話かけたらまだいた。


洞窟内のどこにもいない・・・テレポートを使ったのか?使ったのなら相当な実力者。まずいかも。
どんなに探索しても、白骨や壺が見つからない。ガスの影響を受けてきたので、とりあえず台座を
戻して戻る事にした。


そういえば、レッドキャップが使い魔なら呪文や魔術技能を覚えていないかな?師匠の時は、時々
使い魔に教えてもらっていたし。もしかしたら教えてもらえるようにできるかも。


洞窟を出たところで、ガイが何か発見したが、ニヤニヤして教えてくれなかった。まあ、いいけど。
まずは、休みたい。とりあえず、チョット休んで魔力を多少回復した所で、呪付物を作成した。
これで、1週間強度1で魔法がかけられる!長かった長かったよ!!それではかけてみ・・・
魔力が全然足りない!!! ああっ、やはりハクから取り戻さないとダメだ~・・・。


全員回復したところで、報告と何か情報が聞けないか、ハクの祖父のところに出向く事になった。
で、家に着いたらハクに先客が来ているので家に上がってはダメと言ってから、サラといっしょに
花輪を作り始めた。なごむな~、ここはひとついっしょに花輪を作成して、仲良くなっておこう。


うっ、知らない間にガイが家にのりこんで騒ぎを起こしてる!! あっ、誰か降りてきた。
確か祭りに参加してた奴だ、こっちを一瞥して行ってしまった。
家に上がっていいと言われたので、上がってみると、サラが怒られている・・・サラの顔真っ青。
ガイはさっきの奴の事で爺さんを脅しているし・・・。あんまり騒ぎを大きくしないでくれ~。


その後は、情報収集に火を扱う祈祷師のところへ行ったが、またサラが怒られていた。
ちなみに話ている内容は、理解できなかったが、ガイが更に火を扱う祈祷師に脅しをかけてる。
これは、状況的にかなりまずい事になっているのでは・・・さっさと祈祷師の家を去る事にした。


とにかく後で、ガイに詳細を聞く事にしよう。どうもあの降りてきてた男に何かあるみたいだ・・。


でも、1つ問題が、取りに行った壺が無いのは、まずいのでは?
それとも石の花の中にあるんじゃろか?

  • 前回の飲み会時に次回予告はハクがやってる、といったことが判明したので、こんな風に -- (kon) 2009-12-21 10:39:26
  • なんといういまどき(ちょっと昔)な予告www -- (なゆた) 2009-12-21 21:27:52
  • ちょww予告軽いww
    -- (ののの) 2009-12-21 23:54:00
  • 日曜日の朝アニメを装った深夜アニメだな。ちっともジャンプじゃねー。w -- (aza) 2009-12-22 13:08:42
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る