キャンペーン > 大大 > 20100320

20090926| 20090926/コメントログ| 20091031| 20091031/コメントログ| 20091128| 20091128/コメントログ| 20091219| 20091219/コメントログ| 20100123| 20100220| 20100220/コメントログ| 20100320| 20100320/コメントログ| 20100403| 20100403/コメントログ| 20100510| 20100510/コメントログ| 20100619| 20100619/コメントログ| 20100703| 20100703/コメントログ| 20100731| 20100731/コメントログ| 20100828| 20100904| 20100911| 20101120| 20101225| 20101225/コメントログ| 20110115| 20110129| 20110219| 20110219/コメントログ| 20110326| 20110402| 20110402/コメントログ| 20110423| 20110423/コメントログ| 20110430| 20110723| 20110806| 20110820| 20110820/コメントログ| 20110903| 20110903/コメントログ| 20110924| 20110924/コメントログ| 20111001| 20111105| 20111126| 20120107| 20120128| 20120218| 20120414| 20120922| 20120922/コメントログ| 20120929| 20121201| 20130316| 20130427| 20130601| 20130615| 20130615/コメントログ| 20131006| 20131104| 20131104/コメントログ| 20131116| 20140426| 20140524| 20141004| 20141004/コメントログ| 20141115| 20141206| 20141206/コメントログ| 20150131| 20150221| 20150307| 20150516| 20150516/コメントログ| 20150530| 20150530/コメントログ| 20150704| 20150704/コメントログ| 20150822| 20150829| 20151031| 20151031/コメントログ| 20151107| 20151122| 20151122/コメントログ| 20151212| 20160130| 20160403| 20160403/コメントログ| 20160423| 20160423/コメントログ| 20160730| 20160827| 20161022| 20161029| 20161112| 20161224| 20170211| 20170422| 20170527| 20170610| 20170701| カラドラランド| カラドラランド/コメントログ| キャラクターズ| キャラクターズ/コメントログ| キャラクターズ/海の剣歯猫団| キャラクターズ/海の剣歯猫団/コメントログ| キャラクターズ/海の狼リスト| テシュノス| ビエラの爪彩| 参考資料| 参考資料/コメントログ| 炎岩奔流メッサーラ

第7話:『崩れ行く日常と渾然たる儀式』


◆参加者
ののの氏:サラ(スンチェンの12才の猫娘)
早瀬氏:レイ(オトコリオン単神教会の徒弟)
Kon:ガイ(オーランスの風の王、でも非活動)

◆ログ(01/00 以外のクリット/ファンブルは数えないことにしました)

上空から降りてきた女はレイからの問いでウェルマーという名であることが判明した。しかし、記憶が不鮮明であり、彼女から確たる情報を得ることはできなかった(おそらく毎日忘却チェックがある様子)。ただし、彼女はスンチェン語を理解しているにも関わらず、彼女の記憶では猫スンチェンはいないと主張しており、諸々の状況から第二期の海洋帝国の人間である可能性が高い。質量はSIZ換算で48程度あり、自分が魔導師である自覚はないが呪文で半減程度まで減ずることも可能。さらにレイは彼女の骨格は金属であることを見破っていた。ウェルマーは呼びにくいということで、着ている服の色から「紫」となり、最終的には「ゆかり」で落ち着いた。

洞窟から抜けるために、再び船で先を進む。すると、魚人の民の祭儀の場に到着し、その奥に続く道を見つける。サラが岸に船を接岸させようとしたところ、操船ファンブルで船が転覆。すると、レイがCONロールの77ファンブルで水を大量にのみ沈む。槍に呪付されている「肺えら呼吸(?)」をかけて助けにいくサラ。が、水泳ロールでファンブルをだし、足がつるサラ。最終的には魚人の手も借りてレイの救出には成功。ちなみにサラには魚人が人間に見えているが、その他の人にはクトゥルーな魚人にしか見えてない。魚人はレイのことを供物と思っていたが、なんとか誤解をといたサラだったが、流れ上、サラは魚人カルトに入信した。

村に戻ると、フンアンクンの武装アップを確認(鉄製のチェイン+鉄製ブロッソ)。魔導呪文がかけられている様子も確認するも、自分が呪文投射しているわけではなく、誰かにかけてもらっている様子。またフンアンクン派の台等が激しく、力で押さえつけている様子も垣間見られる。新たな儀式もフンアンクンが考案したもの。儀式形態的にはスンチェンっぽくはなくどちらかというと神聖カルトより。

イザナミイザナギに似た儀式を行ってハクを助けるのが今回の儀式の中核。禁忌の地での片道3日間でおそらく計6回の襲撃があると予測された。1日目、同行者が敵役となりサラが所持していた儀式で使用する魚を奪う。が、逃亡時に77ファンブルを出し自爆。1日目の昼間(昼夜逆転中で皆寝てる)、謎の睡魔に襲われHPを減らす程度ではおきなくなる現象が発生。時が立つほど起きていられる者が少なくなるので起きているものは寝ているものを担いで移動することに。が、起きている人数の関係上、一度で全員を全て連れて行っていけないため、起きているガイ&保守派+寝ている保守派&フンアンクン派2人を残して移動を開始(メンバー割りはフンアンクンが行った)。ガイは保守派の人に寝ている保守派を連れて皆に合流することを提案し了承を受ける。フンアンクンは自分の手下を置いていった者を回収させに向かわせるも戻ってこない。結局フンアンクン派の3人を置いて先に進むことになった。

▼次回予告

大変です~ハクがすっごく大変です~
このままだと俺様のお嫁さんになってしまいます!
ハクはサラにゃんのお嫁さんになりたいみゅ
ブヨ神様も漂流者もサラにゃんをちゃんと助けないとヤリますよ?
『Rune Quest 3rd edittion 大大 第2部・第3話、姫猫争奪戦』
強引と傲慢は違うものですお


▼ガイの千夜一夜物語(宴席で酒を飲みつつ昔を振り返る)「第7夜」

天井から降りてきた女は(胸を見ながら)美人だった。降りてきたときにドリフトかましながら降りてきたけど(胸を見ながら)美人だった。見たこともない髪の色・目の色だったけど(胸を見ながら)美人だった。変な服や変な靴を履いていたけど(胸を見ながら)美人だった。2頭立ての馬車よりも重そうだったけど(胸を見ながら)美人だった。イロイロとおかしなところはあるが、手触りは気持ちよかったり(胸を見ながら)美人なんで、いい奴に違いない。

洞窟を進んでいるときに分かったんだが、どうもレイは破滅的にカナヅチだ。1年前も水に落ちてパニックになって溺れてたが、今回も全く同様だった。俺とサラは船が転覆してもそれなりに泳げるから良いが、レイは全く駄目だな。どうも奴は水の中で息ができる呪文を使えるようなので、あらかじめかけとけよ、とかも思うが、呪文投射に関してはリスクとの兼ね合いだから、体験しながら自分にとって一番よい方法を確立させていかなきゃならんので、失敗も何らかの糧にはなるよな。まぁ2回同じこと繰り返してるから、希望があるかどうかは分からんが。そういや、サラが魚人カルトに入信してた。あんま詳しく聞いてないんで違うかもしれんが、サラの一家だけで社が維持できるわけがないんで、何かカラクリがあるとは思っていたが、一番妥当そうなところで落ち着いたな。

久しぶりに村に戻ると、空気が一変してたね。なんかギスギスとした空気だったよ。まぁ、こんなことどこにでもあることだよな。サーターで言えば山賊に村を襲われて生活基盤を破壊しつくされて生活が立ち行かなくなる。で、村を出ようとする若者と変わりたくないって年寄りって構図かな。意見を求められていないのに他人が口出しをすべき様な事柄じゃないし。どうせ、外に出るとか言っても外洋に出るあてなんてないだろうし。活気がないさまからすると破滅へと収束するんだろうよ。

魚鱗鎧の若造は、鉄製のチェインと鉄ブロッソを装備してやがった。紫の話にゃ、あの装備は議員の護衛用の装備らしい。つーことはこの島のどっかに神知者どもの遺跡があるってことだな。まぁ現状の装備じゃ(AP1、木刀のみ)俺でも勝てる確立は1割切ってるだろうから、この島の連中にすれば神のごとく、ってところだろうな。

奴が考案した儀式は特に物珍しいものじゃなかったね。誰に入れ知恵されたんだか分からんけど、儀式的には死者復活の儀だな。ただ、儀式の参加者にあまり説明してないんで成功しない確率もあるよな。誰かが予想外の行動をして儀式を壊すなんてことは良くあることだし。それに、あの場の空気からしても、あのまま儀式が進んでもハクは取り戻せないだろと思ったね。あの儀式の場はぬる過ぎる、まだ去年の方がましだったくらいにな。あのまま場が重くならなきゃ、まず召還すら成功しないな。まぁ、あれから場が重くなったとしたら、よく知らない儀式で上手く立ち回れる奴なんかは俺ぐらいなものだろうから、どちらにせよ成功する可能性は低いだろうな。まぁ成功されるとサラのモチベーションが下がるので、あまり成功はして欲しくないのが正直なところ。成功して祖霊の1体が戻ってきただけで満足してしまう可能性もあったからな。しかし、露骨に私が儀式の邪魔をするのもいただけないので、微妙なラインでの邪魔をするってことに決めた。一番簡単なところは、儀式の参加者を減らすってことだ。参加者全員に決められた役割がないってことは減っても問題ないことだし、人が減ればそれだけ失敗のリカバリーが利きにくくなるし良いことばっかだな。



▼レイヒルトの日記「姫の探索」(聖祝期)


何か思いもよらない光景を目にして、目が点になってしまった・・・
まあ、とりあえずは今回起こった事について、その時思った事も含め記そう。

上から降って来た女性は、ハイヒールで岩盤をゴリゴリと削りながら、華麗に着地を1回転ターン
して決めた後、サラを「ラブラットちゃん~(ハァト)」とか呼びながら抱きついた。ラブラット???
そういえば、サラの中にはレッドキャップが・・・もしかして使い魔のマスター?

見るとかなりの美人。でもあの服装は西方の人間だよな・・・。胸もでかいし・・・
サラのやつジタバタと彼女の胸の中・・・もとい腕の中で暴れてる。窒息してそうだな・・・

あっ、サラが落ちた。窒息か・・・うらやま・・シクナンカナイゾ!
こら、ガイ! スカートをめくろうとするな!! 私だってガマ・・いや女性に失礼だぞ。

しかし、普通、ハイヒール・・・普通は折れると思うのだが・・・というか普通飛び降りても岩盤に
めり込まないよな・・・むっ、そういえば石の花の下にあったガイコツって金属だったような・・。

確か死んだ聖人の骨は金属として世界に散らばっていると読んだ記憶が。もしかして聖人なのか!
見た目は魔導師に見えるから、魔導師のポジションに位置する聖人かもしれない!!
ならば復活もありうるかも!!!「再生」とか「手当て」の上位の呪文を使ったのかも!

もしかして、マルキオン様が、めぐり会わせてくれたのかも! 何とかして教えを請わないと!!

その女性に質問してみたのだが、どうも記憶が混乱というか不鮮明であまり覚えていないらしい。
前に使い魔から聞いた「ウェルマー」の名前を聞いて、自分の名前である事を思い出したぐらい。

まあ、そのうち思い出されるだろう。
ちなみにタペストリーに書いてある文字を見てもらったら年号が1050年頃に書かれたもので、自分が
居た頃は、タペストリーは無かったそうな。後、祝いの歌も書かれていた。
裏の氷付け?は、良くないものらしく封印しようとした人がいたらしいとの事。
ちなみに上にあった光源は、自室だそうだ。ずっと本を読んでいたらしい。
読んでいたのは恋愛もの。多分、時代的にはミラットルさんに近い時代にいた聖人と思われる。

そういえば、ミラットルさんについて書いた事が無かったな。ミラットルさんは、以前の遺跡探索で
発見したワカメ・・・じゃなくてミイラで、水をかけたら復活した半魚人の神官さん。
嵐で船が難破して離れ離れになり、私だけこの島にたどり着いたのだが・・・どうなったのだろう?

話を戻すが、彼女の名前が呼び辛いので、服の色から「ゆかり」とついた。誰だつけたのは?

とりあえず、御一緒してもらいたいので、サラ・・・もとい「ラブラット」ちゃんをダシにして
行動を共にしてもらう事に成功。儀式に参加する為に洞窟を抜けようと思ったが、「ゆかり」様が
船に乗ると船が沈みそうになる・・・沈み型からして我々3人の合計(SIZ38)よりも重いらしい・・
その後、何か呪文を唱えたみたいだったが・・・体重を半分にしたらしい・・・すごい!!!
SIZ減退にかけた強度と時間と魔力・・・どれをとっても凄過ぎる。(感動)

でも、船に4人は乗れなかった・・・(泣

で、後から着いて行くと言うので、3人で船に乗って出口へ・・・ドボン・・どうも潜ったらしい。
そのまま来た道を戻ったが行き止まりになっていた・・・どうやって入ったんだ?私たち・・・

仕方なく奥の道、音のする方向に船を進めると、洞窟に音が反響し何か歌のようなものが聞こえる。
更に進めると岸らしきものが見えてきて、水中に沢山の人型らしきものが集まっていた。
どうもサラいわく祭壇で、像が中心にあり祭儀中らしい。私には水の中は、見えないのだが・・・

岸に上がるべく、サラが船を接岸させようとした所で・・・あれ? 何で私は岸で寝ているんだ?

話をガイに聞くと溺れたらしい、頭が痛い、どうも船が引っくり返った時にぶつけたらしい・・・。
溺れた時の記憶が無いらしい。ふぅ、命の皮をかけられたなら溺れなかったのに・・・魔力さえ・・
サラが、居ないので聞いてみたら、どうも水の中で行われている儀式を行っているらしい。入信?

とりあえずサラが戻って来るまでの間、奥の洞窟をガイと探索したが、石の花のあった洞窟と同じ
臭いがしたので、探索を中止。サラとゆかり様が戻ったところで、洞窟を一気に抜けて地上に出た。

その後、ハクの爺さんの所に直行したが、フンの奴・・・フンアンクンが爺さんの・・・ボルティア
爺さんの家の前で待ち構えていた。そこで気になったのが彼の武装だった。見ると鉄製のチェイン
メイルにブロードソード。しかも白熱呪文のかかった道具まで所持している。何かが変だ。

で、爺さんと儀式について話すと、どうも儀式の内容が変更されたらしい。
内容については、フンが提案したものらしく。狩人の長が死んでフンが探索に成功してから
フンの派閥が強くなったらしい。でも儀式内容を聞くとどうもフンが考えたとは思えず胡散臭い。
爺さんは、かなり気分を害しているらしい。

内容としては、ハクの役が、拗ねて隠れたメスネコ。フンが探しに行くオスネコ。サラがおびき出
すネコらしい。むぅ、内容的には死者復活のクエストみたいだな。
フンいわく、禁忌の地での探索で、片道3日で行きの夜に3回襲われるとの事だが、ガイいわく、
帰りも襲われるらしい・・・もしかして自分に都合のよい情報しか出していないのかフンアンクン。

道中、魔法眼でこっそりフンの装備を確認したが深傷が剣にかかっていて、剣自体も鋼鉄製らしい。
変だ、この島にはそんな事ができる人間がいないはず・・・ゆかり様に聞くと議員の護衛役の装備
とか・・・つまり別の魔導師がいて、フンに入れ知恵しているのかも。

そういえば、クエストに関しては、書物で見るか師匠に聞いた程度しか知らないけど
これは、何かを手に入れるチャンスかも、頑張らねば。

禁忌の地に入るまで、何人かはぐれてしまった。

禁忌の地に入る前日に皆に1週間強度5の耐霊をかけた。

とりあえず禁忌の地で寝る前に皆に1週間強度5の深傷をかけた。

禁忌の地の1日目夜:サラが持っていた魚からいい臭いがしてきた。気づくとフンの下僕の1人が
魚を奪って逃げたので、追いかけると・・・こけた? うゎ、何かすごい事になっている。
とりあえずサラが魚を確保したので、サラを褒めてやるとフンが苦い顔をしていた。
あれ?サラを褒めるとフンにとってまずい何かがあるのか?ならば、サラを褒める方向で行こう!

禁忌の地の2日目昼:嫌な気配を感じたので、皆に忠告したが、何の気配か皆気づけず、疑われた。
一応、ちゃんと説明できたので、納得はしてもらえたが。その後、眠る順番が来たので眠ったら・・
ゆかり様に私が背負われていて、ゆかり様とフンが何か話している夢をみた・・・

後で聞いたのだが、あの場所で皆が魔法的な深い眠りについてしまい、危険と判断したのでキャンプ
地を離れたそうな。その時眠っている2人と戻った1人で、3人のフン派が脱落したとの事。

よかった! 置いて行かれなくて。(嬉泣  ふっふっふ、私の忠告を聞いていれば・・・
あっ、後でアピールしとこ。 でも、これで期せずしてフンの奴の味方が減ったので幸運かも。
とりあえず、ハクを取り戻した後で、フンを脱落させてやらねば。あいつは危険な気がする。
そうか別にフンの役を私がしても問題ないよな。ハクと祖霊が戻ればOKなのだし。

そして、儀式を成功させて早くゆかり様に魔法に関する教えを請わないと!!


  • クトゥルーいうなw -- (なゆた) 2010-04-03 12:25:30
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る