※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

千年王国主義者(ミレナリスト)派

イムヌス教の信仰体系の一つ、全ての世界が終りを告げた時に白き神がイムヌス教徒を永遠の千年王国へ導くとされる。楽園主義者とも呼ばれ、シンクゥトウス一族らなどイムヌス白貴族も多く信仰している。

世界の終りが来るとされ、その際に選ばれし民のみが白き神のいる楽園へ召されるというイムヌス教の楽園信仰の一つ。とくに白貴族や一般使徒に多い解釈である。PCノクテュルヌのウィンデッシュグレーツ公爵家などもこの解釈を信じている。