090130無名騎士藩国出身の孤児に関する声明

国籍について

帝國所属者に引き取られた無名騎士藩国出身の子どもたちについて、帝國が養育補助や身元引き受けを行うことは、先ごろ発表されたとおりです。
この政策に伴い、現在、宰相府の孤児院では複数の無名騎士藩国出身児童を預かっています。

宰相府藩国は犬猫の区別なく、彼らを保護することを約束します。
また、その身分については
  • 成人までは無名騎士藩国と宰相府藩国の多重国籍者として扱う
  • 成人後は、本人の意思で無名騎士藩国もしくは宰相府藩国のいずれか一方の国籍を選択できる
ものとします。
この件については、是空とおる共和国大統領、GENZ無名騎士藩国王、シロ宰相の認可が下りています。

GENZ藩王から、以下のコメントを頂いています。
「無名騎士藩国での戦乱によって父母を失った子供達を引き取ってくださり、ありがとうございます。これから国を立て直し、皆さんが胸をはって帰れるような国にしていくことを誓います。無名騎士藩出身、そして全ての子供達の幸せがあらんことを」

また他国出身の孤児についても、出身藩国が確認でき、なおかつ出身藩国の許可が取れる限りにおいて同様の手続きを行います。


遊具寄贈について

ケルベロス作戦による孤児増加を重くみて、風野緋璃の運営する孤児院の大規模増築を行ったことをお知らせします。
併せて遊具の購入も行いましたが、この際、無名騎士藩国の方々からもご出資頂きました。大切に使わせていただきます。
#無名騎士藩国の子を優遇とならないよう、孤児院増設に合わせた遊具追加としておきます

寄贈品
プラモデル、月刊「大人と子供の科学」、お人形の家
寄贈者
33-00232-02:赤峯:-1
33-00243-02:朝子:-2
33-00733-02:獅進:-2
33-00652-01:冴月:-2
00-00054-01:風野緋璃:-8


発表:風野緋璃@宰相府藩国
#国籍については秘書官長として、遊具寄贈については孤児院運営者としての声明になります