《レオナ・レグルス》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

身長:153cm
体重:46kg
誕生日:6月13日
血液型:B
趣味、特技:武器収集

通称愛称まっしんふぃあん。
極星帝国のAAA看板キャラクターであり使いこなすと強い。
名前がレイナに似ているが本家での能力も似ている。
シューティングセンスを使うと文句をたれる。


某スーパーロボットゲームの外伝をプレイして電波がきた。

レオナ「我が名はレオナ、レオナ・レグルス!悪を断つ剣なり!!」
もんちゅう「・・・・・・・?」
レオナ「我に、断てぬもの無し!     ふ、決まった。」
もんちゅう「なにをしているんだ?」
レオナ「ひっ!?軍師!?何故そこに、」
もんちゅう「ずっとここにいたんだがな、ところでなにをしていたんだ?」
レオナ「な、何もしておりません!なにも地球に存在する剣を持った巨大なロボに憧れてこんなことをしている訳ではありませんから」
もんちゅう「なに!?地球にそんな兵器が存在するだと!?うむ、でかしたぞレオナ!今すぐ陛下にこのことを伝えねば・・・、」
レオナ「え、えええええ!?いや、あの軍師!?それはですね、」

235 名前:名無しさん 投稿日:2008/09/18(木) 22:34:57 [ a.R1XBHwO ]
MB「なぁ、レオナよ」
レオナ「敵ですか?叩き斬ってきましょうか?」
MB「頼むから貧乳のままでいてくれ……デッキに貧乳、お前だけなんだよ。お前を愛用する理由はそこなんだからよ」
レオナ「え?あ、は、はぁ……ι(喜んで良いのかしら)」

413 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/10/22(水) 08:46:11 ID:M/vkEZS4O
 親譲りの無鉄砲で昔から損ばかりしている。
初めて二日目の時分全国へ厨デッキで挑んだことがある。なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。ホームの金星の戦いを見ていたら、同級生の一人が冗談に、いくら威張っていても、あのように全国で善戦する事は出来まい。弱虫やーい。とはやしたからである。結局連敗し帰り賃もなく迎えに来てもらった時、おやじが大きな眼をして 強くてあたりまえのモノを勝負事に持ち込むやつがあるか と云いったから、この次はテンプレを使わず挑んで見せますと答えた。
 親類のものからレオナを貰ってレアの輝きを日に翳(かざ)して、友達に見せていたら、一人がスキルは強そうだがそれだけでは勝てそうもないと云った。勝てない事があるか、誰にでも勝ってみせると受け合った。そんなら全国で勝ってみろと注文したから、何だ全国ぐらいこの通りだとレオナを加えた白黄で全国戦に切り込こんだ。幸い相手が殴りが大目だったのと、こちらにロビンと光が入っていたので、辛くもストレート負けだけは逃れた。しかし水神ガブと大海ミナへの理不尽感はすぐには消えぬ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。