■バレンタインスペシャル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

78 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/01/29(火) 02:46:17 ID:sPfbRdwfO
何か電波が飛んできた

――各勢力のプロフェッショナルにインタビューする「この人に聞け!」今回はバレンタインが近いので「恋」に関するプロ6名にお集まり頂きました。まずE.G.O.の宮坂さん。趣味がデートとありますが?
宮「うん。いつもはちょっと待たせちゃうんだけど…」
――黙れビッチ。
続いては阿羅耶識の西王母さん。縁結びの神様と聞きましたが、どうすればカップルになれますか?
西「妾に任せれば簡単じゃ」
――お前性別人数問わずだから駄目だろ。
さてWIZ―DOMのヴィヴィアンさん。恋愛相談に乗ってくれているそうですが…
美「あたしのラブマジックにかかればイチコロよ」
――お前のラブマジックは眠らせて襲うことか?
次に登場するのはディーヴィさん。慈愛の神様ということですが、他への愛ではなく自分の愛情を伝えるコツなどあれば…
泥「シヴァ様…」
――誰もお前の事なんか聞いちゃいねーよ。
ところで今は極星帝国所属のハニエルさん。特技に恋の仲介とありますが?
埴「恋は必ず自分と相手がいるからどちらかの心に囚われてはいけないかな」
――囚われてんのはアンタだろ。
さて最後になりましたが銀河女王国連邦のアミティエルさん。愛を司る天使として恋を叶えるコツなどあれば…
網「ラブ&ピース、です~」
――前後不覚になるのが恋ってことか。深いな。
いかがでしたか?各勢力のプロの声は?次回は「眠」をテーマに遠九砲低李裸の皆さんをお呼びする予定です。
それでは皆様さようなら!


79 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/01/29(火) 03:34:07 ID:neumXEthO
インタビュアー










ルミたん
----
229 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/06(水) 21:28:38 ID:6dY+NDB30
もーすぐバレンタインなのでーって事で思いついた。

―――5年前

レイナ「お呼びでしょうか。」
皇帝「レイナよ、このチョコレートの山を好きにするが良い。」
レイナ「はっ。 皇帝様はチョコレートがお嫌いでしたね。」
皇帝「そうなのだ。チョコアレルギーでな。お前と城の者がくれたカレーパンしか食えん。」
レイナ「では、バレンタインの日には皇帝様の大好物のカレーパンを渡すようにするのはいかがでしょうか?」
皇帝「それはいい考えだ!!」


翌年以降、極星帝国のバレンタインデーはチョコレートではなくカレーパンを渡すようになりましたとさ。

350 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/12(火) 22:52:43 ID:zty0CZBB0
中浦「日本人がお祭り騒ぎが好きなだけなのならまだ良いが、クリスマス程酷くはないにしろ聖なる日にただカップルか独り身かで
勝ち組負け組に分けるだけという風習はけしからん!そもそもバレンタインデーというのは昔、聖バレンタインという・・・」
つかさ「ただいまー♪はい、智律さんにバレンタインデーのプレゼントのネクタイ♪」
中浦「当時、の、こっ皇帝がだな、けけけ結婚をを禁じててててて(顔真っ赤)」

さすがに「チョコじゃなくて僕を(ry」はアケ板じゃ書けませんよね・・・

356 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/13(水) 01:33:00 ID:CR6WyXBY0
 突然こんなお手紙を差し上げてごめんなさい。
 ずっとあなたが好きでした。
 バレンタインデーの午後7時30分、ヴィーナスフォート2階噴水広場前でお待ちしています。
 来てくれたらうれしいです。


357 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/13(水) 01:35:06 ID:CR6WyXBY0
クリスタル「……れしいです。と……これでよろしいですか?」
カイム「うん、代筆ご苦労。父上、来てくれるかなあ?」
クリスタル「来てくださるといいですね」
カイム「のこのこやってきたら物陰からマヌケ面をみて嘲笑ってやるんだ♪」


372 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 00:28:56 ID:Xw4L+pVt0
さて、日付変わってヴィヴィアンの誕生日ですぜ
彼女は誕生日プレゼントにチョコレートばっかしもらってるのだろうか

ルルル・ルル

373 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 01:02:08 ID:jZ9+VSPu0
バレンタインということで昨日仕事中に妄想したことをば。


ルツィエ「バレンタインねぇ・・・あげる相手がいなきゃただの平日よね」
ルミ「ルーツィエさんっ♪探しました~」
ル「あら、ルミ。私に用?」
ル「はい、どうぞ。バレンタインのチョコです♪」
ル「へ・・・?」
ル「いつも守ってくださってありがとうございますです。
  今日はいつもお世話になっているお礼で・・・ルツィエさん?」
ル「(ルミが私に?っていうかバレンタインってチョコと一緒に告白とか
   何だとかする日じゃなかったっけ?わたし、ルミに告白された?
   でも女の子同士で結婚とか無理だしそもそもその先はどうするとか
   全然わかんないしマギナには絶対に喋れないしソニアにバレたら
   何て言われるかわからないし年増ーズには)」
ル「ルツィエさんっ、ルツィエさん!!」
ル「はっ!?あ、ゴ、ゴメン。ちょっとビックリしちゃって」
ル「・・・えっと、あの・・・ご迷惑だったでしょうか・・・」
ル「そんなことない!!」
ル「ひゃぁっ!」
ル「あ、えと・・・うん、嬉しいよ。ありがとう」
ル「えへへ、喜んでもらえてわたしも嬉しいです。じゃあ、お師匠さまに
  呼ばれているので失礼しますね」
ル「う、うん・・・」


ル「あ、これってホワイトデーにお返ししなきゃいけないのよね・・・
  って、それって男がすることじゃないの!?それはまずいわ!!」

と言って残りの授業をサボって帰り、その日のうちにルミにチョコを渡したものの、
翌日先生に怒られたのはまた別の話。

374 名前:373 投稿日:2008/02/14(木) 01:23:23 ID:jZ9+VSPu0
おまけ


黒ソフ「皆さん、今日、WIZ-DOMの錬金術士からチョコが届きました。
   『日頃の感謝の気持ちを込めてチョコを送ります』だそうです」
レテ「何だそれは?たかが礼ごときのためにわざわざ別勢力までチョコを
   届けてきたのか?」
ィア「私にも届いたぞ」
カマ「私にもだ」
レテ「・・・へ?」
ルシ「ふふ、ラシエルがこそこそ隠していたのはこれだな。
   レティクルには来ていないのか?」
レテ「・・・・・・」
ルシ「心配するな、私のところにも届いていない」
  (足元にはそれ以外の勢力からのチョコが満載された紙袋多数)
ルシ「慰めになってないわ!!」
カマ「元気出せ。WIZ-DOMにはお前は見えていないということだ」
レテ「・・・~~~」
ィア「いや、奴らも目の付け所は鋭いな」
レテ「貴様らーーー!!!!!」


だいぶアレンジしてますが元ネタ知っている人に一言。

「ならばよし!!」


375 名前:373 投稿日:2008/02/14(木) 01:31:23 ID:jZ9+VSPu0
なんか色々間違い発覚。
おまけのルシは黒ルシで、カマ・ィア・ラシには“WIZ-DOM勢の誰か”から
モノが届いているという設定でした。
青黒使ってると黒の面々は壁役になることが多いことから考えました。

以上です。

三色チョコレート

376 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 01:43:55 ID:j1XUQ4b/0
バレンタインか…三大魔道師で妄想してみた

ディーナ「はい、二人に」
ソニア「ほぇ?」
ディーナ「今日はバレンタインでしょう?腕によりをかけて作ってきたんです」
ソニア「おー…めっちゃ形綺麗だし…うまっ!」
ディーナ「『特技・料理』って書いてありますしね」

ステラ「………」
ディーナ「はい」
ステラ「どういう風の吹き回しだ」
ディーナ「ソニアにあげて、あなただけもらわないのは不自然でしょう?」
ステラ「毒とか入ってないだろうな」
ディーナ「いらないんでしたらいいですけど」
ステラ「…せっかく作ったんだ、もらおう」
ディーナ「最初からそうして下さい」
ステラ「…うむ、悪くないな」
ディーナ「ならよかったです(ニコッ」
ソニア「あ、ディーナがついにデレた」
ディーナ「素の力で殴り合ってもあなたには勝てるのですよ、ソニア?」
ソニア「ぶー…でも、二人がいがみ合ってると私もつらいんだよ、わかってる?」
ディーナ「う、そう言われると…」
ソニア「二人の板ばさみで私だって大変なんだから、ちょっとはわかってよ」
ディーナ「…ごめんなさい」
ステラ「…すまんな、ソニア」

ソニア「ま、でもステラがデレたら気持ち悪いとは思う」
ディーナ「あら、ソニアもわかってきたじゃないですか」
ステラ「絶対お返ししてやらんからな……」

377 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 05:42:20 ID:rC9x4f0yO
 >>376
こりはソニアに渡すからステラにも義理で、ではなく。
昔を懐かしんだ小さじ一杯の魔法堂が、魔法少女マジカル☆スターへの本命チョコと見た。

381 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 11:47:12 ID:mKeimRe10
 >>376
クラリス「3人に私特製のチョコ食べてもらいたわぁ♪」

382 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 12:10:59 ID:Xw4L+pVt0
カイム「カレー粉、ブラウンシュガー、シナモンパウダー、かつおだし顆粒、重曹、空き瓶・・・
全部適当に移し替えちゃお♪喜んでもら(ry」

ロビン「ここでチョコレートに粉砂糖をまぶします!!」
聞仲「重曹って書いてあるぞそれ!!」
ロビン「重曹なら流し台のぬめり(だったかな?)も取れて一石二鳥です!!」
ジョカ「うにゅー、ここでカレー粉・・・を入れようと思ったら切らしちゃってるみたいだから、
急遽そこのホワイトカレーソースで代用なのよん♪」

カイム「あれ?美味しそうな匂い・・・」

ロビン仲の部分はパクっただけなので微妙に違うかも。

383 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 12:16:06 ID:DjMgjVwx0
ステラ「砂糖がないならサッカリンを使えばよかろう」

学校にチョコを持ってきてはいけません

384 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 12:52:39 ID:n1P9YHWb0
沖田やつかさとかの「かわいい」男の子は、女子の仲間に強引に入れられてチョコを
いっぱい貰っているイメージがあるな。
「好きです……///」じゃなくて、「いやーん可愛い♪チョコあげるねっ!」みたいな。


女生徒「先生っ!チョコレートです」
中浦「ああ、ありがとう(と言いながら内心、この大量のチョコどうしよう…
甘いものそんなに好きじゃないのに……と思っている)」

薄木「ありがたいとは思いつつも……毎年この時期は困りますね。」
中浦「全くです。捨てるのは悪いけれど、食べきれないですよね……。」

↑毎年、義理本命両方を多く貰っているイケメン教師の図
生クリームとかが入っている手作りチョコは日持ちしないから困る。

ちなみにこの後、家に帰った中浦とつかさがアッーなのはスレ住人全員の暗黙の了解であるだろうからあえて書かないww
394 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 21:41:44 ID:hBsbt2ObO
 >>384
薄木先生はカード裏の説明から鑑みるに、貰っても断るか、上げようとするも気軽に近寄れない雰囲気出してそう

395 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 22:01:32 ID:OapHgezN0
ちなみに薄木せんせーの説明は
「あまり生徒とは会話しないサラリーマン的教師」とある。
セリフも結構やる気なさげだしな。

各務秋成の憂鬱

秋成「今日はバレンタインだな。今年こそは柊子から『本命』チョコを貰わないとな。」

 秋成の服装はなぜかよだれかけに紙おむつ、そしておしゃぶりを銜えている。

栞「友チョコ作ってきたので食べてね♪」
幸「みゆきも作ってきたから食べていいよー」
柊子「私も作ってきた。食べて良いぞ」
あかり「わあ♪みなさん素敵なチョコ作ってますね。ブログのネタに・・・」

 阿羅耶識の女性陣が持参した友チョコを披露し合っている。

秋成「おっ!みんな美味そうだな♪」(きょろきょろ)

栞「あ、秋成さん。」
秋成「いくつになっても甘えん坊♪いくつになっても甘えん坊♪」(柊子の傍へ寄る)
柊子「・・・・・・・・・・#」(秋成は無視)
美晴「柊子さんのチョコおいしー」
柊子「そうか。美晴のも美味いぞ。」
幸「秋成さんあーん」
秋成「ちゃーん♪」
栞「私のもどうぞ。」
秋成「ハーイ♪」
美晴(秋成さん何でイ○ラちゃんのマネしてるんだろ)
秋成「バブー」(柊子におねだりしている)
柊子「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・貴様失せろ!!#」

 需要があろうがなかろうが続く。

 かー かー

秋成「あーあ。本命チョコどころかチョコすら貰えなかったぜ・・・」
柊子「・・・・・・。」つ【チョコレート】
秋成「これは・・・
柊子「友チョコの余り分だっ!捨てるのも勿体無い。だから貴様にやる!///」
秋成「へへっ、さんきゅー♪」(柊子の頭を撫でる)
柊子「・・・・・・・・・・/// わ、私は帰るぞっ」
秋成「ああ、有難く食わせてもらうぜ」


秋成「・・・あいつは素直じゃないなぁ。」

 柊子が渡したチョコは秋成用に作ったウイスキーボンボンで友チョコのあまりではなかった・・・。

初歩からよくわかる錬金術で作るチョコレート教室

386 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 14:28:30 ID:3VXDDeGy0
クラリス「・・・暇だわ、217」
works217「マスター、水芸には飽きられましたか」
クラリス「そうねぇ湿度を気にする季節も終わりかしら」
works317「マスター、今月2月の予定は3日節分、14日バレンタインデー、22日世界友情の日
     27日から3月5日まで献血運動週間、16日からは所得税の確定申告期間です」
クラリス「いいわ、面倒なことはぜ~んぶホムンクルスにやらせるわ。
     217、317、ルミこれとこれとこれ、準備しておいて~」
217&317「了解しました」
ルミ「お師匠、では言って参ります~」

217「マスター、準備が整いました」
クラリス「さぁ始めるわよぉ~」
317「まずカカオと乳性脂肪の塊を細かく刻みます」
クラリス「頑張って~317~」
ルミ「いつも師匠が刻んでいるのは実験体の臓物です」
217「細かく刻み終えた所で湯銭にさらし、溶解します」
317「今回は乳性脂肪分を足して粘性のある半固形状にします
    脂質とたんぱく質の溶液に溶媒のグラニュー糖を加え混ぜます」
クラリス「ルミ~頑張ってぇ~」
ルミ「任せてくださいお師匠様、ぐる~んぐる~ん」
217「完成した2つの溶液を混合してベースとなる溶液の完成です」
317「マスター出番です」
クラリス「まずは隠し味の蜂蜜、殺菌効果もあるわ。滋養強壮にウ○ン~
     塔の菜園で取れたマンドラゴラ、中国三千年の歴史鷹の爪、ツバメの巣
     烏の尾、あと何かと問題のエ○ゼンくらげ、海洋成分も時には必要ねぇ~」
ルミ「ぐるーんぐるーん」
217「溶液が安定したら型に分けて冷却します」
317「型は裸のイレイザー、ラプンツェルです」
クラリス「固まったら後は表面にカカオパウダーをまぶして完成~」
217「本来であれば甘みのあるココアパウダー使います」
317「マスター、ではバレンタインと称してMBの内服的な身体強化の実験の観測を始めます」
クラリス「さぁ、被験体のところにいくわょ~♪」

387 名前:works274 投稿日:2008/02/14(木) 16:11:44 ID:U1E9KnEA0
 >386
お暇をいただきます
(所詮、私のマスターはMBただひとりなのですね……てか217って誰ですか)

388 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 16:12:22 ID:C2EWnUg30
274の間違いではなかろうか

390 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 16:25:22 ID:olhy4bDiO
 >>387
スマソ…何て勘違いしてるんだ自分はorz

391 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 19:20:37 ID:FS5VjAc/O
 >>386のその後………


217「…たす………け………美………ちゃ…」
クラリス「あらぁ♪
     まだ自我が残ってるなんて、さすがE.G.Oの秘蔵っ子は違うわね~♪」

393 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 20:44:48 ID:EDPjh1pMO
 >391
217でニイナか。
俺は274の27だけとってニーナと呼んでる。(妄想の中で)
ちなみに317はミイナ。

極星帝国の風景

 突き刺すような朝の冷気の中、シュリー・シャンポリオンは東京は銀座のWIZ-DOM系高級菓子店の前に並んでいた。
 限定品のチョコレートを買ってくるようにリリアに依頼され、特に用事もなかったので引き受けた。
 リリアは金払いもいいし、なんだかんだいって性格の相性も悪くはない。このくらいならサービスでやってもいいくらいだが、ちゃんと報酬が出るというのだから文句はない。
 ついでに私も私もと頼まれてしまった事についても異存はない。
 はずだった。
 ひとつのミスが命に関わるダンジョンハックに比べればただ並んで開店を待つだけのこの状況はあまりに張り合いがない。
 同じ待つにしても、巡回する守護者の目をかいくぐりながら、その前後数分しか扉が開かない南中を待った時と比べるとあくびが出るほど退屈だ。一応持ってきた、というより魔法の袋に入れっぱなしのアイテムを使う事もない。
 これくらいなら、何も自分をやるまでもなく、その辺の侍女でもやれば充分だったのにと心の中でぼやきつつ、左腕の時計を見た。こちらの地球で買った、いろんな機能を実装している優れ物だ。方角や高度がわかるため、恵方巻を食べる時には大変役に立った。
 デジタルの二十四時間表示によれば、開店までまだ二時間以上ある。
 袋から携帯糧食のチョコバーをむいてかじる。こちらの地球の科学の粋を凝らしたアウトドア用品は冒険の大きな助けになっているが、特に携帯糧食のバリエーションが増えたのがうれしい。味気も水気もない干し肉や乾パンに比べれば天国だ。
 百円でこんなに美味しいのに、何万円もするチョコレートを欲しがるリリアの気持ちは理解こそ出来るが同意はしかねた。

 その頃、斎木新名は自宅ベッドの中で、夕方にパティシエごと届けられて美奈や望と一緒に食べる予定のチョコパフェを夢の中で一足早く頬張っていた。

ウェヌス「レナスどの、どうぞ」
レナス「おおウェヌスどの! かたじけない! 
レナス「むむっ、これはウェヌスどののモーニングスターのような丸いチョコレート! つまようじを刺すとそっくりだ!」
ウェヌス「……あなた、うまい事言ったなんて思っていないわよね?」
レナス「いやははは」
ヒナ「レナスさま…… ウェヌスさまも」
レナス「ヒッヒッヒッヒナどのっ! いやっこれはそのっ」
ウェヌス「月巫女様ごきげんよう。チョコレートはいかがです?」
ヒナ「ああ、今日はバレンタインでしたね。いただきます」
レナス(あれ? ぼくのより大きいぞ)←6個入り
ヒナ「美味しいですね」
ウェヌス「銀座の有名店のものだそうですの。もうひとついかが?」
ヒナ「いえ、もう充分頂きました」
ウェヌス「ご遠慮ならなさらずに。まだ5箱ありますのよ」←10個入り
ヒナ「レイナ様にも頂きましたので」
レナス(……もしかしてこれって義理チョコなのかな?)
ウェヌス「月巫女様は……あらランスロット卿ごきげんよう」
ランスロット「これはお三方お揃いで」
ウェヌス「ランスロット卿、これを」
レナス(……6個入り! 義理チョコだ! よしっ!)
ランスロット「申し訳ないが、バレンタインデーのチョコレートは全てお断りしているのです」
レナス(な、なんだってー!)
ウェヌス「そうですか」
ランスロット「では、失礼つかまつる」
ウェヌス「まったく格好よろしい事を……先日の武術大会では決勝で卿に負けてしまいまして。毒でも仕込めば勝てると思ったのですけれど、残念ですわね」
ヒナ「先ほどのお話ですが、わたしも神職ですのでそういったものをお贈りするのは控えさせていただいています」
レナス(工工エエェェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェエエエ工工!?)
ウェヌス「そうですの。食べたがっていた殿方もいるでしょうに」
レナス(はい! ここにいます!)
ウェヌス「国王陛下とか」
ラユュー「だが心配は無用! リユュークには私が、私が、わ・た・し・が、愛のこもったチョコレートを贈っていますから!」
ヒナ(どこにいたんだろう)
ウェヌス「それはきっとお喜びになられるでしょう。どのような?」
ラユュー「知りたいですか? うふふふふふふ……」
レナス(ま、まずいぞ。なんか忘れられている気がする……さらに帰るタイミングも失ってしまった)
レナス「えー、あー、ごほん。お、お返しはご期待くだ」
ウェヌス「ああ、ホワイトデーなら不要ですわよ。毎年頼んでもないのにあちこちから届きますし」
レナス「さようで……」

ヒナはAAA未登場の三つ目巫女。沐浴中にレナスがやってきて半裸を見られた。
あとウェヌスは片手でモーニングスターを振り回せて、ガードされたら左手で抜剣して刺すとか、アロンダイトは壊れないのでモーニングスターを正面から受け止めたりいなしたりできてランスロットはウェヌスと相性がいいとか妄想。

ついでに

凍気を操る能力でチョコを固める作業に駆り出されるミリアム

モレ(スパイシーで甘くないチョコレートソース)料理を作るロュスと
フルーツのチョコレートがけを作るソフィエル

シャルルマーニュに不器用なりに一生懸命作ったチョコレートを届けようとしたらシャルルマーニュ宛のチョコレートを頼まれてアルゴスの背中一杯にチョコレートを積むことになり届けたくないけど捨てるような真似も出来ないソフィー(頼まれたチョコは実はほとんど義理)

チョコレートの精霊と会話して手と顔がチョコまみれのレィルエ

母上のチョコレートを自慢して回るマザコンのカイム

甘々なシヴァとパールヴァティ
あきれるアシュタルテーと心底羨ましい鈴鹿

神棚に美鈴宛のチョコレートを供える美晴達
そして美鈴に供え終わるとおもむろに友チョコで盛り上がる

浮ついたメイド達に頭を悩ませる藍子
そんな様子を見るとこっそり用意した藍子へのチョコを渡せなくなった綾乃
機械のナナにチョコレートをあげられないので少し悲しかったけど
藍子がチョコ反対派なので従っただけだと大義名分が出来てほっとしたアイナ

などと妄想。

ソフィエル「あの……チョコレートでございます。おひとり一つどうぞ」
リユューク「ありがとう」
ラユュー「リユューク、私のチョコを先に食べてください」
シャルルマーニュ「すまないな」
ソフィー(うう……こんな美味しそうなチョコのあとだとわたしのを出せないよぉ)
カイム「母上と半分こしようっと」
ソフィエル「では二つどうぞ。多めに作っていますから」
レナス「ありがとう! ……っと、ヒナ殿には見られてないよな。他の女の子からチョコをもらったと知られたら嫌われる」
ウェヌス「最初から好かれてないから安心なさい」
ノーラン「かたじけない。これでもっと皆を守れる」
マクシミリアン「ほう。余も一つ貰うとしようか」
レイナ「臣下のチョコを召し上がり交わりを深めようとはさすがは陛下でございます」
マクシミリアン「うむ……? これは、変わった……辛い、痛っっ口の中が痛いっ!」
ソフィエル(……超激辛唐辛子入りが皇帝陛下に当たってしまいました……)
ロュス(野菜天使謹製の超激辛唐辛子が当たった!)
ソフィエル「い、一個しか入れなかったのに…… 個数にも余裕がありましたし……」
レイナ「一個しか入っていなかった当たりを引き当てるとはさすがは皇帝陛下! ご強運をお持ちです!」
マクシミリアン「そ、そうか余はついていたのか…… こうしてはおられん、宝くじを買ってこよう」
フリードリヒ「陛下、今ので運を使い果たしているかもしれません、やめましょう」
マクシミリアン「叔父上が言うならやめよう」
リリア「お手柄ね。お姉さんがご褒美をあげまちょう」
フリードリヒ「誰がお姉さんだ。変な言葉遣いはやめろ」
リリア「わたくしの手作りですわよ」
フリードリヒ「君が? 自分で紅茶を淹れる事もしないのに」
リリア「溶かして固め直しただけだから平気ですわ。変なものは入れてませんわよ。唐辛子もクリームもフルーツも」
フリードリヒ「では頂こう。……ソフィエル、コーヒーを淹れてくれ。紅茶はリース達を思い出す」
ソフィエル「かしこまりました」

偽乳特戦隊

ジリアン「皆さん・・・チョコ」
ソフィア「ジリアン様、喜んで頂きますわ」
ルツィエ「やったね、ジリアン様ありがとう~♪」
ミナ「あ、ありがとうございます!」
ジリ「・・・じゃ」

ルツ「さーて、早速食べよっか!」
ソフ「あら、ちょっと大きめのチョコですけど一口で・・・」
ルツ「もぐも・・・んっ、ウィスキーボンボン?」
ソフ「大人のチョコって感じですねぇ、お酒入りでビターな・・・って、お酒?」
ルツ「お酒・・・?」
ソフ「・・・しまった、前の焼肉ネタの時にジリアン様は居なかったっ・・・!
   マズいですっ、チョコは美味しいけどっ!」
ルツ「上手い事言ってる場合ですかっ! ミナ、食べちゃダメっ!」

ミナ「んぐんぐ、あんはいがいへふ(何か苦いです)・・・ヒクッ?」

ルツ「遅かったか・・・」
ソフ「わわわわわわわ・・・」
ミナ「じりあんさまぁ、ミナちゃんはじりあんさまのあいをうけとりましたぁ!
   すぐにいくからまっててねぇ~♪」ドシュウッ!

ルツ「隊長、あれ、どうします? 止めます?」
ソフ「私は自分が大切です。ジリアン様には犠牲になっていただきます」
ルツ「ジリアン様、ぐっどらっく。南無阿弥陀仏」(十字を切りながら)

405 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 23:31:49 ID:Xw4L+pVt0
ネギもそうだったが、チョコレートも犬や猫にとっては体に悪いんだったなー・・・マヤ達は大丈夫?

あとジブリールは「自分イスラム教の四大天使なのに何でキリスト教の行事が気になるんでしょう」とか
考えている矢先に贈り物をもらってびっくりしてるといいかも。
女性陣からのチョコに混じって 男 M B か ら 下 着 を。

巫女達

406 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 23:49:15 ID:PN2YR3rSO
毎度ながら美晴と遙。
今回は美鈴の出番は作れなかったんだ・・・


美晴“ただいま~・・・え、遙さん何を?”
弓削“ん?見てわかるだろ?チョコを作ってるんだよ。”
美晴“いや・・・そういう問題じゃなくて・・・そんなデカイの、誰に?”
弓削“ああ・・・あては無いけど毎年なんとなく作ってたら上達したみたいなんだ。元々凝り性みたいでさ。あはははは・・・はあ。”
美晴“・・・”

ダークロア編

407 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2008/02/14(木) 23:50:53 ID:QGCW07jqO
オジマン「皆よ、薔薇はいかがかな。変わりにチョコを受け取ろうではないか」

ケイト「自分からチョコ催促する奴って本気でウザいわね。調教する気にもならないわ」
茨木「腕が疼く・・・奴を斬れと疼くっ・・・!」
アルテア「ホント、ウッザいよね。逃げついでにツーリング行ってくるかな~」
ケイト「いってら~・・・って、誰かあのバカに近付くバカがいるわ」
茨木「玉藻? ・・・ぐっ、腕よ静まれっ・・・!」
ケイト「そこ、うるさいわね。少し黙ったら?」
茨木「邪気眼を持たぬ者にはわかるまい・・・」

玉藻「オジさまぁ~、チョコど~ぞっ♪」
オジ「おお、フサフサしっぽのけも耳お嬢さん、ありがたく頂こう。
   そして代わりに薔薇を」
玉藻「薔薇はいらないです~、早くチョコ食べて~」
オジ「うむ、では頂こう・・・ふっ、フハハハハハハハ!
   美味い、美味すぎる! 血湧き肉踊るとはこの事か!
   フハハハハハハハ・・・ハ?」バタリ
玉藻「ウゼぇんだよ、そのまま死ね」

ケイト「あら、毒殺」
茨木「腕の疼きが収まる・・・」
アルテア「死亡確認! うっし、お疲れぃ~♪」
ケイト「さて、私は奴隷達にチョコと鞭をプレゼントしてきますか」

今日もダークロアは平和です。

鈴鹿「MB殿。」
MB「ん、どした?」
鈴鹿「なんでも今日はバレンタインデイというおなごが意中の男に愛を告白する日じゃそうじゃの。」
MB「へぇ、知ってたのか。それで?」
鈴鹿「まぁ、アシュから聞いたんじゃがな。それでいつか坂上殿(生き別れの恋人とされる坂上田村麻呂のこと)と再会した時のためにチョコレートを作ってみたのじゃ。ここにそのチョコがある故、味見してみてくれんかのう。」
MB「へ?」
鈴鹿「か、勘違いするでないぞ!好きでもないお主になぞ食わせるつもりは無かったんじゃが、味見をしたアシュが『おいしいけど男の意見も聞いたほうがいいからMBにでも食わせたらどうだ?』などどのたまいおったから、それで仕方無くじゃ!」
MB「ふーん。それじゃ一つもらうよ。」むぐむぐ
鈴鹿「ど、どうじゃ?」
MB「うん、おいしいよ。ちょっと甘すぎるけどまぁこんなもんじゃないかな。」
鈴鹿「そうか、それはよかったのう。」
MB「ありがと。」
鈴鹿「……な、何をお主は言い出すのじゃ!味見のためだと言ったでおろうに!」
MB「はいはい。」

バレンタインデーの現実味のある想像をしたらこんなものが出来あったが鈴鹿は俺の嫁だと言いたい。

891 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2009/02/14(土) 08:17:02 ID:di8XxFcg0
藍子「新名お嬢様はまだ熟睡ですが…」
  「朝方だし…仕方ないよな。ありがとうございます藍子さん」

  「……ふぅ」(カランカランッ!)
定員「いらっしゃいませ。お一人様ですか?」
新名「ハアハア…あ、えっと…あ!見つけたぁ!!」
  「………」
新名「無視しないでよぉ!?」
  「?あれ?寝てたんじゃないのか?」
新名「藍子さんが起こしてくれてキミが来てたってコト聞いて飛んできたんだよぉ!近いお店片っ端から見てきたから疲れたし朝ご飯も食べてな(くうぅぅ~)…///」
  「…すいません、モーニングひとつ」
定員「飲み物は?」
新名「(ガタッ)えと……アイスソーダー」
  「後、チョコタルトひとつお願いします」
新名「えっ?」
定員「はい」
  「なんとなく。来てくれたお礼って事で、食べてな」
新名「あ…ありがとう」
  「そう言えば本当に来て良かった?友達と出かける約束とか「……わすれてたぁぁ~!?」
  「はぁ…とりあえず、静かにな」

バレンタインな感じしないな~…こんなモンでスマン。嫁は……わかるな?

かまらし

だだだだだ
ラシエル「かーた~ん♪

ど~ん☆

カマエル「ラシ…ダッシュアタックは…げほっ…
ラシエル「ごめんなさいなのだ~。それはともかく、はいっ!これあげるのだ
カマエル「?
ラシエル「今日は好きな人にチョコレートをあげる日、って誰かが言ってたのだ~
カマエル「チョコレート…好き…?
ラシエル「だから大好きなかーたんにあげるのだ~
カマエル「ラシエル…あ…ありがと…
ラシエル「二人はこれからもずっと仲良しなのだ~♪
カマエル「うん…仲良しだ
ラシエル「わ~い、二人は仲良しエンジェルでエンジェルトルネードなのだ~くるくる♪

やっぱこの二人がツボにくる…
昨日の暴風はラシエルのチョコレート作りの影響かなということで一つ

894 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2009/02/14(土) 17:14:13 ID:eRbk9BIc0
バレンタインネタ投稿。

真由美“MBさん。いつもお世話になってるのでこれ、お礼です。”
   “お、チョコレートか?そういえば今日はバレンタインだっけ。”
真由美“はい!やっぱり女の子らしい事、しておこうと思って。”
   “さんきゅ。ありがたく受け取って・・・ん?”
真由美“・・・殺気?”
???“やれやれ・・・最近コチラに姿を見せないと思ったらEGOのエースとよろしくやってたってワケだ。”
   “あー、遙。なんというか・・・その・・・すまん・・・”
 遙 “すまん、で済むと思ってるのかい?”
   “あははは・・・んじゃ今日はこの辺で!”
 遙 “待て!逃がすか!今日という今日はお前に言う事がある!”

と言う事で俺は遙さんのもの。
最近本家じゃ真由美ばっか使ってて赤には手を触れてすらいない事への贖罪も兼ねて。

896 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2009/02/14(土) 21:32:13 ID:JQl6DDiL0
電波受信したので書きます。

ミ「舞ちゃん、手の中に暗黒宇宙があるって本当?ブラックホールすら自在に扱えるって本当?
舞「はい?
ミ「空間歪曲の力の源はそれだってクラリス様がーーー
舞「・・・エゴの目的がサッカーで世界征服することならそうかもね・・・
ミ「じゃ、じゃあ、舞ちゃんがローラーブレードで戦うとき、すー・・・
舞「何で一息入れるの?
ミ「ん、と。”お前に足りないのはッ!情熱思想思考気品げほがほごほっ
舞「はいお水。ミナが頑張ったのは誉めてあげるけど、違うから!
  どっちかと言えば東海林先輩の方が似合うから、その決め台詞は!
  それもクラリスが言ったのね・・・
ミ「あ、ぅえっと、じゃ、じゃあ・・・
舞「ストップ。そんな戯言並べまくって、一体ミナは私を何だと思ってるのかなー?
ミ「えっとね・・・今日は、今日だけは・・・おムコさん。
  だからね、チョコレートあげても変じゃないんだよ。舞ちゃん、はい、どうぞ。
舞「・・・それもクラリスが言ったの・・・?
ミ「うんっ!


ク「はっぴー、ばれんたいーん☆やっぱりあの子たち、可愛いわぁ~♪
光「はっくしょーい!誰か噂を・・・シルマリル、貴様見ているなッ!

898 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2009/02/14(土) 22:42:52 ID:ne83nmDq0
まな「さて、こっそりバレンタインデーのプレゼントの準備を」
要「待て、どこに行く!?一人にするとまたどんな敵に襲われるかわからん。俺も一緒に行こう」
智律「ちょうど良い。私も教会で配るお菓子の材料を買い出しに行こうと思っていた所です」
つかさ「僕も僕もー!!」
まな「・・・いきなりプレゼントあげて喜ばせようと思ってたのにそれじゃ意味無いし(泣)」
一心「では俺たちは遠くで待機して、直接の護衛は女性に頼もう。本家だと強いという熱田静とか」
カイム「ねー、僕も」
直哉「お前はむしろ敵に有利な情報を渡しそうだからダーメ」

もう一つあるんだけどうちのMBも相手キャラも男なのでガールズサイドに投下してくる

バレンタインデーネタ
大海「年末とこの時期だけ急に仏教徒を自称する人が増えるのは何度目の転生後からか(しみじみ)」
オジマンディアス「ふっ、吸血鬼の私にはキリスト教の行事なんて(泣)」
檜村「俺にはどーでもいいがな、うまいもん喰えるなら何でも」
ジブリール「・・・私は私でイスラム教の天使なのに何故この時期が気になるのでしょう」
男MB「おーい、ジブリール!!はいこれ」
ジブ「『逆チョコ』?・・・何ですかこれは?」
男MB「男からプレゼントするんだって。・・・その、ジブリールには、色々お世話になってるし」

オジマン「・・・薔薇よ(ウホッでアッー的な意味で)!!」

藍子さん×ショタMBが俺のアクエリ

綾乃「藍子様、バレンタインデーの日にはチョコレートの他に
  下着を贈る風習があるそうです」
藍子「そんなウレシハズカシイベントがあったとは…
  私とした事が迂闊でした」

MB「藍子さん、ただいま~」
藍子「お帰りなさいませ 旦那様
  さっそくですが、チョコレートと
  私の下着をお受け取り下さいませ」

Я(cY'゚ニ゚') <脱ぎ☆ Σ (゚Д゚;)

綾乃(贈るのは新品の男性モノの下着なのですが…)

チョコレート製の綾乃の巨乳下着おかわりとな?



820 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2010/02/16(火) 23:27:10 ID:jtaSU1nr0
人に食い物恵んでもらうほど落ちぶれてねえよ

821 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2010/02/17(水) 16:31:46 ID:mZ7+eue+0
まったくだな

822 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2010/02/19(金) 22:20:13 ID:kd3o41CV0
チョコを踏みつぶされたまなは悲しみのあまり中央線に飛び込んで四散した

姉が自分の生活費や学費を払うために風俗嬢のバイトをして妊娠してしまった事を知った要が
中退して働こうとしている事を皆が知ったのはそれからすぐの事だった
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。