※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

tamaru

更新日時: 2007-04-01
ページビュー: -

プロフィール

TAMARU(タマル/田丸修一):bass,etc.
ベースギターを使用したドローン的な即興演奏を中心に活動。また電子音響作品としてzero gravityから「夢の途中」など3作をリリース。自主レーベル1040/1050からは自作発表の他、吉田アミ1stアルバムおよび杉本拓、今和泉皓文らの即興演奏オムニバスをプロデュース。オムニバス参加は不知火/360°、佐々木敦氏主宰meme、Improvised Music from Japan、英ash international、他。非売品レーベルuran!discを新設、異色の流通展開を実験中。

音響と演奏によって思想を表明する3名のミュージシャン/プロデューサーで結成するア ンビエント音楽ユニット『installing』でも活動中。
(installingより転載、加筆)

リリース

Installing/ Installing(HEADZ (vector6/HEADZ46) 2500円)

主にベース・ギターを使用した驚くべきドローン・サウンドをZero Gravity、1040/1050から発表してきた音響彫刻家、tamaru。ソロ及び4-D、P-Model、After Dinner、METROFARCEといった数々のユニットを中心に、80年代から幅広い活動を精力的に展開している横川理彦。エレクトロニカ・デュオ= fonicaによるPLOPと独Tomlabからのリリースが大きな反響を呼び、エレクトロアコースティック・カルテット=minamo及びソロ・プロジェクト=fourcolorとしても米apestaatjeや12kからの作品発表が続く杉本佳一。 80年代/90年代/00年代の先端的音楽シーンを背景に、現在も独自の創作を継続する3世代の音響作家が結成したスーパー・ユニットによる、 tamaruのベース・ギター、横川のヴァイオリン、杉本のギター、そして音響素材のトリートメント/プロセシングが織り成す極上のメタ・インストゥルメンタル・アート集。
(release: Apr.2005)

1.installing
2.bossanovation
3.bolero
4.traumerei
5.stellar
6.guitar trio
7.saraswati
(total:42'34'')
http://www.ontonson.com/scb/shop/shop.cgi?No=107より転載)

関連ホームページ

Tamaru(Japanese Free Improvisers home page)
http://www.japanimprov.com/tamaru/tamaruj/index.html

ブログ

installing - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/installing/

動画

『thereness of a voice』吉田アミ×tamaru
2007年3月21日(水)
東京・江古田フライングティーポット
『thereness of a voice』成冨ミヲリ×tamaru
『thereness of a voice』山崎阿弥×tamaru
『thereness of a voice』吉田アミ×tamaru

音響と演奏によって思想を表明する3名のミュージシャン/プロデューサーで結成するア ンビエント音楽ユニット『installing』のライブ映像。

tamaru:bass,etc.
横川理彦:violin,etc.
杉本佳一:guitar,etc.