精霊の生きる森「エルマ・フラーレ」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鬱蒼と生い茂る大木が連なる森
古くから人々に崇められた精霊がいるとされ多くの人から神聖な場所とされる
森の奥には森を守るエルフの村があり、代々この森と共に生きている
人を襲う猛獣や魔物の類も彼らのお陰かこの森には居ないらしく危険度は低い
精霊の神秘に触れたい人やエルフとの交流のために多くの人が訪れているとのこと

「エルマ・フラーレ」とはエルフの古い言葉で「精霊の庭」という意味とされる