伊藤英子の未来設計


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○伊藤英子のプロフィール

1980年 東京都世田谷区生まれ
2002年 都内大学を卒業
2003年 文筆業を目指し、都内の出版会社に勤務
2008年 仕事を続けながら各種雑誌などに小説作品の投稿を始める

○伊藤英子と小説

中学3年生の頃受験を控え、自分の将来について考え人生設計したところ、文章を読むのも書くのも好きだったため文筆業を目指すこととなる。小説はジャンルを問わず好きなため小説化になろうと目指すが、まだ中学生で実力がないためしばらくは勉学に励み必要な経験と知識を積もうと進学する。
高校でも文系の授業で優秀な成績を収めるが、あくまでやりたいことは小説の執筆だったため、図書館に入り浸る毎日を送る。書きたい事は多かったが読むことも好きなため、毎日4時間以上は読書をするという生活を送る。
初めて読んだ物語は「エルマーとりゅう」。絵本だが、ファンタジックな内容に虜になり本が好きになるきっかけになった作品のため、大人になった今も大切に保管している。
その後文系の大学に進み文学を専門的に学ぶようになるが、講義は楽しいもののやはり書く事に意味があると感じて少しずつ創作の物語を描き始める。
文章が好きなことを武器に大学卒業後は出版社に就職し、多忙ながらも有意義な生活を送る。少しずつ仕事に慣れ安定して来た頃を見計らって、自分の経験を活かして文筆業を本格的に目指そうと執筆と投稿を繰り返している。
デビューにはいまだ至っていないが、少しずつ小さな賞を取ることが増えてきているため、自分の未来設計を実現するために現在も投稿を続けている。

○伊藤英子は小説家としての未来設計を描く

伊藤英子は小さいころから本を読むのが大好きだった。幼稚園に入る前から絵本を親しみ、小学校に入ると図書館で毎日本を借りて、沢山の本を読んでいたた。受験の最中にも本屋さんを訪れることはやめられず、伊藤英子と本は切っても切れない関係にあった。本を読みながら自分でも小説を書き始めて、出版社が主催する文学賞にもたびたび応募していた。就職活動する段階になり、小説家としてやっていくには収入面でも不安であり、両親を安心させたいという思いから就職することに決めた。希望どおり、出版社に就職し、編集として忙しい毎日を送るようになった。しかし本への熱は冷めやらず、編集よりもやはり小説家として活躍したいという未来設計を描くようになる。伊藤英子が書きたい本の内容は、子供視点だけでなく、大人視点でも楽しめるファンタジーである。世界的に人気となった魔法を使った物語のように、大人でもわくわくするような本を作り出したいと考えている。まだ編集として働いていますが、小説家としての未来設計を夢見て、会社が終わり帰宅すると、パソコンにむかって小説を書く毎日を続けている。ある小説家さんから、とにかく最後まで書き終えることが大事だということをアドバイスされたことで、伊藤英子は途中で話がつまらなくなったと感じてもかきあげることが大事だと自分に言い聞かせて努力している。伊藤英子の作品が発売されるのが楽しみだと言ってもらえるような未来設計を夢見て頑張っている。

○伊藤英子との未来設計で読書と出会う

伊藤英子との未来設計の参考になるのが、様々な小説です。読書と言うと、なんだか堅苦しいイメージがして、学校での国語の授業すら退屈に感じてしまっていたけれど、世の中にある恋愛小説や恋愛要素が含まれる小説を読む時に、少しでも伊藤英子の事を考えると、何倍もそのストーリーが面白く感じられるようになり、気が付けば周囲からは読書好きと思われるようになっていました。未来設計なので、自分よりも年上の主人公が登場するとスラスラと読めてしまう。ネット上で小説を書くことが趣味の人が投稿している作品から、何か大きな賞を受賞した作品や、恋愛のカリスマなどと呼ばれる人気作家が書いた物など、ジャンルや時代設定など気にせずに読むようになりました。
未来設計なので、現代のストーリーだけでなく、数百年前の設定の物でも、伊藤英子をヒロインに設定すれば読めてしまうのです。身分の差や、家同士の確執など障害を二人で乗り越えて行くストーリーは、夢中になって一気に読めてしまいます。この手の作品は、一般的には女性が好むと言われているので、表紙なども女性を意識した作りになっているので、はじめは購入する際には気恥ずかしさもありましたが、男女が織り成す恋愛で、女性好みや男性好みだとジャンル分けのように決め付けてしまうのはナンセンスだと開き治る事ができた今は、何の躊躇もなく購入する事ができるようになりました。伊藤英子の存在が、新しい趣味の世界を広げてくれたのです。

○伊藤英子が描く未来設計について

伊藤英子は小さいころから本が大好きでした。親が買い与えてくれた絵本を繰り返し読んでもらい、自分で文字が読めるようになると童話全集を近所のお姉さんから譲ってもらい読んでいました。特にファンタジー小説が大好きで、まるでその世界に飛び込んだかのような気持ちになって夢中で本を読みました。成長するにつれて読書熱は冷めるどころかさらに激しく燃え盛り、小学校に入ると図書館に入り浸るようになりました。伊藤英子は図書係になり、放課後は受付をしながら本を読んでいました。中学校に入ると、大人向けの小説も読めるようになり、ミステリーにはまるようになりました。人気小説は本好きな親が譲ってくれるので、最新小説も読むようになりました。中学校になると夏休みに読書感想文の宿題が出て、それが県大会に発表されて優秀賞をもらうようになりました。感想文でしたが、文字を書くという楽しみを知ってからは、伊藤英子は小説家という未来設計を描くようになりました。高校生になると、未来設計は少しずつ具体的になっていき、いろんな雑誌や出版社の文学賞に作品を応募するようになりました。最初の作品は第一次審査で落ちましたが、めげるどころかとことん頑張ってみようという前向きな考えを抱くようになりました。その後も小説を書くことが日課になり、定期的に応募したことである出版社から声がかかるようになりました。まだ小説家としてはスタートラインに立ったばかりですが、これからも書き続けていきます。

○伊藤英子の作品集

「ツチノコパンダ」:子供向けのファンタジー系作品
「子守唄」    :母と子供の成長の記録
「花が枯れるまで」:長編ミステリー
「ふたり」    :読み切り短編集

○伊藤英子が影響を受けた作家その1 まどみちお

1959年に出版社を退社した後は、詩・童謡・絵画に専念する。1963年にはそれまでに作った童謡を『ぞうさん まど・みちお子どもの歌一〇〇曲集』としてまとめる。その5年後、はじめての詩集となる『てんぷらぴりぴり』を出版し第6回野間児童文芸賞を受賞。1976年、『まど・みちお詩集』(全6巻)によって第23回サンケイ児童出版文化賞を受賞。第1巻『植物のうた』は、日本児童文学者協会賞にも選ばれた。同年、川崎市文化賞を受賞。

会社を辞めてフリーになった後、密かに自己流で絵を描いていた。51歳の春からで半年で60枚を超え、55歳まで描いていた。100近くの超える絵があり、周南市美術博物館にほとんど全作品が寄贈され、「まど・みちおコーナー」で代わるがわる展示されている。この多くは『まど・みちお画集 とおいところ』に詩とともに紹介されている。 この頃は『《ぞうさん》まど・みちお 子どもの歌100曲集』の「はじめに」で「ツマラヌ童謡とはその歌詞が精神の高度の燃焼による所産とはいいがたい作、つまり詩ではない童謡のことです」と不満を募らせていた。子どもでも分かる、やさしい言葉で書かれた詩と違って、一面荒々しく塗りつぶしたような絵が多く、画面は削れ、波打っているものもある。童謡の創作がおそろかになるくらい絵に没頭した3年半の後、童謡を離れ、「ブドウのつゆ」などが入った『てんぷら ぴりぴり』など自由詩に活動を移した。

作品集

「やぎさんゆうびん」

1939年、「昆虫列車」に初出、1953年にNHKラジオで放送された(作曲:團伊玖磨)。白ヤギと黒ヤギの間で終わりなく繰り返される手紙のやりとりがユーモラスな作品である。
「ぞうさん」

1948年に書かれたもので、1953年に團伊玖磨が曲をつけてNHKラジオで放送された。その歌詞は自らのもつ差異を肯定し、誇りとするものとされている[13]。周南市徳山動物園には「ぞうさん」の歌碑がある[14]。

まどは「ぞうさん」について次のように語っている。

   「『鼻が長い』と言われれば からかわれたと思うのが普通ですが、子ゾウは『お母さんだってそうよ』『お母さん大好き』と言える。素晴らしい」[1]

「ふしぎなポケット」

1954年発表。たたくたびに中のビスケットが増える魔法のポケットがほしいと歌う作品。作曲は渡辺茂。
「一ねんせいになったら」

1966年発表。幼稚園児や小学1年生の間で非常に人気があった作品。作曲は山本直純。2007年、文化庁と日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定された。

伊藤英子が影響を受けた作家その2 谷川俊太郎

谷川 俊太郎(たにかわ しゅんたろう、1931年12月15日 - )は、日本の詩人、翻訳家、絵本作家、脚本家。東京府出身。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業。

哲学者で法政大学総長の谷川徹三を父として、東京府東京市(現・東京都)杉並区に生まれ育つ。

1948年から詩作および発表を始める[2]。1950年には、父の知人であった三好達治の紹介によって『文学界』に「ネロ他五編」が掲載される。1952年には処女詩集『二十億光年の孤独』を刊行する。

まもなく、詩作と並行して歌の作詞、脚本やエッセイの執筆、評論活動などを行うようになる。

また、石原慎太郎、江藤淳、大江健三郎、寺山修司、浅利慶太、永六輔、黛敏郎、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保に反対した。

1962年に「月火水木金土日のうた」で第4回日本レコード大賞作詞賞を受賞した。1964年からは映画製作に、1965年からは絵本の世界に進出した。映画においては、自ら“市川崑監督の弟子”と称して、もっぱら同監督の作品の脚本を手がけた。1973年の『股旅』などは特に評価が高い。1978年の『火の鳥』も、映画自体は遊びが過ぎて酷評されたものの、脚本(キネマ旬報に掲載)は、原作に忠実で詩人としての本領を発揮した雄渾な作品である。

1967年には初の訳書となる『あしながおじさん』(ジーン・ウェブスター)を出版。翻訳の分野では『スイミー』(レオ・レオニ)、『ピーナッツ』、『マザー・グースのうた』など2007年現在までにおよそ50種類の著作を手がけている。

2007年現在までに出版した詩集・詩選集は80冊以上におよぶ。子どもが読んで楽しめるようなもの(『わらべうた』『ことばあそびうた』など)から、実験的なもの(『定義』『コカコーラ・レッスン』など)まで幅広い作風を特徴としている。谷川の詩は英語、フランス語、ドイツ語、スロバキア語、デンマーク語、中国語、モンゴル語などに訳されており、世界中に読者を持っている。

日本ビジュアル著作権協会の会員として、著作権擁護に熱心に取り組んでいる。そのため、現在市販の国語教材で谷川の作品を見かけることはほとんどない。

これまで3度結婚しており、岸田衿子は最初の、大久保知子(元新劇女優)は2人目の、佐野洋子は3人目の妻であった。また、大久保との間に生まれた息子の谷川賢作は音楽家であり、父子によるコンサートを数多く行っている。

○伊藤英子が影響を受けた作家その3 星新一

星 新一(ほし しんいち、本名:星 親一、1926年(大正15年)9月6日 - 1997年(平成9年)12月30日)は、日本の小説家、SF作家。

父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一。森鴎外は母方の大伯父にあたる。本名の親一は父・一のモットー「親切第一」の略で、弟の名前の協一は「協力第一」の略。イラストレーターのほししんいちとは特に関係がない。父の死後、短期間星製薬の社長を務めたことがあり、日本の有名作家としては辻井喬こと堤清二(西友社長)と並んで稀有な東証一部上場企業(当時)の社長経験者である(ただし、堤の場合は西友の経営参加や上場よりも創作活動が遙かに先行しており、星の場合は完全に経営を離れたのちに創作活動が始まっている)。

多作さと作品の質の高さを兼ね備えていたところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれているが、『明治・父・アメリカ』、父親や父の恩人花井卓蔵らを書いた伝記小説『人民は弱し 官吏は強し』などのノンフィクション作品もある。